映画「無頼漢」


仲代達矢                           岩下志麻
今回は篠田正浩監督1970年製作「無頼漢」をピックアップする。
本作は、大島渚監督、吉田喜重監督と共に松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれれ、2003年に「スパイ・ゾルゲ」を最後に映画監督からの引退を発表した篠田正浩監督の寺山修司氏脚本による異色時代劇である。

「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道」 (春日太一著・文藝春秋刊)より
A:岩下志麻 Q:春日太一
————————————————————————-
Q:これは東宝の作品です。松竹側は大丈夫でしたか?
A:他社出演に関しては結構スムーズでしたね。ですから、本当にありがたかったです。
Q:今回は花魁役でしたが、どのような役作りを?
A:花魁の役は初めてでしたので、まず高いぽっくりを履いて練り歩くのが難しくて。最初、ぽっくりだけ借りてずいぶん歩きの練習をしました。歩くのも、外側に足を廻して歩かないといけないんですよね。しかもゲタが高いでしょう。ですから結構難しくて。
Q:相手役は仲代さんでした。
A:仲代さんはいつも厳しかったり逞しかったり、という役が多いのですが、あれは白塗りでナヨッとしていて、妙に色っぽく見えました。それから、お母さんの市川翠扇さんが素晴らしくて。あの市川翠扇さんと仲代さんの母子関係、母親が子どもにベタベタする関係もよかったですね。
Q:反権力の集団を描く、篠田監督らしい時代劇でした。
A:そこを意識して作った映画なんじゃないかなと私は思いました。ああいうかたちを借りて、体制と反体制をクリアに描いていると思うんです。「権力は変わらない、交代するだけだ」という水野忠邦の最後のセリフがありますが、あの言葉は印象的でした。
Q:独立プロでありながら進んでメジャーと組んで大作を作っていくところが、表現社というか篠田監督の面白さでもあります。
A:そうです。表現社製作で受け持つ場合と、スタッフだけ貸す場合と、いろいろな形があります。表現社単体で作るのが難しい場合は無理に作らない。
Q:作品のスケールや必要な予算に応じて柔軟に製作体制を変えている印象があります。
A:ですから、独立プロで赤字を作らないでずっとこれたのは、表現社ぐらいじゃないかしら。他はみんな家を売ったりして苦労されていますものね。
Q:そこの計算が見事ですね。
A:篠田が絶対に自分のところで背負い過ぎないような製作体制にして、作品のスケールによって作り方を変えていたと思います。


仲代達矢、岩下志麻                    丹波哲郎

【ストリー】
天保13年、水野忠邦(芥川比呂志)の天保の改革は庶民を苦しめ、市井には不満の声が満ちていた。江戸、猿若町の見世物小屋が軒を並べるあたり、役者志願の遊び人直次郎(仲代達矢)は、美しい花魁犬口屋の三千歳(岩下志麻)を知った。直次郎が母親のくま(市川翠扇)と住む犯罪長屋。1年ぶりに帰ってきたなまけ者丑松(小沢昭一)だが、留守中に女房お半と子供は、御用聞き、五斗米市と家主の紋左衛門(春日章良)の手にかかり姿を消していた。芝居小屋の前で「水野体制批判」をして役人に追われた三文小僧を救ったのは、河内山宗俊(丹波哲郎)だった。三千歳を直次郎とはり合う森田屋(渡辺文雄)は御家人くずれの金子市之丞(米倉斉加年)に直次郎殺しを頼んだ。だが金子市は、直次郎と間違えて河内山を襲い、顔を合わせた金子市、河内山、森田屋の三人は、互にふくみ笑いして見合った。直次郎は老いて醜い、おくま(市川翠扇)がいては三千歳と世帯ももてないと考え蒲団にくるみ、大川へ投げ込んだ。一方、河内山は上州屋の一人娘浪路(太地喜和子)が、松江出雲守(中村敦夫)にめかけになれと無理難題を押しつけられているのを聞き、200両で浪路をとり返すことをうけあった。河内山の生命をかけた大仕事を知り直次郎が仲間に加わった。ところで、金子市は丑松、三文小僧など水野体制からはみだした連中を集め、改革に謀叛の火を打ちあげんとしていた。松江家では依然、出雲守が浪路を追い回していたが、家老北村大膳はこの乱行が外にもれることを怖れ、浪路と近習頭宮崎数馬を不義の仲とデッチあげた。そこへ、河内山扮する御使僧北谷道海と直次郎扮する駕篭脇に控える侍桜井新之丞が現れ、晴れの舞台よろしく、大芝居をうった。出雲守からまんまと、浪路をだましとった河内山だが、大膳に見破られ凄絶な最後をとげた。直次郎は邪魔者おくまを背負って捨てに家を出たが、その時、夜空にひろがる花火を見た。それは金子市、丑松、三文小僧の三人が打ち上げた謀反の火柱だった。


