映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「蒲田行進曲」


「蒲田行進曲」松坂慶子

松坂慶子                        風間杜夫

今回は深作欣二監督1982年製作「蒲田行進曲」をピックアップする。
原作「蒲田行進曲」は松竹蒲田撮影所を舞台にしているが、本作では時代劇全盛期の東映京都撮影所を舞台にしている。本来なら太秦行進曲であろう。本作は、角川春樹氏が東映に提案した企画を、当時の東映社長の岡田茂氏が「当たらないから」と断った為に松竹との提携となり、異例の事態となった経緯がある。

松竹の名監督である野村芳太郎氏は、松竹映画の歴史を象徴する「蒲田行進曲」というタイトルの映画を東映出身の深作欣二監督に東映撮影所で撮られた事に憤り、4年後の1986年に自らプロデューサーとして「キネマの天地」を制作する。

蒲田撮影所時代を経験し小津安二郎監督作品の撮影技師である厚田雄春氏は、「蒲田行進曲」「キネマの天地」のどちらも蒲田撮影所の当時の雰囲気が出ておらず、それは無理もないとしながらも、やっぱり物足りないと評している。私には、分からない世界だ。


平田満                        原田大二郎

【ストリー】
ここは、時代劇のメッカ、東映京都撮影所。今、折りしも「新撰組」の撮影がたけなわである。さっそうと土方歳三に扮して登場したのは、その名も高い“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎(風間杜夫)である。役者としての華もあり、人情家でもあるのだが、感情の落差が激しいのが玉にキズ。こんな銀ちゃんに憧れているのが大部屋俳優のヤス(平田満)。ヤスの目から見れば銀ちゃんは決して悪人ではない、人一倍、仕事、人生に自分なりの美学を持っているだけだ。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが、女優の小夏(松坂慶子)を連れて来た。彼女は銀ちゃんの子供を身ごもっていて、スキャンダルになると困るのでヤスと一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。ヤスは承諾した。やがて、小夏が妊娠中毒症で入院するが、ヤスは毎日看病に通った。その間、ヤスは、撮影所で金になる危険な役をすすんで引き受けた。小夏が退院して、ヤスのアパートに戻ってみると、新品の家具と電化製品がズラリと揃っていた。だが、それとひきかえにヤスのケガが目立つようになった。それまで銀ちゃん、銀ちゃんと自主性のないヤスを腹立たしく思っていた小夏の心が、しだいに動き始めた。そして、小夏はヤスと結婚する決意をし、ヤスの郷里への挨拶もすませ、式を挙げて新居にマンションも買った。そんなある日、銀ちゃんが二人の前に現われた。小夏と別れたのも朋子(高見知佳)という若い女に夢中になったためだが、彼女とも別れ、しかも仕事に行きづまっていて、かなり落ち込んでいるのだ。そんな銀ちゃんをヤスは「“階段落ち”をやりますから」と励ました。“階段落ち”とは、「新撰組」のクライマックスで、斬られた役者が数十メートルもの階段をころげ落ち、主役に花をもたす危険な撮影なのだ。ヤスは大部屋役者の心意気を見せて、なんとか銀ちゃんを励まそうと必死だった。“階段落ち”撮影決行の日が近づいてきた。ヤスの心に徐々に不安が広がるとともに、その表情には鬼気さえ感じるようになった。心の内を察して、小夏は精一杯つくすのだが、今のヤスには通じない。撮影の日、銀ちゃんは、いきすぎたヤスの態度に怒り、久しぶりに殴りつけた。その一発でヤスは我に帰った。撮影所の門の前で、心配で駆けつけた小夏が倒れた。“階段落ち”はヤスの一世一代の演技で終った。小夏がベッドの上で意識を取り戻したとき、傷だらけのヤスの腕の中に、女の子の赤ん坊が抱かれていた。


