映画「関東女やくざ」

関東女やくざ
三条魔子、安田道代、渚まゆみ
関東女やくざ関東女やくざ

今回は井上昭監督1968年製作「関東女やくざ」をピックアップする。
本作は安田道代さん、渚まゆみさん、三条魔子さんと当時の艶女が、お色気アクションタッチで活躍するという内容で嬉しいのだが、出演者のレガシーだけで特に”ギターの底からナイフが飛び出す”はチープ過ぎた。東映の「野良猫ロック」の様なパワーがなく物足りなかった。

関東女やくざ関東女やくざ
渡辺文雄

【ストリー】
神崎みな子(大楠道代)は、兄の忠一の行方を探すために、同僚の白浜たまき(渚まゆみ)、藤川よし枝(三条魔子)と組んで関西の港街を流していた。ところが、この界隈を牛耳る畑中一家は、再三みな子たちの流しを妨害し、自分の経営するクラブの専属にしようとしていた。業を煮やしたみな子は、早速畑中一家の若親分吉蔵(渡辺文雄)を訪ねた。ダイスでその決着を挑まれたみな子は、鮮やな手捌きで勝負に勝った。が、その帰りを畑中一味が待伏せていた。みな子は危ういところを畑中一家の客分、天野(細川俊之)に救われたが、吉蔵の卑怯な仕打ちに、憤怒をおさえられなかった。そんな折、みな子は、ヒョンなことから兄に会った。みな子のボーイフレンドで、交通事故にあった作曲家志望の田村(石山律)を最初に見つけ、病院に運びこんだのが奇しくも探し求めていた忠一だったのだ。
忠一は、縄張り争いから花房一家の大幹部を刺し、その刑期を終えたものの、入獄中、彼の属する明星一家と花房一家との間に成立した、自分の身柄を花房一家の自由に任せるという手打ちに不満だった。そして、今は偽名を使ってホルモン焼屋を経営し、近く身二つになる洋子(水町由香里)と楽しい日々を送っていた。ところが、忠一は坂口はじめ畑中一家に追及を受けていた。畑中一家と花房一家とは兄弟分の関係にあったのだ。兄の危険を感じたみな子は、忠一に洋子の故郷である九州への里帰りを勧める一方、兄夫婦を守ってほしいと天野に頼んだ。しかし、天野の返事は意外に冷たかった。それもそのはず、彼は花房一家の刺客でもあったのだ。
忠一の居どころを知った天野は電話で呼びだした。忠一は翌朝五時の決闘に応じた。みな子は自分の軽率さを悔いたが、時すでに遅く、兄の目覚し時計を遅らせ、自らは男装をして現場へ現われた。みな子は軽傷を負った。相手をみな子と知って驚いた天野は、駆けつけた忠一とともに、黙って見逃してやるのだった。

関東女やくざ関東女やくざ
細川俊之                      石山律

題名:関東女やくざ
監督:井上昭
企画:辻久一
脚本:藤本義一
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
美術:上里忠男
録音:林土太郎
技斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:渡辺岳夫 主題歌:渚まゆみ「女ながれ者」
製作主任:小沢宏
スチール:藤岡輝夫
出演:安田道代(大楠道代)、渚まゆみ、三条魔子、細川俊之、石山律 渡辺文雄、亀石征一郎、水町由香里
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ74分35mmフィルム
関東女やくざ-DVD-
2016年11月現在、DVDレンタルはありません。

関東女やくざ関東女やくざ

映画「炎と女」

炎と女炎と女
岡田茉莉子                     木村功

今回は吉田喜重監督1967年製作「炎と女」をピックアップした。
本作は、人工授精による男と女の様々な心理変化の過程を実験的な映像と観念的な言葉で表現した妄想と現実が錯綜する心理サスペンスだ。撮影は「さらば夏の光(1968年)」の奥村祐治氏が担当されている。

