映画「拳銃無頼帖 電光石火の男」

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」赤木圭一郎
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎                     浅丘ルリ子

今回は野口博志監督1960年製作「拳銃無頼帖 電光石火の男」をピックアップする。
本作は、赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」に続く拳銃無頼帖シリーズ第二弾(全4作1960年制作)である。赤木圭一郎さんは、1959年に鈴木清順監督「素っ裸の年令」で初主演を果たし、20本以上の日活アクション映画に出演し、その風貌から”和製ジェームズ・ディーン”と呼ばれ人気を博したが、石原裕次郎さんの怪我で代役となって撮影に臨んだ「激流に生きる男(吉田憲二監督)」の日活撮影所内で撮影中、昼休憩時(1961年2月14日12時20分頃)に、ゴーカートを所内で運転中に操作を誤り、大道具倉庫の鉄扉に激突した。慈恵医大病院(狛江市)に緊急搬送されたが、1961年2月21日に21歳の若さで惜しまれて亡くなった伝説の映画俳優である。

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」浅丘ルリ子
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
二谷英明                        宍戸錠

【ストリー】
大津組の貞夫(杉山俊夫)と殺し屋の五郎(宍戸錠)が夕陽の燃える砂浜で対決した時、長身の男が現われて五郎の拳銃を吹き飛ばした。男が貞夫と共に姿を現わした時、大津組幹部の辰吉(高品格)は血相を変えた。男は3年前大津組親分仁作を闇討したハイライト興業の元幹部丈二(赤木圭一郎)だった。しかし射ったのは丈二ではなかった。仁作(菅井一郎)もそれは知っていた。丈二は足を洗うつもりで、ボス麻島(武藤章生)の身代りで刑務所に入った。だがこの町に残した恋人圭子(浅丘ルリ子)にひかれて帰って来た。丈二を愛していたが音沙汰の無いのを悲しんだ圭子は東京で警官をしている仁作の一人息子の昇(二谷英明)と婚約していた。圭子の心は乱れたが、丈二はきっぱり忘れることにした。昇が刑事部長としてこの町に赴任して来た。暴力追放を宣言した昇は早速ハイライト興業の根城を襲い、麻島を激怒させた。東京から昔五郎の情婦だった歌手のジーナ(白木マリ)が舞戻って来たが、丈二に熱を上げたジーナは別れ話をして五郎を怒らせた。麻島は五郎に丈二を消すことを命じた。圭子は昇と婚約を解消した。大津組のシマにある喫茶店「異邦人」が襲撃された。ハイライト興業の仕業とにらんだ大津組も、警察も色めき立った。昇の忠告もきかず、怒った仁作はハイライト興業と対決することを決意した。暴力団狩りが始まり、麻島の乾分が次々と検挙された。昇の暗殺を五郎に頼んだが丈二が引き受けた。丈二の真意を知る麻島は五郎に丈二と昇を両方殺すことを命じたが、丈二は昇をかばって難を逃れた。その夜の深更、大津組とハイライト興業は、第三波止場のB倉庫で決戦することになった。麻島らが奇襲を企てて待ち伏せる波止場に丈二の姿が現われた。兇弾が火を吐く。しかし丈二は子分達の手首を鮮やかに射落した。五郎が挑んだ。しかし五郎の胸を射抜いたのは丈二ではなかった。ジーナだった。ジーナも五郎の弾丸に倒れた。B号倉庫に大津組がなだれ込んだのと、昇の指揮する警官隊が突入したのは同時だった。麻島らは残らず縛についた。さん然と輝き出した海を、丈二と圭子はいつまでも見つめていた。

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
白木マリ                      宍戸錠、藤村有弘

題名:拳銃無頼帖 電光石火の男
監督:野口博志
企画:浅田健三
原作:城戸禮
脚本:松浦健郎
撮影:永塚一栄
照明:河野愛三
録音:高橋三郎
美術:小池一美
特技:天羽四郎
技斗:高瀬将敏
音楽:山本直純 主題歌:赤木圭一郎「野郎泣くねえ」「夕日と拳銃」
記録:小林圭子
編集:辻井正則
現像:東洋現像所
製作主任:山野井政則
助監督:宮野高
色彩計測:上田利男
出演:赤木圭一郎、浅丘ルリ子、二谷英明、宍戸錠、白木マリ、藤村有弘、菅井一郎、吉永小百合、高品格、武藤章生、杉山俊夫、嵯峨善兵、志方稔
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、吉永小百合、杉山俊夫          杉山俊夫、高品格
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、浅丘ルリ子             拳銃無頼帖 電光石火の男

映画「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹                       宮園純子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
宮園純子

今回は鷹森立一監督1969年製作「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」をピックアップする。
“夜の歌謡シリーズ第5作”である本作は、青江三奈さんのヒット曲”長崎ブルース”をバックに、ムードで綴る歌謡シリーズという内容だ。大原麗子さんが美しい。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
梅宮辰夫                       大原麗子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
大原麗子

【ストリー】
クラブ・エリートのナンバーワン・ホスト浜崎史郎(松方弘樹)は、新宿でまだあどけなさの残る少年水野清志(谷隼人)を拾った。清志はテレビタレントを志望していたが、史郎の甘言に乗り、クラブのセリに出されてしまった。しかし、純情型の清志は最高値で落札され、いつしかホストとしての腕をあげていった。清志の姉直美(宮園純子)が上京したのはそんな折だった。直美は清志を説得して長崎へ連れ戻そうとしたが、高収入の仕事を捨てようとはしなかった。直美は史郎にも懇願したが、史郎のプライドを傷つけてしまった。激怒した史郎は、直美に襲いかかったが、彼女の気品にふれ自分の行為を後悔した。やがて、史郎は清志から直美の結婚話を聞かされ、長崎に発った。そして、婚約者の布施(梅宮辰夫)に直美と関係のあったことを告げた。直美は布施から蔑視され、絶望の余り自殺をはかった。その直美を死から救ったのは史郎だった。だが、復讐に燃える布施はゴロツキを雇い、史郎に重傷を負わせた。誠心誠意の看護を続ける直美。二人が婚約したのはそれから間もなくのことだった。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
谷隼人                        白木マリ

題名:夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
監督:鷹森立一
企画:園田実彦、吉峰甲子夫
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:加藤勇次
装飾:武井正二
擬斗:日尾孝司
記録:山之内康代
編集:田中修
音楽:伊部晴美 主題歌:青江三奈「長崎ブルース」「新宿サタデーナイト」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:山口和彦
スチール:加藤光雄
出演:松方弘樹、宮園純子、青江三奈、大原麗子、谷隼人、梅宮辰夫、白木マリ、西岡慶子、藤村有弘、曽我町子、若水ヤエ子、長沢純、宮内洋、人見きよし、曽根晴美、大泉滉、高宮敬二
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹、青江三奈                梅宮辰夫、松方弘樹
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース

映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

1 2 3 7