映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

映画「不良番長 王手飛車」


梅宮辰夫                     不良番長 王手飛車

今回は内藤誠監督1970年製作「不良番長 王手飛車」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第6弾になる。
第1作「不良番長」のチーフ助監督を務めていた内藤誠さんが、1969年「不良番長 送り狼」に続いて監督した作品である。



菅原文太                        榊原史子

【ストリー】
不良グループ・カポネ団は出所後、解散して正業についていたが、女子大総長の学者(由利徹)の提案で経営コンサルタントを開業した。口八丁の神坂(梅宮辰夫)らにとってうってつけの仕事で商売は大繁昌。神坂は小さな土建会社の社長になっている滝川(菅原文太)と数年ぶりに再会した。滝川は東亜開発の社長大崎(安部徹)にリベートを贈りマンション建設発注を受け、張切っていた。が、予定用地の買収は遅々として進まず、神坂が買収交渉を引き受けた。なかでも、印刷工場の女主人飯塚秋子(榊原史子)と職人の桜井(山城新伍)は頑強な反対者だった。秋子は交渉を有利にしようとした滝川に200万円の手形をパクられ、金策に苦慮していた。秋子に惚れた神坂は200万円用立てる約束をし、大崎から脅し取った。一方、滝川建設にマンション建設の入札で破れた大門組々長は、大崎と滝川のからくりを知ると、大崎を強迫、東亜開発の工事を一手に引きうけた。大門の買収交渉は一層強暴で、桜井は重傷、秋子も仕事が出来なくされた。夢を砕かれた滝川は、東亜開発が売り出そうとするマンションを一足先に売り稼ぎまくった。大門組の報復はすさまじく、滝川の事務所は銃弾で蜂の巣、秋子の工場には爆弾、滝川は手に入れた金を奪われた。御殿場に集結した神坂以下カポネ団と滝川はゴルフに興じる大崎、大門一味を総攻撃、弾丸を見舞った。


梅宮辰夫、谷隼人                    梅宮辰夫、由利徹

題名:不良番長 王手飛車
監督:内藤誠
企画:吉田達、矢部恒
脚本:松本功、山本英明
撮影:星島一郎
照明:大野忠三郎
録音:広上益弘
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:長沢嘉樹
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:伊藤俊也
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、菅原文太、谷隼人、由利徹、榊原史子、夏珠美、渡辺文雄、山城新伍、長沢純、鈴木ヤスシ、藤岡重慶、安部徹、人見きよし、大泉滉、小林稔侍、相馬剛三
1970年東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
不良番長 王手飛車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山城新伍                      鈴木ヤスシ、長沢純

渡辺文雄                            菅原文太

不良番長 王手飛車

映画「県警対組織暴力」


菅原文太                       松方弘樹

今回は深作欣二監督1975年製作「県警対組織暴力」をピックアップする。
当時の東映は、実名映画化した1973年「山口組三代目(山下耕作監督 出演:高倉健、菅原文太)」1974年の「三代目襲名(監督:小沢茂弘 出演:高倉健、渡瀬恒彦)」が大ヒットし、山口組への対策を強化し始めていた兵庫県警が快く思わず、東映本社が家宅捜索され、岡田茂東映社長は警察に出頭を命じられた。これらの弾圧によって予定していたシリーズ三作目「山口組三代目 激突篇」の製作を断念した。その様な背景の中で、実名を出さず任侠を美化せず警察の腐敗を描いた本作が製作された。


梅宮辰夫                       成田三樹夫

【ストリー】
昭和32年。大原組内紛による倉島市のやくざ抗争は、反主流派・三宅組長の射殺と、大原組長の逮捕で一応終止符を打った。三宅派の友安政市(金子信雄)が組を解散後市会議員となってから市政の腐敗が目立ち、友安の可愛がる大阪の流れ者・川手勝美(成田三樹夫)が組を結成して以来、大原組の留守を預る若衆頭・広谷賢次(松方弘樹)との小競合が頻繁に起こるようになった。昭和38年。倉島署、捜査二課の部長刑事・久能徳松(菅原文太)は、暴力班のベテラン刑事として腕をふるっていたが、現在の警察機構では久能がどんなに実績をあげても、昇進試験にパスしない限り、警部補にはなれない。彼の10年先輩の吉浦部長刑事(佐野浅夫)がそのいい見本であった。二人はそれぞれ、やくざを取締るにはやくざの分際まで落ちなければ職務を全うできないと心得ていた。久能は6年前、三宅組長を射殺した広谷の犯行を見逃してやって以来、二人は固い絆で結ばれている。今度も久能は友安が川手組の縄張り拡張のために職権乱用した事をつきとめ叩きつぶした。倉島地区の暴力取締り本部が再編成されることになり、県警本部から若手エリート警部補・海田昭一(梅宮辰夫)が赴任した。海田は、法に厳正、組織に忠実、やくざとの私的関係を断つ、と、三点をモットーに本部風を吹かせた。海田のやり方に反撥した吉浦は退職した。時同じくして久能は妻の玲子(中原早苗)に離縁状を叩きつけられた。数日後、吉浦は川手組の顧問となり、久能は捜査班から遠ざけられた。翌日、大原組長出所祝いの花会で大原は再び逮捕され、組の解散を迫られた。これらは友安に買収された海田の描いた絵図だったが、追いつめられた広谷は久能を責めた。そして海田に反抗した久能は自宅待機を命ぜられた。一方、窮地に立たされた広谷は、吉浦をホテルに監禁し、海田と取引きした。これを無視した海田は、久能に広谷説得を要請した。自らの意志で広谷に接近した久能は、川手組の解散、広谷等の減刑、という条件で自首を納得させた。「花道じゃけん、カッコつけさせてくれ」と言って久能に手錠をはずさせた広谷は、突然海田の拳銃を奪うと車に飛び乗った。久能は腰の拳銃を抜きざま広谷の頭部を射った……。
昭和40年。倉島署内の一派出所の巡査・久能徳松は、バイクで巡回中、接近して来た一台の乗用車にはねられ即死、交通事故として処理された。


金子信雄                        池玲子

題名:県警対組織暴力
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:赤塚滋
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:井川徳道
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美容・結髪:東和美粧
衣装:岩道保
技斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:真沢洋士
監督補佐:皆川隆之
助監督:藤原敏之
演技事務:森村英次
スチール:木村武司
出演:菅原文太、梅宮辰夫、松方弘樹、池玲子、成田三樹夫、山城新伍、中原早苗、室田日出男、佐野浅夫、藤岡重慶、鈴木瑞穂、田中邦衛、金子信雄、安部徹、小松方正、汐路章、川谷拓三、曽根晴美
1975年日本・東映/シネスコサイズ・カラー100分35mmフィルム
県警対組織暴力 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川谷拓三                       菅原文太

1 2