映画「蜘蛛巣城」


三船敏郎                         山田五十鈴

今回は黒澤明監督1956年製作「蜘蛛巣城」をピックアップする。
シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた内容の本作は、製作日数・製作費共に破格のスケールで作られ、1957年1月15日に劇場公開された。富士山の2合目・太郎坊の火山灰地に、蜘蛛巣城の巨大なセットを建設し、城の内側は東宝撮影所近くの農場にオープンセットを組み、室内は所内でスタジオ撮影をしたそうだ。


三船敏郎、千秋実                     志村喬

【ストリー】
戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春(佐々木孝丸)を中に軍師小田倉則保(志村喬)ら諸将が北の館藤巻の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時(三船敏郎)と二の砦の三木義明(千秋実)が敵を破ったと報じた。主家の危急を救った武時と義明は主君に召され蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入った。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進むうち二人は一軒の小屋を見つけた。小屋の中から老婆(浪花千栄子)が現れた。驚く二人に老婆は「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をした。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられた。武時の妻浅茅(山田五十鈴)は冷い女。義明が森の予言を国春に洩らしたら一大事と、夫に国春を殺し城主になれと唆かす。悪魔のような囁きに武時は動揺するが、遂に国春を刺し蜘蛛巣城の城主となる。子のない武時は、予言に従いやがて義明の子義照を世継ぎにしようと考えた。ところが栄華の欲望にとりつかれた浅茅に反対され更に彼女が懐妊を告げて再び唆かすと武時は義明を討った。主君と親友を殺した武時は良心の呵責に半狂乱となり城中にも不安が漲った。大嵐の夜、浅茅は死産し重態に陥った。と、その時、一の砦から使者が来て、武時の手を逃れた国春の一子国丸(太刀川洋一)を奉じて小田倉則保と義明の子義照(久保明)が大将となって城に押寄せたと告げた。凶報相次ぐ蜘蛛巣城内の部将たちは戦意も喪失したが武時は、ふと森の老婆を思い出し武運を占わせようと蜘蛛手の森に駈け入った。老婆が現われ、「蜘蛛手の森が動き城へ押寄せぬ限り武時は敗れぬ」と再び予言した。狂喜した武時は城に帰った。が将兵は依然不安に戦き浅茅は遂に発狂した。時も時、城内に叫びが起った。蜘蛛手の森が城に押寄せたというのだ。軍兵たちは武時に裏切者の声を浴びせ、恐怖のうち矢を射られ城から転落した。蜘蛛巣城に朝日が輝いた。動く森と見えたのは全軍木の枝で擬装した則保の軍勢であった。


浪花千栄子                        三船敏郎

題名:蜘蛛巣城
監督:黒澤明
製作:黒澤明、本木荘二郎
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」
脚本:小国英雄、橋本忍、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一
照明:岸田九一郎
録音:矢野口文雄
音効:三縄一郎
特殊技術:円谷英二、東宝特殊技術部
美術:村木与四郎 美術考証:江崎孝坪
小道具:浜村幸一
衣裳:森太樹
結髪:松本好子
美髪:山田順二郎
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:東宝現像所
製作担当:根津博
チーフ助監督:野長瀬三摩地
監督助手:清水勝弥、田実泰良、金子敏治、佐野健、坂野義光
撮影助手:斎藤孝雄、梁井潤
照明助手:羽田昭三
録音助手:上原正直
美術助手:本多好文
経理担当:橋本活道
スチール:副田正男
流鏑馬指導:金子家教(大日本弓馬会藩士)
出演:三船敏郎、山田五十鈴、志村喬、千秋実、久保明、太刀川洋一、浪花千栄子、佐々木孝丸、上田吉二郎、藤木悠、土屋嘉男、稲葉義男、井上昭文、小池朝雄、木村功、宮口精二、中村伸郎
1956年日本・東宝/スタンダートサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
蜘蛛巣城 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎                         蜘蛛巣城

映画「花のお江戸の無責任」


植木等                            谷啓、植木等

今回は山本嘉次郎監督1964年製作「花のお江戸の無責任」をピックアップする。
時代劇シリーズ第2作めの本作は、戦前から榎本健一主演時代劇を撮り続けた大御所・山本嘉次郎監督が「鈴ヶ森」「助六」などといった歌舞伎のエピソードを散りばめた内容にしたそうだ。クレージー映画の他作品とは全く違うティストで楽しめる。


