映画「不良番長 突撃一番」


梅宮辰夫                         夏純子

今回は野田幸男監督1971年製作「不良番長 突撃一番」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第13弾になる。
カポネ団がポルノ需要に目をつけ、地元新宿を飛び出し、金比羅様で知られる四国は高松でブルーフィルム製作を試みるが、関西進出をはかる宿敵・関東挺身会と彼の地でハチ合わせ、バイクを駆っての大暴れという内容である。13作目となるとアイディアが枯渇している印象が残る作品だった。


渡瀬恒彦、佐山俊二                小林千枝、梅宮辰夫

【ストリー】
新宿で派出にやりすぎた神坂団長(梅宮辰夫)以下のカポネ団は、関東挺身会笠岡組の怒りを買い新宿を追放された。そこで神坂は、ポルノ産業で躍進を計るべく、ポルノの花形ブルー・フィルムに目をつけ、その本場四国へ旅立つことを決心する。神坂は視察のために一足先に送り込んだ石松(山城新伍)が博奕に負けて一文無しになっていることも知らずに高松に向った。一向は石投屋の娘花子(夏純子)から、地元暴力団郁田組に石松が多大な借金を残して死んでいったことを知らされる。とんだ置土産を残された神坂らは、彼のネリカン時代の友達で今は桃太郎という料理屋で板前をしている柏木勝(渡瀬恒彦)の二階に仮の住いを決め今後の作戦を検討した。一方、関西進出をはかる関東挺身会々長寺沢(安部徹)は、蜜案の目の届かない四国で拳銃製造を始めるために高松に狙いをつけたその命を受けた郁田(関山耕司)は桃太郎の土地に目をつけ、借金のかたとしてこれを奪った。そんなある日、石松が現われた。彼は借金返済のために、郁田組が作るブルーフィルムの役者として使われていたのだ。翌朝、神坂は町の権力者で花子の父親である徳之助(藤原釜足)にいきさつを話した。徳之助に頭のあがらない郁田は、一度は土地を返することを約束するが、この一件の発覚を恐れ、徳之助を殺してしまう。挺身会にさんざん痛めつけられたカポネ団の怒りが爆発。一行はオートバイで郁田、寺沢らが集まる料亭に向った。


安部徹                         藤原釜足

題名:不良番長 突撃一番
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:内田陽造
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:佐藤義昭
美粧:須々木善三郎
美容:花沢久子
衣裳:福崎精吾
記録:宮本依子
擬斗:日尾孝司
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:三堀篤
演技事務:佐々木一郎
民謡考証:草薙啓造
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、夏純子、山城新伍、渡瀬恒彦、小林千枝、鈴木やすし、安岡力也、藤江リカ、一ノ瀬レナ、地井武男、佐山俊ニ、大泉滉、立原博、関山耕司、潮健児、諸角啓二郎、安部徹、藤原釜足、藤村有弘、丹下キヨ子、左とん平、フラワー・メグ
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 突撃一番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安岡力也、地井武男、山城新伍、梅宮辰夫、鈴木ヤスシ   鈴木ヤスシ、山城新伍、梅宮辰夫、安岡力也