映画「狂った野獣」


渡瀬恒彦                              星野じゅん

今回は中島貞夫監督1976年製作「狂った野獣」をピックアップする。
本作の制作予算は2,000万円で、撮影用に購入した車がバス1台とパトカー8台。主演の渡瀬恒彦さんは、撮影の為に大型免許を取得し、バスの転倒シーンは自ら買って出てスタントマンは使わなかったそうだ。東映カーアクション路線は、本作と「暴走パニック 大激突」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

※バスが50万円で足回りのメンテナンスに100万円。
※パトカーは車検切れギリギリで10万円以下。
※俳優のギャラは100万円以上は渡瀬さんだけで、他の役者は極端に安かった。
(ウィキペディア参照)


川谷拓三                          片桐竜次、川谷拓三

【ストリー】
テストドライバーの速水(渡瀬恒彦)は、テスト中に事故を起こし会社をクビになってしまう。数日後、速水は友人の女性ドライバーの岩崎美代子(星野じゅん)を誘い、大阪の宝石店を襲い数千万円相当の宝石強奪に成功、警察の追手をくらますために別々に逃亡した。速水は宝石を持って府営バスに乗り込み、逃走は完全に成功したかのように思われた……。ところが、そのバスに、銀行強盗に失敗して警察に追われている谷村(川谷拓三)と桐野(片桐竜次)が乗り込み、バスを占拠してしまったのだ。愕然とする速水、バスの運転手で心筋梗塞を患う官本(白川浩二郎)、そして乗客たち--駆け出し女優の立花かおる、主婦の戸田政江(荒木雅子)、ホステスの小林ハルミ(中川三穂子)、大工の西勲(松本泰郎)、小学校教師の松原啓一(野口貴史)、その松原の教え子で彼と浮気を続ける河原文子(三浦徳子)、チンドン屋の極楽一郎(志賀勝)、良子(丸平峰子)、達たち、無職の老人・半田市次郎(野村鬼笑)、塾に通う小学生の加藤(細井伸悟)と田中(秋山克臣)、総勢13名である。谷村、桐野は乗客を人質にしたため、恐怖を感じた乗客たちは徐々にエゴをむき出し、車内のパニック状態はエスカレートしていく。やがて、速水は隙を見て脱出を試みるが、逆に宝石泥棒であることを見破られてしまう。警察は各国道沿に非常線を張るが、バスは次々と非常線を突破し、その後をパトカー、白バイが追った。一方、速水の乗ったバスがバスジャックされたと知った美代子も、オートバイでバスを追走した。やがてバスの運転手の宮本は持病の心筋梗塞で倒れたため、速水が運転することになったが、緊張のために眼は徐々にかすんでいった……。


挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」

題名:狂った野獣
監督:中島貞夫
企画:奈村協、上阪久和
脚本:中島貞夫、大原清秀、関本郁夫
撮影:塚越堅二
照明:北口光三郎
美術:森田和雄
録音:溝口義正
装置:吉岡茂一
装飾:白石義明
美粧:枦川芳昭
結髪:中村美千代
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」
製作主任:長岡功
助監督:藤原敏之
演技事務:上田義一
スチール:木村武司
出演:渡瀬恒彦、星野じゅん、川谷拓三、片桐竜次、室田日出男、志賀勝、橘麻紀、中川三穂子、三浦徳子、荒木雅子、白川浩二郎、松本泰郎、野口貴史、丸平峰子、野村鬼笑、秋山克臣、細井伸悟、三上寛、笑福亭鶴瓶
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー78分35mmフィルム
狂った野獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、川谷拓三                      狂った野獣


狂った野獣

映画「トラック野郎 天下御免」


「トラック野郎 天下御免」愛川欽也、菅原文太

由美かおる                     松原智恵子

今回は鈴木則文監督1976年製作「トラック野郎 天下御免」をピックアップする。
デコトラ・ブームの火つけ役となった東映の人気シリーズ第4弾である。山陽・四国を舞台にマドンナの由美かおるさん、松原智恵子さん、マッハ文朱さんが絡む。今回は前作までのぶっ飛んだティストは控え目に、人情味にウェイトを置いたドラマになっている。それにしても寅さん、桃さんは、振られ方が似ている。

