映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「悪名一番」

悪名一番
「悪名一番」田宮二郎、勝新太郎
悪名一番悪名一番
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1963年製作「悪名一番」をピックアップする。
全15作(1961~1969年)が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第8作になる。
今までとは趣を変えてオリンピック前の東京が舞台になっている。

悪名シリーズ

悪名一番
「悪名一番」江波杏子
悪名一番悪名一番
江波杏子                    芦屋小雁、芦屋雁之助

【ストリー】
年の瀬も押しつまった頃朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)のもとに、お照(藤原礼子)が店の朋輩のもめごとを、もちこんできた。大衆の零細な資金を集めて、町の金融業を営む大黒金融の不良社員が、預金を持ちにげ、支払不能に陥ったというのだ。話を聞いた朝吉と清次は、大阪支社にのりこみ、気の毒な預金者の依頼を引受け、東京本社に善後策をかけあうため、持逃げ犯人の大野平助(矢島陽太郎)を追ってトラックで東上した。平助の姉の妙子(雪代敬子)を訪ねた朝吉、清次の二人は、四国で名前をかたっていた偽せ者の一郎(芦屋小雁)と二郎(芦屋雁之助)に再会した。朝吉と清次は早速大黒金融の本社へ乗りこんだが、社長の郡(安部徹)は、彼等に会おうとしなかった。接待に出て来た美貌秘書圭子(江波杏子)に、くいさがった朝吉は、豪華なナイトクラブで郡を発見した。関東の顔役工藤(名和宏)らのいならぶ中、田舎者の朝吉は、その嘲笑に耐えた。一方清次は、上野でおぎん(茶川一郎)に会い工藤組にもぐりこんだ。しかもそこで、監禁されている平助を発見、彼の口から持送げの真相を聞いた。恋人の圭子が400万の分け前を約束に、1億円近い金の擬装拐帯犯人になって遁走中だというのだ。黒い悪の組織の動めく中、又朝吉の身のうえにも、工藤の手が動いているようだった。そんな時、使い込み金の唯一の証拠となる郡の手帖が金庫から消え、圭子が平助を求めて工藤事務所に来た所を、清次は、二人をさんざん痛めつけることで、工藤にとりいった。更に、二人をバラすことをたのまれた清次は、二人を連れて脱出する機会を待った。ついに朝吉が工藤を怪しいとにらんだ直後、平助は、川田組へ1,000万で売られることになった。単身、工藤事務所にのりこんだ朝吉は、平助と圭子をのがして監禁されている清次を救うため、一郎、二郎を伴って工藤事務所を奇襲した。郡も工藤も朝吉の鉄挙のもとに倒れ、朝吉、清次の二人は、感謝されて、大阪に帰った。

悪名一番悪名一番
名和宏、安部徹                 雪代敬子、勝新太郎
悪名一番
藤原礼子、伊井友三郎、江波杏子、矢島陽太郎、雪代敬子
悪名一番悪名一番
悪名一番                     田宮二郎、勝新太郎

題名:悪名一番
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、江波杏子、藤原礼子、雪代敬子、安部徹、名和宏、遠藤辰雄、丸井太郎、茶川一郎、芦屋小雁、芦屋雁之助、伊井友三郎、矢島陽太郎
1963年日本・大映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名一番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名一番
「悪名一番」撮影風景

映画「悪名波止場」

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎                      藤原礼子、田宮二郎

今回は森一生監督1963年製作「悪名波止場」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第7作になる。
前作「悪名市場」のラスト・シーンから始まる本作は、広島の瀬戸内海沿岸を舞台に、朝吉と清次は四国からの帰りの船中、清次そっくりな男・三郎(藤田まこと)に出会った。目の前でイカサマ賭博をはじめた三郎に清次は激怒。「かわいそうな妹のためや」と泣いて謝る三郎に、朝吉はつい侠気を出し、物語が展開する。 歌手の青山ミチさん、水原弘さんが出演している。
悪名シリーズは第1作「悪名」と2作「続・悪名」が戦前編、3作「新・悪名」と4作「続・新悪名」からは戦後編になっている。

悪名シリーズ

悪名波止場悪名波止場
滝瑛子                       水原弘、紺野ユカ
悪名波止場悪名波止場
藤田まこと、田宮二郎、勝新太郎          ミス・ワカサ、清川虹子、弓恵子

【ストリー】
おなじみ朝吉(勝新太郎)・清次(田宮二郎)の二人は四国からの帰りの船中で清次と名乗る三郎(藤田まこと)にであった。怒る清次の前で、これも妹のためと謝る三郎に、朝吉は力になってやることにした。三郎に連れていかれた薄汚い小屋には、悦子(滝瑛子)という女と三郎の妹おとし(紺野ユカ)がいた。おとしは麻薬中毒の症状を呈していた。三郎は鬼瓦(吉田義夫)の乾分であるが、朝吉を案内したまま鬼瓦組の金をもってドロンしてしまった。おとしの体からその金を払わせようとする鬼瓦に、朝吉と清次は出迎えのお照(藤原礼子)を金策に大阪へやり、その間人質として鬼瓦の経営する三ツ鯛運輸で働くことになった。鬼瓦たちは、副業として麻薬の密売をやっており、入手先は、おなご舟から手に入れていた。しかし、朝吉、清次たちを知ったおとしが先頭になって、おなご舟の連中は麻薬運びを拒否した。怒つた鬼瓦は、おとしのヒモ、仙太郎(水原弘)を使ってみせしめのためにおとしを殺させた。一部始終をみた悦子はこの仲間から足を洗おうとするが、その機会は仲々なかった。抜けめのない清次は、託児所から渡血少女マリ(ジニー・マリッチ)をおとしの娘として、チャッカリ慰謝料をまきあげてしまった。マリは悦子の実子であったため悦子は半狂乱になって怒った。その半狂乱の状態から、悦子がおとし殺しの実状を知っているらしいと狙らんだ鬼瓦は、マリを罠に悦子を殺害しようとした。九死に一生を得た悦子はすべてを朝吉に告げた。八尾の朝吉として、朝吉の立つ時がついにやってきた。朝吉、清次の後には、おなご舟の連中も立った。呆然とする鬼瓦一味は、正の鉄拳の前に次々とのされていくのだった。

悪名波止場悪名波止場
青山ミチ、田宮二郎                  悪名波止場

題名:悪名波止場
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:大洲斉
音楽:斎藤一郎 挿入歌:青山ミチ「淋しいときには」「ひとりぼっちで思うこと 」
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、滝瑛子、水原弘、藤原礼子、藤田まこと、紺野ユカ、弓恵子、青山ミチ、清川虹子、吉田義夫、伊達三郎、毛利郁子、真城千都世、杉狂児、島ひろし、ミス・ワカサ、ジニー・マリッチ
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
悪名波止場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎、田宮二郎                ジニー・マリッチ、滝瑛子
悪名波止場

1 2 3 4