映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

映画「駅前旅館」


森繁久彌                         淡島千景、伴淳三郎

今回は豊田四郎監督1958年製作「駅前旅館」をピックアップする。
“駅前シリーズ”は、1958年から1969年まで東京映画で制作された喜劇である。
レギュラー陣はほぼ変わらず25作品が作られた。

【東京映画・駅前シリーズ】
1958年「駅前旅館」
1961年「喜劇 駅前団地」「喜劇 駅前弁当」
1962年「喜劇 駅前温泉」「喜劇 駅前飯店」
1963年「喜劇 駅前茶釜」
1964年「喜劇 駅前女将」「喜劇 駅前怪談」「喜劇 駅前音頭」「喜劇 駅前天神」
1965年「喜劇 駅前医院」「喜劇 駅前金融」「喜劇 駅前大学」
1966年「喜劇 駅前弁天」「喜劇 駅前漫画」「喜劇 駅前番頭」「喜劇 駅前競馬」
1967年「喜劇 駅前満貫」「喜劇 駅前学園」「喜劇 駅前探検」「喜劇 駅前百年」
1968年「喜劇 駅前開運」「喜劇 駅前火山」
1969年「喜劇 駅前桟橋」


フランキー堺                              淡島千景

【ストリー】
“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平(森繁久彌)は30年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山(フランキー堺)が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京(三井美奈)に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢(伴淳三郎)に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰(淡島千景)のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊(淡路恵子)--江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。--下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人(森川信)がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。


森繁久彌、三井美奈                         淡島千景、森繁久彌

題名:駅前旅館
監督:豊田四郎
製作:佐藤一郎
原作:井伏鱒二
脚本:八住利雄
撮影:安本淳
照明:石川緑郎
美術:松山崇
録音:渡会伸
編集:岩下廣一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所
製作主任:大久保欣四郎
製作補:金原文雄
助監督:廣沢栄
スチール:山崎淳
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、三井美奈、草笛光子、山茶花究、森川信、藤木悠、都家かつ江、若水ヤエ子、左卜全、多々良純、藤村有弘
1958年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー109分35mmフィルム
喜劇 駅前旅館 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


駅前旅館                            淡島千景、森繁久彌

映画「夜の診察室」


「夜の診察室」松坂慶子

松坂慶子                      峰岸隆之介(峰岸徹)

今回は帯盛迪彦監督1971年製作「夜の診察室」をピックアップする。
1942年から1971年まで存在した大映(大日本映画製作株式会社)末期の作品である。大映倒産後、徳間書店が2003年まで映画事業を引き継いだ。その後事業は角川映画に譲渡され、角川大映映画と称して現在に至っている。本作は、撮影所が映画を制作したプログラム・ピクチャー終焉を象徴する様な作品で、裸体描写はない。一方、日活は1971年からロマン・ポルノ制作で路線変更し、1988年まで作り続けた。

※ 日活ロマン・ポルノは、1971年11月にスタートし「団地妻 昼下りの情事(白川和子主演)」と「色暦大奥秘話(小川節子主演)」が第1作であった。


「夜の診察室」松坂慶子

真山知子                            高橋昌也、長谷川待子

【ストリー】
商品化されたセックスが氾濫する今日、人々は楽しみよりも苦しみを、喜びよりも悩みをもたらされる。この様な人人のために、あるマンションの一室に医学博士麻生周造(高橋昌也)が経営する性相談室がある。梢(松坂慶子)は大学で心理学を専攻している一方、その父の手伝いをしている女の子である。今日もまた、柳田民代(真山知子)が訪ねてきた。父が留守なため、梢は民代の話を聞いた。民代は夫の浩司(早川雄三)が性不能者であることをぶちまけ、その原因は、以前は住んでいた狭い家に妹と同居していたのに比べ、新しい広い家に移った今、二人では刺激が無さすぎるためと考え、浩司の従弟である自称ポルノ作家榊達郎(峰岸隆之介)に代役を頼んだり、いろいろ手段を用いるが矢張り駄目であったことなどを語った。翌日、麻生は気落ちした民代を慰めながら話を聞いている内、新しい家が原因だとわかり、今の寝室を元通りにするように薦めた。その夜は、柳田夫婦にとって素晴らしい夜であった。民代の電話を受けている間、中沢ルミコ(後藤ルミ)が入ってきた。ルミコの夫和彦(富川徹夫)は非常に嫉妬深く、眠る前には夫婦を手錠でつなぎ、昼間は二時間おきに電話するという非常識極まる男である。和彦の上司である殿村(藤村有弘)は、梢から中沢夫婦の問題を知らされ、和彦を麻生の所へ連れてきた。和彦は麻生に短小の悩みを話すが、それは和彦の思い違いであることがわかる。かくして、中沢夫婦にも素晴らしい二度目の新婚一夜がやってくる。数日後、梢は民代を観察している時知り合った榊と合い、性相談をしにくるいろいろな患者のことを自分自身のことの様に話したが、未経険者の耳学問とからかわれ、腹を立てた。そして榊を心理試験にかけるが、意外にも彼が選んだ写真は清潔なものばかりだった。梢は、真の愛情にうえている榊の心を知った。翌日、榊は、麻生が梢の父親だとも知らずに診察室にやってきて、死んだ妹を愛し、理想化していたため他の女性を愛せなかったが、初めて妹に似た人を愛したと告白し、それについてアドバイスを受けて帰っていった。その話を父から聞いた梢は、榊の後を追い、彼の胸に飛び込んでいった。


夜の診察室」松坂慶子

早川雄三                         藤村有弘

題名:夜の診察室
監督:帯盛迪彦
企画:林万夫
脚本:長谷川公之
撮影:中川芳久
照明:上原正一
録音:高橋温生
美術:山口煕
編集:中静達治
音楽:伊部晴美
現像:東京現像所
製作主任:井上信彦
助監督:伊藤昌洋
スチール:柳沢英雄
出演:松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)、高橋昌也、真山知子、藤村有弘、長谷川待子、小野川公三郎、早川雄三、小峯美栄子、富川徹夫、後藤ルミ
1971年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の診察室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松坂慶子、高橋昌也            松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)

夜の診察室

1 2 3 6