映画「でっかいでっかい野郎」

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
渥美清                          岩下志麻

今回は野村芳太郎監督1969年製作「でっかいでっかい野郎」をピックアップする。
北九州市若松市を舞台にした作品は「玄海つれづれ節」などあるが、本作は野村芳太郎監督による渥美清さん主演の第5作目になる。これは名優を起用はしても脚本が練られていないと消化不良になる思いの凡庸な作品になっている。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
中川加奈                        長門裕之

【ストリー】
南田松次郎(渥美清)は、どこへ行っても厄介もの。三池地区の保護司から紹介状を持たされ、父親の故郷若松で保護司をしている山口医院の院長山口(長門裕之)を訪れた。山口は夫人の静子(岩下志麻)や看護婦の友江(中川加奈)らを説得して、松次郎を家に置き、さらにダルマ船の清掃夫の就職まで斡旋した。だが、酒に目のない松次郎は、ベテラン船長原田(伴淳三郎)と大喧嘩。そのうえ、腐ったフグを仲間たちに喰わせ、またしても風来坊になってしまった。ところが、思わぬ事件のお蔭で一躍話題の人となった。それは、FBIから手配中の金塊の運び屋を叩きのめしたからだった。マスコミに騒がれ、無法松気どりの松次郎を優しくたしなめたのは辰吉の孫娘友江だった。そして、友江から初代無法松一代記を聞かされた松次郎は、すっかり感動。心の人を友江と定め、二代目無法松たらんとこれ勤めた。ところが、友江が夜になるとバーに勤め、さらに明(大野しげひさ)という恋人がいることを知って落胆、いずこへともなく姿を消してしまった。一方、友江は明との結婚を祖父辰吉に承諾してもらえず悩んでいた。そんなある日、松次郎は友江からその一件の相談を受けた。お人好しの松次郎は二人に同情、友江のために辰吉の退職金を盗み御用となってしまった。松次郎を取下げたのは、事の一部始終を知った辰吉だった。そして松次郎は霊験アラタカな白山神社に禁酒を誓った。しかし、効果は皆無、心の人友江の名を呟きながらやけ酒をあおるのだった。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎                        香山美子
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
長門裕之、渥美清                  中川加奈、渥美清

題名:でっかいでっかい野郎
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
脚本:野村芳太郎、永井素夫
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:玉生久宗
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
監督助手:吉田剛
スチール:小尾健彦
出演:渥美清、岩下志麻、香山美子、中川加奈、大野しげひさ、長門裕之、伴淳三郎、財津一郎、加藤嘉、坊屋三郎、野村昭子、大橋壮多、関敬六、谷幹一、佐藤蛾次郎、石井均
1969年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
でっかいでっかい野郎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
野村昭子                        加藤嘉
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
関敬六、中川加奈                   坊屋三郎、渥美清
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
谷幹一                      中川加奈、渥美清、大野しげひさ
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎、渥美清、岩下志麻、長門裕之        でっかいでっかい野郎

映画「探偵物語」

探偵物語探偵物語
松田優作                         薬師丸ひろ子

今回は根岸吉太郎監督1983年製作「探偵物語」をピックアップする。
本作は赤川次郎氏の同名小説を映画化したものだが、1979年から1980年に日本テレビ系列で全27話が放送されたテレビ映画とは、松田優作さんが主演しているというだけで、ストーリー・設定の関連はなく別物である。私は今作に限り、テレビ映画版の方がおもしろかった記憶がある。

探偵物語探偵物語
坂上味和                                                          松田優作、薬師丸ひろ子

【ストリー】
女子大生の新井直美(薬師丸ひろ子)はあと一週間で父親の待つアメリカに旅立つことになっている。ある日、直美は前から憧れていたサークルの先輩・永井(北詰友樹)に誘われた。永井は海辺の店でペンダントを二つ買い、一つを直美にプレゼントする。そして、いつしか二人はホテルの一室にいた。そこに突然、直美の伯父と名乗る男が飛び込んできて永井を追い出してしまう。この男・辻山秀一(松田優作)は私立探偵で、直美の父の元秘書・長谷沼から、彼女のボディー・ガードに雇われたのだった。ある日、辻山の別れた妻・幸子(秋川リサ)が、彼女の愛人で岡崎組のドンの跡取りである和也(鹿内孝)がホテルのシャワー室で何者かに刺殺されたと辻山のアパートに飛び込んで来た。ホテルは密室状態で犯行のチャンスがあったのは幸子だけと、警察、国崎組の目は幸子へ。そこに直美が訪れ国崎組のが追手迫る中、三人はどうにか脱出し、直美の家へ逃れた。直美は幸子をかくまい辻山と二人で真犯人を見つけようと言い出す。そして、和也の葬儀に出かけた直美は、未亡人の三千代(中村晃子)と国崎組の岡野(財津一郎)が一緒に出かけるのを見つけた。そこに辻山も現われ後を追った二人は、三千代と岡野のベッドでの会話の録音に成功するが、国崎組に追い回される。ある夜、辻山と幸子がベッドにいるのを見て、ショックをうけた直美は、街をさまよい見知らぬ男の誘いにのる。その男と入ったホテルは和也が殺されたホテルであった。直美は、シャワー室の天井が換気孔になっているのを発見し、そこから逃げ出す。急いで帰宅し、辻山が録音テープを持って国崎組へ向ったのを知った直美も後を追う。辻山は違うテープを持っていったのだ。そして、テープを聞いた剛造(藤田進)は、岡野におとしまえをつけさせ、直美の証言で皆でホテルに向った。そこで、換気孔から隣の部屋へと移動を行った直美は、通路でペンダントを発見した。それは永井が海で買い、以前、直美が辻山と入った和也が経営している店で、バニーガールとして働いていた永井の恋人・正子(坂上味和)がしていたものだった。次の日、ペンダントを見せ、問いつめた直美に正子は告白を始めた。正子は永井のために、あの店で売春もしており、そして、妊娠している彼女に無理やり客をとらせる和也を憎み、激情的に殺害したのだった。自首するという正子を永井が送り、事件は解決した。渡米の前日、直美は辻山のアパートを訪れるが、中々お互いの気持が噛み合わない。帰り際、直美は彼に愛を告げると、急いで出て行った。次の日、空港で直美を待ちうけていたのは辻山だった。二人は別れの熱いキスを交わし、直美は発って行った。

