映画「仁義の墓場」


「仁義の墓場」多岐川祐美

渡哲也                      渡哲也、多岐川祐美

今回は深作欣二監督1975年製作「仁義の墓場」をピックアップする。
本作は、日活アクションスターとして活躍した渡哲也さんの東映初主演作品になる。
内容は、戦後の混乱期、暴力と抗争に明け暮れる新宿周辺を舞台に強烈に生き、そして散った石川力夫(実在の人物)を描いたもので、他の任侠作品とは明らかに違う。クランクインが1975年1月からの寒い時期で、病み上がりの渡哲也さんは、体調が悪化し後半は点滴を打ちながら約3週間で撮影を終えたそうだ。


芹明香、渡哲也                    仁義の墓場

ハナ肇                        成田三樹夫

【ストリー】
昭和21年。新宿には、テキ屋系の四つの組織が縄張りを分けあっていた。石川力夫(渡哲也)の所属する河田組は、経営の才にたけた河田修造(ハナ肇)を組長に、組員300名を数え、野津組に次ぐ勢力を誇っていた。兄弟分の今井幸三郎(梅宮辰夫)、杉浦(郷英治)、田村(山城新伍)らを伴った石川は、中野の愚連隊“山東会”の賭場を襲い金を奪った。山東会の追手から逃がれ、忍び込んだ家で、石川は留守番をしていた娘、地恵子(多岐川裕美)を衝動的に犯した。この事件をきっかけに、山東会と石川たちの抗争が起こり、石川らが山東会を壊滅させ、同時期に今井組が誕生した。粗野で兇暴な石川に手を焼く河田は、最近、縄張りを荒らす、池袋親和会の血桜の政こと、青木政次(今井健二)を消すように示唆した。石川は、政の情婦夏子(衣麻遼子)を強姦し、駈けつけた政の顔をビール瓶でめった突きにした。政の報復のために、続々と親和会の兵隊が新宿に進出して来た。だがこの抗争は、野津組々長の仲介で大事には致らなかった。それから間もなく、杉浦が野津組の幹部・岡部の妹と結婚した事で野津の盃を受けた。一方、相変らず無鉄砲な石川は、野津に借金を断わられたために、その腹いせに野津の自家用車に火をつけた。岡部は杉浦に石川殺しを命じるが、杉浦は失敗。その夜以来、杉浦とその女房は東京から消えた。この一件で河田は石川に猛烈な制裁を加えたが、逆上した石川は河田を刺してしまった。一時は今井の許に身を隠した石川だが、今では石川の女房になっている地恵子が彼の身を案じ警察に報せたために、石川は逮捕され、1年8:ケ月の刑を受けた……。出所した石川は、河田組から10年間の関東所払いになっているため大阪へ流れた。そして1年後。ペイ患者となり一段と凄みの増した石川が、今井組の賭場に現われた。だが、石川は、一番信頼していた兄弟分の今井からも説教され、狂ったように今井を撃ち殺した。一匹狼となった石川は、自殺を企るが死に切れず、警察病院で治療を受けた後、殺人及び殺人未遂で10年の刑に服した。昭和26年1月29日、地恵子が自殺した。それは胸部疾患の悪化した石川が病気治療のため仮出獄する3日前の事だった。地恵子の骨壷をぶら下げ、骨をかじりながら歩く石川の姿は、まるで死神のようだった。そして神野(前川哲男)、松岡(室田日出男)、河田の邸にまで出向き金をせびり取った石川は、その金で自分の墓を建てた。昭和29年1月29日、石川力夫は府中刑務所において、29歳の短い一生を自らの手で終えた。その日は奇しくも、亡き妻・地恵子の三回忌でもあった。


梅宮辰夫                        田中邦衛

題名:仁義の墓場
監督:深作欣二
企画:吉田達
原作:藤田五郎「関東やくざ者」
脚本:鴨井達比古、松田寛夫、神場史男
撮影:仲沢半次郎
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:桑名忠之
装置:小早川一
装飾:米沢一弘
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣装:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:田中修
音楽:津島利章
現像:東映化学
進行主任:東一盛
演技事務:石川通生
助監督:小平透
スチール:加藤光男
出演:渡哲也、多岐川祐美、芹明香、池玲子、梅宮辰夫、郷鍈治、山城新伍、ハナ肇、室田日出男、田中邦衛、成田三樹夫、曽根晴美、安藤昇、今井健二、衣麻遼子、前川哲男
スタント:春田純一
1975年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
仁義の墓場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、曽根晴美                  安藤昇

渡哲也                   スタント:春田純一 (15メートルのダイビング)

映画「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」


「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」池玲子

池玲子                           内田良平

今回は石井輝男監督1973年製作「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」をピックアップする。
本作は、石井監督が1960年に新東宝で撮った「黄線地帯」の”カスバの街”に似たカオス漂う美術が見事である。
不良姐御伝 猪の鹿お蝶」に続く”姐御伝シリーズ”は本作で終っている。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

