映画「ダイアモンドは傷つかない」


田中美佐子                       山崎努

今回は藤田敏八監督1982年製作「ダイアモンドは傷つかない」をピックアップする。
本作は、田中美佐子さんの映画デビュー作で演技力で高評価を得た作品。ベテラン俳優陣の中で溶け込んでいるのが凄い。
東陽一監督「ザ・レイプ」と共に女性映画二本立てとして公開された。


朝丘雪路                      加賀まりこ

【ストリー】
予備校の中年講師の三村(山崎努)に弓子(田中美佐子)は秘かに瞳れていた。ひょんなことから親しく話をする機会があり、薄汚れた駅前の食堂で三村は「男には、自分の傘に女を入れてやりたい奴と、自分が女の傘に入りたい奴と二通りある。俺は入れて貰うほうだ」と弓子に話した。その夜、二人は酔いつぶれて三村の愛人の和子(加賀まりこ)の部屋へ行った。弓子は和子に対して批判的な言葉を投げつけたが、三村に関る人がすべて傷ついていて、傷つきながらもそれぞれの愛を終らせようとはしていないことを知った。三村の家庭は妻の真知子(朝丘雪路)が数年来ノイローゼで、表面的にはうまくいっているように見えたが、虚構の家だった。弓子は志望校の早稲田大学に合格し、三村から高価な家具や指輪をプレゼントされた。50年たったら結婚しようという三村の言葉を理解しようとしながらも、彼を愛したことから始まった行場のない淋しさに疲れ始めていた。ある日弓子は、一人旅から帰って来た和子と会っている三村にばったり会い、なごやかそうな二人の姿を見て動揺してしまう。妻の真知子に電話を入れる三村を、弓子は力なく見ているだけだった。そして、「もう大人のふりはおしまい。秩序正しい大人の世界を崩してしまいました」と三村に別れを告げた。


石田えり                  田中美佐子、小坂一也

題名:ダイアモンドは傷つかない
監督:藤田敏八
企画:吉田達、岡田裕、残間里江子
製作:佐藤和之
原作:三石由起子
脚本:田中晶子
撮影:田村正毅
照明:梅谷茂
録音:柿沼紀彦
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:小島頼重
装飾:新井栄治
美粧:武藤佳子
衣裳:森脇茂
記録:小山三樹子
編集:西東清明
音楽:井上尭之 主題歌:バージン・ヴィズ「サントワナミィ」
現像:東映化学
製作主任:石川通生
助監督:田中雄二、高橋芳郎
演技事務:小越浩造
スチール:加藤光男
出演:田中美佐子、山崎努、朝丘雪路、加賀まりこ、小坂一也、石田えり、高瀬春奈、新井康弘、大林宣彦
1982年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー104分35mmフィルム
ダイアモンドは傷つかない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ダイアモンドは傷つかない」山崎努、田中美佐子

大林宣彦監督(特別出演)                朝丘雪路

映画「帰らざる日々」

帰らざる日々帰らざる日々
江藤潤                          水島敏行

今回は藤田敏八監督1978年製作「帰らざる日々」をピックアップする。
本作は、中岡京平氏の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」の映画化したもので、長期間にわたり長野県飯田市でロケーション撮影が行われた。劇中、映画を見るシーンで1971年製作の東映「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の高倉健さんと池部良さんが出演している。一部とは言え、日活映画で東映映画を見たのは始めてだが、その作品で日活専属俳優だった松原智恵子さんを東映に貸したからだったのだろうか。ちなみに松原智恵子さんは、1971年に日活の一般映画制作中断によりフリーになっている。

帰らざる日々帰らざる日々
浅野真弓                        竹田かほり

【ストリー】
早朝の新宿駅。飯田行き急行に乗りこむ野崎辰雄(永島敏行)の姿があった。父・文雄(草薙幸二郎)の突然の死が作家を志していた辰雄に6年振りの帰郷を促したのである。1972年、夏、辰雄の母、加代(朝丘雪路)は若い女のもとに走った夫、文雄と別居し母一人子一人の生活を送っていた。高校3年だった辰雄は溜り場の喫茶店の真紀子(浅野真弓)に思いをよせていた。そんな辰雄の前に真紀子と親しげな同じ高校の隆三(江藤潤)が現われた。マラソン大会があった日、辰雄は隆三に挑んだが、デッドヒートのすえ、かわされてしまう。数日後、辰雄の気持を知った隆三は、辰雄をからかうが、隆三と真紀子がいとこ同志とも知らず、むきになる辰雄に隆三は次第に好意を持つのである。卒業後、東京に出ようと思う辰雄、学校をやめて競輪学校に入る夢を持つ隆三、そして真紀子の三人は徐々に友情を深めていく。夏休み、盆踊りのあった晩、辰雄と隆三は真紀子が中村(中尾彬)という妻のいる男と交際しており、既に子供を宿していると知らされ、裏切られた気持で夜の街を彷徨い歩くのであった。翌日、二日酔でアルバイトをしていると、隆三が足に大怪我を負ってしまった。競輪への夢も終りである……。飯田に近づくと、辰雄は見送りに来ていた螢子(根岸とし江)が列車に乗っているのを見つけた。それは彼の母に会いたい一心の行為であり結局辰雄は螢子を連れていくことに決める。飯田に着くと、父は、隆三の運転する車で轢死したことを知らされる。隆三も重傷を負っており、昏睡状態の彼を前に、辰雄は6年前の苦い思い出を噛締めるのである。父の葬儀の夜、真紀子が北海道に渡ったことを知らされる。翌朝、かつて隆三と走った道を歯を食い締って走る辰雄と、その後を自転車で追う螢子の姿があった。

