映画「火宅の人」

火宅の人火宅の人
緒形拳                        原田美枝子
火宅の人火宅の人
いしだあゆみ                     松坂慶子

今回は深作欣二監督1986年製作「火宅の人」をピックアップする。
本作は、檀一雄氏原作の同名小説を映画化したもので、妻と5人の子を持ちながら、新劇女優を愛人にして、通俗小説を量産しながら放浪を続けた自由奔放な作者自身の生き方を曝け出す事によって、倫理や因襲、思惑の中で生きる現代人に、人間とは何ものかと問いかける内容だ。煩悩に身を焦がし、不安の絶えないさまを火災にあった家にたとえて「火宅」という。桂一雄の母親を演じている檀ふみさんは、檀一雄氏の実娘である。

火宅の人
檀ふみ                       緒形拳、真田広之、岡田裕介

【ストリー】
作家、桂一雄(緒形拳)は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子(いしだあゆみ)をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎(利根川龍二)をはじめ、次郎(一柳信之)、弥太(大熊敏志)、フミ子(米沢由香)、サト子(岡村真美)と5人の子供を育ててきた。1956年夏、一雄は新劇女優、矢島恵子(原田美枝子)と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。ヨリ子は次郎の事があってから、怪しげな宗教の力にすがるようになっていた。一雄はある局面に向って走り出した。40年前、一雄の母(檀ふみ)は、神経衰弱の父(石橋蓮司)と幼い妹二人を残して、年下の大学生と駆けおちしたのである。青森から帰った一雄から、全てを打ち明けられたヨリ子は、翌日家出した。一週間すぎても連絡はない。一雄は若々しい恵子との情事のとりこになっていった。ある嵐の夜、ヨリ子は一生、次郎と子供たちのために生きる覚悟を決めたと戻ってきた。入れ替わりに一雄は家を出、浅草の小さなアパートで恵子と新しい生活をはじめる。一郎がそのアパートに空巣に入るという騒ぎ、恵子が某怪人物に溺愛されているとの噂に、嫉妬に狂った一雄が京都公演中におしかける事件などの後、恵子が妊娠した。堕胎を決意した彼女は、一雄に同行を求めるが、彼にはそんな時間の余裕はなかった。その夜、二人は派手な喧嘩をした。逃げるように東京を離れた一雄は、五島列島行の連絡船にとび乗った。彼はそこで、京都で怪我をした時に介抱してくれた女性、葉子(松坂慶子)に再会した。義父(山谷初男)に犯された暗い過去を持つ彼女は、10年ぶりに里帰りしたのだ。葉子は、あてのない一雄の旅の道連れとなったが、クリスマスの夜、求婚されていた華僑への返事を、これ以上のばせないと一人で旅立って行った。東京へ戻り、久々に正月を家族と過ごすことになった一雄のもとに、次郎の死が知らされる。次郎の葬儀の日、恵子から一雄の荷物が届けられた。

火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、松坂慶子
火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                  いしだあゆみ、緒形拳

題名:火宅の人
監督:深作欣二
企画:高岩淡、佐藤雅夫
製作:豊島泉、中山正久
原作:檀一雄
脚本:神波史男、深作欣二
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:佐野義和
装置:稲田源兵衛、井筒恒雄
装飾:渡辺源三、山本重治、大西功
背景:西村三郎
衣裳:森譲、山崎武、古賀博隆
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
ヘアーメイク:福田高広(アートメイクトキ)
衣裳コーディネイト:加藤悦子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:井上尭之 音楽プロデューサー:高桑忠男 主題歌:嵯峨美子「火宅の人」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学、イマジカ
進行主任:長岡功
製作進行:天野和人
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
助監督:藤原敏之
監督助手:長岡鉦司、鈴木清
撮影助手:信坂利文、山下弘之、田中勇二、清久素延
照明助手:伊藤昭、沢田敏夫、田畑功、花村浩、佐藤才輔、鹿野克己
美術助手:小林勝美、秋好泰海
録音助手:木村益夫、四方裕幸
編集助手:荒木健夫、小磯真佐美
方言指導:大矢敬典、徳永まゆみ
企画協力:檀太郎
スチール:大木茂
出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子、檀ふみ、真田広之、岡田裕介、石橋蓮司、蟹江敬三、山谷初男、宮内順子、荒井注、下元勉、井川比佐志、下絛アトム、相馬剛三、利根川龍二、一柳信之、大熊敏志、米沢由香、岡村真美
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー132分35mmフィルム
火宅の人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                 火宅の人

映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。

【追加・訃報】
故・松田優作さん主演の「蘇える金狼」など多くの名作映画の撮影監督を務めた映画カメラマンの仙元誠三(せんげん・せいぞう)さんが2020年3月1日に死去していたことが5日、分かった。81歳だった。近親者により、密葬は済ませた。1938年、京都府生まれ。1958年に松竹に入社し、1967年にフリー。薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」「探偵物語」や「西部警察」「あぶない刑事」などの人気ドラマも手掛けた。
3/5(木) 18:25スポーツ報知配信


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

1 2 3 7