映画「第三の悪名」

第三の悪名第三の悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「第三の悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第5作になる。
1963年1月3日に正月映画として封切りされた。シリーズ第2作「続・悪名」で死んだモートルの貞(田宮二郎=上画像右)の事件から10年が経過し、貞の仇であるカポネ(南道郎)との対決を軸に描いている。

悪名シリーズ

第三の悪名第三の悪名
月丘夢路                       長門裕之
第三の悪名
藤原礼子                          西村晃

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は死んだ弟分、貞の女房お照(藤原礼子)の家に、貞の弟清次(田宮二郎)と居候になっていた。或る日、朝吉は松島で、戦友粟津修(長門裕之)に出あった。修は天王寺の粟津一家の二代目だったが、わけあって朝吉も緑の深い松島組に身を預けていた。松島組の元締も、今は故人となっていたが、その法要の日、粟津一家の女親分お妻(月丘夢路)は、居合わせた朝吉の気っぷに惚れこみ、家に連れ帰った。お妻は、粟津一家の先代の親分の後妻で修にかたぎになってもらいたいばっかりに後目を相続したのだった。朝吉の口から修の居場所を聞いたお妻は、数日後彼に会ってかたぎになってくれるよう頼んだが、修はかえってお妻への恋心を明かした。修は白粉会社の登録商標をかたり取って新しい会社を作ろうというカポネ一味の企みを明かし、朝吉に手を貸せと申しでるが、朝吉はことわり二人は独自の行動をとることにした。朝吉はカポネ(南道郎)の経営するキャバレーにのりこんだが、代表名義人である小杉の息子の承諾を得たのだからとつっぱねられた。しかし、小杉の息子(矢島陽太郎)は、実は父親(菅井一郎)の信用している番頭垣内(天王寺虎之助)の二号の家に軟禁されていた。垣内こそ、カポネの黒幕だったのだ。憤然として帰ってきた朝吉は、カポネのキャバレーの支配人になったと報告する清次におどろいた。清次の兄は、カポネの子分によって殺されたからだ。怒った朝吉は、清次との縁を切った。だが朝吉と関係深い清次を邪推したカポネは、子分に清次の命を狙わせた。しかし、それをいち早く知った清次は、逆に小杉の息子を連れだし朝吉にわびを入れに帰ってきた。小杉の息子の一件を修の仕業と思いこんだカポネは修の不意をつき捕えて拷問した。だがこの時朝吉と清次が応援にかけつけた。証書を返すという証文を垣内に書かせた朝吉は、お妻に修の身を預け、お照の家に居候に戻るのだった。

第三の悪名第三の悪名
長門裕之、喜味こいし、夢路いとし         月丘夢路、勝新太郎
第三の悪名第三の悪名
勝新太郎、田宮二郎                第三の悪名

題名:第三の悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、長門裕之、月丘夢路、藤原礼子、西岡慶子、西村晃、南道郎、天王寺虎之助、矢島陽太郎、菅井一郎、若杉曜子、夢路いとし、喜味こいし
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
第三の悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「シルクハットの大親分」


若山富三郎                       春川ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ“でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第一弾になる。
同年に第二弾「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」が制作された。


清川虹子                        伊吹吾郎 

【ストリー】
頃は明治。日露戦大勝に湧く内地一党とともに凱旋してきた、四国道後の侠客、熊虎親分(若山富三郎)はさぞかし大観迎をうけると思いきや、出迎えたのは妹清子(丸平峰子)と代貸の二人だけで大いにつむじを曲げた。その上、大陸で軍の高官と結託して、金品をピンハネしていた悪党、熊本鎮台一家総長、谷垣伝次(遠藤辰雄)の歓迎会が盛大に開かれると聞いて、激怒し、会場を大混乱におとしいれるのだった。陸軍中佐、鬼頭太一郎(天津敏)を掌握する鎮台と赤馬一家の親分、大坪駒造(関山耕司)は遼東半島における新要塞構築の工事請負一任を約束させていたが、酔った鬼頭にからまれる芸者蝶子(春川ますみ)の危機を救った熊虎は、彼女に迫られほうほうの態で逃げ出した。そして、ひょんなことから熊虎は陸軍省防衛部長・松村良徳(菅井一郎)から遼東半島の要塞構築についての作業員と食糧調達に一役買ってくれと頼られ、感涙にむせんだ。新しい仕事の下準備に九州へ乗り込んだ熊虎に、鎮台の執拗な妨害が始まった。そんなとき、熊虎を勇気づけたのは堂島のおたか(清川虹子)の陣中見舞だった。鎮台は態虎から作業員を奪う餌にと、内地の女達を船で国外へ連れ出そうとしていた。これを知った熊虎は勇躍船中にもぐり込むが、ハシカに感染、危機に瀕した。ところが、銃声一発、颯爽と現われた緋牡丹のお竜(藤純子)さんの活躍で熊虎は救出された。女達を奪われた鎮台の報復は死のダイナマイト爆発となってあらわれた。熊虎一家や作業員はもとより、お竜の身内新二郎(伊吹吾郎)、そして蝶子までもがその犠牲となった。鬼神と化した熊虎は、折から現われたお竜に“兄弟いくで!”と吠えると、鎮台めがけて斬り込んでいった。


