映画「山口組外伝 九州進攻作戦」


菅原文太                        渡瀬恒彦

今回は山下耕作監督1974年製作「山口組外伝 九州進攻作戦」をピックアップする。
本作は「仁義なき戦いシリーズ」の大ヒット以降、東映が実録ヤクザ路線と銘打ち、各地の暴力団抗争をモデルとした映画を製作した。特に同年「山口組三代目」が大ヒットし、山口組の全国進攻は実録路線の元ネタとしては最適であった為、これを題材とする映画を次々製作したが、このうち山口組の急先鋒として西日本を暴れまわった伝説の男・夜桜銀次(本名:平岡国人)をモデルとしてその一生を描いたものが本作である。
(ウィキペディア参照)


渚まゆみ                        佐藤慶

【ストリー】
夜桜銀次こと平尾国人(菅原文太)と、石野組々長・石野一郎(梅宮辰夫)は、愚連隊時代からの兄弟分であった。昭和32年3月、別府市で開催される博覧会の施設の利権をめぐって、新興石野組と旧勢力坂口組が対立した。銀次は石野が坂口組に狙撃され、重傷を負ったために、坂口組幹部を殺害し、内妻のふさ子(渚まゆみ)を伴って九州を脱出、大阪の柳川組々長・大東武司(室田日出男)の許へ身を寄せた。そんなある日、パチンコ店で暴れていたチンピラ真三(渡瀬恒彦)を引きとった銀次は、何かと面倒を見るようになった。昭和33年3月、石野は神戸兵藤組三代目・田岡一雄の盃をうけて若衆となり、兵藤組の力を借りて北九州制覇を企んだ。しかし、兵藤組七人衆の山地行雄(佐藤慶)、関本貫一(伊吹吾郎)、吉村弘(津川雅彦)、郡司正一(松方弘樹)らに低姿勢な西野を見た銭次は、彼の真意が理解できず、不愉快だった。急速に勢力を拡大してきた元達文率いる大阪双竜連合会は、大阪市内いたるところで暴虐のかぎりをつくしており、ついにクラブで遊んでいた田岡一雄に徐甲竜ら天竜会組員が喧嘩を売り、兵藤組と双竜会は真っ向から対立することになった。兵藤組系の柳川組、石野組をはじめとしてえりぬきの精鋭が秘かに大阪に集結した。そんな時、しばらく消息を絶っていた銀次が現われ、野獣のように双竜会の子分を傷めつけていった。やがて、郡司が徐を倒したことによって、この抗争も終結した。元達文が全面降伏をしたのである。警察当局の厳しい追求から逃れ、銀次は、博多の兵藤組若衆・海津健三の許に身を寄せることになった。福岡においても銀次は暴れまくった。鹿谷組々長・鹿谷弥肋の情婦・陽子を横取りし、さらに温厚な高須組々長・高須有三が後見する運送会社を破壊した。さらに、鹿谷組の賭場で侮辱をうけた鉄次は、賭場を荒しまくった。そして、恐怖にかられた鹿谷は河島組々長・河島元哉に助けを求めたため、事態は急変していった。一触即発の空気が福岡に流れた昭和36年1月16日午前11時、陽子と一緒に旅行の準備をしていた銀次は、久留米の二人の米田組々員が放った4発の銃弾に撃たれて即死した……。こうして銀次暗殺事件により史上最大規模といわれた、兵藤組九州進攻作戦の火ぶたが切って落された……。


室田日出男                       梅宮辰夫

題名:山口組外伝 九州進攻作戦
監督:山下耕作
企画:日下部五朗、田岡満、今川行雄、橋本慶一
原作:飯干晃一
脚本:高田宏治
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:温井弘司
装飾:松原邦四郎
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:八木正生
フイルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
ナレーション:酒井哲
スチール:中山健司
出演:菅原文太、渡瀬恒彦、渚まゆみ、伊吹吾郎、津川雅彦、堀越陽子、三島ゆり子、橘麻紀、佐藤慶、梅宮辰夫、志村喬、葉山良二、松方弘樹、内田朝雄、室田日出男、渡辺文雄、戸浦六宏、川谷拓三、志賀勝、山本麟一、片桐竜次、天津敏
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
山口組外伝 九州進攻作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、内田朝雄                  菅原文太

