映画「悪名市場」

悪名市場悪名市場
勝新太郎                      田宮二郎、藤原礼子

今回は森一生監督1963年製作「悪名市場」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第6作になる。
今作は、朝吉と清次の贋者コンビ(芦屋雁之助・芦屋小雁)がいる四国の港町が舞台だ。制作当時に人気があったテレビ番組「てなもんや三度笠」の白木みのるさん、藤田まことさんがカメオ出演している。

悪名シリーズ

悪名市場悪名市場
瑳峨三智子                     芦屋小雁、芦屋雁之助

【ストリー】
刑務所に入った清次(田宮二郎)から、彼を陥いれたペテン師が四国にいることを聞いた朝吉(勝新太郎)は、単身その港町に渡った。ところが、目指す菱屋運輸には一足お先に贋の朝吉(芦屋雁之助)と清次(芦屋小雁)が現われ、金を捲き上げていったというので、さすがの朝吉も唖然となった。朝吉は菱屋に潜り込んで二人を探ったが、これも長年売り込んだ悪名のせいだと、あまりあくどいこともやりそうでない贋者兄弟を許すことにした。ある日、パチンコ屋を経営する美人の咲枝(瑳峨三智子)を知ったが、彼女は贋の朝吉こと一郎にぞっこん惚れこんでいて、“悪名”にあこがれ朝吉のそれとない忠告も耳に入らぬ始末。その頃、ペテン師柿本(田中春男)は港の商店街の主人達を巧みに丸めこみ、改築移転をすすめていた。彼は実は隣町の追風組親分鷺原(松居茂美)の片腕で、勢力拡張のため工作していたのだ。また柿本は鷺原の意に従い、咲枝を連れ出してにせ朝吉の正体をあばき妾になれと迫るが、後を追って来た朝吉に叩き伏せられた。柿本をしめ上げ、総てが鷺原のからくりだと知った朝吉は折からの仮出所でかけつけた清次と力をあわせ、商店街に入りこんだ子分共を叩き出し、もとの持主に返した。折から四国、中国の親分衆の会合が開かれ、会場に乗込んだ朝吉は並いる親分衆の前で鷺原に対決し、果し合いをすることに決った。翌朝約束の場所、朝吉と清次は数十人の追風組と睨みあった。双方が入り乱れようとした。瞬間、轟然たる爆音と共に土砂が吹っ飛び、混乱に乗じて躍り込んだ朝吉、清次はさんざんに一味をやっつけた。ハッパのスイッチを入れたのは咲枝だった。鷺原、柿本を警察に引き渡した朝吉と清次は大阪へ帰る船の人となったが、その客の中にまたしてもそっくりの恰好をして清次と名のる男(藤田まこと)がいた。

悪名市場
勝新太郎、茶川一郎                 勝新太郎、田宮二郎

監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:渡辺稔
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、瑳峨三智子、芦屋雁之助、芦屋小雁、藤原礼子、茶川一郎、西岡慶子、田中春男、松居茂美、花澤徳衛、曽我廼家五郎、島田憲三、毛利郁子、藤田まこと、白木みのる
1963年日本・大映/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
悪名市場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名市場
田宮二郎、勝新太郎

映画「第三の悪名」

第三の悪名第三の悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「第三の悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第5作になる。
1963年1月3日に正月映画として封切りされた。シリーズ第2作「続・悪名」で死んだモートルの貞(田宮二郎=上画像右)の事件から10年が経過し、貞の仇であるカポネ(南道郎)との対決を軸に描いている。

悪名シリーズ

第三の悪名第三の悪名
月丘夢路                       長門裕之
第三の悪名
藤原礼子                          西村晃

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は死んだ弟分、貞の女房お照(藤原礼子)の家に、貞の弟清次(田宮二郎)と居候になっていた。或る日、朝吉は松島で、戦友粟津修(長門裕之)に出あった。修は天王寺の粟津一家の二代目だったが、わけあって朝吉も緑の深い松島組に身を預けていた。松島組の元締も、今は故人となっていたが、その法要の日、粟津一家の女親分お妻(月丘夢路)は、居合わせた朝吉の気っぷに惚れこみ、家に連れ帰った。お妻は、粟津一家の先代の親分の後妻で修にかたぎになってもらいたいばっかりに後目を相続したのだった。朝吉の口から修の居場所を聞いたお妻は、数日後彼に会ってかたぎになってくれるよう頼んだが、修はかえってお妻への恋心を明かした。修は白粉会社の登録商標をかたり取って新しい会社を作ろうというカポネ一味の企みを明かし、朝吉に手を貸せと申しでるが、朝吉はことわり二人は独自の行動をとることにした。朝吉はカポネ(南道郎)の経営するキャバレーにのりこんだが、代表名義人である小杉の息子の承諾を得たのだからとつっぱねられた。しかし、小杉の息子(矢島陽太郎)は、実は父親(菅井一郎)の信用している番頭垣内(天王寺虎之助)の二号の家に軟禁されていた。垣内こそ、カポネの黒幕だったのだ。憤然として帰ってきた朝吉は、カポネのキャバレーの支配人になったと報告する清次におどろいた。清次の兄は、カポネの子分によって殺されたからだ。怒った朝吉は、清次との縁を切った。だが朝吉と関係深い清次を邪推したカポネは、子分に清次の命を狙わせた。しかし、それをいち早く知った清次は、逆に小杉の息子を連れだし朝吉にわびを入れに帰ってきた。小杉の息子の一件を修の仕業と思いこんだカポネは修の不意をつき捕えて拷問した。だがこの時朝吉と清次が応援にかけつけた。証書を返すという証文を垣内に書かせた朝吉は、お妻に修の身を預け、お照の家に居候に戻るのだった。

