映画「はなれ瞽女おりん」


岩下志麻                        原田芳雄

今回は篠田正浩監督1977年製作「はなれ瞽女おりん」をピックアップする。
本作は、水上勉氏の同名小説を映画化したものだが、瞽女(ごぜ)とは、盲目の女芸人の事を言い、その旅一座グループから離脱した者を”はなれ瞽女”と呼ぶ。
目を閉じて瞽女おりんを演じるにあって、繊細な心情と逞しさの芝居を淡々と美しく魅せた岩下志麻さんに感動する。
演出は実に堅実であり、巨匠宮川一夫氏の映像で素晴らしい作品に仕上がっている。

照明技師の佐野武治さんが、ラストの小浜で警察に密告する村人役で出演されている!
お世話になった丸山文雄さんが、照明部チーフでタイトルされていた。これにも驚いた。

本作を1月20日に、池袋の新文芸坐で行われた特集上映 “デビュー60年 女優・岩下志麻” で、35mmプリントで観て来たが、DVD映像では暗部が潰れていた。ポジテレシネしたものをキャプチャーし、MPEG2にしたのだから、フィルムのラチチュードを再現出来る訳ではないので、良い作品は劇場で観るべきだと再確認した。

はなれ瞽女おりん」撮影エピソード 語り:岩下志麻さん
「私は暗闇恐怖症なので、盲目の女性の役がきたとき、暗闇に慣れるか不安でした。化粧をしたり、風呂に入ったりするときも目をつむり、暗闇になれることから始めました。実際に新潟で生存されておられる瞽女さんを訪ねると、夜8時でも真っ暗闇の中にいらっしゃり、私たち訪問者のために電気をつけてくれました。目が見えないというのはこういうことかと実感し、役に入っていけました。瞽女さんには、傘の差し方など色々ご指導いただき、とてもありがたかったです。
目をつむって何か月か生活しました。盲学校にも行きましたが、こんなにたくさんの方が、暗闇で生活されているのかと思うと、取材をする前に涙が止まらず大変でした。校長先生に目隠しされ、廊下をまっすぐ歩くように指示を受け、歩いてみたのですがどうしても左方向に歩いてしまうのです。人間は耳がいい方に歩いてしまうと聞き、演技するときも誰かがセリフを言ったときに耳を差し出すようにしました。瞽女が弾く三味線の稽古をするのも大変で、6か月間毎日通って習いました。いつも微笑みを浮かべているようなおりんでいたい。目が不自由でも否定的ではなく、いつも明るいおりんをイメージして演じました。私にとっては大変思い出深い、大好きな映画です。


奈良岡朋子                     岩下志麻、樹木希林

【ストリー】
大正7年、春まだ浅い山間の薄暮、おりん(岩下志麻)は、破れ阿弥陀堂で一人の大男・平太郎(原田芳雄)と出会った。翌日から、廃寺の縁の下や地蔵堂を泊り歩く二人の奇妙な旅が始まる。ある日、木賃宿の広間で、漂客や酔客相手におりんが「八百屋お七」を語っている時、大男はその客に酒を注いだり、投げ銭を拾い集めていた。またある夜には、料理屋の宴席で「口説き節」を唄うおりんの声を聞きながら、大男は勝手口で、下駄の鼻緒のすげかえをすることもあった。それからも大男は、大八車を買入れ、おりんと二人の所帯道具を積み込んで、旅を続ける。そんな時、柏崎の薬師寺で縁日が開かれた。露店が立ち並ぶ境内の一隅に、下駄を作る大男と、できあがった下駄をフクサで磨きあげるおりんの姿があった。しかし、札をもらわずに店をはったという理由で、大男は土地のヤクザに呼び出される。大男が店を留守にした間に、香具師仲間の一人である別所彦三郎(安部徹)に、おりんは松林で帯をとかれていた。松林の中で、すべてを見てしまった大男は逆上し、大八車の道具箱からノミを取り出すと、松原を走り去った。やがて、渚に座りこんだままのおりんの前に大男が現れ、「また一緒になるから、当分別れてくらそう。俺は若狭の方へ行く。」と言い残すと姿を消した。季節は秋に変り、おりんは黒川の六地蔵で出会ったはなれ瞽女のおたまと共に、南の若狭方面へと向っていた。そんな時、大男は別所殺しの殺人犯として、また福井県鯖江隊所局の脱走兵としても追われていた。残雪を残す若狭の山に春が訪れる。若狭の片手観音堂に来ていたおりんは、ある日、参詣人でにぎわう境内で、大男に呼びとめられた。その夜、うれしさにうちふるえながら、おりんは初めて、大男に抱かれた。翌日から二人はまた旅を始める。しかし、二人の背後に、憲兵中尉・袴田虎三(小林薫)の姿が迫っていた。


