映画「愛のコリーダ」

愛のコリーダ愛のコリーダ
松田英子                         藤竜也

今回は大島渚監督1976年製作「愛のコリーダ(L’EMPIRE DES SENS)」をピックアップする。
題名の「コリーダ」はスペイン語で闘牛を意味する本作は、1936年(昭和11年)に起きた“阿部定事件”を題材に大島渚監督が、撮影を京都で行ない、フランスで現像・編集を行った作品である。劇場公開時に性描写などに多くの修正と一部のシーンにカットが施されたが、2000年のリバイバル時に修正を減らたノーカット版「愛のコリーダ2000」として公開された。私は1976年10月に劇場公開されてから数年後にグアムロケに行った際、ノーカット版を現地映画館で観た記憶がある。
主演の松田英子さんは、1968年から寺山修司氏主宰の劇団「天井桟敷」に市川魔胡として活躍し、1970年に「野良猫ロック マシン・アニマル」で映画デビュー、東映京都作品のほか、ATG作品「聖母観音大菩薩」や、日活ロマンポルノ、東映大泉などの数本の映画に出演。1982年のフランス映画「Cinq et la peau」への出演を最後に引退し、2011年に病死している(合掌)。

愛のコリーダ愛のコリーダ
愛のコリーダ(L’EMPIRE DES SENS)

【ストリー】
昭和11年2月1日、東京は中野の料亭「吉田屋」に、30過ぎの女が、女中として住み込んだ。名は阿部定(松田英子)と言ったが、店では、加代と名付けられた。定は神田で繁昌している畳屋の末娘だったが、15歳の時に大学生に犯されて以来、不良となり、18歳で芸者に出され、以後娼妓、私娼、妾などの生活を転々としてきたのだった。しかし、最近彼女のパトロンになった名古屋の商業高校の校長(九重京司)は、定が浮草のような生活を止めて、真面目になるなら小料理屋を出してくれることになり、修業のために定は女中奉公に出たのだった。だが、定は吉田屋の主人吉蔵(藤竜也)に一目惚れしてしまった。吉蔵も、水商売の歳月を重ねてきた定の小粋な姿に惹きつけられた。二人は夜更けの応接間や、早朝の離れ座敷などで密会を重ねていくうちに、ついに吉蔵の妻(中島葵)に知れてしまった。そして、その翌日、二人は駆け落ちした。最初は一日か二日のつもりで家を出て来た吉蔵も、いつしか定の情熱に引きずられていった。やがて金のなくなった定は、吉蔵に自分の赤い長襦袢を着せて部屋に閉じ込め、自分は名古屋のパトロンのもとへ金策に行った。その離れている時間の切なさ。再会した二人は、さらに待合を転々として愛欲の世界に浸り込んでいくのだった。二人が駈け落ちしてから二週間経った。吉蔵は「二人が末長く楽しむために」どうしても一度家へ戻って処理しなければならないことがある、と言った。定はいやいや承知した。互いに想いを慕らせた二人が再会したのは5日目の5月11日だった。二人は待合の一室に篭ったまま果てしない愛欲の生活にのめり込んでいった。定は戯れに「今度、別れようとしたら殺してやる!」と叫んで出刃包丁をふりかざすのだった。5月16日夜、戯れに吉蔵の首を締めていた定の手に力が入りすぎ、吉蔵の顔は赤く腫れあがってしまった。定は懸命に介抱するが直らず、吉歳は一旦、家へ帰って養生する結論を出した。しかし、定は前に別れていた時の切なさを思い出し、吉蔵を自分一人のものにするため、吉蔵を殺す決意をした。定は疲れ果ててまどろむ吉蔵の首に腰紐を巻きつけ、力を込めた。しばし死んだ吉蔵に添寝していた定は、吉蔵への愛絶ちがたく、その陰部を出刃包丁で切り取り、肌身につけるのだった。

愛のコリーダ愛のコリーダ
愛のコリーダ(L’EMPIRE DES SENS)

