映画「リオの若大将」

「リオの若大将」星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                          星由里子

今回は岩内克己監督1968年製作「リオの若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第12弾の本作は、若大将がフェンシング競技に参戦する。1961年に「大学の若大将」でスタートした本シリーズの大学生編最終作になり、次作「フレッシュマン若大将」より社会人編になる。本作のリオデジャネイロ・ロケは、スケジュールの関係で、加山雄三さん・中尾ミエさん・田中邦衛さん・ランチャーズは渡航しているが、星由里子さんのリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されたそうだ。封切り時の併映は「年ごろ(監督:出目昌伸 出演:内藤洋子、黒沢年男)」であった。

リオの若大将リオの若大将
中尾ミエ                         田中邦衛

【ストリー】
京南大学の若大将田沼雄一(加山雄三)は、恩師平山博士(宮口精二)の助手としてリオ・デ・ジャネイロの造船所に招待され、ご機嫌な毎日を送っていた。その上リオ滞在最後の晩、技師長、谷村(北沢彪)に案内された日本料理店で押田澄子(星由里子)に出会った。澄子は東京極東観光の営業部員で、在留邦人に日本旅行のPRに来ていた。そして接待中の客が急病で倒れた時、それを救ってくれた雄一に好意をもつようになった。東京に帰った雄一は、谷村の娘江美子(中尾ミエ)に谷村から預った手紙を届けた。江美子は清明女子大に在学中で、大学バンド合戦を前に闘志を燃やしていた。二人は負けた方が食事をおごる約束をした。だが、雄一のバンドは青大将の演奏ミスで江美子のバンドに敗退。声援にかけつけた澄子を前に、江美子と約束のデートに出かけなければならなかった。夏休み、雄一は平山教授の代理で再びリオに行くことになった。ところが機内で、父親のもとに帰る江美子とバッタリ。雄一に気のある江美子は、豪華な観光旅行に招待した。コパカバーナの浜辺にやって来た二人は、そこでランチャーズの面々に出会ってビックリ仰天。青大将(田中邦衛)が演奏旅行と称し、連中を連れてきていたからだった。無一文のランチャーズ。雄一はリオのクラブでアルバイトをはじめた。そこで澄子と再会したか、ハレンチな青大将の横やりが入って、二人のデートもむちゃくちゃ。心と心は結ばれながら、雄一には江美子、澄子には現地の有力者宇野の孫一郎(久保明)と別のカップルが出来上ってしまった。ある日、雄一に造船会社から就職試験の合格通知が届いた。「田能久」の跡とりが店をつがないと父親の久太郎(有島一郎)は烈火のごとく怒ったが、おばあちゃん(飯田蝶子)が雄一の肩をもちその場はおさまった。雄一の学生生活最後の試合のフェンシング大会が近づいてきた。雄一は邪念をはらうため豪海和尚(今東光)の寺にこもり修業、見事優勝の栄誉に輝いた。やがて卒業式がやってきた。そこには、田能久の婿養子を決意した江口(江原達怡)、それに澄子から愛をうちあけられた雄一の晴れやかな顔があった。

リオの若大将リオの若大将
加山雄三、江原達怡                 有島一郎、飯田蝶子、中真千子

題名:リオの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:石井長四郎
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:村木忍
小道具:杉本茂
結髪:藤本美穂子
記録:梶山弘子
編集:小川信夫
音楽:服部克久 主題歌:加山雄三「ある日渚に」「シェリー」中尾ミエ「恋のさだめ」「シェリー」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:根津博
製作進行:森知貴秀
演技事務:吉竹悠一
助監督:高橋薫明
監督助手:大森健次郎、河崎義祐
撮影助手:市原康至、松尾民夫
照明助手:羽田昭三
録音助手:小川恵正
美術助手:櫻木晶
小道具助手:秋元和男、武富光弘
宣伝:白井泰二
協力:パンアメリカン航空、石川島播磨重工業
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、中尾ミエ、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、久保明、藤木悠、宮口精二、浦島千歌子、松原光子、小林夕岐子、北沢彪、中村伸郎、左卜全、内田裕也、今東光
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー104分35mmフィルム
リオの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

