映画「幸福の黄色いハンカチ」

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
高倉健                        倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1977年製作「幸福の黄色いハンカチ」をピックアップした。
本作はピート・ハミル「黄色いリボン」を映画化したもので、北海道を舞台に刑務所帰りの中年男と偶然出会った若い男女が、それぞれの愛を見つけるまでを描いたロードムービーだ。国内の映画賞を独占した山田洋次監督の代表作でもある。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
武田鉄矢、桃井かおり

【ストリー】
欽也(武田鉄矢)が島勇作(高倉健)と逢ったのは、春の陽差しの強い網走の海岸であった。欽也は自分の車で、北海道の広い道をカッコイイ女の子を乗せて、ドライブするのが高校時代からの夢で、嫌な仕事も無理をして勤め、金をためて新車を買い求めた。東京からフェリーで釧路港へ、そして、あざやかな緑の根釧原野を欽也の赤い車は、ラジオの軽快なリズムに合わせて、ひた走った。欽也は網走の駅前で、一人でふらりと旅に出た朱実(桃井かおり)と知り合う。朱実は列車食堂の売り子で、同僚から誤解を受けて、やけくそになって旅に出たのだった。朱実は欽也の車に乗せてもらったものの、海岸で不意に欽也からキスを求められて、車から飛び出した。逃げ出した朱実をかばい、鋭い目付で欽也を睨んだ男、それが島勇作であった。欽也から見た勇作は、なんともいえない、いい男だった。しかし、欽也は啖呵を切った行きがかり上、勇作に挑むが、軽くあしらわれてしまう。そんなことがきっかけで、三人の旅は始まった。欽也が勇作に行く先を尋ねると、彼は暫らく考え、「夕張」と答えるだけだった。その夜、三人で泊まった宿で、欽也は、勇作が眠ったのを見定め、朱実の寝床に忍び込む。朱実は必死に抵抗し、大声で泣き出したため、目をさました勇作に、欽也は一喝を喰わされてしまった。翌日、欽也は毛ガニを買いこみ、一人で二匹もたいらげたことから、腹をこわしてしまう。車を運転していても、便所のあるところを見つけてはかけこむ始末である。そんなことで、十勝平野の美しい風景も欽也には共感が湧いてこなかった。大雪山が見える狩勝峠で、強盗犯人が逃亡したことから一斉検問が行なわれていた。欽也は免許証を見せるだけで済んだが、警官は勇作を不審に思い質問すると、一昨日刑期を終え、網走刑務所を出所したと彼は答えた。朱実と欽也は驚きのあまり、語る言葉もなかった。三人はパトカーで連行されるが、勇作が六年前、傷害事件をおこした際立合った温厚な渡辺課長(渥美清)の取りはからいで、何もなく富良野署から釈放される。走る車の中で勇作は重い口を開いて、朱実と欽也に過去を語り出した。--勇作は若い頃、九州に住んでいたが、三十歳を過ぎて考えを変え、夕張の炭抗で働らき始めた。その頃、町のスーパー・マーケットで働いていた光枝と恋をして結婚した。それから数年は幸福な日が続いた。そして光枝は妊娠するが、折角出来た赤ちゃんを流産してしまった。その夜、勇作は飲み屋で酔っぱらったチンピラに因縁をつけられる。あまりのしつこさに勇作は腹をたて、相手を殴ると、チンピラはそのまま死んでしまう。勇作は六年間、刑務所で過すが、光枝の面影は、勇作の心から離れなかった。刑期を終える直前、勇作は光枝に手紙を書いた。「俺は、お前が良い男と再婚して、幸せになっていることを望んでいる。この手紙がつく頃、俺は夕張に行くが、もしも、お前が今でも独りで暮しているなら、庭先の鯉のぼりの竿の先に黄色いハンカチをつけておいてくれ。そのハンカチを見たら俺は家に帰る。でもハンカチがなかったら、俺はそのまま夕張を去っていく」と。--その話を聞いた朱実と欽也は声をふるわせて泣いた。車は赤平、歌志内、砂川を過ぎて一直線に夕張に向かう。朱実と欽也の祈りをこめて、車は夕張の町に近づいた。しかし、勇作は引返そうと言い出す。陸橋を越え、車は大きくカーブを描き、街の坂を登っていった。その時、欽也と朱実の眼に映ったものは、角の家の狭い庭先に、不釣合いな高い旗竿の上から下まで並んだ何十枚もの黄色いハンカチであった。欽也と朱実は手と手を固く握りしめる。黄色いハンカチのなびく家から、光枝は出てきた。語りきれない愛の言葉を胸に秘め、静かで温かな勇作の眼は、じっと光枝を見つめている。六年の歳月も、二人を離すことはできなかったのだった。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
渥美清                      武田鉄矢、桃井かおり