題名:愛のコリーダ
仏題:L’EMPIRE DES SENS
監督:大島渚
製作総指揮:アナトール・ドーマン
製作:若松孝二
脚本:大島渚
撮影:伊東英男
照明:岡本健一
録音:安田哲男
美術:戸田重昌
装置:下石坂成典
装飾:荒川大
衣裳:加藤昌廣
美粧:竹村幸二
結髪:大沢菊江
編集:浦岡敬一
音楽:三木稔
音楽演奏:日本音楽集団
フィルム:イーストマンコダック
現像:L.T.C(フランス)
助監督:崔洋一
合作調整:フランス映画社
スチール:小山田幸生
出演:松田英子、藤竜也、中島葵、芹明香、阿部マリ子、松井康子、殿山泰司、小山明子、白石奈緒美、松廼家喜久平、富山加津江、九重京司
1976年日本・フランス(アルゴス・フィルム=オセアニック=大島渚プロ)/ビスタサイズ・カラー104分35mmフィルム
愛のコリーダ -DVD-
2018年8月現在、DVDレンタルはありません。

愛のコリーダ愛のコリーダ
愛のコリーダ(L’EMPIRE DES SENS)

映画「やくざと抗争」


安藤昇                        菅原文太

今回は佐藤純彌監督1971年製作「やくざと抗争」をピックアップする。
本作は、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、”爆弾マッチ”と呼ばれ、最盛期には500人以上の構成員が在籍した安藤組の組長である安藤昇氏の自伝を基に本人が主演した作品である。1964年に安藤氏の意思で組は解散し、1965年に自らの自叙伝を映画化した「血と掟(松竹制作/湯浅浪男監督)」に主演し映画俳優へ転向した。本作は1967年に東映に移籍した後の作品である。


藤浩子                        渡瀬恒彦

【ストリー】
昭和初期、帝国陸軍が満州平野へ侵入した頃、新宿で通称爆弾マッチ(安藤昇)、舎弟分のオートンの勝(渡瀬恒彦)、フーテンの政(藤竜也)、小光(堀田真三)らの愚連隊が羽振りをきかせていた。ある日、過激左派党員の三人が銀行を襲い逮捕された。実はこの三人、政界の黒幕高橋(渡辺文雄)にそそのかされたのだが、過激左派党を壊滅せんと特別高等警察と高橋が仕組んだとは知らなかったのである。また、この事件で使用された拳銃が以前、マッチの所有していたものだと判明マッチは捕えられ、リンチを受ける。しかし証拠は得られず釈放となった。マッチには娼婦のお栄(藤浩子)という恋人がおり、足抜きをさせるのには300円がどうしても必要だった。ところが大木戸一家の賭場であり金取られてしまい、一計を案じたマッチ、オートン・フーテンたちは自分達で賭場を開くことにする。しかし、黙っている大木戸(天津敏)ではなかった。早速、代貸梅津(菅原文太)らを賭場へ指し向け、つぶしてしまった。怒り狂ったマッチは梅津目がけてドスで斬りかかるが、逆に片腕を斬られてしまう。梅津はその足で警察へ自首。数ヵ月後、梅津が出所、その放免祝いの席上に殴り込んだマッチだったが、傷が痛みだし、その場に倒れてしまう……。その後、マッチは命の恩人の梅津と義兄弟の契りをかわし大木戸のやっかいになった。第二回普通選挙。ある立会演説会場で、大木戸組の押す柏原(山岡徹也)と、無産者同盟の白木(近藤宏)が火花を散らす演説が行われていた。白木は以前、傷ついたマッチを看病したことがあり、お栄とも親しい間柄だった。突然、その白木の事務所に大木戸狙が殴り込み、丁度居合せたお栄を死なせてしまった。やがて白木が当選。マッチは白木の家で初めてお栄の死を聞かされる……。そこへ梅津が突び込み、白木を刺し殺し、自らもドスを腹に突き刺し死んでしまう。数日後、ある寺の本堂。祭壇に飾られている梅津の写真。大木戸組の面々が並び、高橋が厳かに弔辞を読み上げている。その高橋目がけて、マッチがドスを持って突進、崩折れる高橋。マッチは若い衆たちに押し包まれドスで突き刺されるが、最後の力をふりしぼって大木戸に飛びかかり、ドスを突き刺す。二人は重なりあって倒れた……。


