映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「薄化粧」


「薄化粧」緒形拳

緒形拳、藤真利子                  浅野温子、緒形拳

今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。
本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「復讐するは我にあり」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。


川谷拓三                      大村崑、川谷拓三

【ストリー】
昭和23年、ある山奥の鉱業所。坂根藤吉(緒形拳)は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ(浅利香津代)、息子と3人で暮らしていた。そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子(浅野温子)に接近、親密な仲になる。そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ(宮下順子)とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代()にまで手を出そうとする。しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事(川谷拓三)、松井刑事(大村崑)の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。昭和27年、坂根は刑務所を脱走。以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ(藤真利子)と巡り合う。坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。


「薄化粧」緒形拳、浅野温子

緒形拳、浅野温子                    緒形拳、藤真利子

「薄化粧」藤真利子

題名:薄化粧
監督:五社英雄
製作:升本喜年、遠藤武志、西岡善信、宮島秀司、徳田良雄、高橋泰
原作:西村望「薄化粧」
脚本:古田求
撮影:森田富士郎
照明:美間博
録音:大谷巖
整音:星一郎
音効:本間明
美術:西岡善信
装飾:福井啓三
美粧:山崎邦夫
結髪:西林トミ
衣裳:松田一雄
特殊機械:西村伊三男
記録:野田多喜子
編集:市田勇
音楽:佐藤勝 主題歌:竹中直人、夏木マリ「MORE(追想)」
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
撮影機材:三和映材社、日本映機
製作主任:静川和夫
製作進行:西村維樹、酒井実
演技事務:内海透
助監督:南野梅雄
色彩計測:宮島正弘
照明助手:井上武
録音助手:小西進
美術助手:加門良一
編集助手:小磯真佐美
スチール:小山田幸生
出演:緒形拳、藤真利子、浅野温子、川谷拓三、竹中直人、柳沢慎吾、宮下順子、浅利香津代、大村崑、笑福亭松鶴、小林稔侍、菅井きん、花澤徳衛、萩原流行、松本伊代
1985年日本・五社プロダクション+映像京都+松竹/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
薄化粧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


竹中直人、緒形拳                  菅井きん、浅野温子

松本伊代                         緒形拳

映画「黒いドレスの女」


原田知世                        永島敏行

今回は崔洋一監督1987年製作「黒いドレスの女」最悪作品賞をピックアップする。
本作は北方謙三氏のハードボイルド小説を映画化したものだが、すこぶる退屈した。
これは原作の脚色が悪いのかどうか分からないが、全くおもしろくなかった。
俳優陣が全く生かされていない駄作である。


菅原文太                       藤真利子

【ストリー】
夜明け前の高速道路を朝吹冽子(原田知世)は歩いていた。彼女はBMWに乗ったヤクザっぽい男、アキラ(藤タカシ)に声をかけられる。大井競馬場。田村(永島敏行)と弁護士・山本(時任三郎)が庄司(菅原文太)というヤクザを外国に逃がす相談をしていた。庄司は田村の眼の前で腹を刺されてしまう。刺したのはアキラだった。それを遠巻きから冽子が見ていた。田村の経営するバーに、黒いドレスを着た冽子が現われた。彼女は静岡にいる田村の義理の妹、三井葉子(藤真利子)の知り合いでの店で働きたいと告げる。数日後、田村は冽子の手荷物から拳銃を発見した。それは葉子が冽子に渡したものだった。また、腹の傷が癒えた庄司もバーに転り込んで来、冽子と同居することになった。田村は相棒の立岡(室田日出男)と庄司の逃亡ルートを捜し始め、ルートが決まった日の夜、数人のチンピラが冽子を出せとやって来た。庄司の凄味に圧倒され、彼らは逃げだすが、危険を肌で感じた冽子はバーの二階から姿を消してしまう。冽子は六本木のディスコでアキラと再会した。そして、彼から庄司をどうしても殺らなくてはいけない理由を聞き、逃亡ルートが罠であることを知った。その事を電話で田村に知らせる冽子。葉子の家を訪れた田村は、彼女から冽子が7年前妻を殺したと思われる弁護士、野木原(中村嘉葎雄)に追われていることを聞かされた。また、刑事、大野(成田三樹夫)に呼びとめられ、冽子の義父、英一郎(橋爪功)が不審な死を遂げたことで彼女を追っていると知らされた。逃亡ルートを失った庄司は、暫く葉子の家に匿まわれることになった。彼女は庄司に、英一郎の愛人だったことを告げる。英一郎は野木原に入る金の流れを克明にメモしていた。そのメモの隠し場所を知っているのが冽子だった。田村の前に現われた冽子は、メモを野木原に二億円で売ることにする。メモは冽子が英一郎と暮らしていたマンションにあった。突如、葉子がメモを渡してほしいと冽子から返された拳銃を構える。冽子を追ってベランダに出た彼女は、英一郎を転落死させたことを告白した。怒った庄司が葉子を刺すが、同時に拳銃の弾が彼を射ち抜いていた。翌朝、約束の場所に野木原と彼に金を流していた田村の元同僚、和久田(本間優二)がやって来た。そして、田村と乱闘になるが、田村に呼ばれていた大野たちに逮捕される。田村が振り返ると冽子は2億円と共に姿を消していた。


成田三樹夫                       原田知世、菅原文太、永島敏行

題名:黒いドレスの女
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:北方謙三
脚本:田中陽造
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機 平山茂、加藤宏樹
録音:中野俊夫
音効:坂井三郎 リーレコ:杉本潤
美術:今村力、小澤秀高
装置:浜中一文
装飾:坂本享大、片岸雅浩、大庭信正、日高勇治 セット付:貫井健二
衣裳:山田実 スタイリスト:岡田玲子
ヘアー・メイク:中元睦子、松田和子、直江広武
特殊メイク:原口智生 特殊効果:納富貴久生
カー・スタント:TAKA
擬斗:國井正廣
配役:飯塚滋
記録:内田絢子
編集:冨田功
音楽:佐久間正英 音楽プロデューサー:石川光 主題曲:DIP IN THE POOL「Tambourine」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ、三和照明
現像:東京現像所
製作主任:杉崎隆行、坂本忠久
製作進行:市山隆治、松田時吉
演技事務:斎藤謙司
助監督:佐藤敏宏
監督助手:北浜雅弘、佐々部清、園田裕司
撮影助手:栢野直樹、田中潤、鍋島淳裕、細井淳一
照明助手:上田成幸、岡尾正行、豊見山明長、安藤和也、桜井雅章、林大樹
録音助手:楠本龍巳、武市英生、細井正次、菅沢直樹
美術助手:首藤千佳子
編集助手:堀口正則、田中慎二
宣伝:桜井弘道、鎌田真二
スチール:目黒祐司
出演:原田知世、永島敏行、菅原文太、藤真利子、成田三樹夫、室田日出男、一色彩子、橋爪功、中村嘉葎雄、時任三郎、本間優二、藤タカシ
1987年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー100分35mmフィルム
黒いドレスの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤真利子、永島敏行、菅原文太              黒いドレスの女

1 2