映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

映画「忍ぶ川」



栗原小巻                        加藤剛

今回は熊井啓監督1972年製作「忍ぶ川」をピックアップする。
熊井監督が病気療養中に原作を読み1966年にシナリオを書きあげ、吉永小百合さん主演、日活での制作を企画するが、ヌードシーンなどの懸念で吉永さんの両親の反対があり、さらに日活自身がロマンポルノに転換して頓挫する。熊井監督は長い闘病生活のあと日活を退社してから東宝と俳優座の提携制作が11年を経て決まり、栗原小巻さんが志乃役に起用され、結果として成功した。
(ウィキペディア参照)


加藤剛、栗原小巻                   井川比佐志

【ストリー】
哲郎(加藤剛)と志乃(栗原小巻)は料亭“忍ぶ川”で知りあった。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘だった志乃に、初めての合った時から惹かれ、“忍ぶ川”に通うようになった。ある夜、話が深川のことに及んだ時、志乃は、私の生まれた土地で、もう8年も行っていないと言う。哲郎は志乃を誘い、薮入りの日に深川を案内することになった。志乃は洲崎パラダイスにある射的屋の娘で、父は郭(信欣三)では“当り矢のせんせ”と呼ばれていが、志乃が12歳の時、戦争で一家は栃木へ移住したのだ。やがて志乃だけが、弟や妹たちをおいて東京に働きに出ていたのである。深川から帰った夜、哲郎は志乃に手紙を書いた。「今日、深川で言いそびれた私の兄弟のことを、ここに記します。私は六人兄弟の末っ子です・・・」哲郎には兄が二人、姉が三人いて、上の姉二人は自殺、長兄は失踪、次兄はしっかりもので、哲郎を大学へ入れてくれたが、3年前に自分で木材会社を設立するという名目で逐電していた。一番最初に次姉が自殺した日が、よりによって哲郎の6才の誕生日だったため、それ以来彼は誕生日を祝ったことがない。哲郎の身の上を打ち明けた手紙に、志乃からの返事が来た。「来月の誕生日には私にお祝いさせて下さい。」7月末、志乃に婚約者(滝田裕介)がいることを知らされた哲郎が志乃に問いただすと、婚約はしたけれど、気はすすまず、栃木の父も反対しているという。哲郎は志乃に、その人のことは破談にしてくれ、そして、お父さんにあんたの好みにあいそうな結婚の相手ができたと、いってやってくれと言うのだった。秋の終わり、志乃の父の容態が急変した。志乃からひと目、父に会ってくれとことづかった哲郎は、急ぎ栃木の志乃の元へ--。「いたらぬものですが、志乃のことはなにぶんよろしゅうお願い申します」といい残し志乃の父は死んだ。その年の大晦日、哲郎は志乃を連れて故郷へ帰って来た。体の悪い父(永田靖)、老いた母(瀧花久子)、そして目の不自由な姉(岩崎加根子)、残された哲郎の家族は皆、志乃を気に入ってくれた。そうしてあくる二日、哲郎の家族だけで哲郎と志乃の結婚式があげられた。初夜。馬橇の鈴のさえた音に、二人は裸のまま、一枚の丹前にくるまり、馬橇の通りすぎるのをいつまでも見ていた……。翌朝、新婚旅行に近くの温泉へ向かう汽車の中から志乃は「見える、見える、あたしのうち!」と子供のようにはしゃぐのだった。


信欣三                       栗原小巻、加藤剛

山口果林                         忍ぶ川

岩崎加根子                       滝田裕介

題名:忍ぶ川
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:三浦哲郎
脚本:長谷部慶次、熊井啓
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:太田六敏
音効:東洋音響効果
美術:木村威夫
美粧:井上静枝
衣裳:東京衣装
記録:吉田榮子
編集:井上治、丹治光代
音楽:松村禎三
現像:キヌタラボラトリー
製作担当:森園忠
製作進行:藤澤穆
監督補佐:宮川孝至
助監督:佐川功
演出助手:森川一雄、相澤徹、鈴木光義、稲田直也
撮影助手:高尾義照、西條正、金徳哲
照明助手:佐澤仁郎、前田基男、尾村厚
美術助手:佐久間聡、上田文雄
演技事務:入澤清
製作宣伝:本間宏
題字:加茂牛道人
録音スタジオ:櫂の会
協力:米沢市役所、米沢新聞社
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、加藤剛、永田靖、信欣三、岩崎加根子、滝花久子、稲葉義男、滝田裕介、井川比佐志、可知靖之、山口果林、菅井きん、木村俊恵、片山まゆみ、阿部百合子、鹿野浩四郎、大西加代子
1972年日本・東宝+俳優座/スタンダードサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
忍ぶ川 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


