映画「街の灯」

街の灯街の灯
堺正章                         栗田ひろみ

今回は森崎東監督1974年製作「街の灯」をピックアップする。
本作は錚々たる俳優陣が脇を固めているにも関わらず、おもしろくない内容になっている。股旅シーンも散漫でつまらない。映画にとって脚本が失敗すると惨憺な結果となる事を思い知らされる一作であった。映画が衰退したと言われるのはテレビのせいにする赴きがあるが、それだけではないと思う。

街の灯街の灯
笠智衆                          財津一郎

【ストリー】
坂の下の千代松、通称・チョロ松(堺正章)。職業はアプローチ屋、つまりセックス仲介のインチキ稼業をしている若者である。チョロ松は、兄ちゃんと呼ぶ梅吉(財津一郎)とコンビを組み、この稼業をしている。二人は、竹子(吉田日出子)が経営する赤ちょうちんの二階に住んでいるが、ここには向島の捨て児寺に捨てられた少年少女たちも一緒に暮しており、血縁なき者同志が一家を構成していた。さて、梅吉の13年来のお得意さんである好色老人の栗田(森繁久彌)は、医者からあと3回と宣告された精力の数少ない一滴を、タレントの欅ヒロミ(栗田ひろみ)に、と二人にアプローチを頼んだ。だが、二人の珍妙なアタックにもかかわらず話は進展せず、あわや作戦放棄という時に、ちょっと頭がおかしいが、ヒロミにうりふたつの美少女を発見、彼女を替え玉にしようと考えつく。ところが、この少女には頑固で妙に古めかしい老人(笠智衆)がくっついており、二人は老人の故郷・九州まで徒歩旅行に出発してしまった。何とか道中の途中で少女を連れ戻そうと考えたチョロ松は、二人の後を追った。ところが、千代松の考え通りにはいかず、次々と珍妙な事件に巻き込まれてしまう。大船駅構内で赤ん坊を拾ったり、ヒッピーの三人組(ガロ)が加わったり、おかしな夫婦の喧嘩に巻き込まれたり、女子プロレス一行と一緒になったり……。それらすべての事件の収集者として不当な裁きを受けるのは、大抵、チョロ松だった。にもかかわらず、じわじわと奇妙な連帯感が生まれてくる。老人は、実はブラジル移民で、“緑あふれる”ふるさとと、初恋の人・お米婆さん(鈴木光枝)に一目会うための、47年ぶりの帰国だったのだ。しかし、ふるさとは既に“緑あふれる”地ではなく、お米は恋敵の粟三郎(三木のり平)と所帯を持っていた。かくて、すべての夢を見終った老人は、また一人ブラジルへ帰ろうとするが、すっかり彼になついてしまった少女も一緒に行きたいと泣きだしてしまった。チョロ松が少女にぞっこん惚れていることを知った老人は、二人を結婚させてブラジルへ連れて行こうと決心して、大胆にも銀行強盗を遂行した。駈け落ち風のチョロ松と少女が羽田を発とうとすると、梅吉とタレント失喪事件を追っていた警察が少女を発見。少女はその騒動のショックで頭が正常に戻ると、なんと本物の欅ヒロミだった。しかも、彼女はマネージャーに連れ去られた直後、交通事故で死んでしまった……。老人はブラジルへと強制送還……。変な夢を見ていたようなチョロ松の数日間。愛と友情と、かけがえのないものを突然に奪いとられた哀しみが、チョロ松の胸に湧きあがってきた。

街の灯街の灯
三木のり平                      吉田日出子
街の灯街の灯
ガロ                          研ナオコ

題名:街の灯
監督:森崎東
製作:瀬島光雄、杉崎重美
企画:田辺昭知
脚本:森崎東、梶浦政男
撮影:吉川憲一
照明:八亀実
録音:平松時夫
調音点松本隆司
美術:重田重盛
装置:小野里良
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣装
音楽:佐藤勝 挿入歌:ガロ「ディスカバー・ピクニック」
編集:太田和夫
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:玉生宗久
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:堺正章、栗田ひろみ、笠智衆、森繁久彌、フランキー堺、三木のり平、研ナオコ、吉田日出子、財津一郎、田中邦衛、鈴木光枝、山谷初男、ガロ
1974年日本・松竹+田辺エージェンシー/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム

