映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「まむしと青大将」


菅原文太                        川地民夫

今回は中島貞夫監督1975年製作「まむしと青大将」をピックアップする。
まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は最終第9作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「まむしと青大将」緑魔子

荒木一郎                     川谷拓三、佐藤蛾次郎

菅原文太、悠木千帆(樹木希林)、川谷拓三         安部徹、室田日出男、志賀勝

【ストリー】
日本全国の刑務所を寝城としているまむしのゴロ政(菅原文太)が久々にシャバに出て来た。一方、政の弟分・不死身の勝(川地民夫)は、大阪で政神会という一家の親分になっていた。政はすぐにでも勝に会いたかったが、手土産の一つも欲しい。そこで土地の暴力団抗争に眼をつけ、抗争相手の組長殺しを引き受けるが、その組長に200万円で命乞いされる。その金でソープランドに行き刑務所のアカを落した政は、欣一(川谷拓三)というチンピラにマージャンに誘われ、欣一の兄貴分でイカサマ師の健(荒木一郎)らと麻雀に興じるが、たちまちトラの子の200万円を取られてしまった。だが、イカサマを見破った政は、健の持ち金数百万円を無理矢理奪い取った。しかし気のいい政はその金も、麻雀気違いで生活費もスッてしまった電気商の坊本(金子信雄)に泣き落されて全額くれてやった。再び無一文になった政は、一億円を貯め込んでいるという風俗嬢・沙織(緑魔子)に目をつけた。早速、政は彼女を麻雀に誘うが、健ともども負けてしまう。実は沙織もイカサマ師だったのだ。健と沙織の仲が密接になり、二人は近く大阪で行なわれる全日本麻雀大会に出場することにした。一方、政は欣一を連れて大阪の勝を訪ねた。勝は暴力団と抗争を続けながら縄張りを拡大していたが、政神会は、会長・元村(安部徹)が引きいる大阪東邦連合会に面倒をみてもらっているため勝手な行動はできなかった。数日後、政は健と沙織に会ったが、沙織は株の失敗で一億円を失っていた。健は沙織に惚れている政を利用して政に資金調達を頼む。政は勝と組んで東邦連合会から3,000万円を横取りし、政神会は東邦連合会から脱会した。全日本麻雀大会の日、健と沙織は3,000万円を持って出場した。その頃、政と健は東邦連合会に捕われ私刑を受けるが、玄竜会々長・藤山(渡辺文雄)を殺せば勝の命を救けると言われた政は、可愛い弟分のために決意した。その藤山は健、沙織の麻雀の相手で、政がその会場に殴り込んだ時、丁度、健、沙織のイカサマが見破れた瞬間だった。政は藤山から一億円を奪い沙織と逃げだし、その金を手渡した。しかしその直後、沙織が連合会に捕われた。政は勝を連れて、東邦連合会に殴り込んだ……。


坊屋三郎                       三島ゆり子

金子信雄、石井富子                 渡辺文雄

志賀勝、菅原文太                     緑魔子

題名:まむしと青大将
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、佐藤雅夫
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩谷保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
進行主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:上田義一
麻雀指導:小島武夫
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、緑魔子、荒木一郎、悠木千帆(樹木希林)、室田日出男、川谷拓三、三島ゆり子、橘麻紀、名和宏、坊屋三郎、潤ますみ、汐路章、佐藤蛾次郎、安部徹、金子信雄、石井富子、渡辺文雄、志賀勝、林彰太郎、成瀬正孝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
まむしと青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、川地民夫

映画「女番長(スケバン)」


杉本美樹                        宮内洋

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長(スケバン)」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第4作目として。1973年1月に全国公開された。内容は大阪・梅田を舞台に、女番長同志の対決と、彼女らを弾圧する暴カ団たちとの争いを描いたものだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

池玲子                         衣麻遼子

天津敏                         三原葉子

【ストリー】
少年特別院送りの護送車から、美貌の女番長、関東小政こと篠原政子(杉本美樹)、大阪・梅田で番を切る高校総番長の学ラン会の摩耶(池玲子)、そして摩耶と勢力を二分する黒菊団の女番長のゴロメン燎子(衣麻遼子)、それに鈴江(太田美鈴)、ラン子(丘ナオミ)、桃子(西来路ひろみ)たちが脱走、それぞれ関西方面へと逃れていった。小政の貫禄に惚れた鈴江、ラン子、桃子らは、小政を番長とし、ジプシー団を結成し大阪へ潜り込む。しかし、学ラン会や、黒菊団はジプシー団を目の仇とつけ狙い、三者は入り乱れて縄張り争いをつづけた。ある日、小政は警察に追われチンピラの一郎(荒木一郎)のアパートに逃げこみ、難を救われる。一郎は地元の暴力団・北竜会の予備軍でもある三星会の一員で、三星会のリーダーの達夫(宮内洋)は、かつての摩耶の愛人だった。その達夫が、北竜会と手を結ぶ国税局の役人二官の息子を恐喝したことから組長・淀(天津敏)の激怒にふれ、上納金を倍額納めるように命しられた。達夫のピンチに小政と一郎は二官夫人(三原葉子)を強引にプルーフィルムのモデルにしてしまい、150万円稼ぎ、達夫に渡す。数日後、ジプシー団は、北竜会の賭場を急襲するが、四人共捕われてしまう。しかし達夫は借りを返すぺく、小政を救出。二人は身を秘めている間、いつのまにか抱きあっていた。そこに摩耶が現われた。火花を散らす再会。一方、鈴江たちは黒菊団に連れられて、ソープランドセンターに行く途中、小政が襲撃、燎子を痛めつける。さらに勢いに乗った小政は摩耶とも対決。そこへ、達夫が来て、摩耶を強引に淀のところへ連れていく。かつて摩耶は淀に傷つけたことがあったのである。なぶりものにされる摩耶。しかし、小政が摩耶救出に成功。達夫は追って来た北竜会の銃弾から摩耶を守って死んでいった。それぞれの復讐の念を胸に北竜会本部へ殴り込む、小政と摩耶。そして小政に惚れた弱味から助っ人として乗り込み、死んでいった一郎の犠牲を得た。二人の怒りのダイナマイトが火を吹き、ドスが、ナイフが、淀たちを次次と血祭りにあげていった。


荒木一郎                        池玲子

題名:女番長(スケバン)
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀、皆川隆之、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一郎
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:長岡功
演技事務:伊駒実麿
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、宮内洋、衣麻遼子、太田美鈴、池玲子、西来路ひろみ、丘ナオミ、碧川ジュン、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、渡辺やよい、三原葉子、成瀬正孝、天津敏、遠藤辰雄、名和宏、大泉滉、田中小実昌、荒木一郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長(スケバン) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮内洋、池玲子                 女番長(スケバン)

1 2 3 5