映画「愛と死をみつめて」


吉永小百合                       浜田光夫

今回は斎藤武市監督1964年製作「愛と死をみつめて」をピックアップする。
本作は1963年に出版された河野実さんと大島みち子さんの書簡集が原作の映画化になる。事実に基づいて脚色された作品であるだけに、当時相当の話題になったのを幼心に記憶する。ロケーション撮影は、大阪市、大阪駅、中之島公園、通天閣、京都市、京都御所、御所の築地塀、実景のみを長野県信州駒ケ岳頂上付近で行われたそうだ。


内藤武敏                        笠智衆

【ストリー】
高野誠(浜田光夫)が小島道子(吉永小百合)に会ったのは、誠が浪人中、阪大病院に入院したときであった。知的な美しい瞳と、清純な顔は、その日から誠の心の中に好感をもってむかえられた。一見健康そうにみえた道子は、誠が東京の大学に入って二年目に再会したときも、病院生活を送っていた。二人の文通は続けられた。入院生活を続ける道子の不安は、誠の手紙によって力づけられていた。高校をどうにか卒業した道子は、希望の大学に入学したが、軟骨肉腫の再発で四度目の入院をした。アルバイトで大阪に来た誠は、病院を訪れては、信州の山々の美しさや、野球の話に楽しい時間を過した。道子も、不安を抱きながらも、強いて明朗にふるまっていた。9月になって、誠は東京に帰ったが、道子は主治医のすすめで、大学を退学すると本格的な、闘病生活に入った。日本には、まだデータのない不治の病と聞かされた道子は、誠に別れの手紙を出すと、淋しく、病室に横たわった。手紙を受け取った誠は、病院にかけつけるとくじける道子の気持を責めた。道子も誠の誠実な愛情に号泣するのだった。一方主治医(内藤武敏)は、道子の生命を守るために、道子の顔半分がつぶれるという、大手術が必要だと言った。話を聞いた道子の動揺は激しかった。だが誠の愛情の大きさに、ついに道子は決意をきめて、手術を受けた。元気になって社会奉仕をしたい、道子の願いは、病床の中で強く燃えあがった。大手術のあと、容態は順調であった。道子の顔は左半分、白いガーゼで覆われたが、日増しに明るくなっていった。だがある日、道子は健康な右半分に、骨が出て来たのに気づき、愕然とした。再び、手術台の上で道子は21歳の誕生日を迎えた。手術半ば、道子はこの世を去った。道子の日記帳には誠との楽しい生活を夢みた、数々の青春の悲しみと喜びが記してあった。


ミヤコ蝶々、笠置シヅ子                宇野重吉

題名:愛と死をみつめて
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:大島みち子、河野実
脚本:八木保太郎
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:吉永小百合「愛と死のテーマ」
製作主任:櫻井宏信
助監督:鍛冶昇
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、北林谷栄、内藤武敏、笠置シヅ子、初井言栄、ミヤコ蝶々、宇野重吉、笠智衆、原恵子、河上信夫、滝沢修、山田禅二、杉山元
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
愛と死をみつめて -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜田光夫、吉永小百合              吉永小百合、浜田光夫

映画「不良番長 どぶ鼡作戦」


梅宮辰夫                     梅宮辰夫、葉山良二

今回は野田幸男監督1969年製作「不良番長 どぶ鼡作戦」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第5弾になる。
カポネ団の本拠地である東京・新宿から大阪(釜ヶ崎・河内)に舞台を移しており、えげつない関西テイストの濃厚な内容になっている。