題名:幸福の黄色いハンカチ
監督:山田洋次
製作:名島徹
原作:ピート・ハミル「黄色いリボン」
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:中村寛、松本隆司
美術:出川三男
装置 :小島勝男
装飾 :町田武
衣裳 :松竹衣裳
編集:石井巌
音楽:佐藤勝
現像:東洋現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
監督助手:五十嵐敬司
スチール:長谷川宗平
出演:高倉健、倍賞千恵子、桃井かおり、武田鉄矢、渥美清、太宰久雄、三崎千恵子、たこ八郎、小野泰次郎、谷よしの、岡本茉利、赤塚真人
1977年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー108分35mmフィルム
幸福の黄色いハンカチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
高倉健

映画「男はつらいよ・花も嵐も寅次郎」


渥美清                       田中裕子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1982年製作「男はつらいよ・花も嵐も寅次郎」をピックアップする。
第30作となる本作のロケ地は、大分県杵築、湯平温泉、アフリカンサファリ、鉄輪温泉、由布院、志高湖、臼杵、千葉県谷津遊園(既に閉園)などで行われ、封切り時の観客動員は228万2,000人、配給収入は15億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「次郎長青春篇 つっぱり清水港(監督:前田陽一 出演:中村雅俊、佐藤浩市、原田大二郎、平田満、明石家さんま、島田紳介)」であった。


沢田研二                    渥美清、田中裕子、児島美ゆき

馬渕晴子、田中裕子                 内田朝雄、渥美清

【ストリー】
大分は湯平温泉でバイをする寅(渥美清)は、馴染みの湯平荘に宿をとった。夜、寅と宿の親父、勝三(内田朝雄)が酒を飲んでいると、そこへ、ひとりの青年が現れた。三郎(沢田研二)というその青年は、かつて、この宿で女中をしていた女性の息子で、その母がひと月ほど前に病死し、遺骨を埋めにこの地にやって来たという。勝三は美しい三郎の母親を覚えており、彼の親孝行に感心した寅は、さっそく昔の知り合いを集め、供養をしてやる。同じ宿に泊り合わせていた、東京のデパートに勤めている旅行中の螢子(田中裕子)とゆかり(児島美ゆき)という二人の娘も、寅はその席に座らせてしまう。翌日、二人の娘と見物をしていた寅は、車で東京に帰ろうとしていた三郎と出会い、その日は四人でドライブをすることになった。そして夜、二人の娘と別れるときになって、三郎は螢子に付き合って欲しいと言う。突然のことで、螢子はとまどうようにフェリーに乗り込んだ。車で東京に帰った寅と三郎はヘ卜ヘトになって柴又に辿り着く。とらやの家族の団らんは、母と二人で育った三郎にはとてもうらやましく思えた。そして、三郎は自分の思いを螢子に伝えてほしいと寅に頼んで帰っていった。一方、螢子も、寅との楽しい会話が忘れられず、とらやを訪ねた。その日、寅は留守だったが、数日後、二人は一緒に酒を飲んだ。寅は三郎の気持ちを螢子に伝える。親のすすめる見合いを断った螢子だが、三郎は二枚目すぎると乗り気ではない。寅の報告にガックリする三郎。そこで寅は、螢子をとらやに招待し、彼女には知らせずに三郎も呼んだ。ぎこちない二人だが、その日からデートをするようになった。その頃、螢子の両親は、見合の相手の家族が螢子の素行を興信所で調べてもらった結果、彼女が特定の男性と交際していると教えられていた。螢子は両親に、その男性について問いつめられ、涙をためてとらやに向った。螢子は寅に「動物園の飼育係をする三郎は、チンパンジーのことしか話さず、大事なことにふれようとしない」と話す。螢子は三郎が好きだが彼の煮えきらない態度に、今後の関係に迷っていた。寅はそんな螢子に、好きだから余計に、思っていることが言えないんだと説得する。さくら(倍賞千恵子)にも励まされ、螢子は、とらやの帰路、三郎の本心を聞こうと決意、彼の勤め先を訪ねた。話があるという螢子に、三郎も話したいことがあると、観覧車に誘った。まず三郎が「チンパンジーがなつかなくなった。愛情がなくなったことを感じるのだろうが、それは君と知り合ってからだ……、結婚してほしい」と話した。もう螢子は何も話すことはなかった。結婚することを決めたという螢子の電話を聞くと、寅は、これからやって来るという二人は待たずに旅に出るのだった。


