映画「必殺仕掛人 春雪仕掛」


緒形拳                          岩下志麻

今回は貞永方久監督1974年製作「必殺仕掛人 春雪仕掛」をピックアップする。
本作は、仇役に岩下志麻さんを迎えて制作され、劇場版第3作にしてシリーズ最終作。原作「春雪仕掛針」の名を冠しているが、原作の内容とは全く違うオリジナルストーリーである。


林与一                                                                   竜崎勝

【ストリー】
正月の雪の降る夜、漆器問屋の一家が惨殺された。この事件は、半年前、ここに後妻に入ったお千代(岩下志麻)が盗賊の首領であり、彼女の手引きによるものだった。この真相を知っているのは、昔は盗っ人で今は堅気となっている、お千代を育てた小兵衛(花澤徳衛)だけだった。小兵衛は千代を立直らすには彼女の子分たち--勝四郎(夏八木勲)、三上(竜崎勝)、定六(地井武男)--を殺すしかないと考え、仕掛人音羽屋半右衛門(山村聡)に三人の始末を依頼した。半右衛門の命を受けた梅安は、まず、定六を風呂屋の中で殺した。そして、三上は小杉十五郎の剣に倒れた。次に勝四郎を狙った梅安は、勝四郎が千代の情夫であるのを知ると同時に、千代は、昔、自分が女にした女であることを知った。千代が次に目をつけたのは大阪屋で、そこの手代幸太郎(村井国夫)の誘惑に成功するが、幸太郎は勝四郎に殺されてしまった。そんなある日、千代は梅安を尋ね、勝四郎殺害を依頼した。だが、これは千代と勝四郎の罠で、梅安は捕えられ、定六たちの殺しの依頼者を聞き出そうとする勝四郎の拷問を受けた。その時、梅安を救いに、小兵衛が現われ、自分は殺されてしまった。ある雪の夜、大阪屋の金蔵を勝四郎一味が襲った。しかし、金蔵の中に入っていたのは半右衛門と小杉。一転して修羅場と化した蔵の中で、盗賊たち、そして勝四郎が次々と死んでいった。一味の帰りを待つ千代の前に、梅安が立った。「梅安さんのお内儀さんになりたかった」とすがるように言う千代のうなじに、梅安の殺し針が突き刺さった。


岩下志麻、花澤徳衛                   夏八木勲、高橋長英

題名:必殺仕掛人 春雪仕掛
監督:貞永方久
製作:織田明
原作:池波正太郎「春雪仕掛針」
脚本:安倍徹郎
撮影:丸川恵司
照明:三浦礼
録音:平松時夫
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
装置:川添善治
装飾:印南昇
擬斗:湯浅謙太郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
編集:太田和夫
音楽:鏑木創 主題曲:平尾昌晃
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:玉生久宗
助監督:熊谷勲
スチール:長谷川宗平
出演:緒形拳、岩下志麻、林与一、山村聡、夏八木勲、地井武男、花澤徳衛、竜崎勝、村井国夫、佐々木孝丸、高橋長英、相川圭子、荒砂ゆき
1974年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
必殺仕掛人 春雪仕掛 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳、林与一                   山村聡、緒形拳