瀧花久子、永田靖、岩崎加根子、加藤剛、栗原小巻       加藤剛、栗原小巻

加藤剛、栗原小巻

映画「まむしの兄弟 恐喝三億円」


菅原文太                       川地民夫、菅原文太

今回は鈴木則文監督1973年製作「まむしの兄弟 恐喝三億円」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は第6作になる。同時上映は「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松方弘樹                          堀越光恵

【ストリー】
久し振りに出所し、娑婆に出て来たゴロ政(菅原文太)が神戸に戻って来たところ、勝(川地民夫)が当り屋に失敗して入院していた。政は、勝をはねたのが、神洋交易の社長・李楊徳(河津清三郎)の娘麗花(堀越光恵)と知り、李をゆすって300万円の見舞金を出させようと、ゴルフ場で李に凄んだ。ところが、ゴルフ場で李は、やくざ・安武(渡辺文雄)とボールにつめた麻薬の取り引きをしていたのだが、それとは知らない勝がボールを持ち返ってしまったために、用心棒の広津建(松方弘樹)に300万円の小切手を渡して二人を追わせた。しかし、広津はその小切手を政たちに渡さず、ボールを取り返した後に、着服してしまった。だが、翌日、政と勝が小切手を取り返しに殴り込んで来たことから、広津は着服したことを李に知られ、リンチを受けた。一方、小切手を手にして浮かれていた政と勝だが、フーテン女高生の甘い言葉に誘われ、折角の小切手を取られてしまった。そのころ、李と安武の間で、3億円にも及ぶ、麻薬の大量取り引きが進行し、大阪空港にゴルフボールに仕組んだ現物が香港から到着することになった。これを知った広津は、自分を野良犬とののしった李への報復から再び裏切って、3億円を一人占めにしようと計った。この企みに、広津に惚れこんでいる麗花と、広津に近親感を抱いている政と勝も加担することにした。国際線貨物取扱い所から積荷を積んだトラックに、麗花が、父の命令だと偽わって、勝を運転台に乗りこますのに成功し、トラックごと奪ってしまった。しかし、急報によって追いかけて来た安武組に、河原の堤防で包囲され激しい銃撃戦となった。政が片腕を撃たれながらも、ようやく広津との集合場所にたどりついた。麻薬を車に移し変えた広津は直ちに発進したが、安武組の執拗な追跡に逃げ切れず、遂に、広津、麗花とも銃弾に倒れた。二人の死を知った政と勝は、復讐を誓って、トラックを安武組へと突進させるが、丁度その頃、麗花を殺されて怒った李が、反対に安武に刺殺されていた……。


女屋実和子、三島ゆり子                                      まむしの兄弟 恐喝三億円

渡辺文雄                        河津清三郎

一の瀬レナ                                                                    早乙女りえ 

題名:まむしの兄弟 恐喝三億円
監督:鈴木則文
企画:橋本慶一
脚本:高田宏治、鈴木則文
撮影:鈴木重平
照明:和多田弘
録音:格畑学
美術:鈴木孝俊
装置:温井弘司
装飾:清水悦男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:宮本信太郎
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
助監督:藤原敏之
演技事務:高村英次
協力:福田レーシング・チーム
スチール:木村武司
出演:菅原文太、川地民夫、堀越光恵、松方弘樹、三島ゆり子、女屋実和子、一の瀬レナ、早乙女りえ、河津清三郎、渡辺文雄、今井健二、菅井きん、武智豊子、林彰太郎、片桐竜次、大泉滉、川谷拓三
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
まむしの兄弟 恐喝三億円 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


まむしの兄弟 恐喝三億円               川地民夫、菅原文太

1 2 3 8