映画「修羅の群れ」


松方弘樹                       菅原文太

今回は山下耕作監督1984年製作「修羅の群れ」をピックアップする。
主演に松方弘樹さんを迎え、鶴田浩二さん、若山富三郎さん、菅原文太さん、丹波哲郎さん、北島三郎さん、北大路欣也さん等、東映の任侠映画路線を築き上げたベテラン俳優陣が重厚さを加えている。そして、東映初出演の酒井和歌子さんが華を添え元プロ野球選手の張本勲さんと小林繁さんも出演する。

【追記・訃報】
本作の主演をした松方弘樹さんが、2017年1月21日に死去した。享年74歳だった。


酒井和歌子                     北大路欣也

北島三郎                      鶴田浩二

【ストリー】
昭和8年の冬、雪の舞う横浜浅間町の柔道の吉岡道場を、横浜四親分の一人、加東伝三郎(丹波哲郎)が訪ねてきた。そこで柔道を習う稲原龍二(松方弘樹)は加東の勧めもあって、彼の若い衆になることに決めた。インテリでありながら博奕で身を滅ぼした父の仇をとるには、この道で男をあげるしかないと思ったのだ。龍二はよく働き、そんな彼に加東一家の兄貴分横山(鶴田浩二)が仁侠道のイロハを教えた。ある日、売り出し中の龍二は海岸でチンピラにからまれている娘を助ける。娘の名は中田雪子(酒井和歌子)、後の稲原夫人である。日本が太平洋戦争に突入した昭和15年、二人は結婚した。19年、勤労奉仕で御殿場の山北へ出かけた龍二は、伝三郎の兄弟分、横浜笹岡一家の桐原銀一郎とことを起こしてしまう。しかも、横浜四天王の一人、鶴岡政次郎(若山富三郎)の目前でだ。しかし、鶴岡は、弱い人間をかばって喧嘩した龍二を見込んで、身柄をあずかるといってくれた。戦後の混乱期の湯河原。賭場で無法をはたらいた海軍復員兵の長谷部(木之元亮)と森谷(清水健太郎)が龍二の貫禄に圧倒され、若い衆になった。更に、モロッコの辰、井沢輝一(菅原文太)というグレン隊あがりの暴れ者たちも次次と舎弟分となった。そして昭和24年春、熱海の山崎一家石井光之助親分の跡目を継ぎ、稲原組がうぶ声をあげた。僅か10年の間に稲原組は熱海を制覇するや、小田原、横浜、静岡へと進攻し、組員も増えた。龍二の人種差別しない心に感動した韓国人の山村修道(張本勲)、田上圭(小林繁)、五、六百人の若い衆をかかえる石河(北大路欣也)も、稲原に惚れ身内となった。組織が大きくなればなるほど上下の意志の疎通は欠けるようになり、井沢の独断専行が目にあまるようになった。横山は、彼を破門せよと迫り、龍二は断腸の思いでこれに従った。さらに不幸は襲った。龍二が親と仰いだ横山が死んだのだ。龍二は、横山のために建てた墓前で、更なる前進を誓うのだった。


若山富三郎                      丹波哲郎

題名:修羅の群れ
監督:山下耕作
製作総指揮:俊藤浩滋、高石淡
製作:佐藤雅夫、斎藤一重
原作:大下英治
脚本:村尾昭
撮影:赤塚滋
照明:海地栄
録音:平井清重
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:豊中健
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:木下忠司 主題歌:北島三郎「神奈川水滸伝」
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
スチール:中山健司
主演:松方弘樹、鶴田浩二、菅原文太、北大路欣也、酒井和歌子、北島三郎、若山富三郎、丹波哲郎、小林繁、張本勲、品川隆二、小野さやか、目黒大樹、待田京介、木之元亮
1984年日本・東映/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
修羅の群れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松方弘樹

映画「若大将対青大将」


「若大将対青大将」酒井和歌子

加山雄三                        酒井和歌子

「若大将対青大将」吉沢京子

大矢茂                        吉沢京子

今回は岩内克己監督1970年製作「若大将対青大将」をピックアップする。
本作は、1971年1月9日に公開された若大将シリーズの第17作になる。
同時上映は「初めての旅(監督:森谷司郎 出演:岡田裕介、二谷英明)」であった。