リオの若大将リオの若大将
久保明、星由里子              飯田蝶子、左卜全、加山雄三
リオの若大将リオの若大将
北沢彪                           内田裕也
リオの若大将リオの若大将
今東光                         加山雄三、星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                      加山雄三、星由里子

リオの若大将

映画「ハワイの若大将」


加山雄三                        星由里子

今回は福田純監督1963年製作「ハワイの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第4作になる。ロケーションは、ハワイ・ワイキキビーチ、ホノルル国際空港、ポリネシアン・センター、アラワイ・ヨットハーバー、カラニアナオレ・ハイウェイ76号線、61号線、ヒルトン・ハワイアンビレッジなどで行われた。1963年8月、劇場公開時の同時上映作品は「マタンゴ」だった。


田中邦衛、ニ瓶正也、加山雄三            上原謙、左卜全

【ストリー】
京南大学ヨット部のキャプテン・若大将こと田沼雄一(加山雄三)は練習中、中里澄子(星由里子)の操るモーターボートに衝突され、ヨットの修理費捻出のためダンス・パーティを計画した。券を売り歩くうち、先輩平岩(中丸忠雄)と同じ化粧品会社の宣伝課に働く澄子と再会する。パーティが盛会だったのは、ヨット部入りを条件に青大将こと石山(田中邦衛)が券を買い占めてくれたからだ。学期末試験の日、雄一は青大将に答案を見せたことがバレて停学処分となり、父親(有島一郎)から勘当された。他方、父新介の指金でハワイの古屋老人に身柄を預けられ同地の大学に入ることになった青大将は、又もやカンニングが露顕して不合格。新介の懇望もだしがたく雄一は青大将をつれ戻すためハワイに向った。だが、青大将は古屋家を飛び出したあと、パスポートと財布を紛失して途方にくれている雄一に、ジェーン上田(ハヌナ節子)が10ドル紙幣を恵んでくれた。化粧品の宣伝のためハワイにきていた澄子と夏子に会い、雄一は地獄の仏の思いだ。翌日から青大将探しにかかり、やっと豪華なヨットにトグロを巻いていることが判った。奇縁にもジェーンの父・上田(上原謙)のヨットであり、彼女は古屋老人(左卜全)の孫娘でもあった。日本へ帰る旅費を作るため、雄一と青大将は古屋老人の経営する食堂で働くが、青大将は、澄子が雄一に心をよせているのに気がつかず夢中になった。そんなある日、澄子は赤まむしと異名をとった赤塚(堺左千夫)とドライブに出かけた。ハイウェイを突ッ走るスポーツカーを、雄一と青大将が追った。


中丸忠雄                        平田昭彦

題名:ハワイの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、角田健一郎
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:内海正治、西垣六郎
照明:金子光男、西川鶴三
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:竹中和雄
大道具:大谷益夫
背景:菅道男
衣裳:高畑耕次郎
技髪:山田順二郎
化粧:加瀬満江
編集:藤井良平
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ハワイの若大将」「ラブリー・フラ・ガール」
現像:東京現像所 合成:泉実
製作担当:成田貫、井上卓之
製作進行:田代秀雄
製作経理:石井幸一
製作宣伝:白石剛敏
助監督:長野卓
監督助手:坂野義光、大森健次郎、松本正志
美術助手:本多好文、大竹久彌、白木勝彦
大道具助手:小川峰雄、坂口隆喜、山崎三郎、市村文雄、柴田馨、萩原昭広、阿久津近雄、斎藤光
協力:パンアメリカン航空
スチール:岩井隆志、秦大三
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、中真千子、上原謙、飯田蝶子、有島一郎、中丸忠雄、平田昭彦、藤木悠、ニ瓶正也、左卜全、江原達怡、堺左千夫、柳川慶子、ハヌナ節子
1963年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
ハワイの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハワイの若大将                   星由里子、加山雄三