炎と女炎と女
日下武史                       小川真由美

【ストリー】
造船技師伊吹真五(木村功)と立子(岡田茉莉子)の間には1年7ヵ月のひとり息子鷹士(小川出)があり、家庭は一見したところ幸福そうに見えた。だが鷹士は人工受精によって生れた子供で、それが夫婦の間を微妙なものにしていた。この家には、真五の友人の医師で、人工授精の施術者だった藤木田(北村和夫)と、かつてその弟子だった坂口(日下武史)と妻のシナ(小川真由美)が出入りしていたが、真五は当時、貧しい医学生だった坂口が精子の提供者なのを知っていながら交友関係を結んでいたのだった。
ある日、鷹士がいなくなった。帰宅した真五は立子を責めた。藤木田と坂口がちょうど来合せた時、立子は、実はシナが鷹士を連れていったのだがどういうわけか、何も言えなかったと語った。真五は黙り、坂口と藤木田も複雑な思いで沈黙した。立子は鷹士の父が坂口なのを知っていたし、シナが鷹士を、立子と坂口の姦通で生れた子と思い込んでいるのも知っていた。いずれにしても立子は、鷹士が真五と自分の子供であると確信するためには坂口との関係を明確にしなければならないと思った。やがてシナが鷹士を連れて戻ってきた。翌日、鷹士を連れた立子は坂口を誘って軽井沢の別荘にやってきた。一方、シナはこの二人に復讐するためと言って真五を誘惑した。だが真五は、自分と立子が坂口を買い、坂口は精子を売ったに過ぎない、と言って事のすべてを話し、シナを拒断したのだった。別荘で坂口と寝た立子は、一つの結論を得た。それは、鷹士が真五のものでも、坂口のものでもなく、ほかならぬ自分だけのものであるということだった。翌朝の別荘の前に、真五の車が立子を迎えに来ていた。真五は、家に帰ります、という立子に安らぎに似た微笑を浮べながら、「鷹士が僕の子であることに間違いはないのだから」と確信あり気に坂口に言うと、親子三人で何事もなかったように別荘を去っていった。

炎と女炎と女
北村和夫、木村功

題名:炎と女
監督:吉田喜重
製作:織田明
脚本:田村孟、山田正弘、吉田喜重
撮影:奥村祐治
照明:海野義雄
録音:久保田幸雄
音効:岡本光司
美術:佐藤公信
衣装:森英恵
編集:太田和夫
音楽:松村禎三
現像:東洋現像所
スチール:長谷川元吉
出演:岡田茉莉子、木村功、小川真由美、日下武史、細川俊之、北村和夫、早瀬操、小川出
1967年日本・現代映画社/シネスコサイズ・モノクロ101分35mmフィルム
あの頃映画 「炎と女」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

炎と女炎と女

映画「告白的女優論」

告白的女優論告白的女優論
有馬稲子、浅丘ルリ子、岡田茉莉子        三國連太郎、岡田茉莉子

今回は吉田喜重監督1971年製作「告白的女優論」をピックアップする。
本作は普通のアングルは一切なく、凝ったフレームとカメラポジションに大変な苦労をされたであろうと思う。セット撮影だけ見ても画コンテを元に入念な打ち合わせとテストなしには撮れなかったと思われるシーンが実に多い。撮影は吉田組でスチールを永年担当し、後にCF撮影で著名な長谷川元吉氏だ。凄い!