街の灯街の灯
田中邦衛                    栗田ひろみ、堺正章、笠智衆

映画「我が家は樂し」

我が家は樂し我が家は樂し
笠智衆                          山田五十鈴

今回は中村登監督1951年製作「我が家は樂し」をピックアップする。
本作は松竹の定番ホームドラマであるが、小津作品とは作風が違う作品で岸恵子さんのデビュー作でもある。しかし、小津安二郎監督と長年コンビで仕事された厚田雄春氏が撮影を担当されている事に興味を曳いた。レンズを多用せず、標準(50mm)を基本に画創りをするという姿勢、テーマとモチーフを深く理解する事で出来るキャメラポジションの決断、本作で学ぶ事は多くある。その一端がヴィム・ヴェンダース監督1985年製作「東京画」からも知る事が出来る。

我が家は樂し我が家は樂し
高峰秀子                      高峰秀子、岸恵子

【ストリー】
植村孝作(笠智衆)にはしっかり者の妻なみ子(山田五十鈴)がついていて、4人の子どもを抱え、乏しいながらも家庭は明るい。朋子(高峰秀子)は好きな絵を学び、胸を病む恋人・内田三郎(佐田啓二)の全快の日を待っている。孝作は勤続25年を迎えて会社から表彰され、特別賞与として金一封をもらうことになる。なみ子はこれで、子供たちの不足の品も買え、次女の修学旅行の費用も出ると、人知れず安堵。ところが、表彰式の帰途、夫婦でわずかな買い物をした賞与3万円の残金をすっかりすられてしまった。しかしなみ子はこの災難を子どもたちに知らせず、またなけなしの衣類を売り払って不足を補う。意気込んでいた朋子の絵が落選し、三郎が亡くなったとき、なみ子は絵が自分の昔の夢であったと打ち明け、くじける朋子を励ます。住みなれた家が家主のために隣家へ売渡され、立ち退きを迫られる。ところが、朋子の描いた隣家の庭の絵が、偶然隣家の主人の眼にとまり、買いとられる。これが縁となって立ち退きも取り消された。さらに、朋子が必死になって描いた母の肖像画はついに展覧会に入選した。家は、こうして、相変わらず、つつましやかで、心暖まる団欒に続けていくことができるのだった。

我が家は樂し我が家は樂し
佐田啓二、高峰秀子                 山田五十鈴、笠智衆

題名:我が家は樂し
監督:中村登
製作:小出孝
原案:田中澄江
脚本:柳井隆雄、田中澄江
撮影:厚田雄春
照明:高下逸男
美術:熊谷正雄
装置:佐須角三
装飾:守谷節太郎
工作:三井完義
衣裳:濱野正太郎
結髪:岸村いく
床山:吉沢金五郎
録音:大村三郎
整音:鵜沢克己
擬音:斎藤六三郎
記録:磯崎金之助
編集:濱村義康
現像:林龍次
焼付:秋元治枝
音楽:黛敏郎
製作進行:安田健一郎
企画事務:保住一之助
演技事務:赤松昭太郎
撮影事務:田尻丈夫
経理担当:武藤鐵太郎
監督助手:西河克己、番匠義彰、高田哲男、有本正
撮影助手:井上晴二、川又昂、老川元薫、内海収六、竹村博
照明助手:八鍬武、石渡健蔵、佐藤勇
美術助手:関根帝夫
装置助手:西山嘉一
装飾助手:石井勇
録音助手:平松時夫、吉田庄太郎、鈴木正男、佐藤廣文
編集助手:羽太みきよ
スチール:西田俊造
出演:笠智衆、山田五十鈴、高峰秀子、佐田啓二、岸恵子、櫻むつ子、高堂國典、楠田薫、岡本克政、福井和子
1951年日本・松竹大船撮影所/スタンダードサイズ・モノクロ91分35mmフィルム