本作をもって若大将は、加山雄三さんから大矢茂さんに”若大将”をバトンタッチされる内容だが、次作で実現されなかった。
翌1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。こうした状況で、若大将シリーズの次作は、1975年になり、草刈正雄さん主演の3代目若大将で「がんばれ!若大将(監督:小谷承靖)」が制作されたという経緯がある。


田中邦衛                       高松しげお

【ストリー】
8年がかりでやっと京南大学を卒業した青大将こと石山新次郎(田中邦衛)の卒業祝いが、後輩のモータークラブ員の太田茂夫(大矢茂)の提案で、茂夫の母春江(三条美紀)の経営するドライブ・イン「ピット」の店内で開かれた。モータークラブ元キャプテン田沼雄一(加山雄三)と茂夫のクラスメートの令子(森るみ子)、悦子(早坂八千代)たちが駈けつけ、青大将も感激のあまりオイオイ泣きだした。それからほど近い、ある日、新次郎の父親、石山剛造(松村達雄)の経営する石山商事株式会社の営業部に勤務する雄一のもとへ、新入社員として新次郎が配属されてきた。新次郎は出社第一日目にして、さっそく美人タイピストの節子(酒井和歌子)に一目惚れ、猛アタックを開始した。しかし同僚の富士子(太田淑子)から節子と雄一が相思相愛の仲だと知らされ、大ショックを受けた。新次郎は何とか節子を手に入れようと策略をめぐらし、たまたま、父の剛造から、英語の達者な若手を営業部からニューヨーク支店へ送るということを聞き、雄一を推薦。恋仇の転勤をまんまと成功させた。雄一は日本を留守の間、茂夫に、新次郎の手から節子を守ることを託すと、アメリカへ飛び立っていった。学期末、茂夫たちのモータークラブでは、グランプリにそなえて、鈴鹿サーキットで合宿練習をすることになった。新次郎はそのすきに節子に接近しようとするが、茂夫のために失敗する。新次郎はたびたびの邪魔に破れかぶれとなり、茂夫と恋人の圭子(吉沢京子)の仲をぶちこわしにかかった。サーキットにやってきた圭子は、新次郎から節子と茂夫の仲をほのめかされ、怒って東京に帰ってしまい、アメリカからバイヤーを案内して日本にやってきた雄一と節子の仲も新次郎にぶちこわされかかってしまう。こうしてグランプリ当日がきた。今は茂夫からことの真相を知らされた節子、そして雄一から茂夫の気持を聞いた圭子は、雄一と茂夫のいる鈴鹿サーキットヘ駆けつけた。スタートにつまづき、苦戦をしいられている茂夫を心配そうにピットで見守る雄一たち。だがレースは後半になって、圭子の姿を目にした茂夫はたちまちラスト付近から次々と他の車を追い抜いていった。遂に茂夫は先頭に立ってゴールイン。晴れてグランプリ・レースに優勝した。


松村達雄                        千石規子

三条美紀                        大矢茂

題名:若大将対青大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:原一民
照明:小島真二
特機:田中豊夫、加賀見正友
録音:吉岡昇
整音:東宝録音センター
美術:薩谷和夫
装置:蜷川修治
小道具:秋元和男、高津幸一、永山勝美
電飾:山口清
衣裳:後藤信義
美粧:高橋勝巳
結髪:上田美穂子
擬斗:宇仁貫三
記録:木村靖子
編集:岩下広一
音楽:萩原哲晶 主題歌:大矢茂「「アダムとイブのように」」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:村上久之
製作進行:大門正雄
演技事務:小倉斉
助監督:吉松安弘
監督助手:岡田文亮、中野俊一
撮影助手:上田正治、古山正、五十畑幸勇、山田健一
照明助手:清水博、友成富男、畑日出夫、大場明、後藤一男、高瀬昇、小池文夫、矢吹圭司
美術助手:大竹久彌、鈴木儀雄
録音助手:林頴四郎、池田昇、近田進、佐藤祐史
編集助手:砂原泰子、船沢昌介
製作宣伝:鹿野英男
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、大矢茂、田中邦衛、酒井和歌子、吉沢京子、松村達雄、三条美紀、太田淑子、千石規子、南利明、人見明、高松しげお、江戸家猫八、森るみ子、早坂八千代
1970年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
若大将対青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


