映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「成熟」

成熟
関根恵子(高橋惠子)
成熟成熟
関根恵子、篠田三郎

今回は湯浅憲明監督1971年製作「成熟」をピックアップする。
本作の撮影前から大映は倒産寸前という状況で、撮影実行予算は山形県議会の商業映画製作委員会が出資し、鶴岡市、庄内観光協議会、酒田市庄内観光協会、庄内交通などがタイアップしている。内容は景勝地にスーパーインポーズタイトルが入る観光映画にドラマを挿入した無難な形になっており「高校生ブルース」でデビューした関根恵子さんの大映最後の作品でもある。そして大映株式会社は、本作公開後に倒産した。その後1974年から2002年まで徳間書店が経営再建で映画事業を引き継いだ。この時点で”大映”という名前は残っていたが2004年からは経営権を角川書店が取得して角川映画に合併し、映画会社”大映“という名前は60年の歴史に幕を下ろし消滅した。

角川映画多摩川撮影所
現在の角川大映スタジオ(Googl Mapより)
成熟成熟
関根恵子、早川保                  伴淳三郎

【ストリー】
山形県庄内平野の鼠ケ関は、古くからみこし流しという行事が行われており、その日は近隣から老若男女が集まり大変なにぎわいを見せる。みこし流しには、一つのいい伝えがあった。それは、みこしを担いで海に入る男たちの濡れた体は将来を誓い合った娘以外は拭いてはならない。万一、体を拭いた娘と拭かれた若者が結婚しないと竜神の崇りで二人とも必ず不幸になるというものだった。農業高校の写真部員加納ゆう子(関根恵子)はこれらの被写体を求めて夢中だった。そして、みこし流しの伝説を信じないゆう子が、気軽に見知らぬ青年笹尾隆二(篠田三郎)の体を拭いたことから騒動が持ち上ってしまった。隆二が、農業高校のライバルである水産高校生であり、しかも同じ写真部員であったため、両校写真部員はいきりたってしまったのである。又、昔気質の隆二の父吾助(伴淳三郎)は、今だに竜神伝説を信じる頑固もので隆二のとめるのを振り切ってゆう子の家を訪れ、ゆう子を嫁にくれと頼むが、農業を営むゆう子の両親に竜神伝説を一笑され、ゆう子には坂井正夫(菅野直行)という婚約者がいると断わられてしまった。数日後、学生写真コンクールの審査員である宣伝課長木内(青空はるお)が、市内の写真屋で見かけた隆二の写真を激賞したという噂がたった。それは、ゆう子の水着姿を撮ったものだという。やがて、鶴岡市の天神祭り、別名お化け祭りの日がきた。お化け祭りとは男女の区別なく独特の女装をして、顔を布で隠し、徳利と盃を持って見物人に酒を飲ませるという祭りである。昼間から酒を飲まされたゆう子の婚約者正夫は、夜、公園でお化けに扮した若い娘をゆう子と感違いして抱いてしまう。しばらくして町中に、ゆう子が隆二の子を妊娠したという噂がたった。両校生徒は勿論、ゆう子の両親や吾助までその噂を信じる有様だった。追いつめられた二人は、自分たちの愛を確認し合い誤解する周囲に嫌気がさして、東京へ出ていく決心をする。翌朝、駅に急ぐゆう子は、田んぼに秋うんかが発生しているのを知り愕然とする。稲作に大被害をもたらす秋うんかの発生を放置することはゆう子にはできなかった。駅に待っていた隆二にそのことを伝え、駆落は中止された。やがて写真コンクールの一次審査が始まりゆう子と隆二の作品が優勝候補に挙げられた。ところが、ゆう子は応募作品を取り下げると申し出、これを聞いた隆二も辞退してしまった。つもりにつもった両校の対抗意識は爆発し、大混乱となった。その時、両校生徒に意外な告白をしたのはゆう子のクラスメイト小谷ミキ(八並映子)であった。祭りの夜、正夫に抱かれたのも、ゆう子と隆二の噂を流したのも正夫を愛していたミキだった。正夫とミキ、ゆう子と隆二という二組のカップルが生まれ、両校生徒の祝福を受けるのを見た写真部長の桂教師(早川保)は乱闘の責任をとって東京に発っていった。

