映画「座頭市鉄火旅」

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
勝新太郎                           藤村志保

今回は安田公義監督1966年製作「座頭市鉄火旅」をピックアップする。
1967年1月3日に公開された本作は、“座頭市”シリーズ”第15作目になる。仕込み杖を巡る逆転劇が、秀悦な演出でテンポ良く展開される秀作である。

座頭市シリーズ

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ                    勝新太郎、東野英治郎

【ストリー】
行方定めぬ旅の途中、座頭市(勝新太郎)は偶然、何者かに斬られた足利の親分庄太郎の最期を看取り、旅芸人の一行と共に足利にやってきた。庄太郎亡きあと、県の岩五郎(遠藤辰雄)の暴虐に足利の人は難渋していたが、市は岩五郎の賭場に現われ、イカサマの裏をかいて大金をせしめた。ただでは帰さぬと追う子分を見事な居合で斬った市は、居合わせた鍛冶屋の仙造(東野英治郎)の世話になることにした。元刀工の仙造は市の刀が師匠の作であること、そして刀の寿命が尽きていることを告げた。市は愕然とした。自分の命を守ってきた仕込みが、すでに折れかかっているというからだ。これを機会に堅気になれという仙造の勧めどおり、市は旅篭下野屋で働くことになった。そこには庄太郎の息子清吉(青山良彦)と姉のお志津(藤村志保)がいたが、実はお志津は仙造の実の娘で、庄太郎の養女だったのである。そのお志津に好色な関八州見廻役桑山(須賀不二男)が目をつけ、お志津の望みである庄太郎一家の再興を餌に近づいてきた。一方、仙造は一世一代の名刀を作ることを悲願に、20年ぶりに鋼を鍛えていたが、桑山はそれにも目をつけ、岩五郎に密かに狙わせていた。ある日、岩五郎の子分は仙造を殺し刀を奪っていってしまった。そのうえ、庄太郎一家を再興されては困る岩五郎は、清吉をも殺してしまった。しかも、お志津は桑山の許に連れていかれた。市は仙造の家に預けてあった仕込みを手にすると、桑山の屋敷に駈けつけ、桑山を斬ってお志津を救い出したが、その時、仙造が殺される前に、新刀を市の仕込みにすり替えていたのを知った。市は亡き仙造の心に感謝し、待ち受けるやくざ共を斬りまくり、岩五郎をも斬った。翌朝、誰にも告げずに、再び旅に発った市の手には、新刀の仕込みが握られていたのである。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
藤田まこと                       水前寺清子 

題名:座頭市鉄火旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:武田千吉郎
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、藤村志保、青山良彦、藤田まこと、水前寺清子、東野英治郎、春川ますみ、遠藤辰雄、須賀不二男、明星雅子、山下洵一郎、五味龍太郎
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
座頭市鉄火旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ、勝新太郎                    座頭市鉄火旅 

映画「悪名無敵」

悪名無敵
「悪名無敵」田宮二郎、勝新太郎
悪名無敵悪名無敵
勝新太郎                        田宮二郎

今回は田中徳三監督1965年製作「悪名無敵」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第11作になる。
今作の舞台は大阪であるが、逃避行は石川県の粟津温泉でロケーション撮影を行っている。このシリーズの面白さにキャスティングが良い事が挙げられるが、女親分役に藤村志保さん、売春婦役に八千草薫さんとは意表を付いていた。私は東映の任侠映画も観るが、拳銃と血糊を使わない明るい人情喜劇の”悪名シリーズ”も良いと思う。

悪名シリーズ

悪名無敵悪名無敵
八千草薫                         藤村志保

【訃報・追記】
映画・テレビに日本を代表する名女優として活躍した八千草薫さん(本名・谷口瞳)が2019年10月24日、午前7時45分、すい臓がんのため、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。88歳だった。遺志に沿ってこの日、少数の親しい関係者が集まる中、荼毘(だび)に付された。本人の希望により、お別れの会も開かれないという。関係者によると、亡くなる約2時間前まで、意識はしっかりしていたという。24日、午前6時ごろに看護士が朝の検診で病室へ。「変わったことは特にないわ」などと穏やかな会話が交わされ後、しばらくして、容体が急変。7時45分に帰らぬ人となった。

