映画「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」


若山富三郎                       橘ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ”でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第ニ弾最終作になる。1970年前半に第一弾「シルクハットの大親分」が制作された。


伊吹吾郎                       白木マリ

【ストリー】
四国道後の大親分、熊坂虎吉(若山富三郎)は道後温泉発展のためにと、一家をひきつれて熱海にやってきた。この地は源田産業や農商務次官の芦沢(須賀不二男)、それに東京の顔役、剣持(名和宏)をバックにもつ横川組の縄張りであった。熊虎はさっそくくつろいだ宿の女房お幸(白木マリ)を横川組の魔手から救って、貫禄を示すのだった。その熊虎の度胸にゾッコン惚れ込んでしまったのは小栗公爵(北龍二)だった。彼は日本で最初に自動車の輸入に成功した人物で、天皇陛下に献上する第一号車の運搬と警備役を熊虎に頼んだ。剣持、横川(守田学哉)らは妨害の秘策を重ねた。しかし熊虎は技師クラウス(オスマン・ユセフ)や小栗の部下、伊庭新吾(伊吹吾郎)と共に無事大任を果し終えた。ところが、小栗は「輸入許可」を正式に得ると、熊虎との関係をたちきることを伝えた。源田たちは、妨害をあきらめず、自動車爆破を計画した。行動を開始した横川に襲われた新吾を救おうとした熊虎は源田の銃弾を太腿にうけ、危機に瀕した。だが、その時颯爽と登場した兄弟分緋牡丹のお竜(藤純子)の助力でことなきを得た。一難去ってまた一難。自動車は整備中のクラウスと共にダイナマイトで吹き飛んだ。小栗と家令重兵衛(石山健二郎)も横川組の刃に襲われた。熊虎とお竜の我慢もそれまでだった。喧嘩仕度に身を固めた兄弟は、源田、剣持、横川、芦沢と、悪の根源を葬り去った。


安部徹                       若山富三郎

題名:シルクハットの大親分 ちょび髭の熊
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:塚越堅二
照明:長谷川武夫
録音:荒川輝彦
美術:石原昭
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:谷明憲臣
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
進行主任:武久芳三
助監督:皆川隆之
スチール:杉本昭三
出演:若山富三郎、藤純子、伊吹吾郎、橘ますみ、白木マリ、石山健二郎、北龍二、名和宏、安部徹、オスマン・ユセフ、藤村有弘、守田学哉、須賀不二男、ルーキー新一、志賀勝、川谷拓三
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
シルクハットの大親分 ちょび髭の熊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シルクハットの大親分               藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」藤純子

「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」藤純子

映画「シルクハットの大親分」


若山富三郎                       春川ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ“でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第一弾になる。
同年に第二弾「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」が制作された。


清川虹子                        伊吹吾郎 

【ストリー】
頃は明治。日露戦大勝に湧く内地一党とともに凱旋してきた、四国道後の侠客、熊虎親分(若山富三郎)はさぞかし大観迎をうけると思いきや、出迎えたのは妹清子(丸平峰子)と代貸の二人だけで大いにつむじを曲げた。その上、大陸で軍の高官と結託して、金品をピンハネしていた悪党、熊本鎮台一家総長、谷垣伝次(遠藤辰雄)の歓迎会が盛大に開かれると聞いて、激怒し、会場を大混乱におとしいれるのだった。陸軍中佐、鬼頭太一郎(天津敏)を掌握する鎮台と赤馬一家の親分、大坪駒造(関山耕司)は遼東半島における新要塞構築の工事請負一任を約束させていたが、酔った鬼頭にからまれる芸者蝶子(春川ますみ)の危機を救った熊虎は、彼女に迫られほうほうの態で逃げ出した。そして、ひょんなことから熊虎は陸軍省防衛部長・松村良徳(菅井一郎)から遼東半島の要塞構築についての作業員と食糧調達に一役買ってくれと頼られ、感涙にむせんだ。新しい仕事の下準備に九州へ乗り込んだ熊虎に、鎮台の執拗な妨害が始まった。そんなとき、熊虎を勇気づけたのは堂島のおたか(清川虹子)の陣中見舞だった。鎮台は態虎から作業員を奪う餌にと、内地の女達を船で国外へ連れ出そうとしていた。これを知った熊虎は勇躍船中にもぐり込むが、ハシカに感染、危機に瀕した。ところが、銃声一発、颯爽と現われた緋牡丹のお竜(藤純子)さんの活躍で熊虎は救出された。女達を奪われた鎮台の報復は死のダイナマイト爆発となってあらわれた。熊虎一家や作業員はもとより、お竜の身内新二郎(伊吹吾郎)、そして蝶子までもがその犠牲となった。鬼神と化した熊虎は、折から現われたお竜に“兄弟いくで!”と吠えると、鎮台めがけて斬り込んでいった。