作品リスト

告白的女優論告白的女優論
岡田茉莉子、太地喜和子               浅丘ルリ子

【ストリー】
映画「告白的女優論」に出演する三女優、海堂あき(浅丘ルリ子)、一森笙子子(岡田茉莉)、伊作万紀子(有馬稲子)は二日後の土曜日にクランク・インをひかえていた。海堂あきは、まだ前作の最後の撮影のため伊豆でロケーションをしていた。その作品を監督する能勢(木村功)と海堂あきの間にはスキャンダルの噂があった。その日の撮影を終え、ホテルに帰ったあきを待っていたのは能勢の夫人桐子(稲野和子)だった。口にこそださないが、せめるような桐子。しかし、あきと能勢の間には噂されるような事実は何もなかったのだ。その夜、付人の京子(赤座美代子)と自宅に帰ったあきは、深夜、男が京子の部屋に忍び込むのを目撃した。男は能勢だった。翌朝、そっと出ていこうとする能勢と彼女は顔を合わせた。怒りにふるえる彼女が知ったものは京子の復讐。高校のクラスメートだったあきと京子は、夏休みの一日、教師(川津祐介)の下宿に遊びにいき、京子はクロロホルムをかがされ犯されたのだ。教師と京子のことをあきは学校に密告した。それ以来、京子はあきに復讐する事を狙っていたという。あきは哄笑した。眠らされていた京子に何がわかる。あの時、教師に犯されたのは自分であり、教師は私を愛していた……。遠い過去の話だった。そこに残されたものは事の真実ではなく、女のすさまじい戦いだった。京子と能勢は去った。一森笙子は突然「告白的女優論」には出演しないといいだし、マネジャーの南川(三國連太郎)を慌てさせた。笙子は、その理由を「夢の中で喉にプラスチックの球がひっかかり声が出なくなりそうだから」と説明した。彼女が、クリニックに戸山博士を訪ねて睡眠療法を受けた結果は、彼女の別居中の夫・亘理隼人が、女優志願の付人リエと抱き合っていたからだという。南川は、彼女をデビューさせた頃遊んだプールサイドに誘った。偶然プールに浮いていたプラスチックの球を見た彼女は、夢に出てきた球と同じものであることに気づき、戸山博士(早野寿郎)に知らせると、その夜若い医師波多(菅貫太郎)が彼女を訪ねてきた。笙子は夢の中に現われた夫の役を波多にふりあて、リエ、南川も交えて夢の再現を行った。それは深夜にくりひろげられた奇妙な夢の芝居だった。夫とリエ、それに笙子を抱いた男たちが次々に登場したが、南川だけは最後まで登場しなかった。笙子を育てあげたのは自分だと自負する南川の中で何かが崩れた。日曜日の午後、笙子は波多のアパートを訪ねた。自分の知らない秘密を持っていた笙子の姿を見たとき、南川は彼女がもはや遠い存在のように感じられた。車をスタートさせる笙子を追おうとした南川はトラックに轢かれた。S市は伊作万紀子の故郷だった。この町で女優になる以前の彼女は、心中事件を起こしていた。相手は母の再婚者である若い父親、この時、男を死なせ自分だけ生き残るという過去を持っていた。残雪の高原に立った彼女は、東京から同行した女友達のノブに総てを語り、本当の自分を理解してもらった上で、恋人の唐沢をノブに譲る決心をした。その夕方帰京したが、すでに母は、彼女が内緒で旅行したことを知っていた。S市から正体不明の男の声で電話があったという。その深夜、S市から再度電話がかかってきた。万紀子は受話機をとるが、相手は何も喋らず切った。それは死んだはずの父からだと万紀子は思った。翌朝、ノブが訪ねてきた。ノブは万紀子のいくつかの自殺事件--若いスターとの心中未遂、亘理隼人をめぐって一森笙子と争い、その失恋による自殺未遂--をあげ、最後に唐沢の言葉を伝えた。「自殺狂であることを承知で結婚する。それすらも伊作万紀子の魅力だ」。ノブは自らの敗北を認め去っていく。その後には裁断バサミが残されたいた。彼女はそのハサミで自らの手首を切ろうとしていたが、その時、唐沢が訪ねてきた。「君が、もし女優であるならば死ぬことはできない。死ぬことすら、君にとっては演技なのだから」。彼女の手から裁断バサミがすべり落ちた。月曜日の朝、三人の女優はロケ現場に美しい粧いをみせて登場した。そして「あなたにとって女優とは?」とインタビューされて、彼女たちはその飾られた仮面の裏に総てを隠し、答えた。いま映画「告白的女優論」の撮影が行われようとしている。三人の女優はキャメラの前に向って歩き始めた。あくまでも華麗に--。

告白的女優論告白的女優論
川津祐介、浅丘ルリ子                有馬稲子

題名:告白的女優論
監督:吉田喜重
製作:吉田喜重、岡村精、勝亦純也、磯田啓二
脚本:吉田喜重、山田正弘
撮影:長谷川元吉
照明:小林哲也
録音:瀬川徹夫
音効:福島幸雄
美術:朝倉摂
衣装:森英恵
編集:渡辺士郎
音楽:一柳慧
現像:東洋現像所
助監督:岡村精
スチール:勝又純也
出演:浅丘ルリ子、有馬稲子、岡田茉莉子、三國連太郎、木村功、原田芳雄、赤座美代子、稲野和子、月丘夢路、川津祐介、細川俊之、峰岸隆之介、太地喜和子、菅貫太郎、早野寿郎
1971年日本・現代映画社/スタンダードサイズ・カラー124分35mmフィルム
告白的女優論 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

告白的女優論告白的女優論
三國連太郎、岡田茉莉子

1 2