映画「実録三億円事件 時効成立」


小川真由美                        岡田裕介

今回は石井輝男監督1975年製作「実録三億円事件 時効成立」をピックアップする。
1968年12月10日、昭和を揺るがした三億円事件は、東京都府中市で発生し、未だに真相は闇の中である。
本作は “三億円事件”をヒントに架空の犯人像を想定して制作されたが、東映は警察とは別の ”捜査隊” を組織、莫大な資料を集め事件に関わる多くの人物を緻密に描いた意欲作である。犯行現場である府中刑務所裏での撮影は、1975年11月に第六監視塔前で行われたそうだ。主演の岡田裕介さんは、1970年代には俳優をしていたが、父が岡田茂元東映社長である事もあり、プロデューサーに転向し、2002年に東映社長を経て東映代表取締役グループ会長になっている。


金子信雄                         絵沢萠子

【ストリー】
博奕好きで、女にだらしない西原房夫(岡田裕介)は証券会社の運転手をしていたが、会社の金400万円を横領し、競馬につぎ込んでしまった。だが、横領が会社にバレて警察に突き出されるところを、情婦の向田孝子(小川真由美)がダイヤの指輪と土地を売り、金を返済してくれたので、刑務所行きはまぬがれた。その後、二人は同棲生活を送るが、借金に追われる苦しい状態が続いた。1968年7月、多摩農協に再三の脅迫状が舞い込んでいた。送り主は西原である。この脅迫状は警察をあざむくためのカモフラージュで、彼は1968年12月から三億円強奪の準備を始めていた。そんなある日、西原の態度に不審を覚えた孝子は、彼から日本信託銀行国分寺支店から東芝工場に輸送される3億円の強奪計画を聞かされた。月賦屋に追われる生活に嫌気がさしていた孝子は、西原と行動を共にする決心をした。西原は準備資金にするために、金持ちの未亡人・久住みどり(絵沢萠子)を誘惑し、100万円騙し取った。8月12日、西原はトランジスターメガホンを盗んで以来、白バイ警官衣装等の獲得準備をすすめ、ヤマハスポーツ350RI、1966年型カローラ、1968年型カローラ等を、次々に盗み、12月9日、全ての準備を完了した。1968年12月10日。午前6時に、西原と孝子は日野の自宅を出発。9時21分、府中刑務所裏にさしかかった現金輸送車である黒のセドリックを停止させた西原は、車内に爆弾が仕掛けられていると偽りセドリックに乗って逃亡。そして、国分寺・七重の塔跡で待つ、第2のカローラにジュラルミンのトランクを移し、孝子の運転で山梨県大月市にある西原家の墓地へと向った。途中、ラジオで500円札には通しナンバーがひかえてある、との報道で、500円札は全て処分、残金を墓の下に隠した。その後、西原と孝子は金には手をつけず、以前と全く変りない生活を送っていった。一方、警察の捜査網は拡大していくばかりだったが、葛木刑事(金子信雄)は、その経験とカンで不良退職者のリストを地道に洗っていた。その中に、西原の名も上っていた。1975年9月、西原は府中駅前広場で、久住みどりと会い、100万円を返さなければ警察に訴えると脅される。時効成立間近になって動揺した西原は、金を引き出すべく山梨の墓地に向った。そこには西原の態度に気づいた孝子がいた。西原から事情を聞いた孝子は100万円使うなら全部使うのも同じ、と金を掘り出した。時効まであと40日。葛木刑事は、府中競馬場で、西原がイギリスの名馬ペガサスを2億1,000万円を出資して輸入する、という話を耳にした。葛木は西原に目をつけた。400万円横領事件、住居が日野にある……。時効10日前。西原が他人名儀で所有するマンションがガス爆発を起こした。西原を犯人と断定した葛木は、ガス事故の件を利用して、西原を別件逮捕した。取調べ室で、葛木に訊問される西原だが、黙杏権で何も答えない。時効を数日後にひかえている葛木は、西原の家で500円札を焼いた残りが発見されたとか、ペガサスが死んだとか執拗な訊問を行ない、ついに西原は精神的に衰弱し倒れてしまった。しかし、彼は医務室のベッドの中で「黙否権でいけば絶対に助かる」と言った孝子の言葉を反芻していた。そして、12月10日、西原は証拠不充分でついに釈放された……。


田中邦衛                     実録三億円事件 時効成立

題名:実録三億円事件 時効成立
監督:石井輝男
企画:太田浩児、坂上順
原作:清水一行「時効成立」
脚本:小野竜之助、石井輝男
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:河合啓一
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:鏑木創
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:小川真由美、岡田裕介、金子信雄、田中邦衛、絵沢萠子、浜田ゆう子、田中筆子、松平純子、中田博久、相馬剛三、滝沢双、、田島義文、近藤宏、河合絃司、山田光一、山下則夫、木村修、土山登士幸、横山繁、亀山達也、岡本八郎、山本緑、宗田千枝子、岡久子、松井紀美江、津森正夫、南廣、沢田浩二、清水照夫
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
実録三億円事件 時効成立 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


