映画「コント55号とミーコの絶体絶命」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
コント55号(坂上二郎、萩本欽一)                   由美かおる

今回は野村芳太郎監督1971年製作「コント55号とミーコの絶体絶命」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第7作である。

【東宝製作】
1968年「コント55号 世紀の大弱点」監督:和田嘉訓
1969年「コント55号 人類の大弱点」監督:福田純
1969年「コント55号 俺は忍者の孫の孫」監督:福田 純
1969年「コント55号 宇宙大冒険」監督:福田 純

【松竹製作】監督:野村 芳太郎
1968年「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」
1968年「白昼堂々」※ゲスト出演
1969年「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」
1969年「チンチン55号ぶっ飛ばせ!出発進行」
1970年「こちら55号応答せよ!危機百発
1970年「俺は眠たかった!!」※製作・監督・脚本・音楽・主演:萩本欽一(浅井企画・松竹)
1970年「コント55号と水前寺清子の大勝負」
1971年「コント55号とミーコの絶体絶命」
1971年「泣いてたまるか」※主演:坂上二郎 監督:宮崎晃
1972年「初笑いびっくり武士道」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子、萩本欽一                  財津一郎
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
小松政夫                        三原葉子

【ストリー】
坂本次郎(坂上二郎)・金作(萩本欽一)の兄弟は湘南市役所なんでもやる課勤務である。父は戦死、母は台風で死亡。その時次郎は16歳、金作は8歳であった。次郎は金作の手をひいて上京、苦労の末、金作を大学にやった。次郎は、世の中は金だという信念を持っているだけにケチである。従って女には縁がない。一方、金作はなかなかのプレイボーイで、ある日新宿のゴーゴーバーで県会議員の妾腹の娘田所桃代(太地喜和子)と知り合った。翌日、金作は市役所の亀山助役(花澤徳衛)に呼ばれた。桃代が結婚したいというのだ。助役や沼田課長(財津一郎)は、自分たちの昇進のチャンスとばかりこの結婚を急がせた。15年勤務の次郎を通り越して金作は係長に抜擢された。金作はふとしたキッカケで知りあった中川秀子(由美かおる)という、病身の母(浦里はるみ)と妹のために昼間はガソリン・スタンド、夜はゴーゴーバーで働きながら家計を切りまわしている溌刺とした心根の優しい娘にすっかり心を奪われてしまった。ある日次郎は胃に激痛を感じた。そして、勝手に癌だと思い込んだ。金作も、他人のことを話している杉本医師(なかにし礼)の言葉を聞き違え、兄は癌だと錯覚してしまった。その日から金作は一生懸命兄につくした。次郎は余命いくばくもない人生を楽しもうと500万円の預金を解約した。そんなある日、次郎は、ポケットに石をつめ込んで海に身を投じたが勤め帰りの秀子に助けられた。気がついた時は病院のベットの上で、秀子が母の手術代に困っていることを知り金をだそうとしたが、300万円余りの大金は自殺行の時、波にさらわれてしまった。兄弟が相談した手術代の捻出方法は、このまま次郎が死んだことにして香典を集めることだった。数日後、通夜の客たちは香典を持って集まった。そんな夜でも桃代の甘い攻撃は続いた。金作が「不謹慎な!」と桃代を殴り飛ばしたことから押し入れに隠れていた次郎が飛びだして大騒ぎとなった。かくして兄弟の金集めの苦心は水泡にきしたのである。しかし、金作は、次郎が秀子を愛していることを知ると身を引く決心をした。やがて、次郎が癌でないことが判明した。それも自殺行のあとの入院でわかったもので次郎も知っていたことである。金作はむしょうに腹が立ち次郎にかみついたが、秀子のとりなしで仲直りした。それから数カ月後、「次郎ラーメン」の屋台が店開きした。商売は順調であった。そして、秀子の母の手術も、兄弟の苦面した金で無事に終った日、秀子が選んだフィアンセは兄弟のどちらでもなく杉本先生だったのだ。二人のショックはあまりにも大きかった。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
花澤徳衛                      コント55号(萩本欽一、坂上二郎)   
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
倍賞美津子                           田中邦衛
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子                    坂上二郎、和田アキ子

