映画「女番長 玉突き遊び」


叶優子                                                                 叶優子、衣麻遼子

今回は関本郁夫監督1974年製作「女番長 玉突き遊び」をピックアップする。
本作は、女番長シリーズの第7弾にして最終作となった。本作撮影中に、主役の叶優子さんが怪我をして撮影が中断するアクシデントが起きたそうだ。その為に次回作を予定していた池玲子さん主演の「女番長 タイマン勝負」がクランクインしてしまう。その後、叶優子さんが復帰し撮影が再開され本作は完成するのである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                                                         女番長 玉突き遊び

【ストリー】
山猫お今日こと牧今日子(叶優子)が少年院を出て2年ぶりに、大阪に戻って来た。今日子は、かつての仲間で、今は落ち目のユキ(藤山律子)、トン子(美和じゅん子)、かおる(碧川ジュン)、そして今日子の度胸に敬服した桃代(田島晴美)と弘子(城恵美)を集めて、新しい女番長グループを結成した。一方、2年前に今日子に負わされた顔の傷の復讐を誓うカトレア会の女番長三奈(衣麻遼子)は、暴力団立花興業の社員である情夫の小池(菅貫太郎)に頼んで今日子に闇討ちをかけるが、一匹狼を名乗る西条五郎(白石襄)に邪魔されてしまう。数日後、今日子は、カトレア会のマリのスポンサーである沖タイヤの経理部長・八木(名和宏)が社長の沖と結託して、会社を偽装倒産させ、10億円相当の密輸ダイヤを売りさばく事をつきとめた。そこで今日子はマリと八木の情事を写真に撮り、30万円をゆすり取るや、追って来たカトレア会を滅多打ちに倒してしまう。一方、密輸ダイヤの事を小池から知らされたボスの立花(安部徹)も動き出した。やがて、ユキたちが小池に捕われ、単身彼女たちを救い出した今日子が、今度は自分が捕われ、小池たちに次々と強姦された。心身ともに傷ついた今日子を五郎は、優しく労るのだった。五郎と組んでダイヤを手に入れる決意に燃える今日子は、まんまとダイヤを手に入れ、換金するために伊丹空港へ向かう。だが、途中でユキが殺されてしまい、空港に待ち伏せしていた立花たちにダイヤを奪われてしまった。復讐の鬼と化した今日子たちは、三奈を一撃のもとに倒すや、立花らが立てこもっている琵琶湖のホテルへと向う。モーターボート、水中ガンなとを駆使してホテルの真っ只中へ不意打ちをかけた今日子たちは、小池、立花を血祭りにあげるが、ダイヤは、モーターボートともども炎上してしまった。深手を負いながらもこの光景を見届けた五郎は、満足そうな微笑を残して息絶えた。


白石襄

題名:女番長 玉突き遊び
監督:関本郁夫
企画:三村敬三
脚本:松本功
撮影:鈴木重平、古谷伸
照明:井上孝二
録音:格畑学、中山重二
美術:竹川輝夫
装置:温井弘司
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司、松田孝
擬斗:土井淳之祐
記録:牧野叔子、森村幸子
編集:神田忠男
音楽:クニ河内 挿入歌:星まり子「泣くなオッパイちゃん」
製作主任:上田正直
演技事務:伊駒実磨
助監督:河村満和、萩原将司
スチール:諸角義雄、中山健司
出演:叶優子、田島晴美、藤山律子、白石襄、衣麻遼子、星まり子、城恵美、大堀早苗、相川圭子、愛田純、碧川ジュン、美和じゅん子、菅貫太郎、金子信雄、大泉滉、安部徹、名和宏、成瀬正孝
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 玉突き遊び -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


星まり子                                                                  叶優子

映画「女番長 タイマン勝負」


池玲子                         藤山律子

今回は関本郁夫監督1973年製作「女番長 タイマン勝負」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第6作目として1974年1月に全国公開されたが、元々本作は、シリーズ第7作目として、このシリーズ次回作である「女番長 玉突き遊び」より後に公開される予定であった。主演の叶優子さんが撮影中に重傷を負った事で製作が中断し、同作の公開が延期された。しかし同作は製作中止とはならず、叶優子さんの復帰後に撮影が再開され、本作と公開の順番が入れ替わったそうだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                        藤山律子、成瀬正孝