実録三億円事件 時効成立              小川真由美、岡田裕介

映画「大奥十八景」

大奥十八景大奥十八景
勝野洋                          辻沢杏子

今回は鈴木則文監督1986年製作「大奥十八景」をピックアップする。
“摩訶絶品、世紀末風エロス・スペクタクル大作!”と銘打たれた本作は、南原幹雄氏の同名小説を映画化したものだが、大奥なのに絢爛さがなく、濡れ場はそこそこあるが物足りないのだ。この時代になると70年代の東映パワーは、減衰していると思われる作品だった。

大奥十八景大奥十八景
新藤恵美                        あおい輝彦

【ストリー】
延宝7年の頃、武蔵野の山野で鷹狩りをしていた四代将軍、家綱(あおい輝彦)は、貧しい農家の娘おなつ(伊織祐未)を見染めた。家綱に力ずくで凌辱された彼女は、大奥に召し上げられあでやかなお手付中臈に変身した。家綱は未だに世継ぎに恵まれていなかったため、大奥総取締り役の年寄り、姉小路の局(新藤恵美)は、おなつに期待をこめて性教育をする。お手付中臈、おみの(山本奈津子)が妊娠した。大奥は待望の世継ぎ懐妊と色めきたったが、おみのが宿した子は市井の下賎の男のものだった。おみのは炎の間に閉じ込められ、半裸にむかれて陰惨な私刑を浴びた。息絶えだえのおみのから、同じお手付中臈、おすみ(辻沢杏子)は、家綱に子種がないと確信した姉小路が、おみのに他の男の種を宿させ世継ぎ懐妊をふれまわったことを知った。おみのは自害した。恐ろしくなったおすみは江戸城を出、産婦人科を営む初恋男性、中条源四郎(勝野洋)の住む裏長屋に逃げ込んだ。一方、世継ぎもままならぬ家綱の焦りは頂点に達し、女漁りは激しさを加え、遂には湯殿でお末女中、よしの(野村真美)を抱きすくめた。以後、家綱はよしのに溺れた。やがて、家綱が急死し、綱吉(宮内洋)が五代将軍の座についた。そんなある日、源四郎は老中、堀田正俊(中野誠也)に呼び出され、意外な頼みを持ちかけられた。それは亡き家綱の胤を宿した側妾が一人だけ居るが、その女を探し出し胎児を闇に葬れとのことだった。そして、源四郎が断るならばおすみとその家族を処刑に処するという。源四郎は性の営みに及ぶとき、麝香の匂いを放つというその女性探しを手下の巾着切り、隼の完次(ベンガル)に頼んだ。家綱の寵愛を受けた中臈たちは、追放されて探すすべもないが、桜田御用屋敷に気のふれたおなつをはじめ5人ほど預けられていた。源四郎と完次は屋敷に忍び込み、一人一人に接触するが徒労に終った。源四郎は大奥に潜入し、秘術を尽して姉小路を責め麝香の女の名を聞きだした。それはよしのだった。よしのは郷里、若狭でひっそりと暮らし玉のような男の子を産んでいた。自分の命に替えても我が子を守ろうとするよしのに、源四郎はきっぱりと役目を捨てるのだった。

大奥十八景大奥十八景
絵沢萠子、伊織祐未                    ベンガル、勝野洋

題名:大奥十八景
監督:鈴木則文
企画:佐藤雅夫
製作:厨子稔雄、豊島泉、横溝重雄
原作:南原幹雄「大奥十八景」
脚本:志村正浩、鈴木則文
撮影:北坂清
照明:安藤清人
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:小林勝美
装置:和田順吉
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:森譲も豊中健
美粧:中村清和
結髪:福本るみ
配役:葛原隆康
擬斗:菅原俊夫
記録:中野保子
編集:荒木健夫
音楽:はる、佐久間正英 主題歌:はる「むらさき」音楽プロデューサー:高桑忠男
進行主任:宇治本進
現像:東映化学
助監督:藤原敏之
演技事務:寺内文夫
和楽:中元哲
絵画制作:白数徳郎
舞踊振付:藤間紋蔵
作法指導:春藤真澄
スチール:小原健志
出演:辻沢杏子、勝野洋、伊織祐未、あおい輝彦、新藤恵美、ベンガル、絵沢萠子、野村真美、三島ゆり子、山本奈津子、八神康子、美波千秋、森田水絵、渡辺良子、宮内洋、中野誠也
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
大奥十八景 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
辻沢杏子                        野村真美
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景

映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。

【追加・訃報】
故・松田優作さん主演の「蘇える金狼」など多くの名作映画の撮影監督を務めた映画カメラマンの仙元誠三(せんげん・せいぞう)さんが2020年3月1日に死去していたことが5日、分かった。81歳だった。近親者により、密葬は済ませた。1938年、京都府生まれ。1958年に松竹に入社し、1967年にフリー。薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」「探偵物語」や「西部警察」「あぶない刑事」などの人気ドラマも手掛けた。
3/5(木) 18:25スポーツ報知配信


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

1 2 3 5