成熟成熟
赤座美代子

題名:成熟
監督:湯浅憲明
企画:斎藤米二郎
脚本:高橋二三
撮影:喜多崎晃
照明:久保江平八
録音:奥山秀夫
美術:矢野友久
編集:宮崎善行
音楽:菊池俊輔
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:小林正夫
スチル:塩見敏彦
出演:関根恵子(高橋惠子)、篠田三郎、早川保、伴淳三郎、八並映子、赤座美代子、菅野直行、小野川公三郎、高橋由美子、桜京美
1971年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
成熟-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

成熟成熟
菅野直行、八並映子

映画「高校生ブルース」

高校生ブルース高校生ブルース
関根恵子(現・高橋惠子)

今回は帯盛迪彦監督1970年製作「高校生ブルース」をピックアップした。
本作は当時、大映期待の新人関根恵子(現・高橋恵子)映画デビュー作であり15歳の関根恵子が鮮烈なヌードを披露して話題となった。大映倒産前(1971年11月29日)の“レモンセックス路線”の第一作だ。今観るとすべてが初々しいのは当たり前だが、高校生のセックスと中絶が衝撃的だったのを思い出す。

高校生ブルース高校生ブルース
関根恵子・内田喜郎

【ストリー】
十六歳の美子は人間が食欲を感じることと同じ自然さで、クラスメイトの昇と、薄暗い体育倉庫で肉体関係を結ぶ。美子の性に対する知識は無知に近く、昇に生理のことを聞かれるまで自分の体内に変化があることに気がつかなかった。それを決定的にしたのは、体操の時間に吐きけをもよおしてからだった。昇との気の遠くなるような恍惚感を共なう営みの結果が妊娠という厳粛な恐ろしい事実を招くとは、美子には信じられなかった。それは彼女の全存在を根底から揺がす衝撃的な出来事であった。それにも増して、昇は狼狽した。昇は、なんとしても堕さねばならないと思ったが、初めての経験でなす術もわからぬまま相談相手も見つからず窮地に追いこまれていった。それでも昇は、クラスで性の権威と目される五十嵐に相談したり、学校から帰ると、こっそり兄の背広を着て産婦人科の前をうろついたり、また本屋で、性生活とか出産、育児とかいった本を立ち読みしては、周囲の大人たちからうさんくさい目でみられ、急ぎ足で引き返すようなうしろめたい日々が続いた。一方美子は、新しい生命の存在を実感しながら、その心理に大きな変化が頭をもたげつつあった。それは自らの出生にまつわる何か不確かな疑惑であった。自分が父と母との快楽の果てに産みおとされたと考えるや否や、自分の存在にたまらなく自己嫌悪を感じた。その頃、いても立ってもいられなくなった昇は、患者のいそうもない産婦人科を見つけて、やっとのことで事情を話した。
翌日から昇は医師から教えられた一万五千円の中絶費用を作り出すために、家族にわからぬように牛乳配達のアルバイトを始め、美子への責任を果たそうとした。美子はお腹の赤ん坊を堕す決心をし、ちょうど昇と関係をもってから三ヵ月目に、昇を体育倉庫に連れていった。不安に怯える昇に、美子はマットの上に横になり「私のお腹を思いきり踏みつけて」と告げるようにいった。昇は非人間的な行為からくる戦慄と、一抹の安堵感とで狼狽するが、美子の声にあやつられ夢中で美子の下腹部を踏んだ。激しい腹痛に襲われながらも一人で家までたどりついた美子の様子にあわてふためいた母は、医者から「流産です」と言われ昂奮のあまり泣き伏してしまった。やがて元気を取りもどした美子だが、一人になると短期間に重りすぎた悲しみが出口を見つけて一気に美子を襲った。美子はベッドの上で身をよじり、烈しく涙を流した。

高校生ブルース高校生ブルース

題名:高校生ブルース
監督:帯盛迪彦
原作:柴田成人
脚本:伊藤昌洋
撮影:喜多崎晃
照明:上原正一
録音:高橋温生
美術:山口煕
編集:中静達治
音楽:伊部晴美
現像:東京現像所
出演:高橋惠子、内田喜郎、篠田三郎、八並映子、堀雄二、伊藤幸子
1970年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
高校生ブルース [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

高校生ブルース高校生ブルース

1 2