小林薫                       岩下志麻、安部徹

題名:はなれ瞽女おりん
監督:篠田正浩
製作:岩下清、飯泉征吉
原作:水上勉
脚本:長谷部慶治、篠田正浩 台詞:長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:佐野武治
録音:西崎英雄
効果:本間明
美術:栗津潔
衣裳:新井喜一 (京都衣裳)
結髪:中村さき
美粧:境厚子
考証:市川信次、市川信夫
編集:山地早智子 ネガ編集:南とめ
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作補:三島巌
製作宣伝:市川しげ子
製作進行:星野常一郎
助監督:永井正夫
監督助手:岡田敏宏、鯉渕優
撮影助手:藤井秀男、榊原勝巳、川口徹也
照明助手:丸山文雄、井上富夫、佐野誠
録音助手:徳永誠
美術助手:平賀俊一、伊藤保恵、市村隆
編集助手:渋谷英子、原裕子
衣装助手:京野ツエ
撮影機材:ナック
照明機材:三和照明
録音所:アオイスタジオ
スチール:山崎博
出演:岩下志麻、原田芳雄、奈良岡朋子、樹木希林、 小林薫、安部徹、横山リエ、西田敏行、山谷初男、加藤嘉、殿山泰司、浜村純、桑山正一、不破万作、原泉、神保共子、宮沢亜古、中村恵子、嶺川貴子
1977年日本・表現社/スタンダードサイズ・カラー117分35mmフィルム
はなれ瞽女おりん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜村純                       佐野武治氏(照明技師) 

原田芳雄                        岩下志麻、小林薫

映画「ラーメンガール」


ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)ブリタニー・マーフィー

ブリタニー・マーフィー                西田敏行

今回はロバート・アラン・アッカーマン監督2008年製作「ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)」をピックアップする。
本作は、伊丹十三監督1985年製作「タンポポ 」をオマージュしているそうで、全編のほとんどを日本(主に東京都渋谷区円山町・神泉町)でロケーション撮影を行ったハリウッド映画だ。
日本人の食文化、特にラーメンに対する異常なまでの拘りや真摯な姿勢を描いた本作は、往来のハリウッド映画にはない日本人像のリアルがあり、ピーター・ウェーバー監督「終戦のエンペラー」もそうであったが、日本文化に対するサジェスチョンがなければ成立しない。これは、製作に参加されているキャスティング担当の奈良橋陽子氏の功績が大きいと思う。撮影は巨匠阪本善尚氏、日本側俳優陣は、実力派の布陣で邦画を見ている様であった。尚、ガッツで魅力的なヒロインを務めたアビー役のブリタニー・マーフィさんは、劇場公開翌年の2009年12月に32歳の若さで他界したのが残念でならない。


