映画「あいつと私」

あいつと私
「あいつと私」芦川いづみ
あいつと私あいつと私
石原裕次郎                       芦川いづみ

今回は中平康監督1961年製作「あいつと私」をピックアップする。
日活青春ドラマ定番の石坂洋次郎氏原作の小説を映画化したものだが、60年前に作ったとは思えない程、現代に通じるおもしろさがある作品。60年安保闘争も織り交ぜながら時代の断片を散りばめ挿入する事により、適度な緊張感を保ちつつ、対照的な家族をテーマにしている。私の好きな映画女優芦川いづみさんのショートヘアーがとても良かった。

あいつと私
「あいつと私」芦川いづみ
あいつと私あいつと私
芦川いづみ、小沢昭一、石原裕次郎         芦川いづみ、渡辺美佐子

【ストリー】
都心から離れた専明大学。ここには若さと明かるさと太陽だけがあった。黒川三郎(石原裕次郎)はそういう学生の中にあって特に野放図でくったくのない男だった。だから、授業中にうっかり「夜の女を買った」と喋ったため、女生徒の吊し上げにあい、プールに投げこまれてしまった。びしょ濡れの三郎を家が近くだという女生徒浅田けい子(芦川いづみ)が父の服をかしてくれることになった。けい子の家は、父親の他は女ばかり7人。三郎を大いに歓迎してくれた。三郎の家は反対に父母と3人暮し、母親のモト子(轟夕起子)は有名な美容師で、することなすことが並はずれてスケールの大きなスーパーレディ、園城寺(庄司永健)という恋人もいる。父親の甲吉(宮口精二)はその偉大な夫人のヒップの後にかくれているような気の弱い男だった。だが、みんな型にはまらず個性的でカラッとしていてけい子は感激した。三郎とけい子はこの機会を通じて仲良くなっていった。夏休みが来た。三郎やけい子たち5人のクラスメートは東北地方を廻って軽井沢にある三郎の別荘までドライブを決行した。軽井沢についた晩、突然、モト子が円城寺と弟子の松本みち子(渡辺美佐子)を連れてやって来た。けい子は、みち子の三郎に対する態度にふと不審の念を抱いた。女の愛する者への直感だった。問いつめられた三郎は、みち子と以前に関係のあったことを告白した。けい子は泣きながら外へとびだした。後を追った三郎は、泣きじゃくるけい子を強引に接吻した。二人の仲はこれがもとでもっと強力となった。二学期が始まり秋風が吹く頃、モト子の誕生日がやって来た。けい子、円城寺、そして、モト子の昔の友達というアメリカでホテルを経営する阿川(滝沢修)が久し振りに日本に帰って来て出席していた。楽しかったパーティも、阿川が三郎に“アメリカでホテルの後を継いでくれ”といったことからパーティはメチャメチャとなった。三郎はモト子と阿川の間に出来た子供だったのだ。翌日、モト子はすっかり元の陽気さを取り戻し、三郎も出生の秘密を知った暗さなどどこにもみられなかった。三郎はけい子と婚約した。将来、三郎とけい子はアメリカに行くかも知れないのだ。

あいつと私あいつと私
轟夕起子、宮口精二                   吉永小百合

題名:あいつと私
監督:中平康
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:池田一朗、中平康
撮影:山崎善弘
照明:藤林甲
録音:片桐登司美
美術:松山崇
特技:金田啓治
技斗:峰三平
音楽:黛敏郎 主題歌:石原裕次郎「あいつと私」
記録:堀北昌子
編集:辻井正則
現像:東洋現像所
製作主任:銭谷功
助監督:西村昭五郎
色彩計測:畠中照夫
スチール:斎藤耕一
出演:石原裕次郎、芦川いづみ、笹森礼子、吉永小百合、中原早苗、小沢昭一、吉行和子、渡辺美佐子、清水将夫、轟夕起子、宮口精二、高田敏江、細川ちか子、武藤章生、伊藤孝雄、庄司永健、高野由美、滝沢修、酒井和歌子
1961年日本・日活/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム

あいつと私あいつと私
高田敏江、中原早苗                   吉行和子
あいつと私
【トリビア】赤丸印は東宝に入社する前の酒井和歌子さん。当時は劇団若草所属だった。
あいつと私あいつと私
笹森礼子                      滝沢修、石原裕次郎

映画「美しい暦」


「美しい暦」吉永小百合

吉永小百合                             浜田光夫

今回は森永健次郎監督1963年製作「美しい暦」をピックアップする。
地方都市の青春学園もので「青い山脈」と印象が重なる作品であるが、吉永小百合さんのJK姿が可愛らしくて仕方ない。
未だにサスリスト信仰が続くのも無理はない。女教師を演じた芦川いづみさんの清楚な色気もたまらない。この二人の魅力で観る価値はある作品である。ロケーション撮影は、東京都立川市(立川高校講堂)、神奈川県秦野市(丹沢)、長野県松本市(松本城、松商学園、市内の目抜き通り)などで行われた。


