映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「悪名太鼓」

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1964年製作「悪名太鼓」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第9作になる。
前作「悪名一番」に続いて出張篇となる本作は、清次が九州の狼王会に太鼓を貸出し、その貸し賃で、八尾の祭りを盛り上げようという事から始まる。ところが、九州から清次が死んだとの電報が届く。驚いた朝吉は九州に駆け付けるが、葬儀に行ってみると死んだのは別人。ここから密輸絡みの物語が展開するという内容だ。ゲストに歌手の田端義夫さんが出演している。

悪名シリーズ

悪名太鼓悪名太鼓
朝丘雪路                     浜田ゆう子、勝新太郎

【ストリー】
河内の夏祭りの資金を手に入れるため、清次(田宮二郎)が朝吉(勝新太郎)の大事にしていた太鼓を売ったことに気づいたのは、清次が太鼓と共に九州の狼王会のもとに出発した直後だった。すぐ後を追った朝吉がトラックの上で清次ととっ組みあいをする内に、狼王会の若者の匕首が、太鼓の皮を破ってしまった。そのうえ、朝吉はトラックから落ちて、太鼓はとうとう九州へ運ばれた。憤懣やるかたない朝吉のもとへ、「セイジコロサレタ」の電報が届くや、胸のうちは、逆上して、朝吉は関門トンネルを越えた。花輪に囲まれた清次の告別式。だが、祭壇の写真は、清次とは別人の顔。朝吉の名前を聞くなり、姿を消した喪服に真珠をつけた女。奇妙な雰囲気の葬式に、一きわ大きな花輪は、清次が太鼓を貸した相手“狼王会菊沢”の名前であった。死んだ清次という男の女房宏子(朝丘雪路)から、朝吉は、宏子の夫は密入国人で、菊沢(見明凡太朗)から清次の戸籍を買うと、香港ルートの密輸グループに誘われたが、断わったために殺されたと聞かされた。一方、清次は、太鼓の胴に5億円の密輸品をつめて、関西ルートに流すと聞かされて驚愕したものの、戸籍を失った今、菊沢の言う通り動くより仕方がなく、宏子を連れ出す手助けをする中に、朝吉と出逢った。宏子の息子で養護施設にいるタカシを、誘拐しようとした菊沢は、朝吉の出現で失敗した。朝吉は、菊沢の影の女で、告別式に居た真珠の女、紅杏子(浜田ゆう子)から、菊沢の片棒をかつぐよう誘われたが、断わった。一方、菊沢に朝吉を狙うよう命令された清次は、拳銃で殺したかのように見せかけると、朝吉を海に逃がした。丁度香港のボスを迎えて、菊沢がはる宴会の席上にかけつけた朝吉と清次の奮闘で5億円の札束は無事保護され、悪党は一人残らず逮捕された。数日後、朝吉の叩く太鼓の音が、晴ればれと響いていった。

悪名太鼓悪名太鼓
芦屋雁之助、芦屋小雁                 若松和子

題名:悪名太鼓
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:藤本義一
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:川口隆
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:大洲斉
スチール:三浦康寛
出演:新太郎、田宮二郎、朝丘雪路、若松和子、浜田ゆう子、芦屋雁之助、芦屋小雁、田端義夫、島田竜三、杉田康、見明凡太朗
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
悪名太鼓 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                      田端義夫
悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎、田宮二郎                  悪名太鼓

映画「悪名一番」

悪名一番
「悪名一番」田宮二郎、勝新太郎
悪名一番悪名一番
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1963年製作「悪名一番」をピックアップする。
全15作(1961~1969年)が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第8作になる。
今までとは趣を変えてオリンピック前の東京が舞台になっている。

悪名シリーズ

悪名一番
「悪名一番」江波杏子
悪名一番悪名一番
江波杏子                    芦屋小雁、芦屋雁之助

【ストリー】
年の瀬も押しつまった頃朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)のもとに、お照(藤原礼子)が店の朋輩のもめごとを、もちこんできた。大衆の零細な資金を集めて、町の金融業を営む大黒金融の不良社員が、預金を持ちにげ、支払不能に陥ったというのだ。話を聞いた朝吉と清次は、大阪支社にのりこみ、気の毒な預金者の依頼を引受け、東京本社に善後策をかけあうため、持逃げ犯人の大野平助(矢島陽太郎)を追ってトラックで東上した。平助の姉の妙子(雪代敬子)を訪ねた朝吉、清次の二人は、四国で名前をかたっていた偽せ者の一郎(芦屋小雁)と二郎(芦屋雁之助)に再会した。朝吉と清次は早速大黒金融の本社へ乗りこんだが、社長の郡(安部徹)は、彼等に会おうとしなかった。接待に出て来た美貌秘書圭子(江波杏子)に、くいさがった朝吉は、豪華なナイトクラブで郡を発見した。関東の顔役工藤(名和宏)らのいならぶ中、田舎者の朝吉は、その嘲笑に耐えた。一方清次は、上野でおぎん(茶川一郎)に会い工藤組にもぐりこんだ。しかもそこで、監禁されている平助を発見、彼の口から持送げの真相を聞いた。恋人の圭子が400万の分け前を約束に、1億円近い金の擬装拐帯犯人になって遁走中だというのだ。黒い悪の組織の動めく中、又朝吉の身のうえにも、工藤の手が動いているようだった。そんな時、使い込み金の唯一の証拠となる郡の手帖が金庫から消え、圭子が平助を求めて工藤事務所に来た所を、清次は、二人をさんざん痛めつけることで、工藤にとりいった。更に、二人をバラすことをたのまれた清次は、二人を連れて脱出する機会を待った。ついに朝吉が工藤を怪しいとにらんだ直後、平助は、川田組へ1,000万で売られることになった。単身、工藤事務所にのりこんだ朝吉は、平助と圭子をのがして監禁されている清次を救うため、一郎、二郎を伴って工藤事務所を奇襲した。郡も工藤も朝吉の鉄挙のもとに倒れ、朝吉、清次の二人は、感謝されて、大阪に帰った。

悪名一番悪名一番
名和宏、安部徹                 雪代敬子、勝新太郎
悪名一番
藤原礼子、伊井友三郎、江波杏子、矢島陽太郎、雪代敬子
悪名一番悪名一番
悪名一番                     田宮二郎、勝新太郎

題名:悪名一番
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、江波杏子、藤原礼子、雪代敬子、安部徹、名和宏、遠藤辰雄、丸井太郎、茶川一郎、芦屋小雁、芦屋雁之助、伊井友三郎、矢島陽太郎
1963年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名一番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名一番
「悪名一番」撮影風景

1 2 3 4