加山雄三                      ハワイの若大将 

映画「日本一の若大将」


「日本一の若大将」星由里子

加山雄三                       星由里子

今回は福田純監督1962年製作「日本一の若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第3作になる。ロケーション撮影は、横浜、芦ノ湖、芦ノ湖箱根園、大和証券本社、神宮絵画館前、青山通り、恵比寿、渋谷、用賀、桜新町、外苑橋、横浜、三ツ沢公園陸上競技場で行われているが、現在の変貌に場所が分からなかった。


藤山陽子                       加山雄三、田村奈己

【ストリー】
われらが若大将・田沼雄一(加山雄三)はスキヤキ屋“田能久”の一人息子。京南大学4年生でマラソン部のキャプテンだ。秋の全日本マラソン大会を控えてトレーニングに余念がない。マネジャーの江口(江原達怡)が実家からの仕送りがストップして弱っているのを見て、雄一は、“田能久”へ住み込みアルバイトをさせてやった。ある日、マネジャーをバトンタッチされた青大将ことブルジョアの石山(田中邦衛)と銀座へ出た若大将は、メトロ運動具店の女店員中里澄子(星由里子)をカミナリ族から助け、澄子にひと目惚れした石山は400万円のモーターボートを注文してしまう。一方、“田能久”で働く江口は若大将の妹照子(中真千子)に首ったけ。それを知った若大将は父のお膳立てした照子の見合いをブチこわし二人を結ばせてやる。そこへ青大将が小遣いを使いすぎて勘当されたといって転がり込んできた。青大将がボートの残金を払わないので澄子が困っているのを知って、若大将が払ってやった。気前のよいおりき婆さん(飯田蝶子)が父(有島一郎)の銀行預金をこっそりおろしてくれた金だ。しかし、それがバレて若大将は勘当をいい渡された。夏休みがきて、芦ノ湖畔で合宿生活が始まった。月明の夜、近くのホテルへ仕事にきた澄子と若大将のボートが、愛の波紋を描いた。水上スキー・コンテストで優勝した若大将は、スポンサーの社長令嬢美幸(藤山陽子)から5万円の賞金をもらうが、悪質な週刊誌のトップ記事になったことから若大将と美幸の仲を誤解した澄子は、本当は大好きな若大将にそっぽを向いて、青大将とデートを重ねるのだった。やがて、全日本マラソン大会の日がきた。澄子への失恋の痛手のため、若大将の足はスタートから重かった。がすべてが誤解と知った澄子、父、おりき婆さんの必死の声援で、若大将は猛然とピッチをあげ、ゴールに飛び込んだのである。


中真千子、藤木悠               加山雄三、飯田蝶子、有島一郎

題名:日本一の若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:飯村正
照明:金子光男
特機:大隅銀造
録音:刀根紀雄
音効:西田多門
整音:下永尚
美術:村木忍
大道具:跡見昭、春山順一
装置:石井常男
小道具:神保昭治、樋口十九一、佐藤充
衣裳:栗原正次
結髪:伊奈圭子
殺陣:広瀬正一
記録:野上照代
編集:藤井良平
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「日本一の若大将」
現像:東洋現像所 合成:泉実
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:村上久之
助監督:坪島孝
監督助手:砂原博泰、和田嘉訓、千葉隆司
撮影助手:原一民、松田俊之、長谷川光広、近藤博幸
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進、市川裕、池田泰平、永井昇、金子盛、増田勲、小塩剛
録音助手:中沢与四郎、大庭弘、宮内一男
美術助手:志村恒男、櫻木晶、大谷淳三
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、星由里子、田村奈己、北あけみ、藤山陽子、中真千子、有島一郎、江原達怡、田中邦衛、飯田蝶子、上原謙、藤木悠、中丸忠雄、堺左千夫、左卜全、千石規子、一の宮あつ子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー95分35mmフィルム
日本一の若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミゼットに乗る星由里子さん                  木刀を持つ左卜全さん

中丸忠雄、田中邦衛                    日本一の若大将

1 2 3 4 7