第三の悪名第三の悪名
長門裕之、喜味こいし、夢路いとし         月丘夢路、勝新太郎
第三の悪名第三の悪名
勝新太郎、田宮二郎                第三の悪名

題名:第三の悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、長門裕之、月丘夢路、藤原礼子、西岡慶子、西村晃、南道郎、天王寺虎之助、矢島陽太郎、菅井一郎、若杉曜子、夢路いとし、喜味こいし
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
第三の悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「続・新悪名」

続・新悪名続・新悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「続・新悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第4作になる。
秀逸なプロットとベテラン俳優陣の演技、その中に子役の赤城まりさんが、重要な役どころをこなしているのに、全体の演技レベルの高さが伺える。朝吉と清次のキャラクターも一作毎に熟成されて行く。

悪名シリーズ

続・新悪名続・新悪名
水谷良重、勝新太郎                 赤城まり、近藤美恵子、勝新太郎

【ストリー】
戦後の闇市を追放された村上朝吉(勝新太郎)は故郷の河内へ帰ったが田舎が嫌になり大阪へ出て、靴磨きの少女ひろみ(赤城まり)を拾った。そして宿へ帰ると、昔の知人おぎん(茶川一郎)にバッタリ会った。今はおかまの特技を生かし女剣劇一座にいるが、演芸館主、玉島(遠藤辰雄)の横槍で興行が出来ないでいた。朝吉は女座頭五月淳子(近藤美恵子)に会い尽力を約束し、早速玉島の事務所を訪れ偶然用心棒に雇われている清次(田宮二郎)に会った。興行は無事終ったが、一座のギャラを前借した大磯(杉田康)が姿を消していた。困った朝吉は自分の体を手形に借金し金は因島の麻生親分に借りて払うと言った。ひろみを清次に託した朝吉は玉島と共に因島へ渡ったがそこで親分の死を知り万策つきた朝吉は、玉島にシルクハット親分(永田靖)の許へつれ込まれた。が、シルクハットの連絡で琴糸(水谷良重)が訪ねてきた。彼女は以前遊廓から朝吉に救われ、その時の恩返しのため金を持って来たのだ。一方、清次はひろみの歌の素質を見抜き、彼女をのど自慢に出させ入賞確実とみられたとき、愚連隊が乱入し邪魔をした。怒った清次は連中を蹴散らしたが、脚をピストルで射たれた。その騒動の中でひろみは、大磯が因島へ行くことを聞いた。ひろみ、お政(ミヤコ蝶々)、負傷の清次らも因島へ向った。ひろみから大磯のことを知った朝吉は彼を探したが分らない。が、夜、大磯が現われ、いきなり短刀で突っかかって来たが所詮朝吉の敵ではない。彼の自供によると、黒幕はなんと玉島だったのだ。急遽朝吉は大阪へ帰った。玉島は新しい演芸館の棟上げ祝い中だったが、大磯と現われた朝吉を見ると、祝場はたちまち修羅場と化した。朝吉の頭突きと清次の松葉杖が冴えて、玉島は組み敷かれた。無事、玉島から金を取り戻した朝吉は、お政とひろみを楽団の一行に預け、金を女剣劇一座へ郵送すると、清次と共に肩を列べて去って行くのだった。

続・新悪名続・新悪名
ミヤコ蝶々                       茶川一郎
続・新悪名続・新悪名
遠藤辰雄、勝新太郎、永田靖           近藤美恵子、赤城まり、勝新太郎

続・新悪名続・新悪名
近藤美恵子                                                                   藤原礼子

題名:続・新悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:岡本健一
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、近藤美恵子、ミヤコ蝶々、茶川一郎、遠藤辰雄、赤城まり、藤原礼子、永田靖、阿井美千子、浜村淳、杉田康
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
続・新悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・新悪名続・新悪名
田宮二郎、勝新太郎                  続・新悪名

1 2 3 4