映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

映画「陽のあたる坂道」



石原裕次郎                      北原三枝

今回は田坂具隆監督1958年製作「陽のあたる坂道」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、以降1967年(日活)と1975年(東宝)で2度映画化されている。撮影は1958年1月から4月まで行われ、大田区田園調布(駅付近の道、同・駅前、多摩川台公園)、文京区小石川、新宿区(信濃町駅、外苑の銀杏並木、絵画館前)、西多摩郡羽村町などでロケーションが行われたそうだ。本編は、女子高校生役の芦川いづみさんが可憐だった。今、こんな女子高校生役が出来る女優はいないと思う。


芦川いづみ                   川地民夫(デビュー作)

【ストリー】
田代玉吉(千田是也)は出版会社の社長で、家族は妻のみどり(轟夕起子)、長男の医大生雄吉(小高雄二)、少々ひねくれ者だが自由奔放な次男信次(石原裕次郎)、それに足のわるい娘のくみ子(芦川いづみ)。女子大生倉本たか子(北原三枝)は、くみ子の家庭教師であり彼女のアパートの隣室に、高木トミ子(山根寿子)と一人息子の民夫(川地民夫)が住んでいた。ある日、父の玉吉と話をしていた信次は、ふとしたことから自分が父と柳橋の芸者との間に出来た子であることを知った。数日後くみ子はたか子を誘ってある喫茶店に行った。彼女はくみ子の夢中になっているジャズシンガーが、民夫なのでびっくりした。正月の元旦、信次はたか子の話からトミ子が自分の実母であると感知して、アパートをたずねた。しかしトミ子は不在で、留守居の民夫は裕福そうな信次に反感を抱いて、彼を部屋に入れようとしなかった。母のみどりは信次のことを心配して、やさしく彼をなぐさめた。信次の心の中には、たか子への愛情が芽生えていたが、持前のひねくれで、率直に言えなかった。当のたか子は雄吉とスキーにいって求婚されたが、なにか二人の間に隔りを感じ承諾できなかった。くみ子は医師の診断をうけ、足のなおるのがわかったので、民夫に結婚したいといった。その頃、雄吉はファッションモデルのゆり子(渡辺美佐子)と問題をおこし、そのいざこざを信次におっかぶせてしまった。しかし、信次が悪いのではないことを知ったたか子は、彼の情熱的な青年らしい真情を感じた。くみ子とたか子の計らいで、信次は民夫と会い、大喧嘩をしたがいつしか二人は兄弟愛に結ばれていった。その帰途、信次はたか子を踊りに誘い、強引に接吻した。一度は怒ったたか子も、彼の胸に抱かれるのだった。くみ子と民夫の明るい顔にも、田代家の前の坂道にも、暖かい春の陽ざしが、彼らを祝福するかのようにふりそそいでいた。


轟夕起子、石原裕次郎             芦川いづみ、轟夕起子、小高雄二

題名:陽のあたる坂道
監督:田坂具隆
製作:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:田坂具隆、池田一朗
撮影:伊佐山三郎
照明:岩木保夫
録音:米津次男
美術:木村威夫
記録:飯村知子
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝
製作主任:林本博佳
助監督:牛原陽一、山崎徳次郎
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、川地民夫、轟夕起子、小高雄二、山根寿子、千田是也、渡辺美佐子、森川信、小沢昭一、天草四郎
1958年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ203分35mmフィルム
陽のあたる坂道 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川地民夫、石原裕次郎                北原三枝、芦川いづみ

川地民夫、芦川いづみ               石原裕次郎、小高雄二

映画「武蔵野夫人」

武蔵野夫人武蔵野夫人
田中絹代                      進藤英太郎、田中絹代

今回は巨匠溝口健二監督1951年製作「武蔵野夫人」をピックアップする。
本作は、ジャン=リュック・ゴダール監督を始めヌーベルバーグの映画作家を中心に、国内外の映画人に影響を与えた溝口監督が、世界的に有名になる前に作られた作品である。俳優の演技の流れをカット割りによって断ち切ってしまうことを嫌った監督は、ワンシーン・ワンカットの長回し、クローズアップを用いずロングショット、移動撮影やクレーン撮影を用いるなど緊張感溢れた映像を編み出している。溝口健二監督は、日本映画において黒澤明監督、小津安二郎監督、成瀬巳喜男監督らと共に国際的に高い評価を受けた監督であり、ヴェネツィア国際映画祭では作品が3年連続で受賞している。

武蔵野夫人武蔵野夫人
轟夕起子、森雅之                  田中絹代

【ストリー】
戦争中の武蔵野台地。道子(田中絹代)と夫の秋山忠雄(森雅之)は、空襲に遭った東京から、この地にある道子の実家に疎開して来た。さっそく道子たちは、栗林を隔てた地続きにある道子の従兄・大野(山村聡)と妻・富子(轟夕起子)の家に挨拶に出かけた。道子の母が死に、父の宮地信三郎(進藤英太郎)は道子たちの夫婦仲を心配したが、父も母のあとを追うように死んだ。宮地の家は道子が継いだ。やがて終戦。忠雄は戦後の出版ブームでスタンダールの翻訳が売れて、大学で教鞭を執るようになっていた。一方、大野は戦時中の軍需工場を石鹸工場に切り替えて成功し、派手な生活を送っていた。ある日、宮地家に出征した道子の従弟の勉(片山明彦)が帰って来た。勉はシンガポールの収容所にいたのだった。道子は驚き喜んだ。勉は道子とともに住むことを望んだが、忠雄は彼をアパートに住まわせる。アプレの若者たちが集うアパートに住んで、次第に勉は学校にも行かず、女と放埓な生活を送るようになった。道子は勉の生活が荒れていることを心配し、富子の提案で勉に富子の娘の家庭教師をさせることにして、勉は宮地の家に道子たちと一緒に住むことになった。勉と道子は一緒に武蔵野の散策するうちに、お互いに男女として意識し合うようになった。しかしあけすけな富子は、それを忠雄に暴露してしまう。忠雄は道子に問いただすが、道子は否定した。一方、富子は勉を誘惑し、事業がうまくいっていない大野は道子に借金を申し込む。が、どちらも相手に拒否された。忠雄は以前からことあるごとに口説いていた富子と関係を持った。あるとき、嵐にあった道子と勉はホテルで一夜を過ごすが、道子は勉の激情を優しくなだめるのだった。勉は宮地家を去った。忠雄は家の権利書を持ち出して富子と駆け落ちした。大野は道子が死ねば忠雄の手にある委任状は失効すると言った。忠雄たちは権利書を金に変えることができず、自棄酒を飲むが、富子は忠雄を置き去りにして勉のアパートに行ってしまう。忠雄が家に戻ってみると、道子は香の匂いの中で静かに息を引き取っていた。

武蔵野夫人武蔵野夫人
片山明彦

題名:武蔵野夫人
監督:溝口健二
製作:児井英生
原作:大岡昇平
脚本:依田義賢 脚色:福田恒存
撮影:玉井正夫
照明:西川鶴三
録音:亀山正二
美術:松山崇
編集:坂東良治
音楽:早坂文雄
現像:東宝現像所
製作主任:眞木照夫
助監督:日高繁明
特殊技術:東宝技術部
出演:田中絹代、森雅之、山村聡、轟夕起子、片山明彦、千石規子、進藤英太郎、塩沢とき、安双三枝、大谷伶子、津山路子、中村美那子、西田智、平井岐代子、深見泰三
1951年日本・東宝/スタンダードサイズ・モノクロ88分35mmフィルム
武蔵野夫人 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

武蔵野夫人武蔵野夫人

1 2