映画「ラーメン大使」


フランキー堺                      船越英二

今回は島耕二監督1967年製作「ラーメン大使」をピックアップする。
本作は、東宝専属俳優だったフランキー堺さんが、1958年から1969年まで制作された”駅前シリーズ(全24作)”の「喜劇 駅前満貫(監督:佐伯幸三)」と「喜劇 駅前学園(監督:井上和男)」の間に大映で制作された人情喜劇である。同年の他作品と比べて、感覚が古いなという印象だった。


渚まゆみ                        高毬子

【ストリー】
大小さまざまな船が停泊している横浜港に着いた貨物船で中国服を着た男が日本にやってきた。王さん(フランキー堺)である。古びた頭陀袋を堤げて、感慨無量の面持ちである。28年前、中国で極貧の生活を送っていた王さんは、一兵卒の山川(星ひかる)という日本人にお金を借り、今、その恩返しをしようと日本にきたのである。しかし、山川という名前だけでは探しようがない。王さんはクリーニング店の六さん(三角八郎)や長島巡査(船越英二)の世話で「万来軒」に住み込み、根気よく山川さんを探すことにした。たちまち王さんは人気者になってしまった。たどたどしい日本語も人気の原因だったが、何よりも王さんのチャーシューメンがおいしかったからである。そんな間に、訪ねてみた山川さんがとんだ人違いだったりしたが、ある日、ひょんなことから100万円を盗んだドロ棒を捕えたことから、王さんは全国に紹介されることになった。ところが、ニュースを聞いて現われたのは、山川組の親分で、王さんに金を貸したという。しかし、この親分は戦争中、刑務所に入っていたことが分った。その他、王さんの善意を利用しようとする人が次々に現われて、彼は弱ってしまった。しかも旅券の期限が迫っていた。万来軒のおしげ婆さんや六さんも奔走してくれたが、なかなか本物の山川さんには会えなかった。ところが、ある日、たったひとつの手掛りをもとに訪ねてみると、王さんの前に現われた老人こそは、探し求める山川さんたった。山川さんは実は、23円50銭を王さんに貸したのである。二人は再会を喜び、やがて、王さんの帰国の日には、六さんや長島巡査も駆けつけ、王さんは満足そうな笑顔を浮べて故国へ帰っていった。


春川ますみ                     若水ヤエ子

題名:ラーメン大使
監督:島耕二
企画:藤井浩明
原作:花登筐
脚本:舟橋和郎、花登筐
撮影:渡辺徹
照明:泉正蔵
録音:三枝康徐
美術:高橋康一
記録:沓掛恒一
編集:鈴木東陽
音楽:大森盛太郎
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:遠藤重行
スチール:沓掛恒一
出演:フランキー堺、船越英二、渚まゆみ、高毬子、春川ますみ、若水ヤエ子、人見きよし、星ひかる、中村是好、市村俊幸、丸井太郎、三角八郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
ラーメン大使 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺、船越英二              ラーメン大使

映画「あに・いもうと」


京マチ子                      久我美子

今回は成瀬巳喜男監督1953年製作「あに・いもうと」をピックアップする。
本作は、成瀬監督が大映で撮った2作品(本作と「稲妻」)で当時、映画監督を志していた女優の田中絹代さんが監督見習いとして参加し、成瀬監督から映画作法、演出術を学んでいたそうだ。

【追記。訃報】
女優の京マチ子(本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが、2019年5月12日に心不全のため都内の病院で亡くなったと、14日、東宝が発表した。享年95。京さんの生前の遺志により、この日、石井ふく子さん(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、密葬が営まれた。石井さんによると、数年前、京さんがハワイへ赴き、自ら手配したお墓に入るという。京さんは49年に映画会社の大映に入社し、女優デビュー。映画「羅生門(1950年)」「雨月物語(1953年)」など数々の名作に出演した。遺作は2006年の舞台「女たちの忠臣蔵(石井ふく子演出)」。
スポーツ報知5/14(火) 17:25配信


森雅之、久我美子

【ストリー】
昔は川師の親方として名を売った赤座(山本礼三郎)も、堤防の工事を県にとられて以来落ち目である。それに娘のもん(京マチ子)が奉公先で学生の小畑(船越英二)と関係し、妊娠して家に戻って来たので、近頃特に機嫌が悪い。末娘のさん(久我美子)は姉の送金で看護婦の学校へ行っており、うどん屋の養子鯛一(堀雄二)と一緒になりたい気持があるが、もんの不始末が知れた以上望みはない。兄の伊之吉(森雅之)はもんを可愛がっていただげに余計腹が立ち、身重のもんへ悪態を浴びせ、居たたまれなくなったもんは居所も知らさず家を出て行く。或る日、小畑がお詑びに訪ねて来たが、伊之吉はその帰り途小畑を殴ってしまった。鯛一は他の女との縁組を迫られ、さんと駈け落ちしようと決心するが、さんは二人が勇気さえ持っていれば駈け落ちまでしなくてもとたしなめて学校へ帰ってゆく。--それから暫く赤座の家は、もんもさんも戻って来ず淋しげだった。翌年のお盆、久し振り二人が帰って来た。鯛一は結婚してうどん屋の若主人に納っており、さんも今はその話をひとごとに聞ける様になっていた。伊之吉はもんの顔を見ると相変らず悪態をつき、小畑を殴ったことまで言ってしまう。もんは今ではいかがわしい暮しで毎日を送っている女であり、伊之吉の悪態をも聞き流していたが、小畑が殴られたと聞いては黙っていられなかった。別に今更小畑とどうのこうのと考えはしないが。--翌日、もんとさんは又家を後にする。兄妹喧嘩はしてもやはり二人は家が懐しかった。


