映画「しなの川」


由美かおる                           岡田裕介

今回は野村芳太郎監督1973年製作「しなの川」をピックアップする。
由美かおるさんの瑞々しいヌードは話題になった本作は、昭和初期の信濃川を舞台に、名家の娘の波乱に満ちた愛の遍歴と彼女に思いを寄せる丁稚青年の心情を綴った内容だ。


仲雅美、由美かおる                    仲谷昇

【ストリー】
昭和3年、信濃川上流の山間集落に小作人の倅として育った朝田竜吉(仲雅美)は、十日町の高野家に丁稚奉公することになった。17歳の時だった。気苦労の多い丁稚生活の中で、竜吉の安らぎは、高野家の一人娘で女学校3年の雪絵(由美かおる)の美しい存在だった。ある日、雪絵は母(岩崎加根子)が13年前、番頭と駆落ちしたということを知った。問いつめても黙っている父(仲谷昇)に業を煮やした雪絵は、衝動的に竜吉を土蔵に引き入れ激しいキスを交わした。番頭の辰之助(山本豊三)の進言で、雪絵は長岡の女学校に転校することになった。雪絵は出発前に自分のすべてを竜吉に与えようとして二人は土蔵に入った、が、一足先に土蔵に入った竜吉は、中で雪絵の父と辰之助が男同志で抱き合っている姿を見た。雪絵が入ろうとするのを止めた竜吉は、雪絵には口が裂けても、このことは言うまいと誓うのだった。昭和5年、転校した雪絵は、情熱的な左翼シンパの国語教師・沖島雄介(岡田裕介)に急速に接近した。校長に呼び出された父は、雪絵を十日町へ連れ帰った。沖島は、結婚を申し込みに十日町まで来たが、父は即座に拒否した。沖島と雪絵は駆落ちした。その二人の姿を遠くで見ていた竜吉は、雪絵との思い出の写真を信濃川に捨てた。沖島と雪絵は刑事に捕わり、沖島は父のいる伊豆へ、雪絵は十日町へと強引に帰らせられた。途中、再び逃げた雪絵は伊豆へ行った。激情の中で抱き合う二人、雪絵は処女を捧げた。しかし、雪絵は何故か、沖島から離れて行く自分を感じていた。何事もなかったかのように十日町に帰って来た雪絵は、高野家が金融恐慌のため莫大な借金を背負っていることを知った。夏祭りの夜、雪絵と竜吉は再会した。「死にたい」雪絵が呟いた。「お嬢さんが死ぬなら私も死にます……」雪絵の頬に涙が流れ、二人は信濃川に身を投げた。が、幸か不幸か助けられた……。雪絵の青春は終りかけていた。塩沢の大きな買いつぎ店に政略結婚同様に嫁いだ。彼女の花嫁行列を、じっと見送る一人の青年がいた。単身満州へ渡ろうとする旅姿の竜吉だった。


岩崎加根子                          由美かおる、岡田裕介

題名:しなの川
監督:野村芳太郎
企画:西野皓三
製作:樋口清
原作:岡崎英夫、上村一夫
脚本:ジェームス三木、野村芳太郎
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:川添膳治
装飾:印南昇
衣装:松竹衣装
衣装考証:柳生悦子
編集:太田和夫
音楽:富田勲 主題歌:由美かおる「しなの川」
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作進行:柴田忠
助監督:大江英夫
スチール:長谷川宗平
出演:由美かおる、仲雅美、岡田裕介、仲谷昇、岩崎加根子、加藤嘉、財津一郎、穂積隆信、山本豊三、浦辺粂子、進千賀子、佐々木孝丸
1973年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
しなの川 -あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


由美かおる                              しなの川

映画「関東無宿」


今回は鈴木清順監督1963年製作「関東無宿」をピックアップかする。
本作は既成の任侠映画ではなく、鈴木清順監督の様式美を貫いた作品である。
演出も意表を突いたものであり、商業映画の既成概念を砕こうとしている。

