映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

映画「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」


川谷拓三                      夏純子

今回は斎藤武市監督1976年製作「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」をピックアップする。
本作は、ミス花子のヒット曲「河内のオッサンの唄」を映画化したもので、第二弾最終作である。
1976年前半、斎藤監督によって第1弾「河内のオッサンの唄」が制作された。


田中邦衛                        岩城滉一

【ストリー】
飲んだくれでバクチ好きの河内のオッサン徳田松太郎(川谷拓三)も、年末ともなると女房連に尻をひっぱたかれ、やむなしモチ代をかせぎに大阪へと出かせぎに行く。フトコロも少しは、あったかくなって、河内への帰り道。ついうかれて、入ったアルサロで、助平根生を出した徳松ら長屋の連中は、サイコロバクチにひっかかり、せっかくの虎の子もスッテンテン。このまま帰ったら、カアチャンたちから、ドツかれるとワラをもつかむ思いで競艇場へと行った。そこで、バクチの大天才、通称・先生、鍋山慎一郎(田中邦衛)とめぐり会う。この先生の霊感を聞き、最後の金で大穴をあてる。意気揚々として河内へ帰った。ところが河内では一大事件がぼっぱつ中。徳松達の長屋の大家・忠三郎(室田日出男)、これがまた大のバクチ好き。忠三郎は、暴力団・難波組とのバクチに長屋の権利書を持ち出した。正月を前に家を取り上げられたら一大事。徳松達は再び先生の霊感をたよって窮地を切り抜けた。ところが、河内松原を一大風俗街として、大もうけをたくらんだ難波組は、次々と悪どい手口でのっとりをたくらんできた。一方、先生とは、実は一目惚れした女に会社の金、1,000万円を使い、公金横領犯として指名手配中の人物であった。そんなある日、アルサロのホステス陽子(伊佐山ひろ子)とひょんな事から知り合った徳松は、彼女が先生の一目惚れの相手であることを知った。徳松のはからいで二人は久し振りの再会。陽子は先生に対し、冷たい態度をとった。陽子に振られてしまった先生は、出直しを決意し、旅へ出発。てんやわんやの河内松原もひとだんらくと思ったのもつかのま、難波組の上部団体・横浜大東組から、鬼頭(成瀬正)という人物が派遣されて来た。長屋は再び危機を迎える。たこ焼き屋の千吉(榎兵衛)は、土地を買っていただけに強きの態度で出た。鬼頭はこの仙吉の土地の権利書をねらった。徳松はそんな鬼頭のやり口に、我慢ができなかった。そして、ついに彼は単身、仙吉の権利書を持って、大東組の本拠地・横浜へのりこんだ。仙吉の権利書をもって一か八かの勝負を賭ける徳松は、そこで先生と再会。これぞ救いの神とばかり徳松は、先生を引き連れ大東組の盆ゴザへと行く。美人の壷ふり、昇りの龍の銀子(篠ヒロコ)によって始った三番勝負。一番手をとられた先生には、以前の博才はなくなっていた。その時、偶然にも先生を追いかけ、この横浜へ来ていた陽子の姿が目にとまった。そのとたん、先生の直感力も冴え、残り二番の勝負に勝った。長屋の権利書を取りもどした徳松。よりをもどした先生と陽子。しかし、大東組はこの三人を持ちぶせていた。しかしこの危機は銀子によって救われた。徳松達は晴れて、河内松原に帰っていった。


伊佐山ひろ子                     篠ヒロコ

榎兵衛、川谷拓三、室田日出男、花柳幻舟          志賀勝

【追悼】
本シリーズの八百千枝子役を演じた舞踊家の花柳幻舟さんが、2019年2月28日 群馬県安中市の碓氷第三橋梁の下に倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。橋の上から転落したものとみられている。享年77歳。

題名:河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
監督:斎藤武市
企画:坂上順
脚本:松本功、高田純、関本郁夫
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:井保国夫
装飾:新井栄治
美粧:入江ニ
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:ミス花子「河内のオッサンの唄 」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:石原啓二
助監督:福湯通夫
製作宣伝:小田和治
スチール:遠藤努
出演:川谷拓三、夏純子、岩城滉一、伊佐山ひろ子、田中邦衛、室田日出男、篠ヒロコ、花柳幻舟、志賀勝、ミス花子、中谷一郎、野口貴史、団巌、あき竹城、榎兵衛、田中筆子、成瀬正
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
河内のオッサンの唄 よう来たのワレ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミス花子                        川谷拓三、田中邦衛

映画「河内のオッサンの唄」


川谷拓三                           夏純子

今回は斎藤武市監督1976年製作「河内のオッサンの唄」をピックアップする。
本作は、ミス花子のヒット曲「河内のオッサンの唄」を映画化したもので、川谷拓三さんの初主演作である。
同年、斎藤監督によって第2弾「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」が制作された。


