映画「サッドヒルを掘り返せ」


SAD HILL UNEARTHED (本作)      ※プロジェクト終了後のイベントに集結するファン達

2019年3月8日に日本で劇場公開された「サッドヒルを掘り返せ(SAD HILL UNEARTHED)」を新宿シネマカリテで12日に観に行った。本作は、イタリア製西部劇(マカロニウエスタン)の最高傑作「THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY(善玉、悪玉、卑劣漢)」のロケ地スペインのサッドヒルを復元しようとするマカロニ・ファンの熱い思いを追ったドキュメンタリーで、監督・脚本・撮影・編集は、ギレルモ・デ・オリベイラ氏である。


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編)   ※映画史上最高の決闘シーン

この有名なクライマックス・シーンの広大な墓地は、当時フランコ独裁政権下のスペイン軍の兵士達によって作られた。
この地は撮影後、およそ49年もの間、人知れず眠り続けていた。本作は、このロケ現場を復元しようとする全世界のマカロニ・ファンの熱い思いと一大プロジェクトの全貌を記録している。
草や土に覆われた“墓地”をファンたちが掘り返し始めると、このニュースは瞬く間にヨーロッパ中に広まり、週末毎にサッドヒルを訪れるファンは増えて行った。


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編) ※このカットはスタントマンであると明かされた

私が知らなかった事実は、南北戦争での戦闘シーンは、スペイン軍の兵士が総動員されて撮られた事である。
南軍と北軍の衣裳、武器、背嚢などを着装した本物のスペイン軍兵士は、どおりで迫力があった訳だ。
TNT爆薬を使用した橋の破壊は、連絡ミスで2度行われた。1度目の破壊は撮影されておらず、激怒したセルジオ・レオーネ監督に対し、スペイン軍は2日で橋を再建し、再び撮影を開始したそうだ。


SAD HILL UNEARTHED (本作)

日本でも映画ロケの聖地巡礼をしばしば見かけるが、マカロニ・ファンの熱い想いはベクトルが違う。
私もマカロニ・ファンの一端であった筈だが、上には上がいるものだと感動した。
日本では社会現象として1960年代後半にイタリア製西部劇(マカロニウエスタン)がエンニオ・モリコーネの音楽と共に流行ったが、1970年代前半には下火になった。今では、本編(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY )が映画史に残る傑作だと言う私は、異端にされる。

ちなみに私は、2016年10月に4Kデジタル修復版を午前10時の映画祭(TOHOシネマズ日本橋)で観ている。
本編を観たのは何回目だろうか?


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編)

撮影においてもシネマスコープによるフレームの切り取りは秀悦であり、お手本である。
撮影監督のトニーノ・デリ・コリ氏は、1938年からイタリアのチネチッタ撮影所で働き始め、1940年代に撮影監督デビューし、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督作品を始め、イタリア式コメディ作品の撮影を担当した。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞撮影賞を4回も受賞している方だ。

本作では、忘れる事のない音楽を担当したエンニオ・モリコーネ氏、主演したクリント・イーストウッド氏、編集のエウジェニオ・アラビソ氏、美術監督カルロ・シーミ氏(故人)の娘さんなど本編に関わった人々の貴重な証言が、映画監督ジョー・ダンテ氏の解説と共に収められている。中でもメタルロックバンド・メタリカのヴォーカル、ジェイムズ・ヘットフィールド氏も熱心なファンで、ライブコンサート前に本編挿入曲「”The Ecstasy Of Gold”(黄金のエクスタシー)」を入場曲にしているのは知らなかった。

【訃報・追記】
イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」などの音楽を作曲したエンニオ・モリコーネさん(91)が、2020年7月6日朝、ローマの病院で死去した。同国メディアが同日報じた。1928年ローマ生まれ。国立音楽院を卒業後、1960年代から映画音楽の作曲を続けた。映画「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などのマカロニウェスタンの音楽を担当して注目され、1987年の「アンタッチャブル」でグラミー賞を受賞。シチリア島出身の映画監督の男が、映画にのめり込んだ自分の少年時代を郷愁とともに追憶する「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年)の「愛のテーマ」で世界的名声を得た。長年の映画音楽への功績がたたえられ、2007年に米アカデミー賞の名誉賞を受賞。2016年には「ヘイトフル・エイト」で作曲賞を受賞した。
朝日新聞デジタル


エンニオ・モリコーネ                 クリント・イーストウッド

ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ Vocal)     ジョー・ダンテ監督

SAD HILL UNEARTHED(本作) 

題名:SAD HILL UNEARTHED
邦題:サッドヒルを掘り返せ
監督:ギレルモ・デ・オリベイラ
製作総指揮:ギレルモ・デ・オリベイラ
製作:ルイザ・カウエル
脚本:ギレルモ・デ・オリベイラ
撮影:ギレルモ・デ・オリベイラ
音楽:セルタ・モンテス
編集:ギレルモ・デ・オリベイラ
出演:エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クリストファー・フレイリング、アレックス・デ・ラ・イグレシア、ジェイムズ・ヘットフィールド、ジョー・ダンテ、エウヘニオ・アラビソ、セルジオ・サルヴァティ、カルロ・レバ、ジュディッタ・シーミ
2017年スペイン/ビスタサイズ・カラー86分デジタルシネマ
公式サイト