酒井和歌子、加山雄三                若大将対青大将

映画「俺の空だぜ!若大将」


加山雄三                        酒井和歌子

今回は小谷承靖監督1970年製作「俺の空だぜ!若大将」をピックアップする。
若大将シリーズの第16作は、小谷承靖第一回監督作品、制作会社は東京映画である。スカイダイビングのシーンは、アメリカで降下経験があったという加山雄三さんが行う予定であったが、藤本真澄プロデューサーの厳命で降下場面はすべてスタントを立てたそうだ。ロケーションは、伊豆、箱根、伊豆大島で行われている。また飯田蝶子さんと左卜全さんは、本作が最後のシリーズ出演となり、1952年から東宝の専属契約だった久慈あさみさんは、最後の映画出演(以降はフリーでテレビや舞台での活躍)となった。


田中邦衛                      大矢茂、加山雄三

【ストリー】
若大将、田沼雄一(加山雄三)は東海建設の計画部員。雄一とクラスメートだった青大将、石山新次郎(田中邦衛)は社長の父、剛三(北竜二)の庇護で専務の椅子に坐っているが雄一の家“田能久”の近くにマンションの建設を計画し、着々と土地の買収をはじめている。近所の“梅の湯”の常吉(伴淳三郎)も立ちのきの交渉を受けているが、なかなか首をたてにふらない。住民と会社の板ばさみになり苦況に立つ雄一を見て、常吉の世話になっている塚本節子(酒井和歌子)、敏子(松村幸子)の姉妹は彼に好意を持つようになる。そんな時、雄一は大学の後輩太田茂夫(大矢茂)と綿貫の懇請で母校に新設されたスポーツ・パラシュート・クラブのコーチに就任、発足パーティで大林英子(應蘭芳)と知りあう。一方青大将は節子に一目惚れしてしまった。いよいよ東海建設は“梅の湯”の隣りにマンションの工事を着手する。足場から女湯をのぞきこんでいた青大将は足をすべらせて落下し、常吉の額にケガをさせてしまう。久太郎(有島一郎)は常吉への詫びのしるしに、雄吉を勘当してしまうのだが、雄一はケガをした常吉に対し会社側に誠意ある態度を望むが受けいれられず、怒った雄一は辞表を叩きつけ、会社をとび出した。英子は節子というライバルを除外するため青大将と手を組み青大将と節子を結ばせることによって、自分が雄一と結婚する策略をたて、そして伊豆でゴルフをしている父(上田吉二郎)にあわせるために、雄一を伊豆にさそう。そんな時、青大将は節子を伊豆沖の離れ島に旅行にさそい強引に結婚をせまったが、その最中マムシに噛まれ仰天。急報をうけた青大将の父、剛三は若大将に救助を求めてきた。血清を持ち小型飛行機で島へ飛ぶ雄一と茂夫。茂夫の見事なスカイ・ダイビングで青大将は救われる。すべて誤解もとけた雄一と節子は明るい笑顔で見つめあった。


應蘭芳                      有島一郎、飯田蝶子

久慈あさみ                  菱見百合子(ひし美ゆり子) 

伴淳三郎、田中邦衛、加山雄三              上田吉二郎

題名:俺の空だぜ!若大将
監督:小谷承靖
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:比留川大助
録音:原島俊男
整音:西尾舞
美術:薩谷和夫
編集:諏訪三千男
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「美しいビーナス」
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
監督助手:奥村正彦
協力:ジャパン スカイダイビング クラブ
スチール:中山章
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、大矢茂、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、久慈あさみ、應蘭芳、中真千子、菱見百合子(ひし美ゆり子)、松村幸子、藤木悠、上田吉二郎、左卜全、伴淳三郎、北竜二
1970年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー105分35mmフィルム
俺の空だぜ!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左卜全                      加山雄三、酒井和歌子

「俺の空だぜ!若大将」酒井和歌子

舞台になったレストランOAKは、成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にあった。
次回作「若大将対青大将」でも登場する。

現在の成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にOAKはない。世田谷区成城7丁目 Google Mapより

1 2 3