山本禮三郎、浦辺粂子                  船越英二

題名:あに・いもうと
監督:成瀬巳喜男
企画:三浦信夫
原作:室生犀星
脚本:水木洋子
撮影:峰重義
照明:安藤真之助
録音:西井憲一
音効:花岡勝次郎
美術:仲美喜雄
装置:小宮清
装飾:尾上芳夫
小道具:永川勇吉
衣裳:堀口照孝
結髪:篠崎卯女賀
記録:堀本日出
編集:鈴木東陽
音楽:齋藤一郎
製作主任:西沢康正
助監督:西條文喜
撮影助手:中尾利太郎
製作進行:坂根慶一
監督見習い:田中絹代
スチール:椎名勇
出演:京マチ子、久我美子、森雅之、山本禮三郎、浦辺粂子、船越英二、潮万太郎、堀雄二、宮島健一、本間文子、高品格
1953年日本・大映/スタンダードサイズ・モノクロ86分35mmフィルム
あに・いもうと -DVD-
2019年7月現在、DVDレンタルはありません。


浦辺粂子、森雅之

京マチ子

映画「婦系図」



市川雷蔵                       万里昌代

今回は三隅研次監督1962年製作「婦系図」bestをピックアップする。
新東宝の専属女優だった万里昌代さんが、新東宝が倒産してから大映に移籍して第二作目の作品である。本作は、万里昌代という女優の資質を開花させた三隅監督に敬意を表すると共に、彼女の魅力に感動する優れた作品である。その表情と所作は美しく絶品であり、観る者は必ず引き込まれる。

※大映移籍第1作は「お兄哥さんとお姐さん」1961年(監督:黒田義之 共演:勝新太郎)


三條魔子                  千田是也、木暮実千代、市川雷蔵

【ストリー】
帝大教授酒井俊蔵(千田是也)の恩情で立派な教育を受けた早瀬主税(市川雷蔵)は、兄妹のようにして育った酒井の娘妙子(三条魔子)が自分に恋をよせているのを知り、これを受けては義理ある先生にすまぬと、酒井家を出た。そして魚屋めの惣の世話で、かねてから恋仲だった柳橋の芸者お蔦(万里昌代)と、先生には内証で世帯を持った。かつての酒井先生の情人で、妙子の実の母であるお蔦の姉芸者小芳(木暮実千代)は、身分違いの恋の不幸を主税に説くが、主税は、芸者を妻にするのが出世の妨げなら出世せぬまで-と、初志を変えない。ところが、ふとしたことで主悦に恨みを持つ、静岡の権勢家の息子で同窓の河野英吉(片山明彦)は、さまざまな策動をして主税をスキャンダルにまきこみ、さらにお蔦のことを酒井先生に告げて処分を迫った。酒井は主税をかばいつつも、お蔦とは別れさせるといわざるを得ない。酒井から、俺か女かどちらかを選べと迫られ、主税はやむなくお蔦と別れることを決心し、散歩にことよせてお蔦を湯島境内へさそった。思いもかけぬ別れ話にお蔦は歎き悲しむが、ついに得心して身を引くことを承知した。そして、髪結いをしているめの惣の家内のところで、すき手として働くことになった。河野の卑劣な行為を怒った主税は、めの惣(船越英二)から、河野の当主の夫人がお抱えの御者と密通し、子までなしたいきさつを知り、この事実をもって復讐しようと、静岡へ去った。河野一家に接近してドイツ語私塾をひらいた主税に、政略結婚で河野家の不幸な娘はぐんぐんひかれてきた。その娘に、主税は母親の秘密を暴露する。それを立聞きした夫人(南美江)の銃弾で、主税は重傷を負い、病床の人となった。一方、お蔦は風邪をこじらせて死の床にあった。たまたま訪ねた妙子の連絡で酒井も駈けつけた。酒井の命令で、めの惣が静岡に飛ぶが、主税は帰らない。「芸者にも真実な女がいますよ」と、お蔦は酒井に訴えて息絶えた。ようやく傷のいえた主税は、河野家の当主が夫人を射殺した日、東京へ帰った。今は亡きお蔦との思い出深い湯島天神にたたずむ主税の背に、梅の花が散った。


船越英二                      藤村志保

題名:婦系図
監督:三隅研次
企画:鈴木晰成
製作:永田雅一
原作:泉鏡花
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:三輪良樹
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:井上昭
色彩計測:青柳寿博
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、万里昌代、三條魔子、船越英二、木暮実千代、千田是也、水戸光子、片山明彦、南美江、上田吉二郎、藤村志保
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
婦系図 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


万里昌代、市川雷蔵

1 2 3 6