映画「 処刑の島」


新田昌                           岩下志麻

今回は篠田正浩監督1966年製作「処刑の島」をピックアップする。
本作は武田泰淳氏原作の「流人島にて」を石原慎太郎氏が脚色して映画化したものだ、
松竹退社後の篠田監督フリー第1作である。ロケーション撮影は、八丈島と八丈小島で行われている。
(八丈島フィルムコミッションHP参照)


三国連太郎                       新田昌、信欣三

【ストリー】
太平洋に本島と小島という孤島が浮んでいた。昔から“流人島”として知られ、戦後も感化院がある。ある日、本島に一人の男が現れ、セールスマンというふれこみで船主野本(富田仲次郎)に宿を頼んだ。この男は三郎(新田昌)といい20年前、島にいたことがあった。三郎の父西原弦一郎はアナーキストで、そのため三郎は父母と兄とを特務の憲兵毛沼曹長(三國連太郎)に惨殺されていた。軍はこの残虐行為を隠すため三郎と毛沼を島に流したのだった。毛沼が島に流されたことは、三郎は知らなかった。三郎はサブと呼ばれ牛や山羊を飼っている大嶽(=毛沼曹長)に牛馬以下にこきつかわれた。何度か脱走を企ったが、その度血みどろになる迄打たれた。仲間の松井(佐藤慶)は三郎を裏切るし、教師の黒木(信欣三)は小心な傍観者だった。ある日三郎は半死半生のまま大嶽に海へ投げ込まれた。その時漁師に助けられた三郎は、20年後再び島に現われたのだ。他所者が20年前の三郎だと知って驚く松井、今は土建会社の社長だった。荒涼としたこの島にも美しい娘がいた。亜矢(岩下志麻)といった。亜矢は感化院の少年に襲われたところを三郎に助けられ好意を抱いた。だが三郎の気持ちは複雑だった。亜矢は大嶽の娘だったのだ。やがて三郎は松井と対決した。松井はジープで三郎をひき殺そうとして崖から落ちて死んだ。そして三郎が老いぼれた大嶽を訪ねると、大嶽は三郎だと気つかず流人が彫った仏像を渡した。三郎も何故かためらいそのまま帰った。だが、仏像に浮び上がった大嶽の指紋は、毛沼軍曹の指紋写真とぴったり一致していた。翌日、恵を決した三郎は短刀を手にして大嶽に迫った。亜矢は必死で父をかばうのだった。三郎は結局、大嶽に指をつめさせることで結着をつけた。流人サブの墓を立てようと帰ってきた三郎の使命は終った。今こそ暗い過去は葬り去られたのだ。


木村俊恵                         信欣三

題名:処刑の島
監督:篠田正浩
企画:石原慎太郎
製作:石原慎太郎、米山彊、中島正幸
原作:武田泰淳「流人島にて」
脚本:石原慎太郎
撮影:鈴木達夫
照明:海野義雄
録音:西崎英雄
音効:本間明 録音所:太平スタジオ
美術:戸田重昌
装置:菊川常太郎
装飾:荒川大
編集:篠田正浩
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作主任:岸田秀男
助監督:宮川照司
スチール:森山大道
出演:新田昌、岩下志麻、三国連太郎、信欣三、木村俊恵、佐藤慶、殿山泰司、小松方正、富田仲次郎、平松淑恵、氏家慎子
1966年日本・日生劇場プロダクション/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
処刑の島 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                        処刑の島

映画「はなれ瞽女おりん」


岩下志麻                        原田芳雄

今回は篠田正浩監督1977年製作「はなれ瞽女おりん」をピックアップする。
本作は、水上勉氏の同名小説を映画化したものだが、瞽女(ごぜ)とは、盲目の女芸人の事を言い、その旅一座グループから離脱した者を”はなれ瞽女”と呼ぶ。
目を閉じて瞽女おりんを演じるにあって、繊細な心情と逞しさの芝居を淡々と美しく魅せた岩下志麻さんに感動する。
演出は実に堅実であり、巨匠宮川一夫氏の映像で素晴らしい作品に仕上がっている。

照明技師の佐野武治さんが、ラストの小浜で警察に密告する村人役で出演されている!
お世話になった丸山文雄さんが、照明部チーフでタイトルされていた。これにも驚いた。

本作を1月20日に、池袋の新文芸坐で行われた特集上映 “デビュー60年 女優・岩下志麻” で、35mmプリントで観て来たが、DVD映像では暗部が潰れていた。ポジテレシネしたものをキャプチャーし、MPEG2にしたのだから、フィルムのラチチュードを再現出来る訳ではないので、良い作品は劇場で観るべきだと再確認した。