【ストリー】
悪名コンビの朝吉と清次は、スケコマシの常公に騙されて連れていかれた、家出娘お君を探して、夜のジャンジャン横丁にやって来た。案の定お君は売春組織の毒牙にかかり、すでに客をひかされていた。一計を案じた朝吉は何くわぬ顔でポン引常公の案内で、お君の客となった。一方の清次も、同じ宿の女朱実と一時を過した。女たちの悲しい境遇を知りお君と朱実を逃がす覚悟を決めた朝吉は、先に清次とお君を裏口から逃がし、みずからも得意の頭突きで追手をけちらして朱実とともに逃げだした。しかし清次はどうやらお君だけは逃がしたものの、自分は追手のライフル銃で負傷し捕まってしまった。そんなこととは知らぬ朝吉は、姿を見せぬ清次に心を残しながらも、常公、朱実を更生させようと、北陸のとある温泉場に向った。しかし表面は朝吉に従順な常公だったが、本心は朱実を大阪に連れもどそうとしていた。が、そんなこととは露知らず、朝吉は二人を連れて、片山津温泉にやってきた。そこで朝吉は素性の知れぬ女百合子に誘われるまま百合子と一夜を過ごした。が、翌日、百合子はかかってきた電話にあやつられるように姿を消した。朝吉も大阪へ帰り、すぐ先に帰した常公と朱実を下宿に訪ねた。だが今は二人の姿はなく、やくざ新湊組が手ぐすね引いて朝吉を待ちかまえていた。一方の清次は持前の弁舌で、今は新湊組にとりいりポン引をやっていたが、朝吉の危急を聞いて朝吉のもとにかけつけた。朝吉、清次らをとりまいた新湊組の先頭には、あの片山津の女百合子がいた。百合子は新湊組の女親分だったのだ。朝吉や清次の説得も功も奏せず、今やこれまでと二人は鉄挙をうならせた。が多勢に無勢、二人は力尽きあわやと思われた時、朝吉の侠気にうたれて改心した常公が、火を吹くガス熔接器を片手に助けにきた。形勢は逆転した。金を積んで許しを乞う新湊組に、札束をたたき返した朝吉は、百合子に売春組織を解散させることを約束させ、清次とともに、朝日の輝く街を去っていった。

悪名無敵悪名無敵
大杉育美                        千波丈太郎
悪名無敵悪名無敵
勝新太郎、花澤徳衛                 八千草薫、勝新太郎

題名:悪名無敵
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:川口隆
擬斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡徹
助監督:太田昭和
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、八千草薫、藤村志保、大杉育美、千波丈太郎、花澤徳衛、藤岡琢也、春戸田皓久、水原浩一、山本富士夫、平泉征七郎
1965年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
悪名無敵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「遠野物語」


原陽子                      仲代達矢、隆大介

今回は村野鐵太郎監督1982年製作「遠野物語」をピックアップする。
本作は柳田國男氏の「遠野物語」と阿伊染徳美氏の「わがかくし念仏」をペースに 岩手放送開局30周年記念映画として制作された。撮影は岩手県遠野市(南部曲り家・千葉家、旧宮守村)、山形県鶴岡市(湯殿山注連寺・七五三掛桜)のロケセットで行われたそうだ。


