映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

映画「ブラボー!若大将」



加山雄三                         酒井和歌子

今回は岩内克己監督1969年製作「ブラボー!若大将」をピックアップする。
本作は、1970年1月1日に公開された若大将シリーズの第15作になる。制作会社は東京映画である。
シリーズ最後の海外ロケが グアム島で行われた本作は、今までのシリーズ・テンプレートを外し、理不尽な失恋や会社組織に若大将が悩むという設定が新鮮だった。

【東京映画】
1952年(昭和27年)に東宝の関係会社として設立、東宝が配給した映画「駅前シリーズ」「クレージー・キャッツ」等のコメディ映画を製作し、東京映画撮影所を稼働させた。東宝は、東西両撮影所制を敷いた大映や東映、松竹(1965年京都撮影所閉鎖)と異なり、戦前期に京都撮影所を閉鎖して砧撮影所(東京都世田谷区)に製作を原則一元化していたが、傘下の東京映画と宝塚映画は、別に撮影所を持ち、盛期にはそれぞれ年間10本程度の作品を供給し続けている。監督と俳優は東宝から供給されたが、技術スタッフは独自の機構を備えてそれぞれのカラーを発揮した。東京映画は、撮影所なのに皆ネクタイを締めている、と活動屋たちを驚かせ初期の東宝撮影所の社風を戦後まで引き継いだ紳士集団であったと言われる。1983年(昭和58年)8月25日に株式会社東京映画新社に改名し、梅浦洋一社長在籍時の2004年9月1日に東宝に合併して消滅した。(ウィキペディア参照)
※撮影所は小田急線千歳船橋駅から10分のところにあり、第二ステージは成城消防署前にあった。(筆者)


高橋紀子                       田中邦衛、柏木由紀子

【ストリー】
三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一(加山雄三)は、親友の青大将こと石山新次郎(田中邦衛)が専務をしている東西デパートと取引きのコネをつけた。そんなある日、雄一は、熊井鉄工の熊井(熊倉一雄)から、住宅用鉄材の売り込みを受けた。雄一は、“住宅に関する企画案”を提出し、岩崎部長(松村達雄)が賛成し、雄一は案の実現に猛ハッスル。ところが数日後、企画案が突然没になった。というのも、三矢物産は、熊井鉄工を無視して、裏面で大手の鉄工会社と事業提携を進めていたのだった。会社の道義に欠けるやり方に怒った雄一は、辞表を叩きつけ、単身グアムへ飛んだ。休暇で島に来た、節子(酒井和歌子)、チヨコ(坂倉春江)、玉江(松村幸子)や、商用で来た石山と事業提携で同行した西岡(藤岡琢也)と再会した。雄一と節子の間に恋が芽生えた。やがて帰国した雄一は、家業のすき焼き屋“田能久”の仕事に精を出したが、義弟の江口(江原達怡)の失敗の責任を負って家を出た。湾岸の荷下ろしやトラック運送などのバイトで生計を立てていた雄一は、バイト先のガソリンスタンドで偶然熊井と再会し、熊井鉄工に入社した。熊井の資金難を助けるべく、銀行家へ嫁いだ百合子(高橋紀子)に融資を頼んだ。その夜融資の成功を祝い踊る雄一と百合子を節子が見つけてしまう。二人の中を誤解する節子。一方、住宅事業が進展しない三矢物産は熊井鉄工と合弁会社をつくり、雄一は社長に就任した。休暇をとった雄一は再びグアムを訪れる。一足先に支店進出のため島を訪れた石山と節子と合流。そして誤解のとけた節子の明るい笑顔が、たくましい雄一のかたわらにあった。