英題:THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY「善玉、悪玉、卑劣漢」
伊題:IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO 「善玉、卑劣漢、悪玉」
邦題:続・夕陽のガンマン/地獄の決斗
監督:セルジオ・レオーネ
脚本:フリオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作:アルベルト・グリマルディ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:カルロ・シーミ
編集:エウジェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラック、ルイジ・ピスティリ、ベニート・ステファネリ、アルド・サンブレル、チェロ・アロンゾ、アルド・ジュフレ、マリオ・ブレガ、アル・ミューロック、アントニオ・カサス、アントニオ・カサール
1966年イタリア・スペイン・西ドイツ/テクニスコープ・テクニカラー162分(イタリア版は178分)35mmフィルム


クリント・イーストウッド

リー・ヴァン・クリーフ              イーライ・ウォラック

映画「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」


続・夕陽のガンマン(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY)

クリント・イーストウッド             リー・ヴァン・クリーフ

今回はセルジオ・レオーネ監督1966年製作「続・夕陽のガンマン(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY)」高評価作品sをピックアップする。本作は120万ドルで製作され世界的に大ヒットした大作である。イタリア製西部劇で南北戦争の本格的戦闘シーンが織り込まれたのは本作だけと記憶する。

作品リスト


クリント・イーストウッド

イーライ・ウォラック、クリント・イーストウッド

主演はクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラックの名優三人。本作で強烈な印象を与える演技を見せたイーライ・ウォラックは、ブロードウェイ出身の舞台俳優であったが、黒沢明監督「七人の侍」のリメイク版であるジョ ン・スタージェス監督1960年製作「荒野の七人」に出演した後に本作に挑んだ。1967年に「POPPIES ARE ALSO FLOWERS」でエミー賞助演男優賞を受賞し、フランシス・フォード・コッポラ監督1990年製作「THE GODFATHER PART III」など現在もアメリカ映画で活躍しているそうである。

【訃報・追記】
イーライ・ウォラック氏は、2014年6月に惜しくも亡くなっている。98歳だった。遺作はオリヴァー・ストーン監督2010年製作「ウォール・ストリート(WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS)」のジュール・シュタインハート役だった。
リー・ヴァン・クリーフ氏は、1989年12月16日に惜しくも亡くなっている。64歳だった。彼は多くのハリウッドスターが眠っていることで知られるカリフォルニア州ロサンゼルスにあるフォレスト・ローン記念公園へ埋葬された。遺作は「キャノンボール3 新しき挑戦者たち(SPEED ZONE!)」だった。
【訃報・追記】
イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」などの音楽を作曲したエンニオ・モリコーネさん(91)が、2020年7月6日朝、ローマの病院で死去した。同国メディアが同日報じた。1928年ローマ生まれ。国立音楽院を卒業後、1960年代から映画音楽の作曲を続けた。映画「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などのマカロニウェスタンの音楽を担当して注目され、1987年の「アンタッチャブル」でグラミー賞を受賞。シチリア島出身の映画監督の男が、映画にのめり込んだ自分の少年時代を郷愁とともに追憶する「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年)の「愛のテーマ」で世界的名声を得た。長年の映画音楽への功績がたたえられ、2007年に米アカデミー賞の名誉賞を受賞。2016年には「ヘイトフル・エイト」で作曲賞を受賞した。
朝日新聞デジタル


60トンの爆薬を使用し1500人のエキストラで撮影された南北戦争の戦闘シーン

ハリウッドの戦争映画に比べれば規模は小さいシーンだが、荒野とさすらいの叙事詩的なマカロニウエスタンの一部に織り込まれたという事が衝撃だった事を想い出す。しかしこれは、本作以降アメリカ映画に本格進出したセルジオ・レオーネ監督の布石だったのだろうか?

The Good, the Bad and the Ugly
コルト・シングルアクション・M1873・アーミー  レミントンM1851・ネイヴィー

セルジオ・レオーネ監督は時代考証した小道具にこだわる。
西部劇でガンマンが持つ銃はコルトピースメーカー(コルト・シングルアクション・M1873・アーミー)が定番だ。特に.44-40弾を採用したモデルは、ウェンチェスター73ライフル銃と互換性がある。
写真は左からシビリアン、フロンテア、ピースメーカー各モデルで銃身がそれぞれ違う。
本作では南北戦争時代に使われたレミントン・アームズ社のレミントンM1851・ネイヴィーをブロンディー(クリント・イーストウッド)とトゥーコ(イー ライ・ウォラック)が使い、エンジェル・アイ(リー・ヴァン・クリーフ)はレミントンM1858・ニューアーミーを使っている。
私は海外で本物の銃を撃った事がある。勿論、合法的に射撃場でだが、22口径・32口径・45口径の拳銃やライフルを撃ったが反動は口径が大きい程もの凄く、命中は至難の技だ。コルトピースメーカーが45口径である事を考えると私はガンマンにはなれない。