潮健児                                                             天津敏、関山耕司、遠藤辰雄

題名:シルクハットの大親分
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:土井淳之裕
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:津島利章 主題歌:若山富三郎「シルクハットの大親分」
進行主任:渡辺操
助監督:依田智臣
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、藤純子(富司純子)、伊吹吾郎、春川ますみ、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、関山耕司、菅井一郎、武智豊子、吉川晴美、潮健児、志賀勝、丸平峰子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
シルクハットの大親分 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


若山富三郎                    藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分」藤純子

「シルクハットの大親分」藤純子

映画「潮騒」

潮騒潮騒
浜田光夫                                                          吉永小百合

今回は森永健次郎監督1964年製作「潮騒」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の同名小説を日活が映画化したものだ。ロケ地は、三重県鳥羽市(神島、八代神社、鳥羽港、歌島の桟橋、連絡船神風丸)で行っている。「潮騒」は1954年(監督:谷口千吉/主演:青山京子)1975年(監督:西河克己/主演:山口百恵)1985年(監督:小谷承靖監督/主演:堀ちえみ)と東宝でも映画化している。

潮騒潮騒
松尾嘉代

【ストリー】
歌島は伊勢海に面する周囲一里にもみたない小島である。そこでは、男達は漁に出、女達は海女となって貝をとった。漁師の息子新治(浜田光夫)は、今日も太平丸に乗って浜に帰ってきた。そこで新治は舟を引きあげようとする船主照吉(石山健二郎)の娘初江(吉永小百合)に会い、手をかして舟を引きあげてやった。新治は浜にあがると、山の手にある灯台長のところに魚を届けにいった。しかしそこで新治は、もらったばかりの給料を浜で落したことに気づき、あわてて引きかえした。浜には、そんな新治を、笑いながらも、給料袋をひろって家に届けてくれた初江がまっていた。家に帰っても新治は、初江の美しい瞳が忘れられなくなっていた。そんな新治の様子を察した母トミ(清川虹子)は、初江が高嶺の花であることを言いきかせた。だが新治は、初江のことを想いぼんやりする日が多くなった。そんなおり、弟の十吉(菅井一郎)から、初江の婿になるのは、東京の大学を出て島に帰って来た安夫(平田大三郎)だという噂を聞いた。ある日新治は林の中の“観的哨跡”でマムシにかまれた初江を助けてやり、漁の休みの日に再会を約した。やがて漁が休みの嵐の日に、二人は観的哨で会った。ずぶぬれになった二人は互いに着物を脱いで焚火をかこみ自然に唇が触れ合った。数日後初江は水くみにいった林の中で、安夫に襲れた。新治に好意を寄せる灯台長の娘千代子(松尾嘉代)が、新治と初江の仲のいいのをみて、あることないこと安夫につげ口したのだった。噂は島中にひろがり、二人は会うことを禁じられた。しかし一人前の漁師になるために、歌島丸に乗りこんだ新治は、嵐の中を、海にとびこみ、ロープで船をつなぎとめて、船を救った。照吉も、もはや二人の仲をさこうとはしなかった。

潮騒潮騒
吉永小百合

題名:潮騒
監督:森永健次郎
企画:笹井英男
原作:三島由紀夫
脚本:棚田吾郎、須藤勝人
撮影:松橋梅夫
照明:高島正博
録音:太田六敏
美術:西亥一郎
特殊技術:金田啓治
記録:新関良子
編集:近藤光雄
音楽:中林淳真
現像:東洋現像所
製作主任:山下昭
助監督:藤浦敦
色彩計測:佐藤重
スチール:式田高一
出演:吉永小百合、浜田光夫、清川虹子、石山健二郎、菅井一郎、松尾嘉代、清水将夫、高橋とよ
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
潮騒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

潮騒潮騒

1 2 3 4