ブリタニー・マーフィー、余貴美子           パク・ソヒ

【ストリー】
アメリカ人のアビー(ブリタニー・マーフィ)は、恋人イーサン(ガブリエル・マン)と一緒に暮らすために日本へやってくる。しかし突然、イーサンは彼女と離れて、無期限で大阪に行くことになる。途方に暮れたアビーは、アパートの向かいのラーメン屋の明かりに誘われ、閉店していることにも気づかず店に飛び込む。そして、英語のわからない店主マエズミ(西田敏行)に思いをぶちまける。マエズミはアビーに1杯のラーメンを差し出す。それを食べて元気を取り戻した彼女は、ラーメンこそが自分の天職だと思い、弟子入りを志願する。アビーは修業を始めたものの、マエズミは彼女を日本語で叱りつけては掃除や鍋洗いばかりさせ、料理に関することは何もさせない。辛さに耐えきれずアビーは店を飛び出すが、思い直して、再び店に戻る。ある夜、欧米人の仲間と出掛けたアビーは、トシ(パク・ソヒ)という日本人の男の子と知り合う。2人はすぐに意気投合し、恋が芽生える。そのころ、アビーの忍耐強さを認めたマエズミは、彼女にラーメン作りを教え始める。しかしアビーがどんなに一生懸命に作っても、彼女のラーメンには魂がない。ある日、市場に出掛けたマエズミは、アメリカ人にラーメン作りを教える彼をあざ笑う同業者宇田川(石橋蓮司)の声を耳にする。そこで、2ヶ月後にやってくる“ラーメンの達人”(山崎努)が彼女の腕を認めなければ、自分はラーメン作りを辞めると宣言する。トシが仕事で上海に赴任することになり、アビーについてきてほしいと頼む。しかし彼女は修業をやり遂げるため、トシの申し出を断る。しかしアビーのラーメンには、どうしても魂がこもらない。マエズミは息子と縁を切っており、秘伝の味が自分の代で終わってしまうことを悲観する。アドバイスを貰おうと、マエズミはアビーを自分の母に会わせる。母は、料理に愛を加える方法がわからないなら、悲しみを注げと告げる。こうしてアビーは、ついにラーメンの達人を迎える。


ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)ブリタニー・マーフィー

石橋蓮司

題名:THE RAMEN GIRL
邦題:ラーメンガール
監督:ロバート・アラン・アッカーマン
製作総指揮:小田原雅文、マイケル・イライアスバーグ、クリーブ・ランズバーグ
製作:ロバート・アラン・アッカーマン、スチュワート・ホール、奈良橋陽子、ブリタニー・マーフィー
監修:中村栄利
脚本:ベッカ・トポル
撮影:阪本善尚
照明:大久保武志
美術:今村力、岡村匡一
衣装:ドナ・グラナータ
刺青:霞涼二
配役:ビクトリア・トーマス、奈良橋陽子
記録:新玉和子
編集:リック・シェイン
音楽:カルロ・シリオット 音楽監修:ハワード・パー
助監督:Ed Licht、井上隆
製作進行:石田基紀
撮影機材:Panasonic VariCam
照明機材:日本照明
Fレコ:東映ラボ・テック(Arri Laser)
プリント:Ascent Media
出演:ブリタニー・マーフィー、西田敏行、余貴美子、パク・ソヒ、石橋蓮司、山崎努、タミー・ブランチャード、ガブリエル・マン、ダニエル・エバンス、岡本麗、前田健、石井トミコ
2008年アメリカ/ビスタサイズ・カラー102分デジタルシネマ
ラーメンガール -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岡本麗、前田健、石井トミコ

山崎努                    ブリタニー・マーフィー、西田敏行

西田敏行                  ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)

映画「探偵はBARにいる」「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」

探偵はBARにいる


大泉洋                        松田龍平

今回は橋本一監督2011年製作「探偵はBARにいる」最悪作品賞をピックアップする。
フィルムルノアールを期待させる題名の本作は、TV朝日系テレビドラマ「相棒」のスタッフで製作されたそうだ。私は安っぽい映像のビデオドラマは一切見ない。嘘っぽく安直な筋立ての日本のテレビドラマは嫌悪している。本作は、見ている内に「これって映画?」と疑問符が付く様な画面の数々、寄り画が多くアップアップのテレビドラマの様だった。とても劇場公開を考えて設計しているとは思えない。物語も陳腐でつまらなく、あくびが何ども出る内容だった。