※Powerd by Meta Slide Pro


題名:関東無宿
監督:鈴木清順
企画:浅田健三
原作:平林たい子「地底の歌」
脚本:八木保太郎
撮影:峰重義
照明:三尾三郎
美術:木村威夫
録音:中村敏夫
音楽:池田正義
現像:東京現像所
編集:鈴木晃
製作担当:二反田実
助監督:葛生雅美
色彩計測:森勝
スチール:式田高一
出演:小林旭、松原智恵子、平田大三郎、伊藤弘子、中原早苗、伊藤雄之助、安部徹、野呂圭介、高品格、殿山泰司、江角英明、木島一郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
関東無宿 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

【訃報】
「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」などで知られた映画監督の鈴木清順氏(すずき・せいじゅん、本名・鈴木清太郎=すずき・せいたろう)が2017年2月13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で亡くなった。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は故人の遺志により近親者のみで執り行われた。喪主は妻・崇子(たかこ)さん。1923年(大12)生まれ。1948年に松竹入り、54年に日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。赤木圭一郎主演の「素っ裸の年齢」、小林旭主演「関東無宿」、渡哲也主演「東京流れ者」、高橋英樹主演「けんかえれじい」など独特の色彩感覚を生かした作品で人気を集めた。のちにカルト的な人気となった1967年「殺しの烙印」を最後に「分からない映画ばかり撮る」と日活を解雇されたが、1971年に裁判の末に和解。1977年「悲恋物語」で監督業に復帰した。1980年「ツィゴイネルワイゼン」が国内外で高く評価され、ベルリン国際映画祭で審査員特別賞に輝いたほか、日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞。その後、「陽炎座」「夢二」などを発表し、第58回カンヌ国際映画祭で栄誉上映特別作品として招待された2005年の「オペレッタ狸御殿」が遺作となった。1990年紫綬褒章。スポニチアネックス 2017/2/22(水) 14:52配信

【ストリー】
新聞の片隅にある「やくざの出入り、親分射殺さる」の小さな見出し、この小さなみだしの裏には、やくざの掟に反抗しながら、悲惨な宿命を背負った二人の男の物語があった。伊豆組の幹部鶴田光雄(小林旭)は、どこか知的な鋭さをもつ男であった。その鋭さが、彼の印象を非情で、油断のない人間にしていた。親分伊豆荘太(殿山泰司)が、心を許せないのもこんな彼にであった。最近擡頭著しい吉田組と、伊豆組は何にかとおりあいが悪かったが、土建の請負仕事の権利をめぐって、一触即発の状態であった。古田組の乾分、ダイヤモンドの冬(平田大三郎)は、ある日花子(中原早苗)という女子学生に遇ったが、その日から冬は花子が忘れられなくなった。しかし花子は伊豆組の乾分鉄(野呂圭介)に売り飛ばされてしまった。狂気のように探す冬を見た伊豆は、吉田組の復讐を恐れ、鶴田に鉄と花子を探し出すように命じた。ある賭場に来た鶴田は、女博徒辰子(伊藤弘子)に再会した。三年前賭場で知り会った二人は、忘れられない人になっていたのだ。辰子はイカサマ博打師おかる八(伊藤雄之助)と組み、客から金を捲きあげていた。思いあまった鶴田は冬の家を訪ねだが、そこで辰子を見て驚いた。辰子は冬の姉だったのだ。鶴田の胸に顔を埋める辰子、その時から鶴田は、辰子の男、“おかる八”との対決を決意していた。花子を失い、連日連夜賭博にふける冬を心配して相談する辰子と、鶴田の間には、ヤクザの掟はなく慕情だけがあった。突然鉄が、ダイヤモンドの冬に刺されたと聞いた伊豆荘太は、鶴田の無能さをなじった。何事かを決意した鶴田は賭場に返した。突如数人の暴漢にかこまれた鶴田は、二人を一瞬に切って捨てた。その頃冬もまた吉田の命令で伊豆をドスで貫いていた。やくざの黒い掟に押し流された、若い二人はこうして社会から抹殺されていった。