潮健児                                                             天津敏、関山耕司、遠藤辰雄

題名:シルクハットの大親分
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:土井淳之裕
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:津島利章 主題歌:若山富三郎「シルクハットの大親分」
進行主任:渡辺操
助監督:依田智臣
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、藤純子(富司純子)、伊吹吾郎、春川ますみ、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、関山耕司、菅井一郎、武智豊子、吉川晴美、潮健児、志賀勝、丸平峰子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
シルクハットの大親分 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


若山富三郎                    藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分」藤純子

「シルクハットの大親分」藤純子

映画「尼寺マル秘物語」


「尼寺マル秘物語」藤純子

藤純子                       三田佳子、藤純子

今回は中島貞夫監督1968年製作「尼寺マル秘物語」をピックアップする。
本作は「大奥(秘)物語」「続・大奥(秘)物語」に続く第三弾である。「昭和10年頃の京都を舞台にベールに包まれた尼僧たちの夜と昼を、エロチシズムたっぷりに描いた」と言うが、全く描けていない。出演者が豪華であるだけだ。ヌードシーンがないエロチシズムを描いた秀作は、1964年に増村保造監督が製作した「卍(まんじ)」であると思う。


大原麗子                      若山富三郎

【ストリー】
琳光寺には門跡尼の万里小路秀英(三田佳子)をはじめ、恵照尼(荒木雅子)、浄真尼(藤純子)、法順尼(悠木千帆)、そして下女はな(大原麗子)の5人が住んでいた。ある日、秀英は本寺の宗務総長覚全(若山富三郎)に、白蟻に喰い荒された本堂の修理を頼んだ。しかし、覚全はその費用に不満で引受けようとしなかった。秀英はこの一件を、執事として手腕のある浄真尼に任せることにした。浄真尼は本寺と交渉を始めたが、それにつけ込んだ覚全に無理やり手ごめにされてしまった。初めて男を知った浄真尼は、それ以来、本能を抑えようと苦悩しつづけるのだった。そんな時、琳光寺にキク(津川雅彦)という若い男が寺男としてやってきた。彼に心を燃やしたはなは自ら進んでキクの前に身体を投げ出した。はなは、本能を抑えようとする戒律に縛られてはいなかったからだ。浄真尼はそんなはなの態度を羨ましく思い、また、はなが愛しているキクにも好意を感じた。だが、浄真尼はその後も度々、覚全に身体を奪われていたのだ。慣例の儀式の費用、そして、本堂修理の費用は、寺院後援者の寄付に頼らざるを得なくなり、その橋渡しを顔のきく覚全に頼むより仕方なかったのである。覚全はそんな自分の立場を、最大限に利用する男だった。ところが、キクと浄真尼が親しいのを誤解したはなが、多額の寄付をしてくれた長尾の家宝を壊し、責任を浄真尼にかぶせた。はなの企みはすぐにバレたが、浄真尼はこれを機会にこの寺を去る決心を固めた。浄真尼は、覚全が自分の肉体だけを目的に利用していたことや、役職を利用して使い込んでいた多額の金の埋め合せに、琳光寺の宝物を盗ませようとしたことから、激しい憎しみを抱いていた。そして覚全を殺して寺を去ろうと決心したのだった。だが、それを察したキクが、一足先に覚全を殺していた。浄真尼は寺を去って行ったが、彼女の腹には、覚全の子が宿されていた。


津川雅彦                  ミヤコ蝶々、桑原幸子、曽我廼家明蝶

「尼寺マル秘物語」藤純子

「尼寺マル秘物語」大原麗子

題名:尼寺マル秘物語
監督:中島貞夫
企画:岡田茂、翁長孝雄、三村敬三
脚本:西澤裕子
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:上田正直
装飾:松原邦四郎
美粧:佐々木義一
結髪:橋本明子
衣装:豊中健
考証:伊藤清子
記録:矢部はつ子
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:牧口雄二
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、津川雅彦、大原麗子、三田佳子、若山富三郎、悠木千帆(樹木希林)、荒木雅子、丹阿弥谷津子、沢村貞子、桑原幸子、曽我廼家明蝶、ミヤコ蝶々、芦屋雁之助
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
尼寺マル秘物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


沢村貞子、丹阿弥谷津子             若山富三郎、芦屋雁之助

「尼寺マル秘物語」三田佳子

1 2 3 10