探偵物語探偵物語
松田優作、秋川リサ                   財津一郎

題名:探偵物語
監督:根岸吉太郎
製作総指揮:角川春樹
制作:黒澤満、長谷川安弘、紫垣達郎
原作:赤川次郎
脚本:鎌田敏夫
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:橋本文雄
音効:小島良雄
美術:徳田博
装飾:佐藤結樹、大坂和美
小道具:花田あい子、遠藤光男
大道具:阿部敏幸
特殊機械:長谷川忠治、山本哲也
スタイリスト:小川久美子
メイク:太田とも子
衣裳:山田実 第一衣裳
記録:今村治子
編集:鈴木晄
音楽:加藤和彦 主題歌:薬師丸ひろ子「探偵物語」
現像:東映化学
製作担当:青木勝彦
製作進行:隅田進、伊藤正敏
演技事務:遠藤茂行
助監督:一倉治雄
監督助手:渡辺容大、伊藤裕彰、上山勝
撮影助手:田村輝行、柳島克己、山本郎
照明助手:山岸清海、黒田紀彦、市川元一、山崎一隆、小峰睦男
録音助手:中山義廣、北村峰晴、梶谷幸生
美術助手:後藤修孝
編集助手:川島章正、北沢良雄
製作宣伝:遠藤茂行、杉田薫
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
スチール:藤沢俊夫、遠藤功成
製作協力:セントラル・アーツ、ディレクターズ・カンパニー
出演:薬師丸ひろ子、松田優作、秋川リサ、岸田今日子、北詰友樹、坂上味和、ストロング金剛、加藤善博、三谷昇、藤田進、林家木久蔵、中村晃子、鹿内孝、財津一郎、蟹江敬三、荒井注
1983年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー111分35mmフィルム
探偵物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

探偵物語探偵物語
薬師丸ひろ子、松田優作

映画「こちら55号 応答せよ!危機百発」

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
坂上二郎、萩本欽一(コント55号)              長山藍子
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
倍賞美津子                        珠めぐみ

今回は野村芳太郎監督1970年製作「こちら55号 応答せよ!危機百発」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第5作である。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
財津一郎                       萩本欽一、由利徹
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
皆川おさむ                        石立鉄男

【ストリー】
萩本金助(萩本欽一)は中学時代、村の駐在酒井大作(フランキー堺)の一人娘静子(長山藍子)に恋をするが、間もなく彼女は少年院の院長として転任する父親と共に九州へ去ってしまう。初恋はみごとに破れたが彼女への純情を貫ぬこうと決意し、やがて刑事となり東京の城南署に赴任する。そこで先輩の蟹形平次郎(坂上二郎)とコンビを組んで仕事をすることになるのだが、平次郎は少年時代、非行少年として少年院に収容され、そこで酒井院長の娘静子を知ることになり模範院生となって卒業後、静子をめとり今や前途有望なべテラン刑事である。このように奇しき運命によって結ばれた前途多難を思わせるコンビの初仕事は、管内で対立する血桜組と三日月組とのいさかいから生じた三日月組の代貸松崎(財津一郎)が尻をさされるという珍事件に始まった。犯人を追う二人の前にやがてチンピラヤクザ修一(石立鉄男)の線が浮かび、修一の妹マユミ(倍賞美津子)と知りあう。そして彼女の口から修一の恋人でラーメン屋に勤めている悦子(珠めぐみ)とも知りあった金助は修一逮捕のため悦子の勤め先のラーメン屋に張りこんでいるうちに、マユミに好意をよせるようになってしまうのだが、ふとしたきっかけで平次郎の妻が初恋の人であることを知って愕然とする。その頃、単独張込みに出かけた平次郎は偶然にも修一と悦子が明日開かれるピーターのリサイタル会場で落ち合うことを知り、当日二人はリサイタル会場に出かけるのだが、先手を打つように会場には血桜組と三日月組が待ちかまえ、修一と悦子に襲いかかる。修一と悦子の二人は必死の努力で無事逃げのび、翌日悦子に付き添われた修一が二人の前に自首し、事件は落着する。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
ピーター                        土居まさる
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
加藤剛                    坂上二郎、萩本欽一(コント55号) 

題名:こちら55号 応答せよ!危機百発
監督:野村芳太郎
製作:升本喜年、浅井良二
脚本:野村芳太郎、ジェームス三木、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦札
調音:栗田周十郎
整音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
振付:一宮はじめ
編集:浜村義康
音楽:木下忠司
主題歌:坂上二郎「55号 平次の歌」 挿入歌:ピーター「夜と朝の間に」皆川おさむ「サッちゃん」
現像:東洋現像所
助監督:山根成之
製作主任:吉岡博史
製作進行:玉生久宗
スチール:赤井博且
出演:萩本欽一、坂上二郎、倍賞美津子、長山藍子、珠めぐみ、ピーター、石立鉄男、フランキー堺、財津一郎、加藤剛、吉田吉二郎、由利徹、桜京美、皆川おさむ、土居まさる
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
こちら55号 応答せよ!危機百発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2 3 5