清川虹子                     蟹江敬三、佐藤晟也

高見知佳                     松坂慶子、岡本麗

題名:蒲田行進曲
監督:深作欣二
企画:松竹映像
製作総指揮:角川春樹
製作:佐藤雅夫(東映)、斎藤一重(東映)、小坂一雄(松竹映像)
原作・脚本:つかこうへい
撮影:北坂清
照明:海地栄
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装置:三浦公久
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:黒木宗幸
スタイリスト:葛西充子
ヘアーメイク:アートメイク・トキ
技斗:菅原俊夫、上野隆三、三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:松坂慶子・風間杜夫・平田満「蒲田行進曲」挿入歌:中村雅俊「恋人も濡れる街角」
現像:東洋現像所
進行主任:山本吉應
助監督:比嘉一郎
演技事務:寺内文夫
スタント指導:西本良治郎 スタント:猿渡幸太郎(J.A.C)
方言指導:落合智子
題字:和田誠
制作協力:東映京都撮影所
スチール:金井謹治
出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満、高見知佳、蟹江敬三、原田大二郎、清川虹子、千葉真一、真田広之、志穂美悦子、岡本麗、汐路章、石丸謙二郎、萩原流行、酒井敏也、佐藤晟也、清水昭博、榎木兵衛、高野嗣郎
1982年日本・角川春樹事務所+松竹/ビスタサイズ・カラー109分35mmフィルム
蒲田行進曲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「蒲田行進曲」松坂慶子

東映京都撮影所                   蒲田行進曲

蒲田行進曲                      松坂慶子

平田満                       蒲田行進曲

映画「人生劇場」


松坂慶子                       永島敏行

今回は深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫、共同監督による1983年製作「人生劇場」をピックアップする。
尾崎士郎氏原作による”人生劇場”は、本作で13度目の映画化であるそうである。「青春編」「愛欲編」「残侠編」を東映の看板監督達が豪華出演陣を采配して製作したが、纏まりのない作品だった。


森下愛子                   松方弘樹、室田日出男

【ストリー】
大正7年、東京で早稲田の貧乏学生の日々を送る青成瓢吉(永島敏行)にとって、故郷、三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ、男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎(三船敏郎)の心意気、幼なじみ、おりん(叶和貴子)との淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常(若山富三郎)など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め、獄窓につながれていった。その頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動に熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖(松坂慶子)と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動は内部分裂を繰り返し、瓢吉は大学を捨てる決意をする。その頃、横浜、本牧の侠客、飛車角(松方弘樹)はおとよ(中井貴恵)という女郎に惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり、二人は開港60周年の港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分、奈良平に紹介され、小金一家に身を寄せる。一方、瓢吉は作家を目指しながらも、お袖との愛欲の日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代の名物先生、黒馬(菅貫太郎)と再会、女流作家を目指す小岸照代(森下愛子)と出会う。その頃、出所した吉良常は故郷、三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死の報せを受けた瓢吉は帰郷、久しぶりに吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金の世話でささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入りが起り、飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入りの最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説に取り組む瓢吉と吉良常に出会った。吉良常の説得で自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学にいそしむ瓢吉と照代は懸賞小説の一席、二席を分ち合い、これを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れて以来、流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「鱶野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家の宮川と再会、飛車角に通じるものを感じ、深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り、出版社に打ち合せに向かうが、その時、変り果てたお袖と出会った。逃げ出したお袖は、その後、行方不明となる。お袖の身を案じ、中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々の様々な想いをからませ、年月が過ぎていく。


「人生劇場」松坂慶子、永島敏行

「人生劇場」

「人生劇場」

「人生劇場」松方弘樹、中井貴恵

三船敏郎                        若山富三郎

題名:人生劇場
監督:深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
企画:高岩淡、佐藤雅夫、豊島泉、斎藤一重、高杉修
原作:尾崎士郎
脚本:野上龍雄、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
撮影:安藤庄平、並木宏之、北坂清
照明:中山治雄、海地栄、金子凱美
録音:中山茂二、平井清重、荒川輝彦
美術:佐野義和、井川徳道
装置:三浦公久、野尻裕
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸、宮崎智恵子
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江、石田照、中野保子
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:内藤やす子「こころ乱して運命かえて」
現像:東映化学
製作主任:野口忠志、菅田浩
助監督:土橋亨、武久龍一、藤原敏之
スチール:中山健司、金井謹治
出演:永島敏行、松坂慶子、中井貴恵、風間杜夫、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二、風間杜夫、平田満、三船敏郎、若山富三郎、松方弘樹、成田三樹夫、西村晃、平田満、菅貫太郎、萩原流行、蟹江敬三、片桐竜次、平田満
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー138分35mmフィルム
人生劇場(1983) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


成田三樹夫                   松方弘樹、中井貴恵

松坂慶子

1 2 3 5