映画「関東緋桜一家」



藤純子                        鶴田浩二

今回はマキノ雅弘監督1972年製作「関東緋桜一家」をピックアップする。
本作は、最後のプログラムピクチャーといえる東映任侠映画スター藤純子さんの引退記念映画(東映専属で90本の映画に出演)であり、1960年「八州遊侠伝 男の盃」でデビュー時のマキノ雅弘監督作品で締めくくっている。共演は、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、鶴田浩二、若山富三郎、高倉健、菅原文太といった当時の東映スター俳優、藤山寛美、水島道太郎、木暮実千代、南田洋子、長門裕之、待田京介、金子信雄といったベテラン俳優が脇を固め、東映オールスターキャストで製作された。またマキノ雅弘監督も本作を最後にテレビ映画以外の劇場用映画の演出からは完全に引退し、このフィナーレとともに任侠路線も終焉を迎えた。

【追記・訃報】
「鬼龍院花子の生涯」や「極道の妻たち」シリーズなど数多くのヒット映画を世に送った東映京都撮影所の名プロデューサー、日下部五朗(くさかべ・ごろう)氏が2020年2月7日に腎不全のため死去した。2月18日、東映が発表した。85歳。岐阜県生まれ。葬儀は家族のみで営まれた。日下部氏は早稲田大学卒業後に東映に入社。1963年「変幻紫頭巾」でデビュー。「緋牡丹博徒」などの任(人ベンに峡の旧字体のツクリ)ものから、「柳生一族の陰謀」などの大型時代劇まで130本を超える映画をプロデュースした。主な作品に「陽暉楼」「肉体の門」「寒椿」「藏」などがある。また、今村昌平監督がメガホンをとった「楢山節考」は83年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを獲得した。(本作で企画担当)
2/18(火) 14:04配信 スポニチアネックス


片岡千恵蔵                      高倉健

【ストリー】
明治末頃--柳橋一帯の町内頭で鳶「に組」の副組頭の河岸政の娘・芸者鶴次(藤純子)はその美貌と男まさりの侠気と、幼い頃から呑竜(若山富三郎)という北辰一刀流の達人で講釈師から学んだ剣術で評判を呼んでいた。鶴次には「に組」の組頭吉五郎(片岡千恵蔵)の一人息子である纒持信三(高倉健)という末を誓い合った男がいたが、信三は彼女に酔ってからんだヤクザ数人と乱斗し、その中の一人をあやめてしまったことから旅に出てしまった。その頃、日本橋の博徒新堀一家の客分である、刑事くずれの博徒鬼鉄(遠藤辰雄)が、柳橋で賭場を開き、河岸政(水島道太郎)が世話になってる旦那衆から金や財産を捲き上げたことから、いざこざが起こるようになった。新堀一家の親分辰之助(嵐寛寿郎)と河岸政とは兄弟分であり、柳橋では賭場は開かないという約束が二人の間でかわされていたが、床に伏せている辰之肋をよいことに、代貸の中州の常吉と鬼鉄は河岸政の縄張りに目をつけ、その拡張を計っていたのだ。一挙に勢力拡大を狙う鬼鉄、その身内の大寅(天津敏)、小寅(山本麟一)は、河岸政を大川端に襲って暗殺した。鶴次の決意と「に組」小頭由次郎の力添えによって、女であるからという頭取衆の反対を説き伏せて、鶴次が父の跡目をついだ。ある夜、独り大川河岸を歩く鶴次に大寅達がまたも襲いかかった。数人を叩き伏せたが、進退きわまった鶴次を渡世人風の男が救った。それは河岸政の悲報を開いて九州から帰った信三だった。一方、鶴次暗殺に失敗した鬼鉄は、バカ熊(汐路章)に命じて、割烹旅館金柳館に火を放った。「に組」の消火作業で金柳館は一部を焼失しただけで済み、信三はバカ熊を捕えた。鶴次は、鬼鉄に奪われた金柳館の権利証とバカ熊を賭けた勝負を挑んだ。鬼鉄は、新堀一家に草鞋を脱いだばかりの客人旅清(鶴田浩二)をたて挑戦を受けた。鶴次の心意気を察した旅清は勝を譲った。それからしばらくして辰之助が後事を、義兄弟旅清に託して息を引きとった。一方、銀次が、廓に売られ入水自殺を計ったお志乃(南田洋子)とその子供を救ったことから、お志乃は鬼鉄の妾であることが判明し、引き渡しを迫る鬼鉄と、母子をかばう銀次の対立は激しさを増した。だが、吉五郎の仲裁によって鬼鉄の野望は消えたかに見えたが、吉五郎と呑竜は鬼鉄の闇打ちにあい死んだ。喧嘩仕度で湧き立つ鬼鉄一家。新堀一家を引き連れて助っ人に向おうとした常吉の前に立ち塞がった旅清は、常吉の白刃を腹に受けながら叩き斬った。父のかたみの手カギを手に、鬼鉄の賭場に向う鶴次と信三、そして腹にサラシを巻いた旅清。三人を前に鬼鉄達は倒れた。しかし、最後の力をふり絞った旅清は、鶴次と信三に見とられ息を引き取った。


