映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎

映画「やくざの詩」



小林旭                          芦川いづみ

今回は舛田利雄監督1959年製作「やくざの詩」をピックアップする。
本作は1960年1月31日に公開された日活ヤクザ映画だが、東映のそれとは全く違うものだ。それまでの日活の芸風を残しながら細かい設定を曖昧にして展開する内容だ。これは脚本の賛否を問うものではなく、会社の意向に従い作ったものだと言わざる得ない。本作から13年後、俳優の小林旭さんや金子信雄さんは、”仁義なき戦いシリーズ“に多数出演し真価を魅せている。


「やくざの詩」南田洋子

南田洋子                         二谷英明

【ストリー】
佐伯組のやくざ安田(木島一郎)が何者かに射たれた夜、滝口哲也(小林旭)と名乗る男がピアノ弾きと称して佐伯組にもぐり込んだ。哲也は安田をすばやく治療した。かつて若く、将来を嘱望された医師哲也は、或日何の遺恨もないやくざに恋人を殺された。その日から哲也は狂ったようにそのやくざを追った。佐伯組に入ったのもその為だった。安田が倒れたのは黒沢組との不和が原因だった。佐伯組に出入りするアル中の老医水町(金子信雄)にはインターンに通う清純な娘道子(芦川いづみ)がいた。佐伯組と黒沢組との不和に乗じた相川一郎(二谷英明)という拳銃ブローカーが出入りを始めた。昔、哲也に命を助けられた相川は、今もなお哲也が恋人を撃ったスペイン製のゲルニカの弾丸を求めていることを知り愕然とした。日本に三つしかないというゲルニカを弟の次郎(垂水悟郎)は持っている。しかし次郎は兄の忠告を嘲い、翌日哲也を狙った。哲也は腕をかすったゲルニカの弾丸にこおどりした。次の夜、ゲルニカの弾丸は哲也をそれて水町医師を倒した。その夜次郎を客人とした黒沢組が佐伯組を襲った。哲也は宿敵ゲルニカと対決した。一瞬、次郎の拳銃が飛び、一郎が次郎の助命を乞うた。次の夜の決闘を哲也に約した次郎は、情婦由美(南田洋子)を訪ねた。高飛びの同行を拒まれ、カッとした次郎が襲いかかろうとした瞬間、次郎の腕は不気味な音をたてて折れた。しかもそれは醜い義手だった。次郎は由美を倒すと、哲也を求めて決闘場に足を運んだ。暗闇の中、勝ち誇った次郎は死体を見てがく然とした。それは哲也へ昔の借りを返した兄の姿だった。次郎と哲也は対峙した。次郎の一発が哲也の首にかかったゲルニカの弾丸をはねた。復讐の呪いは解けた。銃を捨てた哲也に次郎が迫った。しかし、由美を慕うチンピラの透(和田浩治)に次郎は撃たれた。次郎を救おうと哲也は必死に手術した。医者としても必死の再起だった。道子が歓びの声をあげた。夜明けの太陽が赤く輝き、次郎がうっすらと眼を開いた。


和田浩治                         垂水悟郎

題名:やくざの詩
監督:舛田利雄
企画:坂上静翁
脚本:山田信夫
撮影:藤岡粂信
照明:藤林甲
録音:中村敏夫
美術:佐谷晃能
擬斗:峰三平
記録:新関良子 (ノンクレジット)
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎、中村八大 主題歌:小林旭「やくざの詩」トミー藤山:「なんにも言えず」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
製作進行:岡田康房 (ノンクレジット)
助監督:河辺和夫
監督助手:江崎実生、奥山長春 (ノンクレジット)
色彩計測:安藤庄平
出演:小林旭、芦川いづみ、南田洋子、二谷英明、和田浩治、金子信雄、垂水悟郎、内藤武敏、木島一郎、宮崎準、深江章喜、木島一郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
やくざの詩 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


金子信雄                         芦川いづみ、小林旭

1 2