映画「美しい十代」

美しい十代美しい十代
浜田光夫                      西尾三枝子、三田明

今回は吉村廉監督1964年製作「美しい十代」をピックアップする。
本作は、宏役で出演している歌手三田明さんの同名デビュー曲がヒットした事で制作された青春歌謡作品である。ヒロインは西尾三枝子さん(日活第7期ニューフェース)のデビュー作でもある。

美しい十代美しい十代
浜田光夫、西尾三枝子、三田明            市川好朗、浜田光夫

【ストリー】
みなし子の竹内ミカ(西尾三枝子)は、職探しの途中、これも花田組の幹部になりたくて機会を待つ純(浜田光夫)と、保に会った。彼らの友人の警官青木の紹介でスーパーマーケットに勤めが決ったミカは、優しくて、気持の明るい人が出て来たら結婚しようと心に決めていた。一方純と保は、ふとした機会にマーケットに勤める三島宏(三田明)と知り合いになった。意気投合した純は、数日後宏を訪ねたが、チンピラ風のスタイルの純を見た支配人は、いい顔をしなかった。が純とミカはいつか親密な交際を始めていた。一方宏もミカに好意を寄せていた。ある日、純は万引して来たスカートをミカにプレゼントした。同じように、古い毛糸で編んだ手袋を贈られた純は、自分の不純な贈物に悩んだ。数日後、純との約束の日、会社の慰安旅行に出たミカを、純はオートバイで追って来た。そんな姿をみてミカは自分が愛していたのは純だと初めて覚った。数日後、保(市川好朗)はやくざの争いで純の身代りになって死んでいった。純の心にやくざに対する反発心がもりあがった。翌朝少年院に向う純は、ミカの条件にあうよい婚約者になろうと誓っていた。

美しい十代美しい十代
宇野重吉                     久里千春、玉村駿太郎

題名:美しい十代
監督:吉村廉
企画:水の江瀧子、林本博佳
脚本:宮内婦貴子
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:八木多木之助
美術:大鶴泰弘
記録:桑原みどり
編集:丹治睦夫
現像:東洋現像所
音楽:伊部晴美 主題歌:三田明「美しい十代」「湖畔の丘」「みんな名もなく貧しいけれど
製作主任:武藤良夫
助監督:鈴木康久
色彩計測:安藤庄平
スチール:浅石靖
出演:浜田光夫、西尾三枝子、三田明、市川好朗、宇野重吉、久里千春、弘松三郎、梅野泰靖、松尾嘉代、千代侑子、葵真木子、三崎千恵子、下元勉、玉村駿太郎
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム

美しい十代美しい十代
西尾三枝子                      美しい十代

映画「若い港」

若い港
「若い港」和泉雅子
若い港若い港
山内賢                           和泉雅子

今回は柳瀬観監督1964年製作「若い港」をピックアップする。
本作は松浦健郎氏の原作を映画化したものだが、清く美しい倫理観のベタな青春ドラマではあるが、若い頃の作曲家平尾昌晃氏は貴重な記録である。

若い港若い港
三田明                        長谷百合、平尾昌晃

【ストリー】
南海高校の花形は音楽部のブラスバンドであった。トランペットを受け持つ山口健(山内賢)、水戸明(三田明)の二人は、商船大学への受験をひかえて、高校生活を有終の美で飾ろうとしていた。そんなある日、近くのロザリオ女子学園バトン部の三人娘、谷道子(和泉雅子)、江藤アイ子(伊藤アイ子)、毛利圭子(西尾三枝子)から、合同練習を申し込まれた。ブラスバンド部は、この申し込みに雀躍りした。健は以前から道子が好きだったが、この日道子を自宅に送る途中、健は感情を押えきれず道子にキスした。この一件以来健も道子も元気を失って練習にも身が入らなくなった。明はそんな二人を励ましていたが、いつか、道子も健も、結婚の約束をする程愛しあっていた。一方バンド部は、先輩貝塚(平尾昌晃)をコーチに招いて練習に励んでいた。貝塚はトランペットの名手で音楽大学を出ると、某フィルハーモニーに所属したが、麻薬に手を出して愚連隊と関係していた。このくされ緑を断ち切るため、貝塚は帰省したのだ。飯能市の10周年記念行事に招かれた音楽部は、貝塚のタクトで見事な演奏をみせた。帰った翌日「健は大人になっても君を好きだったら結婚しよう」と道子に告げると、朗かな健に戻っていった。やがて待望の文化祭の日、ロザリオ女子学園のバトン・ガールが女教師マヤ(長谷百合)に連れられて入場してきた。男子の素晴しい演奏で、明が歌を歌い始めると、会場にいた愚連隊二人が、指揮をする貝塚めがけて罵声を浴びせ会場は大混乱に陥ったが、正義感にあふれる生徒と、女教師マヤの応援で、貝塚を守った。商船大学に見事合格した健と明は、華やかなブラスバンドに送られて、横浜港から船に乗った。

