映画「続・座頭市物語」


勝新太郎                        城健三朗(若山富三郎)

今回は森一生監督1962年製作「続・座頭市物語」をピックアップする。
本作は、前作「座頭市物語」のヒットにより直ちに製作された続編になる。
勝新太郎さんの兄で東映から大映に移籍した城健三朗(若山富三郎)が、劇中でも市の兄・与四郎を演じている。

座頭市シリーズ


水谷良重                         万里昌代

【ストリー】
下総、取手川の渡しでやくざ達が一人のあんま(市=勝新太郎)を川へ突き落そうとした。瞬間、勘造(水原浩一)が顔を斬られた。驚愕した仲間の森助(伊達三郎)らは市を取り囲んだ。が、突然、片腕の浪人与四郎(城健三朗=若山富三郎)が邪魔に入り退散させた。去って行く彼を無言で見送る市。二人の間には何か曰くがありそうだ。座頭市は大名黒田越前守(春本富士夫)のもみ治療の帰途、家中の侍に襲われた。狂っている殿様の秘密を封ずる手段だ。が、居合斬りの名人座頭市は一瞬三人を斬り捨てた。あわてた黒田家臣は市暗殺の賞金を出した。張り切った与四郎の子分三蔵(中村豊)は市に斬りかかったが、なぜか与四郎は手出しをしない。ただ市がお節(水谷良重)を抱いて去って行くのを見ているだけだ。その夜、座頭市はお節と一夜を明かして今度逢う時は、昔の恋人お千代の身代りでなくお節自身として来ると約した。そしてお節の世話で舟をやとい水路笹川へ向った。飯岡助五郎(柳永二郎)の鉄火場で、かつて座頭市と相思相愛だったおたね(万里昌代)が、飯岡一家がお尋ね者渚の与四郎召捕りと市を斬る策略を知った。彼女は市が来ているという西光寺へ駈けつけた。そこには以前笹川飯岡の喧嘩で平手造酒を斬った市が回向をつとめていた。黒田家から市を斬るよう命ぜられた勘兵衛一家は、市を取り巻き斬りかかったがもとより彼の敵ではない。ついに勘兵衛一人になってしまった。それを見た与四郎は勘兵衛から斬り賃二十両をせしめて抜刀した。彼は市の実兄であり、市の女お千代を奪ったことがあった。が、お千代が死んだと知ると矢庭に与四郎を切った。ちょうどそこへ助五郎を先導とする八州捕方の一団が来た。市は与四郎をかばって水中に姿を消した。まもなく、市たちが溺れ死んだと嘲笑し合っていた助五郎と勘兵衛たちの行手に、抜刀を下げて立ちふさがった黒い影は。その痛快な啖呵と凄じい剣法でまぎれもない座頭市その人だった。


「続・座頭市物語」万里昌代

「続・座頭市物語」勝新太郎

題名:続・座頭市物語
監督:森一生
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
製作主任:大管実
助監督:井上昭
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)、水谷良重、万里昌代、中村豊、柳永二郎、沢村宗之助、山路義人、水原浩一、伊達三郎、春本富士夫
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ72分35mmフィルム
続・座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「続・座頭市物語」万里昌代

城健三朗(若山富三郎)、勝新太郎

「続・座頭市物語」撮影風景        ※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。