菅原文太                      嵐寛寿郎

藤山寛美                   木暮実千代、藤純子

題名:関東緋桜一家
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗、武久芳三
製作:岡田茂
脚本:笠原和夫
撮影:わし尾元也
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:上野隆三
振付:藤間勘三郎
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:渡辺操
助監督:清水彰
演技事務:伊駒実麿
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、菅原文太、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、藤山寛美、渡瀬恒彦、木暮実千代、金子信雄、待田京介、伊吹吾郎、山城新伍、水島道太郎、八名信夫、遠藤辰雄、天津敏、山本麟一、長門裕之、南田洋子、工藤明子、潮健児、石山律三郎、汐路章
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
関東緋桜一家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


潮健児、南田洋子、待田京介             金子信雄

「関東緋桜一家」東映京都撮影所オープンセット

関東緋桜一家

「関東緋桜一家」マキノ雅弘監督

映画「馬鹿まるだし」


ハナ肇                              桑野みゆき

今回は山田洋次監督1963年製作「馬鹿まるだし」をピックアップする。
本作は、”馬鹿シリーズ”の第一作であり、撮影の高羽哲夫氏のデビュー作、山田監督の喜劇初作品である。
1969年から山田監督と組んで”男はつらいよ”シリーズ全48作と続く。

1963年「馬鹿まるだし」共演:桑野みゆき
1964年「いいかげん馬鹿」共演:岩下志麻
1964年「馬鹿が戦車でやって来る」共演:岩下志麻


長門勇                             渥美清

【ストリー】
シベリヤ帰りの松本安五郎(ハナ肇)は、外地に抑留される和尚をもつ浄念寺にころがりこんだ。若くて美しい住職の妻の夏子(桑野みゆき)に安五郎は秘に恋慕していた。堂々たる風貌と腕ぷしの強さで安五郎は、早くも町の人気者となった。そのきっかけは、町の劇場に出演中の怪力スーパーマンを負かした事件が、町中に広まったからだ。以来、安五郎には乾分(犬塚弘)も出来、又一軒の家を構えて、町のボスとなった。インフレの波がこの瀬戸内海の小さな町にも押しよせて来た。町の工場にも労働争議が起きた。おだてられた安五郎は、赤木会長(小沢栄太郎)に面談し、工員の要求を貫撤させた。ただ夏子に一言ほめてもらいたい、それが安五郎の行動の全ての動機なのだ。英雄となった安五郎の日々も、町の勢力を革新派が握ったことから急変した。何となく冷くなった町の人達の眼、そして夏子との間が噂となり浄閑寺への出入り禁止と痛手は大きかった。がある日ダイナマイトを持った脱獄囚の三人組が辰巳屋の静子(清水まゆみ)を誘拐して裏山ににげた。この時人の口にのぼったのが、大力をもつ安五郎だ。人の好い安五郎は名誉挽回と裏山にゆき静子を救ったが、その足元でダイナマイトが爆発し、両眼を失った。それから2年後、唯一筋に愛しぬいた夏子の、再婚の花嫁姿を見守る、杖にすがった盲目の老人。あの気風のいい、安五郎の変り果てた姿が白木蓮の匂う浄念寺にあった。夏子の涙にぬれた眼が安五郎に優しくそそがれているのも知らぬまま……。


