映画「玄海つれづれ節」

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
吉永小百合                        八代亜紀

今回は出目昌伸監督1985年製作「玄海つれづれ節」をピックアップする。
1986年1月に全国公開された本作は、北九州市若松区を舞台に夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描いたものだ。内容的には、豪華俳優陣の顔ぶれなのだが、整合性が薄いプロットと展開が冗長なのが面白味をなくしている。
吉永小百合さんのトルコ嬢のシーンは、無理失理入れた感じでサマになってない。小百合様にトルコ嬢役をさせてはいけないのである。一方、八代亜紀さんは軽い濡れ場をこなしながら存在感を醸し出していた。これは大物歌手としての貫禄から出たものであろう。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
風間杜夫                      吉永小百合、樹木希林

【ストリー】
横浜、山岡家の女主人ゆき(吉永小百合)は、旅行鞄一つで邸から追い出されようとしていた。外国商品を扱う商社の三代目社長である夫・駿介(岡田裕介)が事業に失敗。数億円の負債を残して蒸発してしまったのだ。ゆきの前に、ケースワーカーが駿介が外で産ませた子・マサル(岩渕健)を連れて来た。母親が急性の心臓病で亡くなり、駿介を頼って来たという。また、借金取り立て人、緑川月代(八代亜紀)がゆきに近づいてきた。月代の言葉で駿介が九州に行ったことを知ったゆきは、マサルと共に向かった。彼女は生まれ故郷の北九州市若松区バタバタ横丁(神田のれん街)を訪れ、ハナエ(樹木希林)の家に身をよせることになった。テキヤのおもちゃ職人で同級生の竹田一平(風間杜夫)は、未だにゆきを慕い続けており、駿介探しを手伝うことになる。ある日、ゆきの前にサラ金の取り立て人が現われ、彼女をソープランドに売りとばしてしまう。だが、竹田の助けを借りて逃亡に成功。マサルの預金通帳を見つけたゆきは、それで借金の一部を返済した。ゆきの耳に、近くの銀映館という映画館の話が入ってくる。士地の顔役、松藤(三船敏郎)が、古い建物を壊し近代的なスーパーマーケットを建てるために、子会社のサラ金を使って立ち退き工作をやっているが、往年の夢をもう一度と願う銀映館の経営者、南條京太郎(伏見扇太郎)が応じないというのだ。ゆきは月代を映画プロデューサーに仕立て上げ、念願の時代劇を製作するということで南條から銀映館の権利書をだまし取る。そして、その権利書を持って松藤のもとに向かう。そのことを知った竹田は激怒。半分やけっぱちで月代と同棲を始める。そんな時、ゆきは夫の駿介と出会う。駿介は借金で蒸発したのではなく、人に頼られて働きバチのように働くことに嫌気がさして、逃げ出したのだと告白した。そして、今は福岡の大峯病院の理事長である俊江(草笛光子)の庇護を受けているという。ショックを受けたゆきが得たものは、バタバタ横丁の人々の人情と、竹田と月代の友情であった。ゆきは松藤と南條に全てを打ち明け、銀映館の権利書は無事、南條のもとへ戻った。しかし、映画づくりに夢破れた南條は、町の人々に映画の前売券を買ってもらい、一日だけの満員の映画館でかつて自分が主演した時代劇を上映する。翌日、南條は銀映館の土地を大峯に売り渡し、姿を消した。ゆきは大峯俊江に会いに行く。俊江は駿介と正式に離婚することと、マサルを引き渡すことを条件に土地の権利書を渡すという。マサルと別れることはつらかったが、ゆきは離婚届けに判を押した。土地は暫く何もしないという約束で、松藤のものとなった。だが、翌日から工事が始まる。騙されたと知ったゆきは、松藤に掛け合うが出張とかで会わせてもらえない。ゆきを心配した竹田は、松藤のしきる賭場へ乗り込むが、八百長がばれ、腕を切られるか、家の権利書を渡すかと迫られる。月代と共に駆けつけたゆきは、自分の体を張って、バタバタ横丁を守った。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
三船敏郎                        岡田裕介 

