映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子

映画「愛と死をみつめて」


吉永小百合                       浜田光夫

今回は斎藤武市監督1964年製作「愛と死をみつめて」をピックアップする。
本作は1963年に出版された河野実さんと大島みち子さんの書簡集が原作の映画化になる。事実に基づいて脚色された作品であるだけに、当時相当の話題になったのを幼心に記憶する。ロケーション撮影は、大阪市、大阪駅、中之島公園、通天閣、京都市、京都御所、御所の築地塀、実景のみを長野県信州駒ケ岳頂上付近で行われたそうだ。


内藤武敏                        笠智衆

【ストリー】
高野誠(浜田光夫)が小島道子(吉永小百合)に会ったのは、誠が浪人中、阪大病院に入院したときであった。知的な美しい瞳と、清純な顔は、その日から誠の心の中に好感をもってむかえられた。一見健康そうにみえた道子は、誠が東京の大学に入って二年目に再会したときも、病院生活を送っていた。二人の文通は続けられた。入院生活を続ける道子の不安は、誠の手紙によって力づけられていた。高校をどうにか卒業した道子は、希望の大学に入学したが、軟骨肉腫の再発で四度目の入院をした。アルバイトで大阪に来た誠は、病院を訪れては、信州の山々の美しさや、野球の話に楽しい時間を過した。道子も、不安を抱きながらも、強いて明朗にふるまっていた。9月になって、誠は東京に帰ったが、道子は主治医のすすめで、大学を退学すると本格的な、闘病生活に入った。日本には、まだデータのない不治の病と聞かされた道子は、誠に別れの手紙を出すと、淋しく、病室に横たわった。手紙を受け取った誠は、病院にかけつけるとくじける道子の気持を責めた。道子も誠の誠実な愛情に号泣するのだった。一方主治医(内藤武敏)は、道子の生命を守るために、道子の顔半分がつぶれるという、大手術が必要だと言った。話を聞いた道子の動揺は激しかった。だが誠の愛情の大きさに、ついに道子は決意をきめて、手術を受けた。元気になって社会奉仕をしたい、道子の願いは、病床の中で強く燃えあがった。大手術のあと、容態は順調であった。道子の顔は左半分、白いガーゼで覆われたが、日増しに明るくなっていった。だがある日、道子は健康な右半分に、骨が出て来たのに気づき、愕然とした。再び、手術台の上で道子は21歳の誕生日を迎えた。手術半ば、道子はこの世を去った。道子の日記帳には誠との楽しい生活を夢みた、数々の青春の悲しみと喜びが記してあった。


ミヤコ蝶々、笠置シヅ子                宇野重吉

題名:愛と死をみつめて
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:大島みち子、河野実
脚本:八木保太郎
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:吉永小百合「愛と死のテーマ」
製作主任:櫻井宏信
助監督:鍛冶昇
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、北林谷栄、内藤武敏、笠置シヅ子、初井言栄、ミヤコ蝶々、宇野重吉、笠智衆、原恵子、河上信夫、滝沢修、山田禅二、杉山元
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
愛と死をみつめて -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜田光夫、吉永小百合              吉永小百合、浜田光夫

1 2 3 24