市川翠扇                              小沢昭一

題名:無頼漢
英題:THE SCANDALOUS ADVENTURES OF BURAIKAN
監督:篠田正浩
製作:藤本眞澄、若槻安重
原作:河竹黙阿弥「天衣紛上野初花」
脚本:寺山修司
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:西崎英雄 (アオイスタジオ)
音効:本間明
美術:戸田重昌
装飾:荒川大
衣装:上野芳生
結髪:細野明
調度:高津年晴
風俗構成:林美一
題字:粟津潔
記録:島田はる
編集:杉原よ志
音楽:佐藤勝
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東京現像所
製作担当:小笠原清
助監督:中野恵之
演技事務:中村英子
スチール:遠藤正、亀倉正子
出演:仲代達矢、岩下志麻、小沢昭一、丹波哲郎、渡辺文雄、米倉斉加年、山本圭、芥川比呂志、市川翠扇、中村敦夫、浜村純、藤原釜足、蜷川幸雄、太地喜和子、春日章良
1970年日本・表現社+にんじんくらぶ/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
無頼漢 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎、米倉斉加年                   仲代達矢、岩下志麻、渡辺文雄

映画「彼女と彼」

彼女と彼
左幸子

今回は羽仁進監督1963年製作「彼女と彼」をピックアップした。
本作は左幸子・岡田英次両氏のベテラン俳優陣と前衛画家の山下菊二氏の実験的な共演を、ドキュメンタリー手法を用いたスタイルで、当時の最先端のモダンで洗練された団地生活とバラックで暮らす「バタヤ部落」の人々との対比を通じて、無機的で孤独、希薄な人間関係を描いた傑作だ。撮影地の百合丘(川崎市多摩区)は、1980年頃から数年住んでいたので街の変貌前に目が行ってしまった。その意味でも前々から気になっていた作品だが、中々劇場で観るチャンスがなくDVDで初めて観た。特別出演で舞台演出家の蜷川幸雄氏、市田ひろみさん、穂積隆信さんが出ていたのはトリビアだった。撮影は写真家の長野重一氏が担当されている。市川崑監督の記録映画「1964年東京オリンピック」や大林宣彦監督「北京的西瓜(1989年)」なども担当された35mmシネカメラに精通されている稀な写真家だ。

彼女と彼彼女と彼
岡田英次、左幸子

私が驚いたのは「ある機関助士(1964年)」「水俣-患者さんとその世界(1971年)」「不知火海(1975年)」などの記録映画監督である土本典昭 氏がポジ編集を担当されていた事だ。岩波映画繋がりなのは容易に推測出来たが「不知火海」の時に見習いで編集作業に師事させて戴いたのに知らなかった。その後 お会いする事なく2008年6月に亡くなった事をネットニュースで以前に知った。謹んでお悔やみを申し上げたい。また「初恋・地獄篇」 に追記したが、羽仁進監督と左幸子さんの娘である羽仁未央さんが2014年11月18日(享年50歳)に亡くなった。母の左幸子さんは2001年11月 (享年71歳)、岡田英次さんは1995年9月(享年75歳)、前衛画家の山下菊二氏は1986年11月(享年67歳)に亡くなっている。合掌。

彼女と彼彼女と彼
山下菊二

【ストリー】
広大な団地アパートのある東京の郊外。石川直子、英一夫婦はこのアパートに住んでいる。ある朝直子はバタヤ集落の燃えている音で目がさめた。白い西洋菓子 のようなコンクリートの城壁に住む団地族、それと対照的にあるうすぎたないバタヤ集落。直子はブリキと古木材の焼跡で無心に土を掘り返す盲目の少女をみつ けた。その少女は、夫の英一の大学時代の友人でこのバタヤ集落に住む伊古奈と呼ばれる男が連れている少女であった。犬のクマと少女をつれていつも歩いてい る男。服装はみすぼらしいが眼は美しく澄んでいた。長い金網のサクで境界線を作った団地とバタヤ集落とは別世界の様な二つの世界であった。夫を送り出したあとコンクリートの部屋で弧独の時間を送る直子に、 眼下に見えるバタヤ集落の様子は、特に伊古奈という男は意識の底に残った。直子は夫を愛するように全ての人間を愛する事に喜びを感じていた。だから伊古奈 にも、盲目の少女にも、クリーニング屋の小僧にも同じように善意をほどこした。直子の世話でバタヤから転業させようとした伊古奈は、社会から拘束されない 今の自由さから離れられず、あいかわらず犬と少女を連れて楽しそうに歩いていた。そんな伊吉奈をみる直子の心は、単調な、コンクリートの中で他人の目を気 にする自分達夫婦の生活に深い疑問をもち、夫との間に次第に距離を感じてゆくのだった。

彼女と彼彼女と彼

題名:彼女と彼
監督:羽仁進
製作:小口禎三、中島正幸
脚本:羽仁進、清水邦夫
撮影:長野重一
照明:田口政広
録音:安田哲男
美術:今保太郎
編集:土本典昭
音楽:武満徹
制作主任:高橋亦一
助監督:木村正芳
撮影助手:西山東男
MA:東京テレビセンター
現像:東洋現像所
出演:左幸子、岡田英次、山下菊二、長谷川まりこ、長谷川明男、木村俊恵、堀越節子
特別出演:蜷川幸雄、市田ひろみ、穂積隆信
第14回ベルリン映画祭特別賞受賞
1963年日本・ATG+岩波映画製作所/スタンダードサイズ・モノクロ117分35mmフィルム
彼女と彼 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