題名:玄海つれづれ節
監督:出目昌伸
企画:岡田裕介、坂上順、和田徹
原作:吉田兼好「徒然草 第38段」
脚本:笠原和夫、下飯坂菊馬、兵頭剛(岡田裕介)
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
記録:久保田民子
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:中村州志
装置:開米慶四郎
装飾:若松孝市
背景:植田義明
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:清水照夫
振付:一の宮はじめ
編集:西東清明
音楽:星勝 主題曲:マーク・ゴールデンバーグ
現像:東映化学
進行主任:高井義典
助監督:吉崎元、長谷川計二
演技事務:宮下博
製作事務:山田光男
音楽事務:新井明美
方言指導:竜まさと
九州ロケコーディネーター:前田秀一郎
製作協力:柳弥寿子 衣装協力:加藤悦子、宇野喜子
ヘアーデザイン:佐藤満
スチール:渋谷典子
出演:吉永小百合、八代亜紀、風間杜夫、樹木希林、草笛光子、三船敏郎、伏見扇太郎、今福将雄、野村昭子、山谷初男、深江章喜、山田吾一、南利明、岡本信人、仲谷昇、木内みどり、岡田裕介、岩渕健
1985年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
玄海つれづれ節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
草笛光子                        木内みどり
玄海つれづれ節
「玄海つれづれ節」風間杜夫、吉永小百合
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
八代亜紀、風間杜夫                   八代亜紀、風間杜夫
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
玄海つれづれ節                   若戸大橋

映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「駅前旅館」


森繁久彌                         淡島千景、伴淳三郎

今回は豊田四郎監督1958年製作「駅前旅館」をピックアップする。
“駅前シリーズ”は、1958年から1969年まで東京映画で制作された喜劇である。
レギュラー陣はほぼ変わらず25作品が作られた。

【東京映画・駅前シリーズ】
1958年「駅前旅館」
1961年「喜劇 駅前団地」「喜劇 駅前弁当」
1962年「喜劇 駅前温泉」「喜劇 駅前飯店」
1963年「喜劇 駅前茶釜」
1964年「喜劇 駅前女将」「喜劇 駅前怪談」「喜劇 駅前音頭」「喜劇 駅前天神」
1965年「喜劇 駅前医院」「喜劇 駅前金融」「喜劇 駅前大学」
1966年「喜劇 駅前弁天」「喜劇 駅前漫画」「喜劇 駅前番頭」「喜劇 駅前競馬」
1967年「喜劇 駅前満貫」「喜劇 駅前学園」「喜劇 駅前探検」「喜劇 駅前百年」
1968年「喜劇 駅前開運」「喜劇 駅前火山」
1969年「喜劇 駅前桟橋」


フランキー堺                              淡島千景

【ストリー】
“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平(森繁久彌)は30年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山(フランキー堺)が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京(三井美奈)に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢(伴淳三郎)に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰(淡島千景)のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊(淡路恵子)--江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。--下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人(森川信)がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。


森繁久彌、三井美奈                         淡島千景、森繁久彌

題名:駅前旅館
監督:豊田四郎
製作:佐藤一郎
原作:井伏鱒二
脚本:八住利雄
撮影:安本淳
照明:石川緑郎
美術:松山崇
録音:渡会伸
編集:岩下廣一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所
製作主任:大久保欣四郎
製作補:金原文雄
助監督:廣沢栄
スチール:山崎淳
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、三井美奈、草笛光子、山茶花究、森川信、藤木悠、都家かつ江、若水ヤエ子、左卜全、多々良純、藤村有弘
1958年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー109分35mmフィルム
喜劇 駅前旅館 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


駅前旅館                            淡島千景、森繁久彌

1 2 3 5