トラック野郎シリーズ


杉浦直樹                    春川ますみ、愛川欽也

【ストリー】
みかんとハマチの運送で四国に渡った一番星の桃次郎(菅原文太)とやもめのジョナサン(愛川欽也)は、八十八カ所巡りの、とある御礼所で巡礼姿の清楚な女性・我妻和歌子(由美かおる)と知り合う。美術大学卒でデザイナー志望の和歌子に二人はすっかりのぼせあがる。そんな和歌子は倉敷の花莚の美しさに魅せられ、ドライブイン“風車”でアルバイトをしながら花莚のデザインを勉強することになったことから大騒動がもちあがる。桃次郎はドライブインに入りびたり。ラブレター、プレゼントと大攻勢。一方、ジョナサンは、和歌子と一緒に撮った写真が原因で君江(春川ますみ、)と離婚ざたにまで発展。
そんな時、ワッパ仲間から幻の車と恐れられている宇和島の“愛のコリーダ”号こと須田勘太(杉浦直樹)が桃次郎に挑戦してきた。それぞれ自慢のデコレーションを賭けて、一番星とコリーダの凄まじいデッドヒートが展開した。しかし、レース途中で、桃次郎は一番星号に飛び込んで来た臨月近い妊婦・坂口千津(松原智恵子)を救った。千津は無事、一番星の運転席で女の子を出産する。桃次郎は名付け親まで買ってでる始末。千津は桃次郎の世話で、“風車”で働くことになった。和歌子は勝負に負けた一番星号に自慢の絵筆をふるった。有頂天の桃次郎はますます和歌子に熱をあげた。歳の瀬を迎え、ドライブイン“風車”に活気が溢れてきた時、和歌子のもとに悲しい知らせが届いた。父の死後、みかん山を一人で経営してきた母親が病気で倒れ、借金300万円をかかえてしまったのだ。和歌子は、その借金返済のため、松山に帰り、不本意な嫁入りを覚悟する。事情を聞いた桃次郎の男気が爆発した。桃次郎は全財産を投じて、宇和島名物の“闘牛場”へ行き、須田勘太の持つ牛の勘太山に賭け、予想をひるがえして、見事、桃次郎が勝った。賞金を掴んだ桃次郎は勇躍和歌子に会いに行ったが、彼女には一緒に染色仕事をしている恋人がいることを知った。その時、千津の夫・坂口が、交通事故で入院したという連絡があった。桃次郎は千津に300万円を夫の治療費として手渡し、子供のためにも復縁するように、と告げると、自分は坂口の替りに、荷を届けるべく、トラックを飛ばすのだった。


京唄子、鳳啓助                    マッハ文朱

題名:トラック野郎 天下御免
監督:鈴木則文
企画:天尾完次、高村賢治
脚本:鈴木則文、中島信昭
撮影:仲沢半次郎
照明:梅谷茂
録音:広上益弘
美術:桑名忠之
装置:安沢重治
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:花沢久子
衣装:河合啓一
技斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:鈴木宏始
音楽:木下忠司 主題歌:菅原文太、愛川欽也「一番星ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:東和杜
助監督:深町秀煕、澤井信一郎
スチール:加藤光男
出演:菅原文太、愛川欽也、由美かおる、松原智恵子、春川ますみ、マッハ文朱、杉浦直樹、鳳啓助、京唄子、金子信雄、宮内洋、笑福亭鶴光、笑福亭鶴瓶、鈴木ヤスシ、南利明、殿山泰司、鶴間エリ
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
トラック野郎 天下御免 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、由美かおる                        「トラック野郎 天下御免」