映画「懲役太郎 まむしの兄弟」


菅原文太、川地民夫                    佐藤友美

今回は中島貞夫監督1971年製作「懲役太郎 まむしの兄弟」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第1作になる。
【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                          葉山良二

【ストリー】
前科12犯、通称ゴロ政こと政太郎(菅原文太)が2年ぶり12回目の懲役を終え、兄弟分勝次(川地民夫)の出迎えで出所した。二人は神戸の新開地の北部を縄張りとする七友会山北組と西部の滝花組の乱斗に直面、相手かまわず暴れ込んだり、高級レストランでイヤがらせをしたり無軌道ぶりを発揮する。福原で風俗嬢の花江(三島ゆり子)、洋子(女屋実和子)とねんごろになり、そのアパートにしけ込んでいるところへ、山北組代貸の友枝(林彰太郎)が、政と勝に滝花組代貸の梅田(葉山良二)殺しを依頼してくる。二人は梅田を狙ったが、七友会最高幹部早崎(安藤昇)の出現で中断されてしまった。怒った政は、早崎と勝負をするために、郷里の小豆島に帰った早崎の後を追ったが、その貫禄の前に手も足も出なかった。そうしたある日、七友会の二代目を早崎が継ぐと知った山北組々長は七友会を脱会、滝花組を叩きつぶす計画を進めた。山北組のマシンガンが梅田を襲ったのは数日後。梅田はまきぞえのゆき(山田圭子)をかばって他界した。傷ついたゆきを見舞い、怒り狂った政と勝は、かけつけた早崎を挑戦するように罵倒する。じっと耐える早崎はある決意をしていた。政と勝は、山北組にトラックを走らせた。早崎は山北組々長に解散を命じ、組長の自首をすすめた。だが卑劣な山北は子分たちに早崎に襲わせた。その場にダイナマイトを手にした政と勝が乗り込んで来たのだ。山北組のマシンガンにふらつきながらも山北の心臓に匕首を突き刺す早崎だったが、そのまま息絶える。突進する政と勝、その背には見事な大蛇の刺青。政と勝は修羅場に飛び込んだが、マシンガンを浴びてのけぞる勝。政のドスが、次々に友枝たち子分を倒していく。しかし、銃弾を受けた政の目はかすんでくる。早崎に負けまいと墨で書いた二人の刺青が、雨にうたれてどろどろと溶け始めている。


佐藤友美                         山田圭子

菅原文太、三島ゆり子              川地民夫、女屋実和子

題名:懲役太郎 まむしの兄弟
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:菊池俊輔
進行主任:伊藤彰将
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、佐藤友美、安藤昇、葉山良二、女屋実和子、三島ゆり子、山田圭子、天津敏、河野秋武、林彰太郎、谷村昌彦、成瀬正孝、川谷拓三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
懲役太郎 まむしの兄弟 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天津敏                     菅原文太、川地民夫

映画「遠野物語」


原陽子                      仲代達矢、隆大介

今回は村野鐵太郎監督1982年製作「遠野物語」をピックアップする。
本作は柳田國男氏の「遠野物語」と阿伊染徳美氏の「わがかくし念仏」をペースに 岩手放送開局30周年記念映画として制作された。撮影は岩手県遠野市(南部曲り家・千葉家、旧宮守村)、山形県鶴岡市(湯殿山注連寺・七五三掛桜)のロケセットで行われたそうだ。