若い港若い港
高品格                          若い港

題名:若い港
監督:柳瀬観
企画:笹井英男
原作:松浦健郎
脚本:酒井尽三、上野研一、銀座三十五
撮影:藤岡粂信
照明:三尾三郎
録音:宮永晋
美術:坂口武玄
編集:鈴木晄
音楽:河辺公一、池田正義 主題歌:三田明「若い港」
製作主任:牛山正夫
助監督:内田一作
スチール:石川久宣
出演:山内賢、和泉雅子、三田明、平尾昌章、長谷百合、伊藤アイ子、トリオ・こいさんず、杉山俊夫、西尾三枝子、高品格、郷英治、初井言栄、相馬幸子、下元勉
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ94分35mmフィルム

若い港若い港
郷英治                       山内賢、三田明

映画「明日は咲こう花咲こう」


吉永小百合

吉永小百合                     中尾彬

今回は江崎実生監督1965年製作「明日は咲こう花咲こう」をピックアップする。
本作は、由起しげ子氏原作“ヒマワリさん”を映画化したもので、山梨県塩山、三富村、秩父連山、本栖湖畔、日活国際会館屋上ビヤ・ガーデン、有楽町界などでロケーション撮影を行ったそうだ。吉永小百合さんのアップが多く、清廉な美しさに魅せられる作品だった。


三田明、山内賢                 三田明、吉永小百合

山本陽子                    吉永小百合、西尾三枝子

伊藤雄之助、吉永小百合                 金子信雄

【ストリー】
週刊毎朝の記者浜野新樹(中尾彬)を恋人にもつ小日山ひろ子(吉永小百合)は、ある日新樹との議論を機会に、ある情熱にもえて僻地姫虎村に保健婦として赴任した。だが姫虎村は、ひろ子の想像をこえる貧困と、住民の無知が蔓延していた。そのうえ、村長の率いる観光派と、助役の率いる合併派の間に醜い争いが起きていた。飲料水と洗濯水の共同使用、病人をコンコリ教の信仰で治すという原始的方法は、ひろ子に驚きを与えた。そして、村に一軒ある診療所の医師有賀は、何の情熱もない、投げやりな態度で事を処理していた。絶望の中で、村人の中をかけまわるひろ子を、村人は冷たい眼で見た。村を訪れた新樹は、ひろ子へ離村をすすめたが、ひろ子の決意は固かった。そんな中で、ようやくひろ子になついて来た孤児のタクミ(頭師佳孝)の明るい顔はひろ子の救いであった。だがコンコリ教の票をめあてにする合併派の籔本助役(金子信雄)は、ひろ子の活動が邪魔となり、教祖(伊藤雄之助)と奸策を練って、産児制限の講習会をひろ子に開かせるよう計った。さすがのひろ子もたじろいたが、彼女の情熱はこの難関を突破した。姫虎村出身の人気歌手三田明が、故郷へ帰って来たのだ。村人たちの無智にむしゃくしゃしていたひろ子は、折から野猿湖で行われた保健婦学院の同窓会へ行った。だが心の晴れないひろ子のもとへ、姫虎村から電報が来た。村でタクミが赤痢になったのだ。急ぎ帰ったひろ子に、有賀(垂水悟郎)も、村)長(花澤徳衛、籔本らも、責任をまぬがれるため、赤痢としての処置、発表を妨げた。だが蔓延を恐れたひろ子は有賀を説き伏せて、病気の伝染を防いだ。村長の息子今朝雄、明らの協力で宮野市から急援隊が到着、村人は初めてひろ子の献身を知ったのだった。村がこれを機に明るくなった頃、ひろ子は助産活動をしたという違法行為で免職となり、村を去った。見送る村人の中、タクミが、ひろ子の車を追っかけて走った。


吉永小百合

題名:明日は咲こう花咲こう
監督:江崎実生
企画:横山弥太郎
原作:由起しげ子「ヒマワリさん」
脚本:宮内婦貴子、山田信夫
撮影:姫田真佐久
照明:藤林甲
録音:沼倉範夫
美術:千葉和彦
記録:桑原みどり
編集:辻井正則
音楽:伊部晴美 主題歌:吉永小百合、三田明
現像:東洋現像所
製作主任:野村耕祐
監督助手:曽我仁彦
色彩計測:安藤庄平
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、中尾彬、山内賢、三田明、西尾三枝子、山本陽子、伊藤雄之助、金子信雄、砂塚秀夫、武藤章生、頭師佳孝、垂水悟郎、鏑木はるな、河上信夫、鈴木瑞穂、武智豊子
1965年日本・日活/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
2017年3月現在、DVD販売・レンタルはありません。