映画「次郎長三国志 甲州路殴り込み」


鶴田浩二                   長門裕之、里見浩太朗、品川隆二

今回はマキノ雅弘監督1965年製作「次郎長三国志 甲州路殴り込み」をピックアップする。
いわゆる”次郎長もの”は、1952年から1954年に東宝で9本製作され、1963年からマキノ雅弘監督によって東映で製作された本作は「次郎長三国志(1963年)」「続・次郎長三国志(1963年)」「次郎長三国志 第三部(1964年)」に続く第4(最終)作となった。


南田洋子                       里見浩太朗

【ストリー】
清水港次郎長(鶴田浩二)、お蝶(佐久間良子)夫婦のもとに、渡世人小政(里見浩太朗)が次郎長一家の投げ節お仲(安城百合子)の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助(石山健二郎)の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった。小政の案内で旅姿も颯爽と甲州路を急ぐ次郎長一家、これに江尻の大熊も乾分、お蝶を連れて加わった。大勢の乾分を連れて待ち伏せた勘助だったが、遂に次郎長の手で鮮血にまみれ、お仲は無事救出された。渡世仁義の掟でも喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れて、次郎長一家は病弱なお蝶を連れ、兇状旅に出た。こんな次郎長一家の姿を見た石松は、勘助殺しの下手人として自首して出ると言っては、次郎長お蝶に涙さすのだった。小政はこの次郎長一家の固い結束を見て、自分も乾分にと頼みこんだ。旅なれないお蝶の発熱をみかねた乾分たちは、昔次郎長が助けた関取りの八尾ケ嶽久六を訪ねた。久六は今は十手を握るやくざの親分となり、次郎長一家を親切げに迎い入れたが、久六の本心は賞金を狙っての芝居であった。途中でそれに気づいた石松らはお蝶を石松の幼友達七五郎の恋女房、お園に預けた。献身的なお園の看病に、次郎長一家は心をなごませた。数日後お仲が久六の賭場で荒稼ぎした金を持って訪ねた時、お蝶はも早やこの世の人ではなかった。が、かくまってくれていれば、お蝶は死ななかったのにと憤る乾分たち真新しい墓標の前でお蝶への弔合戦を次郎長に迫った。不意の殴り込みに、久六一家はひとたまりもなく叩き斬られた。御用提灯の波の中、お蝶の遺髪を抱いて、次郎長一家は清水へと急いだ。その中にお仲、お園に七五郎の顔もあった。


安城百合子

題名:次郎長三国志 甲州路殴り込み
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原作:村上元三
脚本:マキノ雅弘、山内鉄也
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:鈴木孝俊
装置:木津博
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:足立伶二郎
記録:梅津泰子
編集:宮本信太郎
音楽:菊池俊輔
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:折田至
スチール:諸角義雄
出演:鶴田浩二、佐久間良子、南田洋子、大木実、里見浩太朗、長門裕之、待田京介、山本麟一、山城新伍、品川隆二、田中春男、安城百合子、石山健二郎
1965年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
次郎長三国志 甲州路殴り込み -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


次郎長三国志 甲州路殴り込み

映画「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」



藤純子

今回は山下耕作監督1969年製作「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」をピックアップする。
緋牡丹のお竜”こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという緋牡丹博徒シリーズの第5作は、四国徳島が舞台になる。本作は、東映任侠映画の頂点に達している作品だと思う。

【ストリー】
明治中頃の四国徳島。緋牡丹のお竜(藤純子)は、子分清吉(高宮敬二)を重病のまま刑務所から出迎えたものの、折からの嵐の中で途方に暮れてしまった。そんなお竜を救ったのは江口(待田京介)、だが清吉は世話になった藍の小作人茂作(中村錦司)の家で他界した。その頃、百姓たちは地主である旦那衆にしいたげられて、小作料争議を起していた。ところが旦那衆は江口を代表とする交渉を拒否、鳴門川一家は旦那衆の命によって悪くどい仕打ちに出た。この鳴門川(天津敏)は四国一帯に勢力を伸ばす観音寺親分(河津清三郎)と手を結び、徳政一家を乗っ取ろうとしていた。そんな折、茂作の息子猪之吉(五十嵐義弘)がイカサマをしたことから、江口が傷つけられ、千吉が殺された。遺体を引取りに来たお竜、鳴門川、それに千吉の親分武井(名和宏)の間に殺気がみなぎった。だが、居合わせた三次(鶴田浩二)の機転で事なきを得、お竜は窮地を救われた。三次から鳴門川の悪事を聞いた武井はお竜と手を結び、観音寺を敵に回した。そんなある日、清吉に怨みを持つ博徒の小城(丹波哲郎)がお竜に迫った。だが、小城はお竜の態度に好意を抱き、勝負をあずけた。お竜が熊虎(若山富三郎)を尋ねて道後へ向った留守に、鳴門川と観音寺は武井を闇討ちし、阿波踊りの当日を迎えた。三次は、武井に対する恩義から大尽賭博の真っ只中に乗り込んだが斬られ、小城の看病のかいなく死んだ。お竜の怒りは爆発し、阿波踊りに興ずる鳴門川を倒した。一方、お竜から事の一部始終を聞いた熊虎も観音寺の前で盃を割ると容赦なく斬り込んだ。


鶴田浩二

題名:緋牡丹博徒 鉄火場列伝
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:岡田邦雄
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
技斗:谷明憲
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:俵阪孝宏、福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、待田京介、若山富三郎、鶴田浩二、丹波哲郎、里見浩太朗、河津清三郎、天津敏、三島ゆり子、名和宏、高宮敬二、中村錦司、五十嵐義弘
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
緋牡丹博徒 鉄火場列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 鉄火場列伝

藤純子