江波杏子                    滝田裕介、藤村志保、原陽子

【ストリー】
明治37年、日露戦争の頃。岩手県南部遠野郷の豪農、佐々木家の一人娘小夜(原陽子)は、17歳になった。この日、霊山・早池峰の麓の寺では、オシラサマの祭りが行なわれていた。オシラサマとは養蚕の神で、馬に乗り天に昇った玉依伝説以来の信仰である。その夜、佐々木家では旅の琵琶法師乙蔵(仲代達矢)を招いていた。澄んだ琵琶のひと打ちで始まる「清悦物語」。その琵琶の音に門の前でじっと耳を傾けていた若者がいる。3年間の兵役を終えて、いま帰ってきた武夫(隆大介)である。武夫の家は、かつては佐々木家と並ぶ豪農であったが、父の代で没落し、いまでは佐々木家の小作として働いている。武夫も帰って来た翌日から佐々木家の馬小作となった。厩舎には、長男初太郎(役所広司)が目をかけている白馬がいた。その白馬には不吉な印<星>があった。武夫の前に小夜が現われ声をかけるが、武夫は頭を下げるとそのまま行ってしまう。二人は子供の頃から許婚の間柄だったが、武夫の家の没落で自然消滅、それでも小夜の思いは変わらないようであった。やがて日露戦争が激しくなり、小夜には縁談が持ちこまれる。思いあまった彼女は、武夫に相談しようとするが「住む世界が違います」と突っぱねられた。早池蜂の八幡神社の祭りの日、佐々木家の白馬は神馬に見たてられ、そして遠野独特の神楽舞いが始まった。この数日後、小夜は草刈り場で働く武夫を訪ね本心を問うが、武夫は何も言わず帰ろうとした。その手を押さえる小夜、だが彼は小夜の手を振りほどくのであった。そこへやってきた初太郎に、乱暴されたと小夜は言う。その夜、彼女は厩舎をたずねた。闇の中の武夫は、初太郎に鞭で打たれて傷だらけだった。思わず後ずさる小夜を、武夫は初めて抱きしめた。この後、武夫の姿は村から消えた。そして、ある夜乙蔵が小夜を訪ね、武夫からの預り物だと言って美しい柄の着物がたたまれている包みを渡す。この日から小夜は、何か心に決めたようで、両親にはっきりと縁談を断り、粉雪の舞う中、裸足でお百度を踏む。怒った両親は娘を部屋にとじこめた。ある夜、厩舎の白馬が柵をこわして走りだし、小夜も武夫から贈られた晴着を着て原野へと走り出した。失踪に気づいた家の者たちは騒ぎだす。その頃、早池峰山の稜線には、青白い炎に包まれて疾駆する白馬があった。その背ではロシア戦線にいるはずの武夫が、純白の軍服に身を包み、しっかりと小夜を抱いていた。白馬はたてがみをなびかせて、天に向かって駆けぬけていった。


原陽子、仲代達矢                    役所広司

題名:遠野物語
監督:村野鐵太郎
企画:河野逸平、原正人
製作:太田俊穂、佐藤正之、村野鐵太郎
原作:柳田國男「遠野物語」、阿伊染徳美「わがかくし念仏」
脚本:高山由紀子
撮影:吉岡康弘
照明:山田和夫
録音:日吉裕治
音効:小倉信義
美術:間野重雄、神田明良
装飾:中道正伸
結髪:小田節子
衣装:新井喜一(京都衣装)
編集:諏訪三千男 ネガ編集:青木千恵
記録:宮崎信恵
音楽:姫神せんせいしょん
現像:東洋現像所
プロデューサー:菅原正、久原正之
製作担当:林秀樹
製作助手:北島和久、渡辺螢子
監督補:笠倉隆
撮影補:馬場順一
助監督:鈴木政信、吉岡敏朗
撮影助手:下元哲
照明助手:熊谷茂、浅井勉、大里耕治
美術助手:正田俊一郎
編集助手:磯谷実
琵琶指導:川野虎雄
俳優担当:北川義浩、進藤淳一
協力:岩手県、遠野市、和賀町、山形県朝日村
スチール:西川ひろし
出演:隆大介、原陽子、江波杏子、仲代達矢、藤村志保、滝田裕介、役所広司、片桐夕子、峰岸徹、川口敦子、井川比佐志、菅井きん、葉山良二、長岡輝子
第35回サレルノ国際映画祭グランプリ受賞
1982年日本/スタンダードサイズ・カラー110分35mmフィルム
遠野物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原陽子                    遠野物語

1 2 3 5