【ストリー】
姉を死に追いやった大島興業のボス・大島文男を復讐のために傷を追わせ、少年院送りになった相沢桂子は、いつしか稲妻桂子の異名を持つ女番長に成長していた。シャバへ出た桂子は、配下の幸恵、節子とともに、入院当時痛めつけられたヒマワリ会の女番長・立花美和に借を返すべく、その行方を捜した。ある日、節子は彼女がホステスをしているクラブの用心棒たちに、百万円の借金があると連れていかれてしまった。その店の経営者が、あの大島である事を知った桂子は節子に代って借金を返却することにした。そんなある日、ヒマワリ会の根城をつきとめた桂子は美和を捜すが、番長はカミソリの絵里になっていた。桂子は絵里を決闘で破り、番長となった。やがて、百万円を集めた桂子は、節子を連れ戻しに行くが、大島たちにリンチされそうになる。だが、関東侠友会の幹部・黒木に救われた。黒木は組の命で、工場建設地の買収を大島に命じに来たのだ。その黒木が、正体不明に酔いつぶれた絵里を見て驚いた。彼女は十年来探していた妹だったのだ。しかし、黒木はこのことを桂子に口止めした。一方、桂子はあるスクラップ工場で今は堅気となって工場の持ち主の健一と生活している美和と会った。桂子の復讐心はいつしか消え失せた。その健一の工場は買収予定地に入っているが、健一は買収には断呼として応じなかった。丁度、桂子たちが工場に居候していたので、絵里は一石二鳥とばかり、大島に頼み、工場を襲わせた。桂子は既にいなかったが、大島らは健一に無理矢理、契約書にサインを押させ、美和を輪姦した。そして健一は惨殺された。卑劣な大島に怒った黒木は、この仕事からおろすことにした。大島は絵里に拳銃を渡し、黒木、桂子を殺すように命じた。黒木めがけて発砲しようとした絵里に、桂子は彼が兄である事を知らせた。呆然とする絵里。その時、大島たちが武装して彼女らを襲ってきた。そして、桂子たちをかばおうとした黒木は、蜂の巣のように撃たれた……。黒木、健一を手厚く葬った桂子、絵里、美和たちは、それぞれの復讐を胸に秘め、健一の残した車に乗り込むや、大島を血祭りにあげるべく、突進していった。


岡八郎                              女番長 タイマン勝負

題名:女番長 タイマン勝負
監督:関本郁夫
企画:杉本直幸、奈村協
脚本:鴨井達比古、志村正浩
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
装置:温井弘司
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:大岸誠
助監督:萩原将司
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、衣麻遼子、藤山律子、田島晴美、渡瀬恒彦、成瀬正孝、安部徹、由利徹、岡八郎、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、早乙女りえ、葵三津子
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 タイマン勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安部徹                          池玲子

女番長 タイマン勝負

映画「不良番長 骨までしゃぶれ」


梅宮辰夫                         藤竜也

ひし美ゆり子                      太田美鈴

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 骨までしゃぶれ」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第16弾で最終作になる。
不良番長シリーズは、梅宮辰夫=神坂弘をリーダーにした不良バイカー集団(カポネ団)の活躍を描くエロコメディ・アクションであり、1968年の第1作「不良番長」から1972年の本作まで全16作も作られた人気シリーズである。
この16作というのは、東映のシリーズものでは最長だという。


【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」


山城新伍                       鈴木やすし 
【ストリー】
暴力団大東睦会会長・大竹(渡辺文雄)の妾の人気タレントを恐喝して、仲間のリーチ(車英二)を殺されたカポネ団・リーダーの神坂(梅宮辰夫)、キック(安岡力也)、ロック(久保浩)、サック(鈴木ヤスシ)はリーチの供養と組織への仕返しに、天草五郎(山城新伍)からの情報により見事3億円のダイヤモンド横領に成功した。ところがこのダイヤを狙って大東睦は勿論、ビーバー(黄錦英)、バンビ(藤山律子)、お蝶(ベラ・シムス)の女番長三人娘と、謎の女奈美(太田美鈴)に追われる破目となった。カポネ団は九州に逃亡。五郎の旧友で熊本に住むダイヤ細工師の鉄男(藤竜也)に、ダイヤを売り裁くべく交渉するが断われてしまった。一方、大東睦会は、大竹自ら熊本に乗り込み、兵隊を大増員してきた。カポネ団の窮地を救ったのは、以前知り合ったバスガイド・月子(ひし美ゆり子)の父で槍術の名人・太郎左衛門(由利徹)であった。月子は鉄男の恋人で、神坂たちを天草へと逃がせてくれた。しかし、何処へ行っても神坂たちの前に現われる奈美を不信に思った神坂は、奈美を腕力で白状させようとしたが、逆に柔道で投げ飛ばされてしまった。やがて、神坂たちは大東睦会の捜査網にひっかかり、ダイヤを強奪され海岸に逆さ十字に処されてしまった。ところが、彼らを助けたのが思いがけなくも奈美であった。このまま引き下がるわけにはいかない。阿蘇のハイウェイで大竹たちをとらえた神坂たちはオートバイを突走らせ、ダイヤを再び手中に入れた。逃げるカポネ団。追う大東睦会。オートバイからロープウェーに飛び移り、そして阿蘇山頂へとなだれ込む激しい追跡戦が展開されるうちに、サック、ロック、キックが倒れていった。悪戦苦闘の末、噴火口にたどりついた神坂、五郎を待っていたのは大勢の部下を従えた婦警姿の奈美だった……。


黄錦英、藤山律子、ベラ・シムス           渡辺文雄

題名:不良番長 骨までしゃぶれ
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:小早川一
装飾:佐藤善昭
美粧:入江荘ニ
美容:石川靖江
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
フィルム:富士フィルム
進行主任:入葉一男
助監督:福湯通夫
演技事務:石原啓二
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、藤竜也 、ひし美ゆり子 、太田美鈴、山城新伍、安岡力也 、久保浩、鈴木やすし、渡辺文雄、八名信夫 、由利徹 、黄錦英、藤山律子、ベラ・シムス、小林千枝、大泉滉 、丹下キヨ子、団巌、車英二
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 骨までしゃぶれ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                      安岡力也