はなれ瞽女おりん」撮影エピソード 語り:岩下志麻さん
「私は暗闇恐怖症なので、盲目の女性の役がきたとき、暗闇に慣れるか不安でした。化粧をしたり、風呂に入ったりするときも目をつむり、暗闇になれることから始めました。実際に新潟で生存されておられる瞽女さんを訪ねると、夜8時でも真っ暗闇の中にいらっしゃり、私たち訪問者のために電気をつけてくれました。目が見えないというのはこういうことかと実感し、役に入っていけました。瞽女さんには、傘の差し方など色々ご指導いただき、とてもありがたかったです。
目をつむって何か月か生活しました。盲学校にも行きましたが、こんなにたくさんの方が、暗闇で生活されているのかと思うと、取材をする前に涙が止まらず大変でした。校長先生に目隠しされ、廊下をまっすぐ歩くように指示を受け、歩いてみたのですがどうしても左方向に歩いてしまうのです。人間は耳がいい方に歩いてしまうと聞き、演技するときも誰かがセリフを言ったときに耳を差し出すようにしました。瞽女が弾く三味線の稽古をするのも大変で、6か月間毎日通って習いました。いつも微笑みを浮かべているようなおりんでいたい。目が不自由でも否定的ではなく、いつも明るいおりんをイメージして演じました。私にとっては大変思い出深い、大好きな映画です。


奈良岡朋子                     岩下志麻、樹木希林

【ストリー】
大正7年、春まだ浅い山間の薄暮、おりん(岩下志麻)は、破れ阿弥陀堂で一人の大男・平太郎(原田芳雄)と出会った。翌日から、廃寺の縁の下や地蔵堂を泊り歩く二人の奇妙な旅が始まる。ある日、木賃宿の広間で、漂客や酔客相手におりんが「八百屋お七」を語っている時、大男はその客に酒を注いだり、投げ銭を拾い集めていた。またある夜には、料理屋の宴席で「口説き節」を唄うおりんの声を聞きながら、大男は勝手口で、下駄の鼻緒のすげかえをすることもあった。それからも大男は、大八車を買入れ、おりんと二人の所帯道具を積み込んで、旅を続ける。そんな時、柏崎の薬師寺で縁日が開かれた。露店が立ち並ぶ境内の一隅に、下駄を作る大男と、できあがった下駄をフクサで磨きあげるおりんの姿があった。しかし、札をもらわずに店をはったという理由で、大男は土地のヤクザに呼び出される。大男が店を留守にした間に、香具師仲間の一人である別所彦三郎(安部徹)に、おりんは松林で帯をとかれていた。松林の中で、すべてを見てしまった大男は逆上し、大八車の道具箱からノミを取り出すと、松原を走り去った。やがて、渚に座りこんだままのおりんの前に大男が現れ、「また一緒になるから、当分別れてくらそう。俺は若狭の方へ行く。」と言い残すと姿を消した。季節は秋に変り、おりんは黒川の六地蔵で出会ったはなれ瞽女のおたまと共に、南の若狭方面へと向っていた。そんな時、大男は別所殺しの殺人犯として、また福井県鯖江隊所局の脱走兵としても追われていた。残雪を残す若狭の山に春が訪れる。若狭の片手観音堂に来ていたおりんは、ある日、参詣人でにぎわう境内で、大男に呼びとめられた。その夜、うれしさにうちふるえながら、おりんは初めて、大男に抱かれた。翌日から二人はまた旅を始める。しかし、二人の背後に、憲兵中尉・袴田虎三(小林薫)の姿が迫っていた。


小林薫                       岩下志麻、安部徹

題名:はなれ瞽女おりん
監督:篠田正浩
製作:岩下清、飯泉征吉
原作:水上勉
脚本:長谷部慶治、篠田正浩 台詞:長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:佐野武治
録音:西崎英雄
効果:本間明
美術:栗津潔
衣裳:新井喜一 (京都衣裳)
結髪:中村さき
美粧:境厚子
考証:市川信次、市川信夫
編集:山地早智子 ネガ編集:南とめ
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作補:三島巌
製作宣伝:市川しげ子
製作進行:星野常一郎
助監督:永井正夫
監督助手:岡田敏宏、鯉渕優
撮影助手:藤井秀男、榊原勝巳、川口徹也
照明助手:丸山文雄、井上富夫、佐野誠
録音助手:徳永誠
美術助手:平賀俊一、伊藤保恵、市村隆
編集助手:渋谷英子、原裕子
衣装助手:京野ツエ
撮影機材:ナック
照明機材:三和照明
録音所:アオイスタジオ
スチール:山崎博
出演:岩下志麻、原田芳雄、奈良岡朋子、樹木希林、 小林薫、安部徹、横山リエ、西田敏行、山谷初男、加藤嘉、殿山泰司、浜村純、桑山正一、不破万作、原泉、神保共子、宮沢亜古、中村恵子、嶺川貴子
1977年日本・表現社/スタンダードサイズ・カラー117分35mmフィルム
はなれ瞽女おりん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜村純                       佐野武治氏(照明技師) 