帰らざる日々帰らざる日々
根岸とし江                      朝丘雪路、中村敦夫、水島敏行

題名:帰らざる日々
監督:藤田敏八
企画:佐々木志郎、進藤貴美男
製作:岡田裕
原作:中岡京平「夏の栄光」
脚本:藤田敏八、中岡京平
撮影:前田米造
照明:新川真
録音:橋本文雄
美術:渡辺平八郎
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:石川鷹彦 主題歌:アリス「帰らざる日々」
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保朗、根岸吉太郎
色彩計測:鈴木耕一
スチール:井本俊康
出演:江藤潤、水島敏行、浅野真弓、竹田かほり、朝丘雪路、根岸とし江、吉行和子、中尾彬、中村敦夫、草薙幸二郎、加山麗子、丹波義隆、阿部敏郎、矢野宣、日夏たより、小松方正、成瀬正、若杉透、深見博、高品正広、木島一郎、大平忠行、大竹智子、川島めぐ、小見山玉樹、花田圭祐、青木久夫、槙文孝
1978年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
帰らざる日々 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

帰らざる日々帰らざる日々
中尾彬、浅野真弓                    加山麗子

映画「野良猫ロック 暴走集団’71」


「野良猫ロック 暴走集団’71」梶芽衣子

梶芽衣子                                                                   范文雀

今回は藤田敏八監督1970年製作「野良猫ロック 暴走集団’71」をピックアップする。
シリーズ最終作である本作は、これまでの野良猫ロックとは違う内容である。主演の梶芽衣子さん(振り子)が叛逆に絡まず受動的に描かれているのが残念だった。それにしても1970年の新宿西口の空地が多い事に、懐かしさを通り越して驚きだった。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


「野良猫ロック 暴走集団’71」梶芽衣子

藤竜也、原田芳雄                                                       地井武男

【ストリー】
新宿のある公園の芝生に、寝袋で眠るユーモラスな集団があった。この集団はピラニア(原田芳雄)をリーダー格に、レモン(司美智子)、シンコ(青木伸子)、振り子(梶芽衣子)、隆明(地井武男)、マッポ(藤竜也)などがメンバーの、新宿をさすらう陽気で奇抜なフーテンたちだった。振り子と隆明が、早起きしてじゃれあっているところへ、真っ黒なミリタリールックに身をかためた黒い親衛隊ブラックSSの5人組が突然現われた。このブラックSSは、地方の町のボスで隆明の父親でもある荒木義太郎(稲葉義男)が、家出をした隆明を連れ戻すために差し向けたものだった。抵抗した隆明は、はずみでSSの一人(安岡力也)を刺し殺したが強引に連れていかれてしまった。振り子は隆明を庇うため殺人の罪を被り、鑑別所に入れられてしまったが、隆明会いたさに仲間と脱走し、隆明のいる町へと向った。一方、ピラニアたちも振り子を守るため、町へと出発した。町へたどり着いた振り子は、SSに捕えられ、荒木邸の地下室に閉じこめられてしまった。これを嗅ぎつけたピラニアたちは、振り子を救い出すために、町外れの無人別荘にアジトを構えた。しかし、荒木を始めとする町の住人たちが、異様なフーテン集団を見逃すはずがなく、一体となってピラニアたちを攻撃し始めた。隆明も一旦は父親の荒療治に変心したものの、振り子への愛が再び甦り、振り子と共に荒木邸を脱出し、ピラニアたちが立て籠もる荒れ果てた鉱山へと向った。やがて、町ぐるみの荒木対ピラニアたちの壮烈な銃撃戦が始まる。降服しようとした隆明は総統(郷鍈治 )に射殺され、駆け寄った振り子もまた、銃弾に倒れた。ダイナマイトを手にしたピラニアが総統に抱きつき、自爆、荒木もそれに巻き込まれて死んだ。生き残ったフーテンたちはダイナマイトを投げつけ町の住人を追い払う。やがて、鉱山は静寂さを取り戻した。


「野良猫ロック 暴走集団’71」モップス

藤木孝、郷鍈治                   戸浦六宏、 稲葉義男

題名:野良猫ロック 暴走集団’71
監督:藤田敏八
企画:佐々木志郎
製作:笹井英男、岩澤道夫、真下武雄
脚本:永原秀一、浅井達也
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:杉崎喬
美術:千葉和彦
擬斗:渡井喜久雄
編集:丹治睦夫
音楽:玉木宏樹
現像:東洋現像所
製作担当:坂田則正
助監督:岡田裕
色彩計測:前田米造
スチール:浅石靖
出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也、范文雀、地井武男、司美智子、久万里由香、郷鍈治、藤木孝、戸浦六宏、稲葉義男、安岡力也、常田富士男、青木伸子、夏夕介、堺正章、モップス
1970年日本・ホリ企画制作+日活/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
野良猫ロック 暴走集団’71-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野良猫ロック 暴走集団’71                梶芽衣子、原田芳雄

野良猫ロック 暴走集団’71

1 2 3 6