愛川まこと                      嵐寛寿郎、池玲子

【ストリー】
神戸港へ着いたばかりのお蝶(池玲子)は、女スリの朱美(春日朱実)に麻薬の運び屋と間違えられ、捕われてしまった。そして、凄絶な拷問を掛けられたあげくに、女殺しの濡れ衣を着せられてしまう。だが、間一髪のところで、刑務所帰りの謙二(内田良平)という男に救われた。お蝶は早速、朱美を捜し出し、秘密を喋らせた。それは、ヤクザ港会の残党の金造(名和宏)たちが、女スリの秘所に麻薬を隠し、横浜から神戸に運ばせていたのだ。扇屋一家に草鞋を脱いだお蝶は、譲二が一家の幹部である事を知った。譲二は、自分が服役中に親分が何者かに殺され、その一人娘の清子(星野みどり)が行方不明になっているのは、跡目を継いだ叔父貴分の剛田(遠藤辰雄)が仕組んだことだと狙いをつけ調べていたのだ。一方、お蝶は、横浜から剛田のところに麻薬が運ばれる途中に、浅吉一味がニセ物とスリ替えているのを知った。ある日、お蝶は、清子が剛田の企みで精神病院に隔離されているのをつきとめた。早速、譲二とともに清子を救出に行くが、時すでに遅く、清子は何者かに殺された後だった。だが、乱暴された時、清子は男の指を咬み切っていたことから、剛田の仕業だということが判明した。やがて、その精神病院の倉庫で、麻薬の取引が行われた。その現場に、麻薬の多額の代金を狙って、金造一味、剛田に仲間を殺された仇を討ちに来たズべ公グループ・紅衿団、そして散々利用された女スリの一団たちが襲撃して来て、四ツ巴の大乱戦となった。やがて、お蝶、女たちが秘所に隠していた爆薬を投げつけ、剛田、金造一味を壊滅に追い込んでいくのだった。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

池玲子、遠藤辰雄                       凡天太郎

題名:やさぐれ姐御伝 総括リンチ
監督:石井輝男
企画:天尾完次
原作:凡天太郎
脚本:掛札昌裕、関本郁夫、石井輝男
撮影:わし尾元也
照明:井上孝二
録音:中山茂二
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之介
記録:黒川京子
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:池玲子「お蝶のブルース」
製作主任:伊藤彰将
演技事務:饗庭益雄
助監督:萩原将司
スチール:中山健司
出演:池玲子、愛川まこと、内田良平、遠藤辰雄、凡天太郎、春日朱実、碧川ジュン、嵐寛寿郎、城恵美、名和広、早乙女りえ、一の瀬レナ、芹明香、根岸明美、大泉滉、星野みどり
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
やさぐれ姐御伝 総括リンチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ                       池玲子

映画「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」


池玲子                          叶優子 

今回は志村正浩監督1973年製作「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第3作であり、”ずべ公番長シリーズ“や”女番長シリーズ“とは違って”学園”という閉鎖空間で展開されるので、常に陰惨で閉鎖的な雰囲気が漂っている。ラストのセーラー服姿で敵を機関銃で一掃する池令子さんのビジュアルは、相米慎二監督1981年製作の角川映画「セーラー服と機関銃」のオリジナルイメージに他ならない。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                        太田美鈴

【ストリー】
米軍基地のある町、ここに私立女子高校・聖愛学園がある。その良家の女の子だけを集めている三年A組には“紅ばら会”なるグループがあり、番長の西園寺美也が北海道に転校するので、選挙により、副番の野中鷹子が跡目をついだ。だがその頃、鷹子の父で市会議員の総太郎が、妊娠した尾形雪子という女性を同乗させて自動車事故で死んでしまう、という事件を起こした。そこで、鷹子と同じ副番で、PTA会長の速水勇作を父にもつ絹枝は、鷹子をハーフや貧乏人ばかりのD組に強制的に組を代えさせて、自分は“紅ばら会”の番長となった。D組には、リンダ、テレサ、吹子らで組織された“恐竜会”なるグループがある。鷹子はリーダーのリンダと対決して番長の座を奪った。ある日、鷹子は、絹枝たちに襲われるが、尾形二郎と名乗るダンプの運転手に救われた。二郎は雪子の弟で、雪子は、ある重大な秘密を知ったので殺されたのだ、と告げて去った。一方、絹枝は、勇策と取り引きのある商事会社の社長・シェパードの配下を使って“恐竜会”のエミリーを強姦させ、反抗したエミリーは射殺されてしまった。鷹子たちは、学校側に抗議をするが、この事件は勇策とシェパードに闇から闇へと葬られ、逆に“恐竜会”のメンバーは全員退学させられてしまった。そんな時、鷹子は、再会した二郎から、雪子は勇策の秘書で、妊娠の相手は勇策であること、勇策と米兵の間で行っていた密輸を雪子と総太郎が知ったことから殺されたことを知らされた。そして、その二郎も奴らに殺されてしまった。ある日、今は新人歌手として戻って来た美也の立あいのもとに“恐竜会”は“紅ばら会”と決闘して叩きのめしてしまう。やがて鷹子らは勇策と絹枝父娘を、仕組んだ情事で失脚させ、二郎の持っていたマシンガンで、シェパード一味を撃ちまくった……。


三原葉子                       白石襄、池玲子

題名:恐怖女子高校 不良悶絶グループ
監督:志村正浩
企画:天尾完次
脚本:関本郁夫、志村正浩、鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:吉村晟
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:堀池幸三
音楽:荒木一郎 挿入歌:愛川まこと「私が今愛し始めた女は」 太田美鈴「好きではじめた女じゃないが」」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:真沢洋士
演技事務:伊駒実麿
助監督:俵坂昭康
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、叶優子、衣麻遼子、白石襄、三原葉子、太田美鈴、ベラ・シーム、早乙女りえ、一の瀬レナ、鈴木サチ、愛田純、碧川ジュン、城恵美、芹明香、遠藤辰雄、大泉滉、松村康世、名和宏、中村錦司、松井康子、星美智子、畠山麦
1973年日本・東映/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
恐怖女子高校 不良悶絶グループ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。




恐怖女子高校 不良悶絶グループ             池玲子

1 2 3