江波杏子                    滝田裕介、藤村志保、原陽子

【ストリー】
明治37年、日露戦争の頃。岩手県南部遠野郷の豪農、佐々木家の一人娘小夜(原陽子)は、17歳になった。この日、霊山・早池峰の麓の寺では、オシラサマの祭りが行なわれていた。オシラサマとは養蚕の神で、馬に乗り天に昇った玉依伝説以来の信仰である。その夜、佐々木家では旅の琵琶法師乙蔵(仲代達矢)を招いていた。澄んだ琵琶のひと打ちで始まる「清悦物語」。その琵琶の音に門の前でじっと耳を傾けていた若者がいる。3年間の兵役を終えて、いま帰ってきた武夫(隆大介)である。武夫の家は、かつては佐々木家と並ぶ豪農であったが、父の代で没落し、いまでは佐々木家の小作として働いている。武夫も帰って来た翌日から佐々木家の馬小作となった。厩舎には、長男初太郎(役所広司)が目をかけている白馬がいた。その白馬には不吉な印<星>があった。武夫の前に小夜が現われ声をかけるが、武夫は頭を下げるとそのまま行ってしまう。二人は子供の頃から許婚の間柄だったが、武夫の家の没落で自然消滅、それでも小夜の思いは変わらないようであった。やがて日露戦争が激しくなり、小夜には縁談が持ちこまれる。思いあまった彼女は、武夫に相談しようとするが「住む世界が違います」と突っぱねられた。早池蜂の八幡神社の祭りの日、佐々木家の白馬は神馬に見たてられ、そして遠野独特の神楽舞いが始まった。この数日後、小夜は草刈り場で働く武夫を訪ね本心を問うが、武夫は何も言わず帰ろうとした。その手を押さえる小夜、だが彼は小夜の手を振りほどくのであった。そこへやってきた初太郎に、乱暴されたと小夜は言う。その夜、彼女は厩舎をたずねた。闇の中の武夫は、初太郎に鞭で打たれて傷だらけだった。思わず後ずさる小夜を、武夫は初めて抱きしめた。この後、武夫の姿は村から消えた。そして、ある夜乙蔵が小夜を訪ね、武夫からの預り物だと言って美しい柄の着物がたたまれている包みを渡す。この日から小夜は、何か心に決めたようで、両親にはっきりと縁談を断り、粉雪の舞う中、裸足でお百度を踏む。怒った両親は娘を部屋にとじこめた。ある夜、厩舎の白馬が柵をこわして走りだし、小夜も武夫から贈られた晴着を着て原野へと走り出した。失踪に気づいた家の者たちは騒ぎだす。その頃、早池峰山の稜線には、青白い炎に包まれて疾駆する白馬があった。その背ではロシア戦線にいるはずの武夫が、純白の軍服に身を包み、しっかりと小夜を抱いていた。白馬はたてがみをなびかせて、天に向かって駆けぬけていった。


原陽子、仲代達矢                    役所広司

題名:遠野物語
監督:村野鐵太郎
企画:河野逸平、原正人
製作:太田俊穂、佐藤正之、村野鐵太郎
原作:柳田國男「遠野物語」、阿伊染徳美「わがかくし念仏」
脚本:高山由紀子
撮影:吉岡康弘
照明:山田和夫
録音:日吉裕治
音効:小倉信義
美術:間野重雄、神田明良
装飾:中道正伸
結髪:小田節子
衣装:新井喜一(京都衣装)
編集:諏訪三千男 ネガ編集:青木千恵
記録:宮崎信恵
音楽:姫神せんせいしょん
現像:東洋現像所
プロデューサー:菅原正、久原正之
製作担当:林秀樹
製作助手:北島和久、渡辺螢子
監督補:笠倉隆
撮影補:馬場順一
助監督:鈴木政信、吉岡敏朗
撮影助手:下元哲
照明助手:熊谷茂、浅井勉、大里耕治
美術助手:正田俊一郎
編集助手:磯谷実
琵琶指導:川野虎雄
俳優担当:北川義浩、進藤淳一
協力:岩手県、遠野市、和賀町、山形県朝日村
スチール:西川ひろし
出演:隆大介、原陽子、江波杏子、仲代達矢、藤村志保、滝田裕介、役所広司、片桐夕子、峰岸徹、川口敦子、井川比佐志、菅井きん、葉山良二、長岡輝子
第35回サレルノ国際映画祭グランプリ受賞
1982年日本/スタンダードサイズ・カラー110分35mmフィルム
遠野物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原陽子                    遠野物語

1 2 3