映画「バージンブルース」


秋吉久美子                      清水里絵

今回は藤田敏八監督1974年製作「バージンブルース」をピックアップする。
撮影は1974年10月7日~11月9日に行われ11月19日に東洋現像所(現イマジカ)で初号試写、22日から「あばよダチ公」との併映で、全国日活系劇場で公開された。


秋吉久美子、長門裕之                 高岡健二

【ストリー】
お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、畑まみ(秋吉久美子)と小林ちあき(清水理絵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員、橋本誠(高岡健二)の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒に着いていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみに着いて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の秋山正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。


秋吉久美子、林ゆたか                  野坂昭如

題名:バージンブルース
監督:藤田敏八
企画:栗林茂
製作:伊藤亮爾
脚本:内田栄一
撮影:安藤庄平
照明:松下文雄
録音:紅谷愃一
美術:横尾嘉良
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:武川行秀、ミッキー吉野 主題歌:野坂昭如「バージンブルース」
現像:東洋現像所
製作担当:青木勝彦
助監督:八巻晶彦
色彩計測:田村輝行
スチール:井上俊康
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水里絵、高岡健二、林ゆたか、赤座美代子、多々良純、加藤嘉、吉井亜樹子、田中筆子、白石奈緒美、松井康子、野坂昭如
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
バージンブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田敏八監督(中央)                  秋吉久美子

映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

映画「タンポポ」


「タンポポ」山崎努、渡辺謙、加藤嘉、桜金造、安岡力也

宮本信子                         山崎努

今回は伊丹十三監督1985年製作「タンポポ」をピックアップする。
本作は、売れないラーメン屋を立て直す物語だが、本筋とは無関係ない食にまつわるエピソードが唐突に入り込んで来る構成になっている。モデルとなったラーメン店は、東京荻窪の”佐久信”を下書きにしたとされている。
2008年に本作をオマージュしたロバート・アラン・アッカーマン監督によるハリウッド映画「ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)」が制作され、山崎努さんも出演している。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「タンポポ」宮本信子

役所広司                        岡田茉莉子

【ストリー】
雨の降る夜、タンクローリーの運転手、ゴロー(山崎努)とガン(渡辺謙)は、ふらりと来々軒というさびれたラーメン屋に入った。店内には、ピスケン(安岡力也)という図体の大きい男とその子分達がいてゴローと乱闘になる。ケガをしたゴローは、店の女主人タンポポ(宮本信子)に介抱された。彼女は夫亡き後、ターボー(池内万平)というひとり息子を抱えて店を切盛りしている。ゴローとガンのラーメンの味が今一つの言葉に、タンポポは二人の弟子にしてくれと頼み込む。そして、マラソンなど体力作り、他の店の視察と特訓が始まった。タンポポは他の店のスープの味を盗んだりするが、なかなかうまくいかない。ゴローはそんな彼女を、食通の乞食集団と一緒にいるセンセイ(加藤嘉)という人物に会わせた。それを近くのホテルの窓から、白服の男(役所広司)が情婦(黒田福美)と共に見ている。“来々軒”はゴローの提案で、“タンポポ”と名を替えることになった。ある日、ゴロー、タンポポ、ガン、センセイの四人は、そば屋で餅を喉につまらせた老人(大滝秀治)を救けた。老人は富豪で、彼らは御礼にとスッポン料理と老人の運転手、ショーヘイ(桜金造)が作ったラーメンをごちそうになる。ラーメンの味は抜群で、ショーヘイも“タンポポ”を町一番の店にする協力者となった。ある日、ゴローはピスケンに声をかけられ、一対一で勝負した後、ピスケンも彼らの仲間に加わり、店の内装を担当することになった。ゴローとタンポポは互いに魅かれあうものを感じていた。一方、白服の男が何者かに撃たれる。血だらけになって倒れた彼のもとに情婦が駆けつけるが、男は息をひきとった。--やがて、タンポポの努力が実り、ゴロー達が彼女の作ったラーメンを「この味だ」という日が来た。店の改装も終わり、“タンポポ”にはお客が詰めかけ、行列が続いた。ゴローはタンクローリーに乗ってガンと共に去っていく。


津川雅彦                         藤田敏八監督

題名:タンポポ
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:田村正毅
照明:井上幸男
特機:落合保雄
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:木村威夫
装飾:越智利治
小道具:小俣倉之助、毛尾喜泰
衣裳:小合惠美子、中山邦夫
結髪:小沼みとせり ヘアーメイク:雑賀健治
料理:石森いずみ、小川聖子
配役:笹岡幸三郎
擬斗:高瀬将嗣
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
音楽:村井邦彦
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
製作担当:川崎隆
製作進行:長田忠彦、岩下真司
演技事務:桜田繁
助監督:白山一城
演出助手:久保田延広、鈴木健二
撮影助手:笠松則通、伊藤栄美、茂呂高志、三森葉子
照明助手:加藤博美、斎藤志伸、町田修一、岡本幸典、関根謙一
録音助手:林大輔、柴山申広、葛木誠
美術助手:丸山裕司
編集助手:米山幹一
グラフィック・デザイン:佐村憲一
スチール:目黒祐司、宮本一郎
出演:山崎努、宮本信子、役所広司、渡辺謙、安岡力也、加藤嘉、桜金造、岡田茉莉子、大滝秀治、津川雅彦、竹内直人、橋爪功、大友柳太朗、黒田福美、藤田敏八、松本明子、池内万平
1985年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
タンポポ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


タンポポ

1 2 3 5