映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
役所広司                      本木雅弘

今回は原田眞人監督2015年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、太平洋戦争が、昭和天皇や閣僚達の御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ(日本放送協会=NHK)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。1967年に東宝で岡本喜八監督により製作された「日本のいちばん長い日」のリメイク版だ。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山崎努                        松坂桃李

【ストリー】
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

題名:日本のいちばん長い日
監督:原田眞人
製作総指揮:迫本淳一
製作:榎望、新垣弘隆
原作:半藤一利
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
照明:宮西孝明
録音:照井康政
整音:矢野正人
音効:柴崎憲治
美術:原田哲男
美粧:吉野節子
特殊メイク:中田彰輝
衣装:宮本まさ江
配役:石垣光代
殺陣:森聖二
操演:スプリーム・エフェクト
編集:原田遊人
記録:山内薫
音楽:富貴晴美
助監督:落合俊一
SFX/VFXスーパーバイザー:小田一生
ガンエフェクト:BIGSHOT
企画協力プロデューサー:城戸史朗
エグゼクティブプロデューサー:関根真吾、豊島雅郎
ライン・プロデューサー:芳川透
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、松山ケンイチ、蓮佛美沙子、キムラ緑子、戸田恵梨香
2015年日本・松竹(120周年記念作品)/シネスコサイズ・カラー136分デジタルシネマ
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日