原田芳雄                        岩下志麻、小林薫

映画「心中天網島」


中村吉右衛門                  岩下志麻(治兵衛の妻おさん)

中村吉右衛門、岩下志麻(遊女小春)             岩下志麻

今回は篠田正浩監督1969年製作「心中天網島」bestをピックアップする。
本作は、篠田監督が松竹から独立してから撮った最初の作品で、ATG(日本アートシアターギルド)の1,000万円映画として2週間の撮影期間で制作されたものだが、内容とクオリティの高さに驚く作品である。300万円の予算超過があったそうだが、劇中に黒子が登場したり、大きな古文字や浮世絵が描かれた壁や床のセットなどのハイセンスな栗津潔さんの美術、全編を通しての斬新な演出・撮影・照明が行われ、大掛かりなセットが組めない低予算映画という事を逆手に取っている。

本作を2019年1月20日に池袋の新文芸坐で行われた特集上映 “デビュー60年 女優・岩下志麻” で、35mmプリントで再び観て来たが、中村吉右衛門さんの歌舞伎で培われた独自の発声とイントネーション、細かい所作の素晴らしさと、母性とモラルの妻おさんと、心中する儚い遊女小春の二役を見事に、違和感なく演じ分けた岩下志麻さんの上質の芝居が、成島東一郎氏のモノクロトーンに冴え映り、完璧なものにしている。本作は1960年代に、日本の優れた才能が結集して作られた作品である事は間違いない。


中村吉右衛門、岩下志麻                   滝田裕介

【ストリー】
大阪天満御前町の紙屋治兵衛(中村吉右衛門)は、女房子供のある身で、曽根崎新地紀伊国屋お抱えの遊女小春(岩下志麻)と深く馴染み、情死のおそれもあった。これを案じた治兵衛の兄粉屋の孫右衛門(滝田裕介)は、武士姿に仮装し、河庄に小春を呼び出した。孫右衛門は、小春に治兵衛と別れるようさとし、その本心を問いただした。小春は治兵衛と死ぬ積りはないと言った。折から、この里を訪れていた治兵衛は二人の話を立聞きし、狂ったように脇差で斬りこんだ。だが、孫右衛門に制せられ、両手を格子に縛られてしまった。そこへ恋敵の太兵衛(小松方正)が通りかかり、さんざん罵り辱しめた。これを聞きつけた孫右衛門は、表に飛びだし太兵衛を懲しめ、治兵衛には仮装を解いて誡めた。治兵衛は目が覚めた思いだった。そして小春からの起請文を投げかえして帰った。数日後、治兵衛は太兵衛が小春を身請けするとの噂を聞いた。悔し涙にくれる治兵衛。これを見た妻のおさん(岩下志麻)は、始めて小春の心変りは自分が手紙で頼んでやったことと打明けた。そして、小春の自害をおそれ、夫をせきたてて身請けの金を用意させようとした。おさんの父五左衛門(加藤嘉)が娘を離別させたのはそんな折だった。それから間もなく、治兵衛は小春と網島の大長寺で心中した。


小松方正                       滝田裕介、河原崎しづ江

題名:心中天網島
監督:篠田正浩
製作:中島正幸、篠田正浩
原作:近松門左衛門
脚本:富岡多恵子、武満徹、篠田正浩 台詞:富岡多恵子
撮影:成島東一郎
照明:奥山保雄、竹田則夫、小林達三
録音:西崎英雄
音効:高井唯夫、鈴木明
美術:栗津潔
装飾:荒川大、神田明良
美粧:高橋祥子
衣装:橋本潔
絵:篠田桃紅
時代考証:林美一
衣装考証:上野芳正
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作主任:加藤正夫
助監督:中野恵之、小栗康平、小泉眞、元持昌之
撮影助手:杉村博章、坂本善尚、林光夫、三瓶恵造
編集助手:高橋司圭子
撮影スタジオ:日映新社(日本映画新社)
録音スタジオ:アオイスタジオ
協力:京都衣裳、高津小道具店、川口かつら店、東宝舞台
出演:中村吉右衛門、岩下志麻、河原崎しづ江、滝田裕介、小松方正、左時枝、日高澄子、藤原釜足、加藤嘉、浜村純
1969年日本・表現社+ATG/スタンダードサイズ・モノクロ103分35mmフィルム
心中天網島 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


心中天網島

1 2 3