映画「運び屋」


クリント・イーストウッド

2019年3月8日に日本で劇場公開されたクリント・イーストウッド監督2018年製作「運び屋(THE MULE)」を25日にTOHOシネマズ日比谷スクリーン6(97席)で観た。監督作品は「15時17分、パリ行き」以来1年ぶりで、兼主演となると名作「グラン・トリノ」以来10年ぶりとなった。本作は、1950年代から疾走し続けてきた俳優、クリント・イーストウッドが10年もの間、麻薬カルテルの運び屋になってしまった90歳の老人を静かに演じ、また丁寧に描いている。ベースになったものは、2014年6月に「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に掲載された「シナロア・カルテルの90歳の運び屋」という記事を「グラン・トリノ」のシナリオライター、ニック・シェンクが秀悦な脚本にしている。


ダイアン・ウィースト、クリント・イーストウッド               ブラッドリー・クーパー、マイケル・ペーニャ

【ストリー】
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独に暮らす90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたものの、それが実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だということを、彼は知らなかった……。


アリソン・イーストウッド(実娘)                                           アンディ・ガルシア

題名:運び屋
邦題:THE MULE
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:アーロン・L・ギルバート
製作:クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス
原案:サム・ドルニック
脚本:ニック・シェンク
撮影:イブ・ベランジ
美術:ケビン・イシオカ
衣装:デボラ・ホッパー
編集:ジョエル・コックス
音楽:アルトゥロ・サンドバル
撮影機材:パナビジョン
出演:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガ、ユージン・コルデロ、ローレン・ディーン、グラント・ロバーツ、ピート・バリス、ロバート・ラサード、ソウル・ウエソ、リー・コック、ノエル・G、クリフトン・コリンズ・Jr.、ダニエル・モンカダ、ポール・リンカーン・アラヨ
2018年アメリカ/シネスコサイズ・カラー116分デジタルシネマ
運び屋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


運び屋(THE MULE)