菱見百合子(ひし美ゆり子)               熊倉一雄

加山雄三、藤岡琢也、松村達雄             松村達雄

題名:ブラボー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:中井朝一
照明:榊原康介
特機:三沢一義
録音:原島俊男
整音:西尾孝
美術:竹中和雄
装置:松原浩、中村洋文
小道具:阿部継、佐藤淑光、広島徳幸
装飾:佐々木庄次
結髪:渡辺キミ
衣裳:武藤芳史、柳生悦子(デザイン)
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「恋のコンパス」「淋しい二人」 「世界のどこかで」 「その訳はいえない」
現像:東京現像所
製作担当:島田武治、今井馨
製作進行:黒岩竜彦
助監督:瀬川淑
監督助手:鈴木一男、森康憲、福田元彦
撮影助手:平林茂明、安西清、山内峰治、鈴木義勝
照明助手:須藤実、塚田寿生、牛渡教孝、川島棋雄、釜田一、大野治夫、柿沼貞司
録音助手:高場豊、千葉富士雄、会田紀栄
美術助手:栗原信雄、薩谷和夫、国府田俊夫、堀川正巳
水中撮影:市原康至、宝田武久、五十畑幸勇、楠章治
スチール:中尾孝
演技事務:丹野弘章
音楽事務:西尾嘉十
製作宣伝:川島孝一
協力:パン・アメリカン航空
出演:加山雄三、酒井和歌子、高橋紀子、田中邦衛、江原達怡、菱見百合子(ひし美ゆり子)、大矢茂、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、柏木由紀子、藤岡琢也、松村達雄、熊倉一雄、坂倉春江、松村幸子、山田はるみ、小鹿敦、田島義文
1969年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
ブラボー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  加山雄三、大矢茂

江原達怡、加山雄三                  ブラボー!若大将

映画「ニュージーランドの若大将」

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
ジェシカ・ピータース、加山雄三              酒井和歌子

今回は福田純監督1969年製作「ニュージーランドの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第14作(社会人編の第2作)で、前作「フレッシュマン若大将」からは半年後の公開だったが、加山雄三さんの実年齢に近づけるために2年間の海外赴任をしていたという設定で、ニュージーランドとオーストラリアで長期ロケが敢行されたそうだ。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
田中邦衛                   江原達怡、飯田蝶子、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は2年間のオーストラリアの駐在生活を出勤前にシドニー湾でクルージングするなどエンジョイしていたが、急遽本社の日東自動車からの命令で帰国することになる。帰国早々の空港でライバル会社が出迎えた外国人を追おうとして偶然にニュージーランド産業振興会に勤める森川節子(酒井和歌子)と同じタクシーに乗り合う。節子から当の外国人がニュージーランドの実業家オハラ氏であることを知る。宣伝課に配属された雄一は、藤原課長(藤岡琢也)のもと同期入社の小山(小鹿敦)や大島昌子(岡田可愛)と会社に出入りする大学時代からの悪友で旅行代理店・世界航空社長の青大将こと石山(田中邦衛)らと楽しく再会を祝うのだった。雄一が再び出逢った節子に目をつけた青大将は猛烈にアタックをし始め、雄一にはモデルの朝吹マリ(中山麻里)が言い寄る始末。一方、実家の鋤焼き屋・田能久でも父親(有島一郎)が支店をおろそかにして女性にのめりこんでいることにおばあちゃん(飯田蝶子)や妹と大学時代からの親友の江口の夫婦(中真千子、江原達怡)らは怒り心頭である。そんな折、ニュージーランドでのライバル会社の攻勢に対抗するため雄一は、肉の買い付けのために同行する江口とともにニュージーランドに飛ぶことになった。そんな雄一を追って節子も、また節子について青大将もニュージーランドに赴くのだった。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
有島一郎、加山雄三                 藤岡琢也、加山雄三

題名:ニュージーランドの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:宇野晋作
照明:佐藤幸次郎
録音:田中信行
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:高橋昭治
小道具:杉本茂、田代昭男、高津幸一
装置:蜷川修治
電飾:山口清
衣裳:田辺城三
結髪:上田美穂子
記録:小林孝子
編集:岩下広一
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ニュージーランド若大将」「氷河の上を」
現像:東京現像所
製作担当:橋本利明
製作進行:西川紀之
演技事務:衣川一夫
監督助手:大森健次郎
監督助手:橋本幸治、今村一平
撮影助手:伊地智昭亘、五十畑幸勇、中尾成雄、関口芳則
照明助手:荒井定邦、村上修一、兼田晴雄、山口正春、斉藤進、増田勲、三上鴻平、山崎惣一郎
録音助手:大庭弘、金田清俊、川島洋次、里埜厚郎
美術助手:小方一男、本田清方、櫻木晶
宣伝:中須英男
協力:パンアメリカン航空、日産自動車
スチール:橋山直己
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、有島一郎、江原達怡、佐野周二、藤岡琢也、岡田可愛、小鹿敦、中山麻理、飯田蝶子、中真千子、うつみみどり、なべおさみ、ジェシカ・ピーターズ、コロンビア・トップ・ライト
1969年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー85分35mmフィルム
ニュージーランドの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
酒井和歌子                     酒井和歌子、加山雄三

1 2 3 6