犬塚弘、ハナ肇、桜井センリ                  団令子

【ストリー】
父親を闇打ちされた古屋助六(植木等)は、仇討のために江戸へ向った。しかし相手の目印は、背中の刀傷だけという心ぼそさ。だが根っから陽性の助六は、そんなことは意に介さず「早いとこパッパッと勝負をつけて、半年ばかり楽しく江戸で遊んでこよう」と最高にゴキゲン。鈴ケ森にさしかかった助六は雲助に因縁をつけられている白井権八(谷啓)を「ブァーッ」と胸のすくタンカで助けだした。そこへ通りかかったのが、今売り出し中の侠客播随院長兵衛(ハナ肇)。助六と権八は、長兵衛の侠気にすっかり感激し、二人は長兵衛の家に居候することになった。ところが、長兵衛の女房おぎん(草笛光子)は大変な女。ちょっとでも逆らおうものなら長ぎせるでポカリ。あげくに二人は、吉原で石焼芋屋をやらされるはめになった。二人は夜桜で賑わう仲の町を「イシヤキイーモー」と世にも情けない顔をして歩くのだった。そんな二人だが、ある日長兵衛の留守中に助けを求めにきた、道具屋の娘お菊(藤山陽子)を白柄組から救けだして男をあげた。長兵衛からほうびにヒマをもらった二人は勇躍して吉原にくりこんだ。助六の目ざす相手は、今を盛りのおいらん揚巻(団令子)だ。そこへやってきたのが、白柄組の親分格髭の意休(進藤英太郎)だ。助六は、いやがる揚巻を口説きおとそうとする意休の前で威勢のいいタンカをきり揚巻の心をつかんだ。一方権八は、幼な友達小紫(池内淳子)を身受けしようと助六の金をゴマカシて貯めるのに大奮闘。そんなうちに助六は揚巻から意休の背中に刀傷があることを聞きだした。助六の求める仇は意休だったのだ。勇躍した助六は意休と対決、見事仇討を果した。折も折、長兵衛が白柄組との出入りで死に、助六が長兵衛の跡をつぐこととなって、目出度く仇討の幕は下りたのだった。


「花のお江戸の無責任」藤山陽子

藤木悠、田崎潤、有島一郎                       池内淳子

題名:花のお江戸の無責任
監督:山本嘉次郎
製作:藤本真澄、渡辺晋
原案:戸板康二
脚本:山本嘉次郎、田波靖男
撮影:遠藤精一
照明:平野清久
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:植田寛
編集:大井英史
音楽:萩原哲晶、宮川泰
現像:東洋現像所
製作担当:江口英彦
監督助手:児玉進
考証指導:中村芝鶴
スチール:山崎淳
出演:植木等、団令子、藤山陽子、草笛光子、池内淳子、谷啓、ハナ肇、進藤英太郎、犬塚弘、安田伸、桜井センリ、石橋エータロー、有島一郎、田崎潤、藤木悠、若水ヤエ子
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
花のお江戸の無責任 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


草笛光子                               進藤英太郎、植木等

映画「ホラ吹き太閤記」


「ホラ吹き太閤記」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は古澤憲吾監督1964年製作「ホラ吹き太閤記」をピックアップする。
本作はクレージー・キャッツの ”時代劇シリーズ” 第1弾で全4作が制作された。内容は植木等さん扮する木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉が、要領よく立ち回り出世していくサクセスストーリーだ。エキストラの数、合戦の空撮など撮影予算は大きい作品である。撮影の一部は、姫路城で行われたそうだ。


藤山陽子                                ハナ肇

「ホラ吹き太閤記」浜美枝

谷啓                                  東野英治郎

【ストリー】
時は戦国、無責任の世。三河の国の宿場町に、陽気な風来坊が現われた。その名は日吉丸(植木等)「今においらの天下がくるぞ、ブワーッと行こうぜ、イッチョかきまわせ……!」と吹きまくる進軍ラッパがあたりにこだました。これを聞き知った野盗の大親分・蜂須賀小六(東野英治郎)は彼の将来性に舌をまき、低姿勢で主従固めのサカズキ。これにこたえようと、日吉丸は奇策縦横の奮戦ぶり。しかし、大望をいだく日吉丸は、これに満足せず、参稼報酬として親分からまき上げた名刀村正を肩に、意気揚々とおさらばした。天下をとるには、優秀な大名に仕官するのが早道。そこで名だたるワンマン織田信長(ハナ肇)のもとで雑役夫として働くことになった。名も木下藤吉郎と変えて大張切り。そんな藤吉郎に厩番頭の娘・寧子(浜美枝)は首ったけだ。これにノボセあがった藤吉郎、無責任に赤ん坊をこさえて、寧子とスピード婚約。この大活躍が総大将信長に認められて、藤吉郎は、台所役人にとりたてられた。そして、ここでも、みごとに経費を3割も節約し、大いに面目をほどこした。この頃信長の清洲城は猛台風で大損害を受け、さらに敵方今川義元(藤田進)の放った忍者部隊にひっかきまわされ遅れほうだい。これを知ってかってでたのが藤吉郎。たちまち城を三日間で修理してしまった。これを知った今川義元、遅れてはならじと、一気に織田勢めがけて猛攻撃をかけてきた。が、ここでも藤吉郎、足軽頭として出陣し、敵を蹴ちらして大暴れ。みごとに敵将義元の首を討ちとる大殊勲をあげた。かくて藤吉郎、侍大将に取りたてられ、さらに飛躍的な前進を続けていくのであった。


有島一郎                                  草笛光子、谷啓

人見明                                      藤山陽子

題名:ホラ吹き太閤記
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、森田信
脚本:笠原良三
撮影:西垣六郎
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:北猛夫
振付:竹部董
編集:黒岩義民
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌:植木等「だまって俺について来い」
現像:東洋現像所
製作主任:島田武治
監督助手:清水勝弥
協力:国宝姫路城 管理事務所
スチール:岩井隆
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、谷啓、藤山陽子、草笛光子、藤木悠、有島一郎、東野英治郎、人見明、大友伸、田武謙三、青島幸男、潮万太郎、北川町子、藤田進、石黒達也
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー98分35mmフィルム
ホラ吹き太閤記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ホラ吹き太閤記」植木等                         ハナ肇

1 2 3 4 5 7