倍賞千恵子、朝丘雪路        渥美清、前田吟、三崎千恵子、倍賞千恵子、下條正巳、吉岡秀隆

渥美清、沢田研二                  佐藤蛾次郎、笠智衆

題名:男はつらいよ・花も嵐も寅次郎
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作:島津清、佐生哲雄
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
アニメーション:白組
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、田中裕子、沢田研二、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、朝丘雪路、児島美ゆき、馬渕晴子、人見明、内田朝雄、殿山泰司、桜井センリ、高城美輝、谷よしの、中本賢、光石研、笠井一彦、アパッチけん
1982年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・花も嵐も寅次郎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中裕子、沢田研二

映画「男はつらいよ・寅次郎と殿様」


三崎千恵子、渥美清、下條正巳、倍賞千恵子     真野響子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1977年製作「男はつらいよ・寅次郎と殿様」をピックアップする。
第19作となる本作のロケ地は、愛媛県大洲市、松山市、伊予市、旧双海町、下灘駅などで行われ、封切り時の観客動員は140万2,000人、配給収入は8億4,900万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,300円、併映は「坊ちゃん(監督:前田陽一 出演:中村雅俊、松坂慶子、地井武男、米倉斉加年、岡本信人)」であった。


渥美清、嵐寛寿郎                   三木のり平

【ストリー】
鞍馬天狗の夢からさめた寅さん(渥美清)は、妙に生まれ故郷の柴又が恋しくなり、小さな鯉のぼりを買って勇んで帰って来た。この鯉のぼりは、最愛の妹・さくら夫婦(倍賞千恵子、前田吟)の一人息子満男(中村はやと)のためのものだった。ところが、さくら夫婦が、やはり満男のためにと大きな鯉のぼりを買ったばかり。博(前田吟)は寅の心情を知り、庭先の鯉のぼりをいそいでおろすが、このことを知った寅さん、「みずくさい」と一言いって怒る。おまけにとらやでは最近、拾ってきた犬に「トラ」と名づけていたから大変。寅さんは自分が呼び捨てられているものと勘違い大喧嘩。例によって柴又を去っていった。四国は、愛媛県大洲市。この古い城下町にやって来た寅さんは、墓参りをしている美しい人に一目ぼれ。その夜、偶然にもその人と旅館がいっしょになって、親に大反対されながらも一緒になった夫が、数カ月前突然亡くなったという身の上話を聞き、しんみりとする。翌朝、寅さんは持前の気っぷの良さを発揮し、「何かあったら柴又のとらやを訪ねてくれ」といって別れた。その直後、ふとしたことから時代劇口調の変な老人と寅さんは知り会い、妙に二人は馬が合った。実はこの変な老人とは、大洲藩十八代目当主・藤堂宗清(嵐寛寿郎)であり、その夜宗清のお屋敷に連れていかれた寅さんは、そこで、急死した息子の話を聞かされ、その息子の嫁・鞠子(真野響子)に二人の結婚のことを反対したことをあやまりたいという宗清の気持ちに打たれるのであった。そして、持ち前の義侠心を発揮した寅は東京で鞠子を見つけ出すことを約束して大洲を去った。それから10日後、待ちきれなくなった宗清は柴又に寅を訪ねて来た。丁度タイミング良く寅も旅から帰って来たのだが、驚いたのはとらやの連中で、何しろ、この広い東京の中から一人の娘を捜し出さなければならないのだ。しかも、宗清は鞠子と会えるまで、長男の家に滞在することになったからたいへん。そんなある日、寅さんが、大洲で会った美しい女がとらやを訪ねてきた。そこで皆で食卓を囲んで話していると、以外にも宗清の探している女とはこの鞠子であることがわかった。その晩、宗清は鞠子のアパートで、亡き息子の思い出話に花をさかせるのであった。大洲に帰った宗清から寅さんに、鞠子と三人で大洲で暮そうという手紙が来た。寅さんは小踊りするが、鞠子から新しい相手と近々結婚することになっていると聞き、またまた失恋、旅に出た。それからしばらくたった夏のある日、寅さんは、大洲のお屋敷で、柴又の人情と笑いをふりまいていた。それは、長い長い寅の旅の一つの休憩時間でもあるかのようだった。


倍賞千恵子                下條正巳、倍賞千恵子、三崎千恵子、太宰久雄

題名:男はつらいよ・寅次郎と殿様
監督:山田洋次
企画:高島幸夫、小林俊一
製作:島津清
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:中村寛
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
制作補佐補:峰順一
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、倍賞千恵子、真野響子、嵐寛寿郎、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、三木のり平、斎藤美和、谷よしの、中村はやと
1977年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎と殿様 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


1 2 3