彼女と彼彼女と彼

作者の言葉
近代的な生活を営もうとする人々にとって、古い「家」からの脱出は共通の希望です。夫婦によって新しく生まれる家族、二人をまず単位とする家族にとってアパートは合理的生活の一つのシンボルとさえいえるかもしれません。人間と人間の関係をどう考え直すか、というのが近代的合理的な生活に投げかけられた大きな課題となります。古い人間関係から脱けだしたつもりでも、いつのまにか新しい因習の見えないわなの中におちこんでしまうのかもしれないのです。僕達を日常生活の中で、無意識の囚人にしているものは沢山あるでしょう。僕達自身の心の中で、フッとそれに気づく瞬間もないわけではありません。僕達の生活が知らないうちに、人間の歴史に対して投げかけている重み。この映画の女主人公のささやかな行為も、いつのまにか、生活の中の小さな裂け目を拡大してしまうことになりました。二枚の絵が、ひっくりかえして見ると謎の地図だったりするのは昔のお話によくありますが、僕達の生活意識も、それと同じように不思議なところもあるような気がします。生活の中で忘れられ節度の中に埋められている一つのことについて、いくらかでも光があたり、人間らしく生きるための不断の努力に少しでも参加できるならば作者達として幸せこれにすぎません。
羽仁 進

映画「樹氷のよろめき」

樹氷のよろめき樹氷のよろめき
岡田茉莉子                    蜷川幸雄

今回は吉田喜重監督1968年製作「樹氷のよろめき」をピックアップする。
本作は、日本を代表する舞台演出家蜷川幸雄氏が劇団青俳時代に俳優として出演している。蜷川氏は1957年から1990年代に映画出演をしているが、本作は主役級だ。内容は北海道(札幌、室蘭、ニセコ)を舞台にしたメロドラマだが、雪山シーンが豊富にあり、ロケは大変だったろうと思った。

作品リスト

樹氷のよろめき樹氷のよろめき
木村功                       赤座美代子

【ストリー】
札幌で美容院を経営する百合子(岡田茉莉子)は、愛人の高校教師杉野(蜷川幸雄)と冬の旅に出た。彼女はこの旅を最後に杉野と別れるつもりだった。理由を問いつめる杉野に、彼女は妊娠していること、それが杉野への愛の終着点であることを述べたが、杉野は逆に百合子への愛をつのらせた。支笏湖畔で朝を迎えた百合子は、杉野の目覚める前に旅館を出て、室蘭に向った。そこにはかつての恋人、今井(木村功)が待っていた。彼女は今井につき添ってもらい、病院を訪ねたが、結果は彼女の想像妊娠にすぎないことが分った。そこへ、百合子を追ってきた杉野が現われた。当然のように、百合子をはさんで、杉野と今井は対立した。杉野には、今井が百合子とどんな関係にあるのか分らなかった。一方、百合子はそんな二人の男を後に、ニセコ温泉に向った。杉野と今井も彼女の後を追いやがて雪の温泉町に着いた。百合子は、そこで初めて杉野に、今井をかつて愛したことがあるが、今井が不能だったため別れたこと、そして今井が三年後に男性を取戻したことを打明けた。だが、杉野と今井の間は、一層、険悪になっていった。翌朝、今井と言い争って杉野は雪山に飛び出して行った。夜、百合子と今井は不安に駆られて、杉野を探しに出かけ、山小屋で睡眠薬を飲んでふらついている杉野を発見した。杉野は異様な状態の中で、百合子を抱きすくめた。それを見た今井は、その場を去ったが、今度は杉野と百合子が今井の後を追った。追いついた杉野は、不能のために百合子と別れたという今井の秘密を、今井にぶちまけた。怒った今井は杉野に殴りかかり、杉野は自ら崖から身を躍らせた。百合子と今井は、崖下に駆けつけたが、杉野は教え子の女がいたことを告白しながら息を引き取った。百合子と今井は、冷たい雪の中で、暗然と杉野の死顔に見入っていた。

樹氷のよろめき樹氷のよろめき
蜷川幸雄、木村功                 岡田茉莉子

題名:樹氷のよろめき
監督:吉田喜重
製作:織田明
脚本:石堂淑郎、吉田喜重
撮影:奥村祐治
照明:海野義雄
美術:佐藤公信
録音:加藤一郎
音効:芳野治
衣装:森英恵
編集:太田和夫
音楽:池野成
現像:東洋現像所
助監督:山田良美
スチール:長谷川元吉
出演:岡田茉莉子、木村功、蜷川幸雄、赤座美代子、藤原祐子、高木孔美子、松井信子、矢木原敬
1968年日本・現代映画社/シネスコサイズ・モノクロ97分35mmフィルム
樹氷のよろめき [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

樹氷のよろめき樹氷のよろめき

1 2