映画「青い山脈」

青い山脈
浜田光夫、吉永小百合
青い山脈青い山脈
吉永小百合、芦川いづみ               浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作(1963年1月公開)「青い山脈」をピックアップする。
石坂洋次郎氏の原作は、1949年今井正監督(東宝),1957年松林宗惠監督(東宝),1975年河崎義祐監督(東宝),1988年斎藤耕一監督(松竹)と映画化された。本作では設定を時代に合わせて旧制・高等女学校から新制・女子高等学校に、旧制高校生から大学生に変更し、原作では東北が舞台だが、ロケーションは滋賀県彦根市で行われた。
内容は当時の爽やかな青春映画で、可憐な女子高生を演じる吉永小百合さんと凛とした英語教師を演じる芦川いづみさんに、時代を超えて魅了される。嗚呼、私も麗しのいづみさんに叱られたい!

青い山脈青い山脈
二谷英明、芦川いづみ              南田洋子、二谷英明
青い山脈青い山脈
高橋英樹                    藤村雄幸
青い山脈青い山脈
芦川いづみ、北林谷栄              井上昭文

【ストリー】
城下町にあるこの女子高校に転校してきた寺沢新子(吉永小百合)はちょっと変っていた。前の学校で恋愛問題を起して退学になったのだという噂もとんでいた。が、新子は級友たちの反感の渦の中でも少しも悪びれなかった。ある日、英語教師の島崎雪子(芦川いづみ)の所に新子が一通のラブレターを持って来た。これはクラスの誰かのいたずらだ、と新子にいわれてみれば、誤字だらけの文章はどうみても大学生の手紙ではない。雪子は丁度そこに来合わせた校医の沼田(二谷英明)に相談した。徹底的に究明しようといきりたつ雪子に、沼田は事を荒立てるなと忠告した。ひそかに雪子を愛する彼は、彼女がいつまでも前向きの姿勢でいることを危ぶんでいたのだった。数日後、雪子はとうとうラブレターの一件を生徒たちに切り出したが、強い反撃にあった。犯人は松山浅子(進千賀子)と分ったものの新子が男の子とキスをしたという発言があって教室は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。そのあとの休み時間に、丘に連れ出し気分を晴らすように踊りながら話を聞く雪子に、新子は事件が誤解であることを訴えた。翌日、新子はキス事件の相手として騒がれている六助(浜田光夫)と出逢った。話を聞いて目を丸くした六助と親友のガンさん(高橋英樹)。二人とも進歩的な青年をもって任じているだけあって、大いに新子に同情し力を合わせることを約束したが、折も折、三人が街を歩いていると浅子たちがやって来たのでまたまた一騒動である。問題は日毎に大きくなった。父兄たちの反響、ことにPTA会長の井口(三島雅夫)の怒りを恐れた校長(下元勉)は職員会議を聞いて善処を要望したが、教員の殆んどは雪子の行き過ぎを非難した。ただ、沼田だけが雪子を支持し励ました。井口は雪子と新子、それに沼田の締め出しにかかった。沼田もすぐ雪子、新子それに六助とガンさんを呼んで対策をねった。そしてPTA会議、六助とガンさんも父兄代表に化けてのりこみ断固として井口一派と対決するのだった。

青い山脈青い山脈
吉永小百合、進千賀子

題名:青い山脈
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:井手俊郎、西河克己
撮影:萩原憲治
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
編集:鈴木晄
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:白鳥信一
色彩計測:前田米造
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、芦川いづみ、二谷英明、高橋英樹、田代みどり、南田洋子、松尾嘉代、下元勉、織田政雄、井上昭文、殿山泰司、浜村純、藤村有弘、北林谷栄、進千賀子、三島雅夫、左卜全
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
青い山脈 HDリマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

青い山脈青い山脈

青い山脈
吉永小百合

麗しの芦川いづみさん
青い山脈
青い山脈青い山脈
青い山脈青い山脈