ハナ肇、犬塚弘

題名:馬鹿まるだし
監督:山田洋次
企画:市川喜一
製作:脇田茂
原作:藤原審爾「庭にひともと白木漣」
脚本:加藤泰、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:松本隆司
調音:戸井田康国
美術:佐藤公信
装置:中島好男
装飾:鈴木八洲男
衣装:田口ワシエ
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純
語り:植木等
現像:東京現像所
助監督:不破三雄
色彩計測:倉橋芳宏
撮影助手:青木澄夫
照明助手:内田嘉夫
録音助手:鈴木正男
製作進行:末松昭太郎
スチール:梶本一三
出演:ハナ肇、桑野みゆき、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、長門勇、三井弘次、花澤徳衛、小沢栄太郎、渥美清、藤山寛美、高橋とよ、清水まゆみ、植木等(ノンクレジット)
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
馬鹿まるだし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、桑野みゆき                   植木等

映画「座頭市逆手斬り」

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
勝新太郎                         藤山寛美

今回は森一生監督1965年製作「座頭市逆手斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第11作目になる。今作は松竹喜劇の名優藤山寛美さんが、ニセ座頭市として登場するが、脚本がその魅力を減衰させる内容にしているのが残念だ。だいたいニセ・ヒーローが出てくる様な内容になるとアイディアの枯渇が露呈される事が多い。この当時、勝新太郎さんは「兵隊やくざ」シリーズが始まり「座頭市」「悪名」と合わせて3本の人気シリーズを抱え、名実共に大映のドル箱スターになっている。

座頭市シリーズ

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
滝瑛子                         石山健二郎

【ストリー】
もぐりバクチの罪で捕った座頭市(勝新太郎)は、牢内で無実の罪で死刑を宣せられたやくざ島蔵(水原浩一)から、彼の無実を証明する兄弟分・黒馬の仙八(原田玄)か荒磯の重兵衛親分(石山健二郎)をたずねてくれるようにと頼まれた。翌朝牢を出た市は、若いやくざ百太郎(藤山寛美)と一緒になったが、市とは縁の深い青田の鎌十(玉置一恵)の許へわらじを脱いだ市が、下にもおかぬもてなしをうけるのに腹をたてて市と別れた。数日後、大洗の宿で黒馬の仙八を訪ねあてた市は、島蔵の身の上を話して協力を頼んだ。一度はこれをひきうけた仙八だったが、その夜市は黒馬一家に寝込みを襲われた。得意の居合斬りで刺客を蹴散らした市は仙八をしめあげ、役人を買収し島蔵をおとしいれたのは、荒磯の重兵衛であることを聞きだし、さらに黒馬一家に監禁されていた妖艶な女お米(滝瑛子)を救けた。その後お米は市を慕って、どこまでも後を離れようとはしなかった。それからまた数日、市は百太郎の扮するニセ座頭市に悩まされながらも、島蔵の身を案じて、荒磯の重兵衛の許に急いだ。そのころ島蔵の娘お千代(明星雅子)は、何とか島蔵を救おうと、必死の思いで重兵衛に嘆願した。しかし重兵衛は、そんなお千代の弱身につけこんでお千代の身体を奪おうとした。が、危機一髪かけつけた市は、必殺の逆手斬りで重兵衛の仔分をなぎたおし、重兵衛に島蔵の無罪を証明させる書付を書かせた。そこで市は、お千代から百太郎が島蔵の息子であることを聞かされた。市は早速重兵衛の書状を、刑場にはこばれる島蔵の許に届けた。無罪を証明されて涙を流してよろこぶ島蔵をあとに、市の孤影は鹿島灘の砂丘に消えていった。必死に後を追うお米をしたがえて……。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
藤山寛美、勝新太郎

題名:座頭市逆手斬り
監督:森一生
企画:財前定生
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督: 大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、藤山寛美、滝瑛子、明星雅子、村瀬幸子、石山健二郎、島田竜三、水原浩一、南部彰三、守田学、原田玄、玉置一恵、伴勇太郎
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
座頭市逆手斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
座頭市逆手斬り

1 2 3 4