題名:コント55号とミーコの絶体絶命
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美、浅井良二
脚本:野村芳太郎、山根成之、大西信行
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
編集:浜村義康
現像:東洋現像所
音楽:中村八大 挿入歌:由美かおる「地球の裏側」「タバコの火を消して」「風に吹かれて」 和田アキ子「天使になれない」
製作主任:吉岡博史
製作進行:宗本弘美
助監督:山根成之
スチール:赤井博且
出演:坂上二郎、萩本欽一、由美かおる、太地喜和子、花澤徳衛、財津一郎、小松政夫、倍賞美津子、三原葉子、田中邦衛、三木のり平、武智豊子、浦里はるみ、佐々木梨里、和田アキ子、なかにし礼
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
コント55号とミーコの絶体絶命 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
浦里はるみ、由美かおる              コント55号とミーコの絶体絶命

映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

映画「しなの川」


由美かおる                           岡田裕介

今回は野村芳太郎監督1973年製作「しなの川」をピックアップする。
由美かおるさんの瑞々しいヌードは話題になった本作は、昭和初期の信濃川を舞台に、名家の娘の波乱に満ちた愛の遍歴と彼女に思いを寄せる丁稚青年の心情を綴った内容だ。


仲雅美、由美かおる                    仲谷昇

【ストリー】
昭和3年、信濃川上流の山間集落に小作人の倅として育った朝田竜吉(仲雅美)は、十日町の高野家に丁稚奉公することになった。17歳の時だった。気苦労の多い丁稚生活の中で、竜吉の安らぎは、高野家の一人娘で女学校3年の雪絵(由美かおる)の美しい存在だった。ある日、雪絵は母(岩崎加根子)が13年前、番頭と駆落ちしたということを知った。問いつめても黙っている父(仲谷昇)に業を煮やした雪絵は、衝動的に竜吉を土蔵に引き入れ激しいキスを交わした。番頭の辰之助(山本豊三)の進言で、雪絵は長岡の女学校に転校することになった。雪絵は出発前に自分のすべてを竜吉に与えようとして二人は土蔵に入った、が、一足先に土蔵に入った竜吉は、中で雪絵の父と辰之助が男同志で抱き合っている姿を見た。雪絵が入ろうとするのを止めた竜吉は、雪絵には口が裂けても、このことは言うまいと誓うのだった。昭和5年、転校した雪絵は、情熱的な左翼シンパの国語教師・沖島雄介(岡田裕介)に急速に接近した。校長に呼び出された父は、雪絵を十日町へ連れ帰った。沖島は、結婚を申し込みに十日町まで来たが、父は即座に拒否した。沖島と雪絵は駆落ちした。その二人の姿を遠くで見ていた竜吉は、雪絵との思い出の写真を信濃川に捨てた。沖島と雪絵は刑事に捕わり、沖島は父のいる伊豆へ、雪絵は十日町へと強引に帰らせられた。途中、再び逃げた雪絵は伊豆へ行った。激情の中で抱き合う二人、雪絵は処女を捧げた。しかし、雪絵は何故か、沖島から離れて行く自分を感じていた。何事もなかったかのように十日町に帰って来た雪絵は、高野家が金融恐慌のため莫大な借金を背負っていることを知った。夏祭りの夜、雪絵と竜吉は再会した。「死にたい」雪絵が呟いた。「お嬢さんが死ぬなら私も死にます……」雪絵の頬に涙が流れ、二人は信濃川に身を投げた。が、幸か不幸か助けられた……。雪絵の青春は終りかけていた。塩沢の大きな買いつぎ店に政略結婚同様に嫁いだ。彼女の花嫁行列を、じっと見送る一人の青年がいた。単身満州へ渡ろうとする旅姿の竜吉だった。


岩崎加根子                          由美かおる、岡田裕介

題名:しなの川
監督:野村芳太郎
企画:西野皓三
製作:樋口清
原作:岡崎英夫、上村一夫
脚本:ジェームス三木、野村芳太郎
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:川添膳治
装飾:印南昇
衣装:松竹衣装
衣装考証:柳生悦子
編集:太田和夫
音楽:富田勲 主題歌:由美かおる「しなの川」
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作進行:柴田忠
助監督:大江英夫
スチール:長谷川宗平
出演:由美かおる、仲雅美、岡田裕介、仲谷昇、岩崎加根子、加藤嘉、財津一郎、穂積隆信、山本豊三、浦辺粂子、進千賀子、佐々木孝丸
1973年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
しなの川 -あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


由美かおる                              しなの川

1 2 3 4