我が家は樂し我が家は樂し
高峰秀子                       我が家は樂し

映画「大根と人参」

大根と人参大根と人参
笠智衆                         乙羽信子

今回は澁谷実監督1964年製作「大根と人参」をピックアップする。
本作は小津安二郎監督が「秋刀魚の味」の次回作として企画・立案していた脚本を監督の逝去(1963年12月12日)により澁谷実監督が映画化した経緯がある。小津監督作品と決定的に違う点は、スタンダードサイズからシネスコサイズへ、50mmレンズ1本撮りから普通のレンズ選択、ローアングルの固守から標準的なポジションでのキャメラの使い方をしている。小津安二郎監督は1923年~25年に松竹蒲田撮影所で撮影助手としてスタートした。その経験と知識からアンリ・カルティエ=ブレッソンのごとく50mmレンズとスタンダートサイズに最後まで拘った。その意味で本作は澁谷実監督作品であり、小津監督とは作風が違うので”小津安二郎記念映画”と銘打つには疑問が残る。

大根と人参大根と人参
長門裕之                        加賀まりこ

【ストリー】
山樹東吉(笠智衆)は内外商事の総務次長だ。長女の京子(岡田茉莉子)、次女の夏子(有馬稲子)、三女の晴子(司葉子)はすでに嫁いで、現在は妻の信代(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)との3人暮しの毎日だ。その恵子も、東吉の同窓鈴鹿剛平の息子三郎(三上真一郎)と婚約して、やがて巣立とうとしている。或る夜、山樹は同窓会の席上、ガンで療養中の秋山(信欣三)にその病名を知らせる可きか否かで鈴鹿(山形勲)と口論となり、ついに恵子、三郎の縁組もあぶなくなった。だが若い二人の心は、幸せでふくらんでいた。こんな山樹に、小さな事件が訪れた。東吉の世話で、内外商事に入社した弟の康介(長門裕之)が、会社の公金を100万使い込んだのだ。後始末を頼まれた東吉は、30年かけて築きあげた地位を守らんため、預金70万を康介に手渡した。そして残りの30万を証券会社から受け取ったまま、山樹は謎の失踪をした。急拠集まった娘夫婦や、康介は、今はやりの人間蒸発ではないかと、各人各様な推理を働かせては、信代を不安に陥し入れた。河野美枝(岩下志麻)が山樹家を訪れたのは、そんな時であった。美しい娘の登場に“事件の陰に女ありと”思わせたが、実は、美枝は戦争中山樹の愛人だった美枝の母との間に生れた娘であったのだ。そして、結婚の仲人を頼みに来たのだった。山樹が家出して10日たった。こちらは大阪のジャンジャン横丁。ポン引き、コールガールのたむろするホルモン焼き屋で、快気焔をあげる山樹東吉のうれしそうな顔がある。一方山樹家では、半ばあきらめて二週間目をむかえた。そんなある日、玄関の戸を開けて“帰ったよ”と平凡な声をかけて入って来た東吉の姿に、信代をはじめ、娘たちは呆然とした。恵子と三郎の結婚も決り、山樹家に静けさが訪れた頃、秋山は遂に死亡した。数日後、山樹は、鈴鹿に失踪の理由を「動機も理由もなく、美しい空を見ていたら、いつの間にか汽車にのっていた」と語った。

大根と人参大根と人参
岩下志麻                        有馬稲子

題名:大根と人参
監督:澁谷実
製作:城戸四郎
原案:野田高梧、小津安二郎
脚本:白坂依志夫、渋谷実
撮影:長岡博之
照明:小泉喜代司
録音:大村三郎
美術:芳野尹孝
編集:杉原よ志
音楽:黛敏郎
スチール:長谷川宗平
出演:笠智衆、乙羽信子、岩下志麻、加賀まりこ、長門裕之、山形勲、岡田茉莉子、司葉子、森光子、三宅邦子、有馬稲子、加東大介、三上真一郎、信欣三、池部良、桑野みゆき、加藤芳郎
1964年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム

大根と人参大根と人参
岡田茉莉子                       加東大介 
大根と人参大根と人参
笠智衆、乙羽信子                  笠智衆、山形勲

1 2 3 25