リー・ヴァン・クリーフ              イーライ・ウォラック

劇映画は俳優の存在感で価値が左右する。本作もクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラックの名優三人が充分に引き 立っている。
そう思った時に耳に入るのがエンニオ・モリコーネの音楽だ。荒野とさすらいの叙事詩的なマカロニウエスタンに南北戦争の歴史ティストが入った 本作にもぴったり嵌っている。

【ストリー】
舞台は南北戦争の時代の荒野。最初に卑劣漢、悪玉、善玉の順で三人のガンマンの紹介が行われる。お尋ね者のトゥーコ(イーライ・ウォラック)は、賞金稼ぎ の襲撃を逃れる。
エンジェル・アイ(リー・ヴァン・クリーフ)は、ある男の家を訪ね、隠された金貨の情報を聞き出そうとしたあとで、男とその息子を殺し、 自分を雇った男も殺す。トゥーコ が再び賞金稼ぎに襲われているときに、名無し=ブロンディ(クリント・イーストウッド)が現れてトゥーコを奪い、保安官に突き出して賞金を受け取る。 トゥーコが絞首刑にされる瞬間、 ブロンディはロープを打ち抜いてトゥーコを救い出す。

ブロンディとトゥーコはコンビを組んで同じ賞金詐欺を繰り返し、せしめた賞金を“公平に”分け合う。トゥーコにうんざりしたブロンディは、トゥーコ を砂漠 に置き去りにして立ち去る。生き延びたトゥーコは盗んだ拳銃でブロンディを脅し、砂漠を歩かせて死なせようとする。そこに南軍の兵士の死体を乗せた馬車が 通りかかる。
馬車には金貨を隠した墓地を知っている眼帯の男=ビル・カーソンが乗っており、トゥーコは瀕死のビルから墓地の場所、ブロンディは墓碑の名 前を聞き出す。

墓地の場所を知っているトゥーコと墓碑の名前を知っているブロンディは、再びコンビを組む。トゥーコはビルの着ていた南軍の軍服と眼帯をまとい、死にそう なブロンディにも南軍の軍服を着せ、聖職者である兄の病院に担ぎ込む。
回復したブロンディとトゥーコは南軍の馬車で出発するが、北軍に捕まり捕虜収容所に 送られる。北軍の下士官となり収容所に潜り込んでいたエンジェル・アイはビルの軍服を着ていたトゥーコを拷問にかけるが、ブロンディが情報を持っていると 知り、ブロンディと手下を連れて金貨探しに出発する。収容所から移送される列車から脱走したトゥーコはブロンディと合流し、二人はエンジェル・アイの手下 を撃ち殺すが、エンジェル・アイは逃れる。

トゥーコとブロンディは南北両軍が橋を巡って争う戦場にたどり着き、捕まりそうになったトゥーコは咄嗟に北軍の志願兵を名乗る。延々と繰り返される 殺戮に厭きた北軍大尉の願いもあり、二人は橋にダイナマイトを仕掛けて爆破する。その間際、お互いにトゥーコは墓地の場所(サッド・ヒルの墓地)、ブロン ディは墓碑の名前(アーチ・スタントン)を告げる。両軍が去ったあとで二人は川を渡るが、南軍側の陣地は死屍累々たる有様だった。トゥーコは隙をついて先 駆けしようとするが、それを見越したブロンディの砲撃を受けてほうほうの体で墓地にたどり着く。トゥーコは墓を見つけて素手で掘り返すが、ブロンディが銃 口を向け、シャベルを投げる。そこにエンジェル・アイが現れ、ブロンディにも銃口を向け、再びシャベルを投げる。
あばかれたアーチ・スタントンの墓には金貨はなかった。本当の隠し場所を知っているブロンディは、三人による決闘を提案し、隠し場所の名前を書いた石を置く。
かくして、金貨を巡る三人の男の決闘が始まった。

題名:THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY / IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO
邦題:続・夕陽のガンマン/地獄の決斗
監督:セルジオ・レオーネ
脚本:フリオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作:アルベルト・グリマルディ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:カルロ・シーミ
編集:エウジェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラック、ルイジ・ピスティリ、ベニート・ステファネリ、アルド・サンブレル、チェロ・アロンゾ、アルド・ジュフレ、マリオ・ブレガ、アル・ミューロック、アントニオ・カサス、アントニオ・カサール
1966年イタリア・スペイン・西ドイツ/テクニスコープ・テクニカラー162分(イタリア版178分)35mmフィルム
続・夕陽のガンマン [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。