「トラック野郎 天下御免」松原智恵子

映画「ふしぎな岬の物語」

ふしぎな岬の物語
吉永小百合

今回は成島出監督2014年製作「ふしぎな岬の物語」をピックアップする。本作は森沢明夫氏の小説「虹の喫茶店」を映画化したもので、メイン舞台となる”岬カフェ”は、千葉県館山市明鐘岬にロケセットが建てられ、浩司とみどりの母校は「嵐の中を突っ走れ(蔵原惟繕監督1958年)」でも使用された1930年建造の木造校舎・旧安房高等学校だそうだ。

ふしぎな岬の物語ふしぎな岬の物語
吉永小百合                      阿部寛

吉永小百合さんは「斜陽のおもかげ(斎藤光正監督1967年)」を私が中学生の頃に三番館で観て感動し、初めてファンレターを送った女優さんだ。その後今日に至るまで誰にもファンレターを書いた事はないが、正確に言うとファンというより敬愛する聖女だと思っている。本作は、吉永小百合さんが50余年の映画人生で初めて企画から携わった作品でもあり、物語は、岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマなのだが、彼女がコーヒーを美味しく淹れる方法が「魔法をかけるの。美味しくなーれ、美味しくなーれ」とお呪いをする。この岬カフェは、秋葉原のメイドカフェの様だ。そして驚いた事にカフェのお客たちすべてが善人なのである。泥棒までが善人なので、毒の多い私には、この美しい世界観が分からない。私はサスリスト失格なのだろうか?
本作は吉永小百合さんが主演しているから成立しているとしか思えない永遠のアイドル映画なのだ!
もしも本作を”日本映画の良心”と言うならば、残念ながら私には理解し難い。最悪作品賞

ふしぎな岬の物語ふしぎな岬の物語
笑福亭鶴瓶                      竹内結子

【ストリー】
海の向こうに富士山を望むのどかな里。花畑や学校、病院、教会が点在する中、岬の突端に里の住人たちが集う“岬カフェ”がある。漁師や農家、医師、牧師、警官……。皆のお目当ては、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれる一杯のコーヒー。それを飲むと、皆の心は軽く元気になるのだった。そんな悦子のコーヒーは、何でも屋を営む甥の浩司(阿部寛)と共に毎朝汲んでくる小島の岩清水で作っている。45歳の浩司は、思い込みが激しくたびたび問題を起こすこともあるが、カフェの隣の掘っ立て小屋に住み、悦子を献身的に見守ってきた。ある日、“岬カフェ”の常連客で漁師の徳さんの娘・竜崎みどり(竹内結子)が数年ぶりに里に帰ってくる。だがずっと音信不通だった彼女は何かに傷ついているような様子。一方、30年来の常連客、不動産屋のタニさん(笑福亭鶴瓶)は悦子と浩司のいちばんの理解者だったが、ある事情でこの地を離れることが決まっていた……。

ふしぎな岬の物語ふしぎな岬の物語
米倉斉加年                   竹内結子、笹野高史
※米倉斉加年さんの遺作となった。(2014年8月没)

題名:ふしぎな岬の物語
監督:成島出
企画:吉永小百合、成島出
製作:石原俊爾、石井直、岡田裕介
原作:森沢明夫「虹の喫茶店」
脚本:加藤正人、安倍照雄
撮影:長沼六男
照明:宮西孝明
特機:宗特機
録音:藤本賢一
美術:横山豊
化粧:田中マリ子
衣裳:鳥居ユキ
記録:赤澤環
編集:大畑英亮
音楽:安川午朗 ギター演奏:村冶佳織
題字:和田誠
エグゼクティブプロデューサー:岩原貞雄、高田佳夫、千代勝美、遠藤真郷、吉村和文
プロデューサー:冨永理生子、川田亮、岡田有正、古川一博
助監督:谷口正行
出演:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、吉幾三、井浦新、片岡亀蔵(四代目)、石橋蓮司、米倉斉加年
第38回モントリオール世界映画祭審査員特別賞グランプリ、エキュメニカル審査員賞受賞
2014年日本/ビスタサイズ・カラー117分デジタルシネマ
ふしぎな岬の物語 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ふしぎな岬の物語ふしぎな岬の物語

ふしぎな岬の物語
吉永小百合、笑福亭鶴瓶