小雪                        カルメン・マキ

【ストリー】
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。
そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が入る。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる……。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか。事件と事件のつながりは何なのか……。


西田敏行                        竹下景子

題名:探偵はBARにいる
監督:橋本一
企画:香月純一、桑田潔
製作:平城隆司
原作:東直己「バーにかかってきた電話」
脚本:古沢良太、須藤泰司
撮影:田中一成
照明:吉角荘介
録音:田村智昭
音効:北田雅也
整音:室園剛
美術:福澤勝広
装飾:大庭信正
編集:只野信也
音楽:池頼広 主題歌:カルメン・マキ「時計をとめて」
プロデューサー:上田めぐみ、須藤泰司、今川朋美
製作 – 鈴木武幸、神山郁雄、木下直哉、日達長夫、畑中達郎、鈴井亜由美、古玉國彦、村田正敏、萩谷忠男、岩本孝一、山本晋也、大辻茂、古賀太
助監督:高橋浩
制作担当:畑山佳津子
制作プロダクション:東映東京撮影所
出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、野村周平、田口トモロヲ、カルメン・マキ、安藤玉恵、吉高由里子、本宮泰風、石橋蓮司、竹下景子、松重豊、高嶋政伸
2011年日本/ビスタサイズ・カラー125分デジタルシネマ
探偵はBARにいる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


探偵はBARにいる

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点


大泉洋                          松田龍平

今回は橋本一監督2013年製作「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」最悪作品賞をピックアップする。前作に落胆したので「今回こそは!」と期待したが無駄だった。
ライティングもフィルムルノアールなのにフラットで明るすぎる。否、質の悪いドタバタ・コメディ・バラエティか?これは映画じゃないよ!役者の芝居もオーバー気味で下手。感情移入なんて出来やしない。私はテレビタレントを俳優とは言いたくない。シリーズ3が劇場公開されてたそうだが、もう見る気はしない。最悪作品賞最悪作品賞最悪作品賞


尾野真千子

【ストリー】
札幌ススキノ。探偵(大泉洋)行きつけのショーパブの従業員で友達のオカマのマサコちゃん(ゴリ)が殺害された。マサコちゃんは手品が得意で、マジックコンテストの全国大会に出場。二日前にその祝賀会を探偵の相棒・高田(松田龍平)や仲間の皆で祝ったばかりだった。捜査が一向に進まない状況の中、「マサコちゃんは政界の闇に触れたから殺された」という噂が探偵の耳に入る。時を同じくして、探偵を尾行してきたという女から事件究明の依頼が舞い込む。友達の死の真相を探るため、再び探偵と高田は疾走する……。


松重豊                         渡部篤郎

題名:探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
監督:橋本一
企画:有川俊、桑田潔
原作:東直己
脚本:古沢良太、須藤泰司
撮影:田中一成
照明:吉角荘介
録音:田村智昭
整音:室薗剛
美術:福澤勝広
装飾:大庭信正
編集:只野信也
音楽:池頼広
音楽プロデューサー:津島玄一
プロデューサー:須藤泰司、栗生一馬、大川武宏、八木征志
製作:白倉伸一郎、平城隆司、木下直哉、日達長夫、畠中達郎、鈴井亜由美、香月純一、村田正敏、樋泉実、岩本孝一、山本晋也、大辻茂、笹栗哲朗、早川浩
助監督:倉橋龍介
制作プロダクション:東映東京撮影所
出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、田口トモロヲ、渡部篤郎、片桐竜次、松重豊
2013年日本/ビスタサイズ・カラー119分デジタルシネマ
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

1 2 3