近藤宏                       渡辺文雄

藤竜也                       天津敏

題名:やくざと抗争
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇「極道一代 やくざと抗争」
脚本:石松愛弘、佐藤純彌
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江壮二
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:日暮雅信
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:橋本新一
演技事務:和田徹
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、菅原文太、渡瀬恒彦、藤浩子、藤竜也、天津敏、渡辺文雄、山岡徹也、藤山浩二、武智豊子、室田日出男、近藤宏、堀田真三、小林稔侍、沢彰謙、森しげみ、土山登志幸、相馬剛三
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
やくざと抗争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、菅原文太                  安藤昇

映画「反逆のメロディー」


原田芳雄                                               地井武男、藤竜也

今回は澤田幸弘監督1970年製作「反逆のメロディー」をピックアップする。
本作は、原田芳雄さんの映画デビュー作であり、ヤクザ映画の定石を覆した新しいアウトロー像を作り上げ、時代の息吹を感じる作品である。


梶芽衣子                         富士真奈美

【ストリー】
淡野組が解散した翌日、哲(原田芳雄)は新興都市K市にいた。昔、K市は立花組が仕切っており、哲は立花(梅野泰靖)の腹違いの弟だった。組が解散したのでK市へやって来たのだった。組長は刑務所に入っており、立花組は矢東会から乗り込んできた武沢(曽根晴美)、ドス建(永山一夫)、宮坂の三人に押えられていた。哲は偶然、出会ったゲバ作(佐藤蛾次郎)と共に、矢東会に挑戦しはじめた。さらに立花組の再建に取り組んだ哲は、若い者を引き連れて暴れ廻った。そんなある日、淡野大次郎(須賀不二男)が関東の暴力組織を解散させるために、K市へやって来た。哲は空港に出迎えた。淡野の口添えで関東の暴力団が続々解散を表明したが、実はK市の新興都市に建設会社、観光会社、運送会社などの名称で流れ込んでいたのだった。淡野は哲にK市の建設会社には手を出すなと忠告した。折も折、立花が仮釈放で出所した。立花への義理から哲は組を出ようとしたが、ゲバ作等が建設会社に殴り込みをかけ、リンチを受けて殺されたと聞く。この事から、淡野と敵対するハメになり、仕返しに建設会社の仕事現場を破壊した。淡野は今度の事件をきっかけに立花組を警察に頼んで合法的に壊滅させようとした。たちまち立花組に警察が乗り込み、組員たちには手錠がかけられた。その間に立花は何者かによって刺し殺されていた。数カ月後、工場完成で賑わう祝賀会会場に、哲は以前から淡野をつけ狙っていた滝川(藤竜也)と共に殴り込んでいった。


原田芳雄、佐藤蛾次郎                青木義朗、曽根晴美

題名:反逆のメロディー
監督:澤田幸弘
企画:水の江滝子
脚本:佐治乾、蘇武道夫
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:神保小四郎
美術:千葉和彦
編集:井上治
音楽:玉木宏樹
現像:東洋現像所
製作担当:長谷川朝次郎
助監督:伊地智啓
色彩計測:畠中照夫
スチール:土屋豊
出演:原田芳雄、地井武男、藤竜也、梶芽衣子、富士真奈美、佐藤蛾次郎、深江章喜、青木義朗、須賀不二男、曽根晴美、梅野泰靖、沖雅也、永山一夫
1970年日本・日活/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
反逆のメロディー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤竜也、原田芳雄、地井武男、梶芽衣子        藤竜也、原田芳雄

1 2 3 6