岩城滉一                         奈美悦子

【ストリー】
河内松原に住む“河内のオッサン”こと徳田松太郎(川谷拓三)こと通称、徳松は30過ぎて、まだ一人者の白タクの運転手。喧嘩早くて、粗骨者だが、河内男の心意気を身につけた好漢である。徳松は、当然のごとくバクチ好きだが、残念ながらバク才はない。ライバルの地主の息子、忠三郎(室田日出男)のカモになって、いつも身ぐるみ剥がれて丸裸の朝帰りである。そんな徳松にでも好意を寄せる女がいる。花火工場に勤める花子(夏純子)は、徳松にバクチをやめさせようと常々忠告するのだが、自らバクチの天才と思い込む徳松には馬耳東風である。ところがある日、その徳松に異常現象が起きた。どうした風の吹きまわしか、一世一代のツキがまわって来たのだ。誰が立ち向っても歯がたたない。あまりの勢いに呆気にとられる一同を前に、得意満面の徳松--。そこへ花子が現われた。花子は徳松の鼻柱を折るべく勝負を挑んだ。かくて、一同注視の中で、二人の差しの勝負が始まった。だが、この夜の徳松は向うところ敵なしで、花子とて容赦なく、勝負はアッサリ徳松が勝った。ところが、負けた花子は払うものがなく、身体で払うと言い寄られて、徳松はあわてふためいた。徳松は、ほうほうの体で家に逃げ帰ったものの、治まらないのは河内の名物婆さん、通称六升こと林田かね(ミヤコ蝶々)をはじめ、オジヤン、仙やんといった何かとおせっかいやきの連中。例え女でも、バクチの抵当はきっちりつけるのが河内者の仁義とばかり、寄ってたかって徳松に羽織ハカマを着せて、花子との結婚式を強行した。そしてその後は、二人のことはまるで忘れたかの如く、飲めや踊れのドンチャン騒ぎが何時果てるともなく続いた。かくして、徳松と花子の神聖な初夜は、この連中にねぐらを取られたため、大和川のススキの中で迎えることとなった。甘い新婚生活もマンザラではない徳松は、真面目に仕事に精を出すようになった。そんなある日、客待ちで居眠りをしていた徳松の車に、ダンプがぶつかった。これが縁で、徳松は東京から流れて来た唐長(岩城滉一)と名乗る若者と知り合った。この男、何か過去を背負っているらしいが、妙に徳松と気が合って、二人は兄弟分の契を結んだ。ここに、河内松原がひっくり返る大騒動が持ち上った。唐長を追って東京の暴力団が流れ込んで来たのだ。実はこの唐長、こともあろうに組長の情婦、かおる(奈美悦子)と駆け落ちして来たのである。かおるはファッション・モデルに憧れて上京した六升の一人娘であった。暴力団の手から必死に唐長と唐長に惚れた梅子(清水美恵)を守ろうとした気丈な六升は、力がつきて、駆けつけた徳松に、二人とかおるのことを頼んで、息を引きとった。唐長は梅子ともども東京に連れ去られ、凄烈なりンチを受けた。徳松の河内魂が、ムクムクと頭を持ち上げた。「ヤクザが何んぼのもんじゃい、ワイが河内モンのド根性見せたるド!」と、小さな体に闘志満々。六升の葬儀を終えた徳松は、東京の空をハッタとにらみつけた--。


川谷拓三、ミヤコ蝶々                     今井健二、田中浩

題名:河内のオッサンの唄
監督:斎藤武市
企画:坂上順
脚本:関本郁夫、高田純
撮影:中島芳男
照明:萩原猶義
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:井保国夫
装飾:高井義典
美粧:入江荘ニ
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:ミス花子「河内のオッサンの唄」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:山田光男
助監督:馬場昭格
宣伝担当:山本八州男
協力:“河内音頭”三音家社中
スチール:藤井善男
出演:川谷拓三、夏純子、岩城滉一、奈美悦子、清水美恵、花柳幻舟、ミヤコ蝶々、ミスター珍、今井健二、室田日出男、志賀勝、野口貴史、片桐竜次、成瀬正、岩尾正隆、平尾昌晃、川地民夫
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
河内のオッサンの唄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


花柳幻舟                       清水美恵、岩城滉一

【追悼】
本シリーズの八百千枝子役を演じた舞踊家の花柳幻舟さんが、2019年2月28日 群馬県安中市の碓氷第三橋梁の下に倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。橋の上から転落したものとみられている。享年77歳。


室田日出男、川谷拓三、岩城滉一            河内のオッサンの唄