映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「花くらべ狸道中」


市川雷蔵、勝新太郎                 若尾文子

今回は田中徳三監督1961年製作「花くらべ狸道中」をピックアップする。
本作は、「初春狸御殿(1959年)」に続いて市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子トリオで送るオペレッタ「狸御殿もの」のバリエーション作品で、突っ込みどころ満載の和風ミュージカル作品である。ステージが狭いのか、ホリゾントが近すぎて遠近の美しさが出てないのが残念。内容も現代のセンスとテンポを期待する訳ではないが、夢の希釈されたメルヘンだ。エンディングの大映の新進女優によるレビューシーンはお宝だそうだ。


中田康子                     花くらべ狸道中

【ストリー】
狸の国の大王選挙で、江戸文福党の放った刺客、党主文福の娘きぬた(中田康子)と腹心茂十(宮坊太郎)らの刃に重傷を負った阿波徳島党の首領文左衛門(葛木香一)に代って雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)が江戸へ行くことに決った。雷吉の恋人たより(若尾文子)は貧しいが純情娘、雷吉の身を案じて木の実の首かざりを餞別に贈った。雷吉に好意を持つ主人の娘しのぶ(近藤美恵子)はそれをみてがっかりする。雷吉、新助は弥次郎兵衛、喜多八になりすまし阿波を出発した。京は三条、池田屋へ宿をとった二人を見出したきぬたは、仇っぽい旅絵師お伝に化けて酒と女に甘い喜多八をグラマーで悩殺、あわや一命も危いところへ弥次郎の化身の街によって救われた。無一文で京を逃げだした二人は、桑名の賭場で弥次郎が賽に化けたため喜多八の勝ち放し、ゴキゲンなところへ現われたお伝がそれを喋ったため賭場は大騒動。弥次郎とはぐれた喜多八は、お伝や茂十の術策に俵につめられ川に投げこまれた。弥次郎も文福党一味に襲われるが、たよりのくれた首飾りが危険信号を発して、危いところを免れ、またそれによって喜多八を救った。その頃、雷吉恋しさにたよりは彼を追って江戸へ旅立った。それを知ったしのぶも江戸へ。重なる失敗に文福党は、大挙して箱根で網を張った。そこで展開された虚々実々の化けくらべでは、弥次喜多コンビの化け勝ちとなって難関を突破した。次の宿で祝盃をあげる二人にたよりがたずねて来たが、喜多八はお伝と思って追い返した。一人のたよりを捕えた文福党はそれをおとりに弥次喜多を捕まえてしまった。それをみて、たよりは泣き出した。そして、その涙は真珠の玉となって流れ弥次喜多をしばる縄は切れてしまった。さすがのお伝もたよりの美しい心に負けて牢の鍵をあけてやるのだった。いよいよ狸御殿で大王選挙が行われようとした時、現われた弥次喜多が激しい乱闘の末、文福(見明凡太朗)をとりおさえるが、彼らの罪を許し、これからは仲良くやっていこうと手をさしのべた。折から、徳島より傷いえた文左衛門が到着、大王の地位は彼に決定した。今や平和に戻った狸御殿では賑やかな狸祭りが始まっていた。


楠トシエ                      五月みどり

題名:花くらべ狸道中
監督:田中徳三
企画:辻久一
製作:武田一義
脚本:八尋不二
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:林米松
技斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:浜口庫之助
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
色彩計測:白波瀬直治
スチール:藤岡輝夫
出演:市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子、近藤美恵子、五月みどり、楠トシエ、浦路洋子、宮川和子、小林勝彦、赤坂小梅、宮坊太郎、葛木香一、見明凡太朗
1961年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
花くらべ狸道中 -DVD-
2019年12月現在、DVDレンタルはありません。


花くらべ狸道中

映画「瘋癲老人日記」


「瘋癲老人日記」若尾文子

若尾文子                          山村聰

今回は木村恵吾監督1962年製作「瘋癲(ふうてん)老人日記」をピックアップする。
本作は、谷崎潤一郎氏の原作を映画化したものだが、足部に非常に強い誘惑を覚えるフット・フェティシズムとマゾヒズムを描いた濃密な演出に刺激を受ける。裸体そのものを映す事をしなくても、エロスを表現出来るのは、恐らく若尾文子さんの演技、表情、仕草が天性のものだからこそ成功しているのではないか?


川崎敬三                      東山千栄子、丹阿弥谷津子

【ストリー】
77歳の卯木督助(山村聰)は、軽い脳溢血で寝たり起きたりの日日を送っている。それに今では完全に不能である。が、--不能ニナッタ老人ニモ或ル種ノ性生活ハアルノダ--と思っている。そんな督助の性と食欲だけの楽しみを息子浄吉(川崎敬三)の嫁、颯子(若尾文子)は察している。ある日、老人がベッドでぼんやりしていると、突然浴室の戸が開き、颯子が顔を出した。「アタシ、シャワーノ時ダッテ、ココ閉メタコトナイノヨ」老人を信用しているからか、入って来いというのか、老いぼれの存在なぞ眼中にないのか、なんのためにそんなことを言うのだろう。夜になりシャワーの音がして来た。幸い誰もいない。老人は浴室へにじりよった。「入リタインデショ、早ク入ッテ……」。老人のあぶない足元が水に濡れてすべりそうになる。それでも颯子の足に取りすがる老人。「足ニ接吻スルクライ、オ許シガ出タッテヨサソウナモノダ」「ダメ! アタシソコハ弱イノヨ」--。「アアショウガナイ、ジャア、モ一度、ヒザカラ下ナラ許シテヤル!一度ダケヨ」その接吻の代償に老人は颯子に、従兄の春久(石井竜一)にバスを使わせることを承知させられた。颯子と春久は出来ているのだろうか?……。ある夜、また老人の部屋で颯子と二人になった。やにわに背後から抱きすくめ首筋へ接吻する老人。「オ爺チャン、イヤダッタラ、誰ガソンナコトシロト言ッタノヨ、ネッキングナンテ」いきなり床に手をつき三拝九拝する老人。「ジャ、ナンデモワタシノコトキク?」結局老人は300万もする猫眼石の指輪をせしめられてしまった。秋が来て、冷たい風が吹き始める。京都へ来て老人にひとつのアイデアが生まれた。自分の墓に仏足石を彫ろうというのだ。その足型は、颯子のものでなければならない。宿で老人はいやがる颯子の足の裏に朱墨を塗り、ちょうど魚拓を作るような足型をとった。何度も何度も良いものが出来るまで異常なまでに続けた。晩秋の卯木家でブルトーザーの唸りが騒々しい。庭の一角にプールを作ろうというのだ。それを見つめる老人の若々しい眼。「プール作ッテネ、ソシタラ、アタシ泳グノ見セテアゲル」。老人はたった一つのこの言葉を何度もくりかえしていた。


「瘋癲老人日記」若尾文子

「瘋癲老人日記」山村聰 ※この足は若尾文子さんではなく代役(パーツモデル)である。

題名:瘋癲老人日記
監督:木村恵吾
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:谷崎潤一郎
脚本:木村恵吾
撮影:宗川信夫
照明:柴田恒吉
録音:須田武雄
美術:柴田篤二
編集:鈴木東陽
音楽:小川寛興
現像:東京現像所
製作主任:松本賢夫
助監督:阿部志馬
スチール:宮崎忠郎
出演:若尾文子、山村聰、川崎敬三、東山千栄子、村田知栄子、丹阿弥谷津子、倉田マユミ、藤原礼子、石井竜一
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
瘋癲老人日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山村聰                       若尾文子、山村聰

1 2 3 7