「美しい暦」芦川いづみ

芦川いづみ                       長門裕之

【ストリー】
矢島貞子(吉永小百合)は高校3年生で明るい質屋の娘。学校には、若くてハンサムな赴任したばかりの武井先生(長門裕之)や、尊敬する化学の村尾先生(芦川いづみ)がいて楽しい毎日である。今日も昼間、貞子たちの前で武井と村尾は授業法についてモウレツな議論を闘わした。若い二人の先生の間にほのぼのとしたものが芽生えているのをかぎつけたのも、敏感な貞子達であった。そうした貞子にも、ふと思い出す顔がある。一ケ月前登山で知りあった高校生、田村邦夫(浜田光夫)の姿である。しかしその夜、店番をする貞子の前に現れたのは、思いがけない田村の姿であった。カメラを出して授業料1,380円を借りたいというのだ。娘が山で世話になったことに好意をもっていた母の千絵(丹阿弥谷津子)は、やさしく、さとして貸してやるのだった。そんなある日A高の生徒五人が、校長に会いに来た。その代表は田村だった。田村の口から出る訪問の理由は、女教師朝川(細川ちか子)が田村たちの学校の生徒は不良だと公言したというのだ。辞表を提出するとオロオロする朝川に、うんざりした田村はひきあげていった。しかし田村達のデモンストレーションは功を奏し、田村の学校の演劇部と貞子たちの演劇部との合同公演が実現することになった。芝居はロミオとジュリエットだった。やがて田村のロミオと春枝のジュリエットで、合同公演は成功のうちに終った。武井、村尾の両先生をリーダーにサイクリングに出かけた、目的地に着くと村尾は武井に結婚を申しこんだ。一方木の上に登った田村にプロポーズする貞子に「ボクたちはまだ子供にすぎない」という声が返ってきた。「私は子供じゃない!」と言い返す貞子の顔に青春の甘さがただよっていた。


芦川いづみ、吉永小百合                   藤村有弘

細川ちか子                                                      白樹栞、吉永小百合

題名:美しい暦
監督:森永健次郎
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:三木克巳
撮影:松橋梅夫
照明:三尾三郎
録音:神保小四郎
美術:西亥一郎
編集:丹治睦夫
記録:桑原みどり
音楽:松村禎三 主題歌:吉永小百合「美しい暦」
現像:東洋現像所
製作主任:松吉信幸
助監督:藤浦敦
色彩計測:佐藤重明
スチール:荻野昇
出演:吉永小百合、浜田光夫、芦川いづみ、長門裕之、丹阿弥谷津子、内藤武敏、奈良岡朋子、山岡久乃、桂小金治、藤村有弘、細川ちか子、白樹栞
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
美しい暦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


長門裕之、芦川いづみ                              美しい暦

映画「執炎」


浅丘ルリ子                               伊丹十三

今回は蔵原惟繕監督1964年製作「執炎」をピックアップする。
本作は、愛に生き、愛に死んだ一人の女を通して、人間の精神の尊さを追求した戦闘シーンが出てこない反戦映画であるが、冗長なのが残念だった。ロケーションは、福井県越前町(越前海岸)、富山県南砺市(旧礪波郡上平村)、石川県輪島市、兵庫県美方郡香美町(余部鉄橋、余部村)、山陰本線餘部駅、1912年に完成した余部鉄橋などで行っている。余部鉄橋は、2010年夏に二代目へと建て替えられた。


浅丘ルリ子、芦川いづみ                        宇野重吉

【ストリー】
日本海の波が打ち寄せる山陰の浜辺で、一人の女が命を断った。7年前種々にとりざたされた噂も、今では人々がその青春を讃え、美しい供養をいとなんでいる。浜の男拓治(伊丹十三)が初めてきよの(浅丘ルリ子)に会ったのは、13の時であった。やがて水産学校を卒業した拓治は山で再びめぐり会ったきよのに、神秘的な美しさを感じた。きよのは、山奥の一角にある平家集落の娘であったが、二人の愛情は古い因習を破って結ばれた。しかし、二人の結婚生活は、戦争のため中断をよぎなくされた。召集された拓治を送ったきよのの節操ある生活は、村人の賞讃の的であったがきよのの胸中は、空しいものがあった。戦局の激しさにつれて、戦死者もふえ、拓治も佐世保病院で傷病生活を送っていた。右脚の損傷により生命の危険にさらされた拓治は、きよのの看病で奇蹟的に回復した。水入らずで闘病生活をするため建てられた山小屋で、日増に笑い声が聞こえるようになった。そして漁師として逞しく働きだした拓治ときよのは、戦争の恐怖におののきながら、狂ったように愛を確かめあっていた。そんな時きよのは親友の泰子(芦川いづみ)の夫が戦死したのを聞き、恐怖から拓治への独占欲は深まっていった。ついに、拓治のもとに赤紙が舞いこんだ。しかし、一途なきよのの姿に拓治は、言葉をのんだ。愛蔵の能面をつけて舞うきよのの姿は、きよのの執念の叫びであった。拓治は出征した。きよのは、拓治の思い出を抱いてさまよい、凍てついた山道にお百度を踏んだ。思いつめた疲労から倒れたきよのは、こんこんと眠りつづけた。6月の初め拓治は南の海に散華した。事実を知らされず、やがて意識を回復したきよのは、仏壇の拓治の写真を見て全てをさとり、黒髪を切り仏壇に供えて、拓治の命を奪った海に静かに身を沈めた。


松尾嘉代                         浅丘ルリ子、伊丹十三

題名:執炎
監督:蔵原惟繕
企画:大塚和
原作:加茂菖子
脚本:山田信夫
撮影:間宮義雄
録音:福島信雅
照明:吉田一夫
美術:松山崇
編集:鈴木晄
音楽:黛敏郎
製作担当:杉山暢孝
助監督:神代辰巳
スチール:目黒祐司
出演:浅丘ルリ子、伊丹十三、芦川いづみ、宇野重吉、松尾嘉代、奈良岡朋子、信欣三、細川ちか子、河上信夫、鈴木瑞穂(ナレーター)
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
執炎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浅丘ルリ子、伊丹十三                        執炎

1 2