鈴木やすし、長沢純、南弘子、谷隼人、梅宮辰夫                 賀川雪絵

【ストリー】
神坂弘(梅宮辰夫)を番長とする、「カポネ団」は、新宿を追われて、大阪の街で、荒稼ぎをしていた。釜ヶ崎のグレン隊・ヤリフリ団とのトラブルも、団長峰隆三(葉山良二)との一騎打ちが引き分けて、二人は意気投合した。神坂は、ストリップ興行を思いつき、二グループは、稼ぎまくった。そこへ、関東挺身会の大東組が、縄張を荒されたと、乗込んで来た。その上、大東組に追われた河内の山高組の代貸猪叉大八(山城新伍)をカポネ団が逃がしてしまい、詫びに行った峰が刺された。神坂らは、大暴れして、峰を連れ戻しはしたものの、入院費を払ったりで、スッテンテン。山高組に世話になろうと大阪を後にした。ところが、辿りついた山高組は、組長山高今朝吉(上田吉二郎)か、チャチなストリップ小屋一軒を持っていたが、全く、景気は悪い。そこで、神坂らは、町で、小百合(小林千枝)ら3人の若い娘を見つけて来、やっと大入りの盛況となった。一方、関東挺身会々長川島精之助(須賀不二男)は、万博目当ての大スーパーを作ろうと画策、山高組の小屋を立退かせるよう、大東組に命じていた。山高組への大東組のいやがらせは激しさを増し、神坂は、立退き料を受取って、小屋を壊わし、隣の土地で大劇場の新築にかかった。慌てた大東組は、今朝吉を殺し、単身で殴り込んだ峰も殺した。その上、工事現場に、ダイナマイトを仕掛けられ、バイキング、小百合らが死んだ。怒った神坂らは、祭太鼓の中、挺身会を待伏せ、川島の車は炎上、崖下に転落した。


小林稔侍、梅宮辰夫、山城新伍           笠置シヅ子、上田吉二郎

題名:不良番長 どぶ鼡作戦
監督:野田幸男
企画:矢部恒、吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:星島一郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:中村修一郎
装置:松野太三郎
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:山之内康代
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:岡本明久
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、谷隼人、葉山良二、賀川雪絵、南弘子、山城新伍、長沢純、鈴木やすし、小林千枝、曽根晴美、上田吉二郎、笠置シヅ子、中田博久、富田仲次郎、須賀不二男、小林稔侍、京唄子、鳳啓助、中田ダイマル・ラケット、由利徹
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 どぶ鼡作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中田博久、須賀不二男                                             不良番長 どぶ鼡作戦

映画「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」


大信田礼子                      賀川雪絵

今回は山口和彦監督1971年製作「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」をピックアップする。
本作は、大ヒットした北原ミレイさんの「ざんげの値打ちもない」を主題曲に、大信田礼子さん演じる影山リカが暴れる女番長”シリーズ第4作で最終作になる。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


伴淳三郎                     渡瀬恒彦、中谷一郎

【ストリー】
一年振りで赤城学園から出所したリカ(大信田礼子)は、新宿に戻ってきた。リカは、赤城学園で知りあったみどり(片山由美子)の父村木(伴淳三郎)が経営する自動車修理工場で働くことになった。村木は、みどりと同棲している不良学生浜田(滝俊介)の借金のために、村木の土地と工場乗っ取りを狙う暴力団大矢組から迫害を受けていに。一方、アルサロで働く長子(橘ますみ)、センミツ(集三枝子)、ツナオ(左とん平)や、ラーメン屋で働くおゆき(市地洋子)ら昔の仲間と再会したりカは、マリの消息も知った。マリ(賀川雪絵)は、大矢組の客分だった夫圭一(中谷一郎)が病気になり冷たくあしらわれたためにヌード・スタジオで働いているという。一方、大矢(金子信雄)は、浜田に博奕の借金を背負わせ、その金を村木から出させるように仕向けた。村木の留守に家に忍びこんで、金を持ち出そうとしたみどりをとがめたのはリカだった。浜田の借金の取り立てに失敗した大矢は、みどりを人質にして、土地の権利書との交換を要求してきたが、かって、ヤッパの鉄と異名をとった村木は、単身大矢組に乗り込み、みどりを救出した。だが、大矢も黙ってはいなかった。大矢は、足を洗いたいと申し出た圭一に最後の仕事を命じた。マリのために、故郷に帰って出なおそうと考えていた圭一は、目先の金に目がくらみ村木を刺したが、その圭一も、大矢のために殺された。勘忍袋の緒が切れたリカとみどり、マリ、長子、センミツたちは、圭一の弟竜二(渡瀬恒彦)と大矢組のビルに殴り込んだ。


たこ八郎、大信田礼子             大信田礼子、集三枝子、笠置シヅ子

題名:ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬ニ
擬斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」
現像:東映化学
製作主任:東一盛
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、片山由美子、集三枝子、市地洋子、伴淳三郎、左とん平、中谷一郎、渡瀬恒彦、金子信雄、南利明、滝俊介、たこ八郎、笠置シヅ子、大泉滉、北原ミレイ
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 ざんげの値打ちもない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左とん平                       片山由美子

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない           北原ミレイ

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない